楓香と そよ風

日々の暮らしと茶の湯を綴っています

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全754ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日が照ったり曇ったり

                     

「今から行きまーす ご飯たべます♪」
午後2時に約束があるというのに
大丈夫なの・と思いつつ
ご飯を仕掛けて いつもながらに有り合わせを
見繕って下準備しました
冷めると文句いうのですから 楽なような
面倒くさいようなお客さまです

カルシュームたっぷりという魚肉ソーセージと
小松菜の炒め物がお気に入りのようでした
残りのソーセージを持たせてあげると
これから気をつけて食べるそうな

卵焼きは多めに4個分を焼いたのに
ほとんど食べていました
たまにだから いいかな
新玉ネギも美味しかったみたい

珈琲のミルサーを頂戴と云いながら
挽いて 京都の珈琲を味わわれて
帰って行かれた
公演のチケットをずっと頂いていたけれど
先回から買ってあげるようになったので
持参しなけりゃと思ったみたい
郵送でいいんだけどね・・ 

お天気が下り坂のようで
明日は傘マークが並びました
着物は小紋にして 雨コートを出しました  

開く コメント(0)

ふたりでお茶

           

気軽に誘って下さったので 浮き浮きと出掛けました
駅近くの繁華街のビルの中のお宅です
暑い日でも 裏口から玄関までのアプローチには
ビル風が涼しく吹き抜けます
去年の春と夏にも2回お茶をしたのでした

美しくリフォームされて キッチンは使い勝手よく
和室は落ち着いてお茶を楽しめます

挨拶もそこそこに
「お炭をやってね」途中でそばに来られて
ご覧でした
それから 名店のお弁当を頂いて
お喋り お喋り・・普通はお喋り出来ないから「楽しいね−」
「濃茶もお願いね」 社員さんで別流派の方がいらっしゃる筈が
物もらいが出来ているから・と遠慮なさって
ふたりで封切りの美味しい濃茶を味わいました
自分が点てたのに「美味しいねぇ」
それから ようやっと
座布団が運ばれ 煙草盆やお菓子が運ばれて
男点前で薄茶を戴きました
 まだまだ
「棚を出すから 何でもやって♪」
風炉でまだ女子点前をしていないので
薄茶をして総飾で終えました

お土産の花たちをとっても喜んで下さって
一重切花入に コバノズイナと立浪草と箱根ウツギをいれ
桂籠には都忘れ ホウチャク草 母子草 山法師など たっぷりと入れました
床に置くと我家の花でも見栄えが良かったです
今年は花を覚えるそうで 写真をとりスケッチまでして
名前を控えていました
さんざんお喋りしたのに 予定の時間で終えました

来週は京都にゆかれるそうで
茶の美術館巡りと茶会か茶事だそうです
忙しい人なのに 旅にも出られるようです

次からは「お菓子だけ買ってきて−」でした 
今日のお菓子は「初がつお」でした   

開く コメント(0)

こんなお茶がいいな

          

「〇でーす 明日と云う訳にいかないでしょうから
あさって空いてる?」
えっええー大丈夫
「じゃーさぁ お弁当買っておくからさ
お茶の用意は2人でして 茶事しましょ」
えーっぇー☆☆

考えるいとまもなく 2分ほどでお電話が
切れました
こんなお茶がしたかったの
私も便利なところに住んだら良かったな

何でもすぐに揃う街にお住まいです
ベランダで茶花も育ててられるし
今回は懐石料理じゃないスタイルだから
気楽で気軽です
会費もなしで・・「手土産も何にも持って来ないでよ−」
じゃー私もお招きしなきゃね

お商売の家なので 毎日が忙しいのに
時間を見つけて下さった
なんていい人でしょ♪

山法師の花に
手が届いたら お土産に切ってゆこう  ♡=^_^=♡

開く コメント(4)

           

毛虫が落ちていたので 見上げると
箱根ウツギが白く咲いていたのが
一昨日で 昨日は桃色のもあり
今日はワイン色にもなってます
それでは・と
山法師を遠くから眺めると
小さな花が咲き始めていました

赤い薔薇はご機嫌に幾つも大きく
咲いてます
立浪草は早くから遅くまで 長く咲きます
ホウチャク草もイイ感じです

花畑はお疲れさんで 伸びて倒れ出しました
引いて新しい花を植えれば 綺麗になるけど
まだまだ花をつけているので 可哀想

桃の太い枝などもクレーンで
お隣が思い切って剪定して下さったので
日陰で何も植えていなかった広めの場所に
陽が差して 花が育ちそうです
何を植えようかな・・   

野の花が園芸種のように美しく咲いてます 

開く コメント(0)

疲れは感動をなくす

            

令和になって初めての
お茶事に伺いました
雨もよいだけど 日盛りよりも
いいですね
菖蒲の掛物が待合にありました
初夏ですね
以前のつもりで 濃茶席と薄茶席が別と
思って安心してましたら つづきお薄でした
別流は決まり事が違うので とまどいます

本席も薫風が吹くような室礼でした
御棚が面白いものでした
掛物や香合も愉しめました

途中で体調が可笑しいので 着物の紐を
ゆるめたりしましたが 夜は胃がキリキリ
痛んで遅くまで眠れませんでした
平気な顔して 気を使っていたのです
お稽古場に行き始めた頃も 珍しく胃が痛くて
胃腸薬のお世話になっていました
探したけれども もう薬はなくて我慢しました
あまり
気を使うところには もう行かないようにしよう
楽しみのお茶や旅が一番です     

開く コメント(0)

全754ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事