楓香と そよ風

日々の暮らしと茶の湯を綴っています

全体表示

[ リスト ]

明日のために ケータイ投稿記事

イメージ 1

                                              大事な茶碗です
 
 
          
 
桜の花びらが舞って いい感じの一日でした。
昨日摘んだ最後の土筆を
庭のテーブルで煮て お菓子にしました。
きっと固いでしょうねーー
 
乾くのを待つ間 珈琲を飲み 本を読み
花を見たりしてすごしました。
温かくなると 虫たちが活動しはじめます。
畳を入れる間 開けっぱなしだったので
小さな虫が入って PCにとまってイタズラしました。
庭でノンビリできるのも 蚊が出るまでです。
 
 
のん気にすごして 明日のお客様迎えの用意を始めると
あれはどこ・・ これはどこ・・と引越しの余波が残ってます。
秋以来のお客様です。
 
今回は火花が出ないように 念入りに炭を洗いました。
それでも心配です。
 
最後に茶碗を決めました。 すると茶入も変えたくなりました。
 
この茶碗は 私が子供の頃に 我家にやって来たものです。
一目見て「私の茶碗」と思いました。
良いものが焼けると 陶芸作家が幾つも持って来ました。
座敷に並べて 家族で観賞するのです。
上手な人で 色んな釉薬や土の茶碗でした。
高麗写しも良い焼きでしたが 気前の良い母は従妹や知り合いに
惜しげもなく上げてしまいました。
 
一昨日の呈茶の裏千家家元の福の字の茶碗を焼いたのが
お孫さんでしょうか・・ 父が名づけた窯名で箱書きがありました。
 
 
これは絶対に私の手に合うように焼いてくれたと思います。
父がそう希望したかも知れません。
 
二度 父が手渡してくれましたが 母も気に入っていたようで
その内にあげるから 持って来てと実家に戻って行きました。
父が亡くなる前に渡してくれた時は 母も何も云いませんでした。
 
 
父が「山上有澤」と銘をつけてくれたのですが
ながい説明の間 私は嬉しくて撫でまわしていたので
全く聞いてませんでした。 
それが今になると残念です。
多分 
山の上には水は有りそうにもないが あるものなんだ・
だから不可能なことも諦めず 信じて生きよ・と云いたかったのでしょう。
 
私の一番大事な茶碗です。            

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事