【単身赴任奮闘記】見たまま・感じたまま

単身赴任 13年目。 色々あら〜な 上を向いて歩こうっと!

ビジネス

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

プロジェクトX

今年もあと一ヶ月足らずで終わる。
ここ一ヶ月で2つの大きなプロジェクトの終焉を迎えた。

ひとつは、事務所のお引っ越し。プロジェクトリーダーとして、小さな問題はあったものの、致命的な問題を起こすことなく引っ越しを終えることが出来た。
引っ越し後の初事務所運営日には、地元の神主を呼んで開所式を行った。割と盛大な開所式で神主も気合いが入っていたのだろ。式の途中で、何かしらんラッパ音を出す(ぷぅ〜って吹くやつ)。これがオイラのツボにはまり、笑いを堪えるのが必死だった。「絶対笑ったらあかん」と云う場面で、笑いを堪えるのが、これほど大変かぁ?!ということを肌で感じたわけで・・・。
あとから皆に「○○さん(オイラね)笑いそうになってたでしょ」と云われたのでバレていたが。。。

もうひとつは、ある自動化設備の竣工を迎えたのだ(詳細は記せない)。
オイラ提案の約5億円の設備提案で、この一週間ほとんど寝ずに立ち会いをした。こちらも軽微なトラブルはあったものの、大きな問題を生じさせることなく遂行できた。
とはいえ、、、稼働直前にシステム連携を実施した(午前3時)が、数分後関係者がオイラのところ飛んできた。「システム連携が上手く繋がりません!」と云う。オイラは関係者全員を呼び寄せ、「システム連携は何時までリミットであるか?」を確認した。すると「7時までにシステム連携できれば何とか後工程を回せる」と云う結論を得た。この数時間が耐え難く辛かった。その間オイラは既に経営に対して「稼働見送りメール」を作成していた。
数時間後、何とかシステム連携ができた!と云う報告が入った。ここでオイラはまた考えた。予定より遅れたので、「ストップをかけるべきか?!」を。
結果、関係者と相談し「設備稼働する!」と結論付けた。
設備稼働の滑り出しは極めて順調だった。なのでオイラは一旦仮眠をとっていた。しばらくすると、設備メーカーの管理者がオイラのところへ飛んできた。「こんどはナニ?」とオイラが問うと、「コンベヤ故障しまた!」と。。。一瞬このおっさんにドロップキックをかましたろうかと思ったが・・・。現場に駆けつけると、設備は不愉快な警告音を鳴らし止まっていた。直ちに復旧作業をメーカーに依頼し、オイラを含めて総勢20人でコンベヤの代わりをした(体中が痛い!)。約2時間後に設備は復旧した。
色々な刺激的な出来事があったが、今は安定稼働できている。
いつも立ち上げ時に思うが、たくさんの人達に協力してもらい、仕事が作り上げられていく。ただただ感謝しかない。

おっと、久し振りの大阪到着。


メェ〜。。。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

人生色々。仕事も色々

相も変わらず、忙しい日々が続いている。
以前も記したと思うが、「忙しい!忙しい!」って云ってる奴に限って、そぅ大した仕事はしていない。斯くあるオイラも、日本全国を飛び回っているだけで、大した仕事はしていないのかなぁ???

今週は、芸能人に多くあった週だった。
ひとつはある大手企業のパーティーに出席して、超大物芸能人が余興をしてくれた。詳細を記したいところだが、色々問題が生じそうで、オイラの関係先もバレそうなので控えることとする。パーティーに招待してくれた関係者に「あの芸能人を呼ぶのにいくら掛かるの?」と問うと、「詳しく知らないが100万円は越える」とのことだった。
2人の芸能人が約20分の余興を別々にして100万円越えかぁ〜。。。いつ仕事がなくなるかもしれない不安定な職種(芸能人)がゆえに仕方ないかぁ〜と思う一方で、なかなかリスキーな人生を送っとるなっと感じた。

んで、本日はこれまた大手企業のフォーラムに参加してきた。本日は誰でも知ってる話題のスポーツ選手の講演を聞いた。上記理由により詳細は記せないが、一流を極めた人の話には、リアル感があり、大変興味深い事柄を多く聞けのだ。今日の話が、どれだけオイラに役立つか?!は、ほとんど無いと思うが、有意義だった。


それはそうと、前に記したかもしれないが、オイラ提案の大型テーマ2つが、今月立ち上がる。必然的に徹夜の日々が続くのだ。

なので、近々来るしんどくもワクワクする立ち上げに向けて、体力温存の為ため早めに大阪へ帰る新幹線の中でした。
イメージ 1

メェ〜。。。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

仕事納め

本日、仕事納め。
仕事納めと云っても朝イチから会議をし、昼前にようやく身辺整理(机を軽く拭く程度)を終え納会をして、現在、大阪へ帰る新幹線の中。

2017年を振り返ると、一言で云って「辛く大変な年」だった。
日本全国を飛び回り、いい事、悪い事 様々あったが、これまでみたいに本能と感性の赴くままに行動する事なく、一歩立ち止まって考える時間を意識的に創った年ではなかったのではないかと・・・。 この歳になって「今?!」感はあるが、いい意味でも悪い意味でも考える事が多くあった(歳をとったのだろう)。

基本的にオイラは、振り返って物事を考えないようにしている。年末に一年の棚卸しをして次年に活かす。なんてやらない。
来年が今年より、いい年になる様に想い描くのみ!

良いお年を・・・。


追記
新幹線の前席に誰でも知ってる超大物政治家が座ってる。
明日の日本について語ろうかしら・・・
ご褒美を兼ねて特上寿司。
イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

国会図書館

今日から9月です。あっという間にお正月が来るんやろなぁ〜。

本日、初めて国会図書館に行ってきた。この通信・インターネットが発達している現代において、調べ物をしに国会図書館へ行ったのだ。
基本的に国会図書館には、国内の書店で出版されているほぼ全てと云っても過言では無い書籍がある。らしい。
オイラは、ある統計データを仕事で使いたかっためネットでかなりの時間を掛けて調べていた。それなりのデータはネット上に転がっているものの、出所が不明なものや信憑性に欠けるものなど、なかなか有益なデータ取得には至らなかった。
ネット検索を進めていると、某関連団体が、オイラが必要といる統計データを調査している事が分かった。調べて行くとオイラ欲しいと考えていたデータを毎年出版いる事も分かった。当然仕事で必要なのだから経費処理で購入しようと考えたが、1冊2万円弱もする。ある事象の補足データとして使用するのに、「2万は高いな!」とオイラは考えた。んで、国会図書館に無料で本が見れんる事が判明して向かったのだ(動機が長いな)。

因みに本日は、オイラの会社の創立記念日。朝から社長の有難いお話しや夕方から有名なホテルを借り切ってパーティーがあるらしい。なので、本日国会図書館へ行く事にした。永田町駅を降りて、国会議事堂を横目に国会図書館に到着。
イメージ 1

先ずは利用者登録を実施した。18歳以上の日本国民であれば身分証明書(免許証)を持参して誰でも登録できる。
国会図書館はオイラが想定していたものと全く違った。オイラは街の図書館の様に、大量の本棚から必要な本を探すのかなっと思っていたが、国会図書館は違った。
利用者登録を済ませて、荷物は館内に持ち込めない!という事で、ロッカーに荷物を入れた。ここで、係員へ「パソコンとタブレットを館内に持ち込みたい旨」を伝えた。何も揉める事なく持ち込み完了。続いて、館内設置のパソコンで、必要な書籍を検索する。オイラが欲しいとしていたデータが載ってそうな本がわんさかあった。館内パソコンに必要としている本にチェックを入れる(オイラは6冊チョイス)。しばらくすると受付に本が届くという何とも便利な仕組みになっている。
書籍に掲載されているデータをオイラ持参のパソコンにデータを打ち込み、オイラの本日の業務は終了した。昼過ぎにオイラの会社の者から「創立記念式典にも出席されていませんでしたが、夕方のパーティーには来られますか?」と電話があった。オイラは「行くわけないやろ!」と伝え、ただいま大阪に帰るため、飛行機待ちをしている。

恐らく多額の税金が投入されて運営されている国会図書館は、「利用するより他ない!」と感じた。

飛行機待ちの暇つぶしでした。

メェ〜。。。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ややこしい仕事

ただいま、東京から静岡へ向かっている。
本日午前中は、銀座にある当社顧問弁護士のところで、ややこしい仕事をしていた。
当然、相談内容は記せないが、まぁややこしい内容だった。相談を終えた感想は、「まぁ〜世の中には訳わからんややこしい奴がおる」っていう事。自分のメリットなんか無くても、他人が嫌がることを愉しみ、自身を律せず感情の赴くままに行動しよる。
ただ今日の弁護士相談で、次のアクションが明確になった(戦ってやるか?!)。

なして、オイラは通常社員がやらん面倒臭い仕事ばっかり回ってくるのか・・・。

因みに只今向かっている静岡においても「協力業者変更!」等のややこしい仕事なのだ。


新幹線の中の暇潰しでした(静岡付近は大雨)。

メェ〜。。。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事