ここから本文です
観音崎自然博物館 どたばた学芸日誌
日々の活動を紹介します
 博物館のテラスにあるメダカ池でオオシオカラトンボが産卵していました。
イメージ 1
イメージ 2
 次の写真に水滴を飛ばしているのが写っています。オオシオカラトンボは、このように水滴の中に卵を入れて飛ばすのです。
イメージ 3
 どこにでもいる身近なトンボですが、よく観察すると面白い虫です。


この記事に

開くトラックバック(0)

マダイの放流会

 先日、地元の小学校とマダイの放流会をおこないました。栽培漁業の学習と観音崎博がマダイとの関わりが深いことから実現したイベントです。
イメージ 1
 イベントの目的について館長から説明がありました。このイベントはただの放流会ではなく、栽培漁業についての学習であることをしっかり説明しました。
イメージ 2
イメージ 3
 マダイの稚魚
イメージ 4
イメージ 5
 一人1匹のマダイを放流します。
イメージ 6
イメージ 7
 放流開始!
イメージ 8
イメージ 9
マダイ
イメージ 10
イメージ 11
 風が強く波の高い日でしたが、無事イベントを終えることができました。
イメージ 12

この記事に

 三崎の市場食堂で夕食をいただき、その後バスで城ケ島へ行き、夕日と虫の音を楽しみましょう!マツムシやスズムシのいるスポットにご案内します。
 
(夕食はスペシャルメニュー:マグロづけ丼とカマスのフライ)
イメージ 1
イメージ 2
 
開催期日:平成29916日(土)雨天翌日
 ※雨天のため23日に延期になりました。
集合時間:16:00(午後4時)30分前より受付開始
 
集合場所:京浜急行バス 三崎港バス停
  
交  通:京浜急行線三崎口駅より三崎港行または城ケ島行バスで15(三崎口駅発15:33三崎港行、15:41城ケ島行のバスがあります)
 
開催時間:16002000
 
定  員:30名(申込み順)
 
対  象:一 般                               
 
参 加 費:大人 2,100円 中学生以下 1,900円 会員は800円引(消費税込み)      
 
講  師:観音崎自然博物館 学芸部長 山田和彦
 
持 ち 物:はきなれた運動靴、懐中電灯、虫よけスプレー、飲み物、夕食代1,080円、バス代
 
申込方法:電話にて参加者全員の氏名・年齢・住所・電話番号をお知らせください保険加入のため、913日までにお申し込みください。
 
問い合わせ先:観音崎自然博物館
239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1120番地
TEL 0468411533
 
主催:観音崎公園指定管理者 観音崎公園パートナーズ

この記事に

イメージ 2
 特別展のチラシができました☆
イメージ 1
 パクパクとキュウリを食べるクツワムシ

この記事に

鳴く虫展準備

 現在博物館では、9月17日から始まる特別展「三浦半島の鳴く虫」の準備がおこなわれています。写真は外来種のアオマツムシです。
イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事