ここから本文です
観音崎自然博物館 どたばた学芸日誌
日々の活動を紹介します

飛ぶタネ

 今日は、特別展「たねの世界」に関連して、急きょミニミニイベントをおこないました。
イメージ 1
 プロペラのようになっているフタゴヤシ科の種(東南アジア産)です。木から落ちる時にクルクル回りながら落下するそうです。では、本当にクルクル回るのか?ということを確かめるために、来館されていたお客さんたちと実験してみました。
イメージ 2
 すると見事にクルクルと回りながら落下しました!!

 ちなみにその様子(動画)は、博物館のインスタグラムに投稿したので、是非ご覧ください☆@kannonzaki_nature_museum

アルソミトラ マクロカルパ(インドネシア産)という滑空する種の動画もあります☆

#観音崎自然博物館





この記事に

ヒナカマキリ

 日本では最も小さいカマキリ、ヒナカマキリです。
イメージ 1
 こんなに小さい!!
イメージ 2
 昨日、観音崎で採集しました。
イメージ 3





この記事に

開くトラックバック(0)

 先日、博物館にヒョウモンダコがやってきました。そしてそれに関連して、庶務のタカノさんが黒板に絵をかいてくれました。
イメージ 1
 カッコイイ!!
イメージ 2
 是非ご来館ください☆

この記事に

今日の出来事

 本日は、神奈川県立 生命の星・地球博物館の樽先生がご来館されました。午前中、当館の山田学芸部長と調査にいかれたとのことです。
 
※ちなみに…下の写真の山田学芸部長の格好は女装ではなく、調査スタイルだそうです…
イメージ 1
 ちなみに筆者は樽先生とお会いするのは数年ぶりだったので、こうして記念撮影をさせていただきました。

 さて、調査では何か面白い発見があったのでしょうか?報告が楽しみです!

この記事に

 観音崎の周辺も最近はすっかり秋らしくなっています。
イメージ 1
たたら浜
イメージ 2
 ソナレマツムシソウもそろそろ終わりでしょうか。
イメージ 3
 アキアカネはまだ多く見られます。
イメージ 4
 現在満開のイソギクにはハナアブの仲間が多く来ています。そしてそれを狙ってかオオカマキリが!!
イメージ 5
 トゲナナフシ



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事