ここから本文です
The Game Is On!
『The Current War』 期待大です♪

書庫全体表示

ダメ元で申し込んだオンライン試写会に当選して、公開一週間前に観ることができました。
完全ネタバレですので、未見の方はご注意下さい

イメージ 1


ドイツの最強の暗号エニグマを解読して大戦を早く終わらせ、結果的に多くの人命を救う功績を残したのにも関わらず、不遇に生涯を終えたアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)の半生を描いた作品です。
作製した解読機「bombe」と、計算理論である「チューリング・マシン」はコンピュータの原型であり、彼は「コンピュータの父」と呼ばれています。

エニグマ解読の任務についた時、チューリングは27才。今のベネさんとはひと回り近く違う年齢ですが、浮世離れしたチューリングが、何だかとても若く見えるんですよね。時々、ああ、まだ青年だなあ…と思いました。

イメージ 2

有能だと見なさない人間は容赦なく切り捨てるチューリングが、唯一気に入ったのがジョーン(キーラ・ナイトレイ)でした。
解読チームのメンバーを解雇したため、代わりの優秀な人材を探すための手段が新聞に載せたパズルを早く解いた人っていうのが面白いです。
ジョーンが採用テストで、チューリングのタイムより早くパズルを解いてしまって、ジョーンと顔を見合わせた彼がニッと笑うシーン好きです^^

チューリングがランニングをしているシーンが時々出てきます。相当速かったらしいです。14才の頃、スト中で交通がストップしていたため、100kmの距離を自転車で学校に行ったこともあるのだとか。意外にも体を動かすのを厭わないタイプだったんですね。

イメージ 8

チームのメンバーと交流することもせず、解読マシンに夢中になるチューリングは、チームから浮きまくります。でも、ジョーンのアドバイスで、メンバーと親しくなろうとリンゴを配ったり、慣れないジョークを飛ばしたりする彼がかわいすぎです
解雇されそうになった時に、みんなが味方になってくれるところ、嬉しくなってしまいます^^

二人で地面に寝そべって数学の問題?を考えていて、ジョーンが「こうすれば解ける」って教えて、二人で笑い合ってるシーンも好きです^^
チューリングは自分の事を世界一の数学者だって言ってて、きっと初めて自分より数学ができる人間に出会ったんでしょうね。それが楽しくて仕方ない感じが伝わります。
女性の能力があまり認めてもらえない時代に、彼は区別なく接していたんだなと思いました。

ジョーンにプロポーズするところもかわいいです
あり合わせの針金をくるくる巻いて指輪にしちゃうなんて、101回目のあの人よりもかなり上出来ですよ^^

イメージ 3

婚約した後、ヒューと踊る彼女を見ながら、自分が秘密を抱えている事に表情を曇らせて…でもその後「あなたの番よ」って言われて、ぱああっていい笑顔になって
その表情の変化がたまりません このまま幸せにしてあげたかったなあ…><
純粋で純真な彼のことが愛おしくてたまらなくなります。

イメージ 9

エニグマって毎日設定が変わってたんですね。24時間のうちに設定を見つけないとその日にやってた作業が無駄になるっていうのは、ヒューみたいにキレてしまうのも無理ないです…それを毎日毎日繰り返すんですから。
でも、行き詰まっていた解読が、酒場での会話から思わぬ進展を見せるのがわくわくしました^^

イメージ 4

明るい展開なのですが、だいたいこの映画、逮捕されたチューリングの映像から始まるんですよね…所々で取調室の様子が挟まれ、暗い影を落とします。

チューリングの秘密、それは同性愛者であるということでした。当時は同性愛は法律で禁じられていたのです。学生時代に愛していたクリストファーを亡くし、それが彼のトラウマに…。
また、身近にいたソ連のスパイを泳がせるのに協力するよう上層部から命令され、危険を感じた彼は、ジョーンを守るために婚約を解消しようとします。
ジョーンは同性愛の告白にも動じず、好きだと言ってくれたんですが…。彼は思うようにならなくて焦ったんでしょうか、「エニグマ解読のために君と…」は一番言っちゃいけないことでしたよね;;
去っていく彼女を見つめる彼…彼女を遠ざけたことの安心と、寂しさと…複雑な表情でした。

イメージ 5
  ↑わざと嫌な事を言ってでも、彼女を遠ざけようと決意した所

同性愛者だと分かって逮捕され、取調室で刑事にこれまでのことを語るチューリング。この時の演技を、アカデミー賞で脚色賞を受賞したムーアさんが絶賛していましたが、淡々と語る中に彼の思いが凝縮されているようで胸を衝かれました。
この時に持ち出されるのが後に言われるチューリング・テストなんですね。今でもこのテストをパスするかどうかが人工知能の研究で重要とされているそうです。

彼は処罰として女性ホルモンの注射を選択します。久しぶりに訪ねてきたジョーンの前で、副作用で手が震え、好きなクロスワードパズルさえできない姿に涙です;;
肩にかけられた手に触れて薬指の指輪に気づき、「私があげた指輪よりずっといいね」って言うのも切なくて;;
そんな注射を受けるより、まだ禁固2年の方がましだったんじゃないかと思いましたが、彼にとっては愛するクリストファーの名前をつけた解読マシンと共に過ごすことが何より大切だったんですね。
そしてその後チューリングは青酸カリによる死を選びます。

イメージ 7

暗い部屋に去っていく彼のシーンのあと、過去のシーンが流れます。
戦争終結後、一切の記録を破棄するように言われた解読チームは、燃えさかる火に、書類を威勢良く楽しげに投げ込んでいきます。仲間と肩を組み、感慨深げなチューリングの表情…。
このラストシーンが、前のシーンとあまりにも対照的なので、涙が溢れて止まりませんでした>< しかもこの時に流れるテーマ曲が美しすぎて…

イメージ 6

ベネさんが、「彼を許すなんていう表現はおかしい。彼の方こそイギリスを許すべきなんだ」というようなことを話していました。
映画を観て、私も、「恩赦」というのは罪のある人に向けた言葉で、何も悪いことをしていないチューリングに使うのはおかしなことだと思いました。しかもそれがほんの一昨年のことだというのだから驚きです。
今思えばとんでもないことですが、日本でも思想や宗教が取り締まられていた時代があったわけで…今でもマイノリティへの対応が十分とは言い難いですし。

「時として、想像もつかない人物が誰しも予想していなかった偉大な仕事をやり遂げる」
クリストファーからチューリングへ、彼からジョーンへ、彼女からチューリングへ、そして私達へ、何度も語られるこの言葉。 
ムーアさんのスピーチにもありましたが、他の人と違っても、そのままの自分でいることが大切なのだということをこの映画は伝えてくれました。

チューリングの業績がさらに多くの人に広まること、そして誰もが差別や偏見に晒されることなく過ごせることを心から願わずにはいられません。

本当に素晴らしい映画でした。
この映画を観たら、みんなベネさんのファンになるんじゃないでしょうか。それぐらい魅力的でした。実際、一緒に観た夫もベネさんの演技を絶賛して、他の映画も観てみたいって言ってました。
ベネさん、最高の演技をありがとうございます

次は劇場に観に行きます^^地元では5月末公開なので、だいぶ先になりそうですが…。スクリーンで観るベネさんが楽しみです

  • 顔アイコン

    こんばんは〜
    素晴らしい感想ですね。何度もうなずきながら読ませていただいちゃいました。
    本当になぜジョーンを遠ざけてしまったんでしょうね。
    ゲイでもいいって言ってるんだから結婚しとけって思いましたよ。
    そうすれば、少なくとも同性愛の罪で告発される事は避けられただろうし、
    告発されてしまったとしても、彼女がそばにいるだけで心強いはず!
    とか言ってもやはり女性を愛せない身としては結婚なんて無理だと思ったのでしょうけど。

    日本語字幕を追っているとベネさんの表情を見逃してしまうと思って、
    なるべくなるべく字幕を追わないようにしたりして、かなり忙しかったです。
    スクリーンで見れるのはもちろん幸せですが、佳音さんのようにPCで何度も見れるというのも捨てがたいですね。

    監督も素晴らしいですが、ムーアさんの脚本、そして脚色も素晴らしいと思いました。

    ところで、「わが愛しのホームズ」お読みになったんですね!
    私も先日読み終わったので、感想を書いちゃおうかと思っていたんです。
    なのでもし内容がかぶっちゃったらごめんなさいです。。。
    またそちらのほうにもお邪魔させてい 削除

    [ dico ]

    2015/3/17(火) 午後 9:52

    返信する
  • >dicoさん

    ありがとうございます^^dicoさんにそう言って頂けるなんて嬉しいです♪

    「結婚しとけ」いいですね(笑)
    ジョーンのこと、“本当に好きだ”って言ってて、熱烈な思いというのではないけれど、彼にとって初めて大切にしたい女性だったのでしょうね。
    彼女がもし自分のせいで逮捕されてしまったら…と思うといてもたってもいられなかったのかも。短絡的に過ぎる行動でしたが><
    のちにジョーンが訪ねて来てくれたのは、どこかで彼の本当の気持ちが分かったのかも知れませんね。

    字幕をパッと見て、あとはベネさんの表情を観る…という感じでしょうか?
    私も劇場に行ったらdicoさんの鑑賞方法に挑戦します♪

    おお、「わが愛しの〜」読まれたのですね^^
    感想楽しみにしています

    佳音

    2015/3/18(水) 午後 8:17

    返信する
  • アバター

    あの焚き火のシーンが美しくて余計切ない気持ちになりましたね。
    あのテーマ曲も好きです。耳に残りますね。
    本当に良い映画なので、沢山の人に観てもらいたい!
    そしてベネディクトの凄さを観てもらいたいですね。
    私も5月にまた観ます!
    TBさせてくださいね。

    木蓮

    2015/3/21(土) 午後 10:37

    返信する
  • >木蓮さん

    やはり、皆さん焚き火のシーンが切なかった、泣けたっておっしゃっていますね。
    ラストにこのシーンを持ってきたというのが素晴らしいですよね。
    テーマ曲、美しいです。作曲賞にノミネートされたのも頷けます。
    先日ネットで見たのですが、映画館の出口調査での満足度が97%を越えてるそうです。すごいですね

    佳音

    2015/3/22(日) 午前 10:48

    返信する
  • アバター

    いつの世も、この時代に生まれなければ・・という人はたくさんいますね。特に戦時中はとんでもないことがまかり通っていた時代だったし、現代では考えられないような取り締まりがあったわけで。
    しかし、ベネさんはよかったですね〜複雑な役柄だったと思いますが、さすがに見事に演じていて惹きこまれました。
    大変遅くなってごめんなさい。TBさせてくださいね。

    choro

    2015/4/1(水) 午後 8:25

    返信する
  • >Choroさん

    チューリング・テストの話を刑事にしているところ切ないですよね。
    彼は間違いなく英雄だったはずなのに…

    ベネさんの演技老若男女を問わず絶賛されているようで、コレクティブとして本当に嬉しいです^^

    佳音

    2015/4/2(木) 午後 7:35

    返信する
  • 顔アイコン

    さすが3回(今は4回!)見た佳音さんの感想、この映画の色々な面を余すところなく語ってくださっていて、素晴らしいです^^言われてみれば、チューリングさんって先入観ないだけじゃなくて、ジョ―ンが自分より早くパズルや問題を解いたりしたら、嬉しそうだったんですよね〜対等に渡り合える相手を見つけて、純粋に嬉しかったんでしょうね。そういうところ、ホントに可愛いです。

    プロポーズ、可愛いかったですね〜!あのまま幸せにしてあげたかったです。でも、ソ連のスパイ絡みの理由でジョ―ンさんのためを思えばこそ遠ざけようとするところ、とても切ないけど、説得力もありました。この辺は、史実なのかは分かりませんが、この映画はいろんな面でとても展開に説得力があって、脚本や脚色がいいんだなぁ…と感じました。

    確かに、Γ恩赦」って罪のある人に対するもので、今の基準で言えばチューリングさんには何の罪もなかったんですよね。そんな形式的なものよりも、この映画はずっとずっとチューリングさんのためになるのではないかと思います。 削除

    [ Misty ]

    2015/4/3(金) 午後 11:00

    返信する
  • >Mistyさん

    自分より早く問題を解かれてくやしい、みたいな気持ちは全然ないですよね。対等に話ができる希有な存在に出会えて楽しかったんだと思いました。

    ストーリーに無駄な部分や退屈な部分が全然ないですよね。
    ムーアさんの脚本、素晴らしいですね。

    渋谷区で同性パートナーシップ条例が成立しましたけど、日本もようやく一歩を踏み出した感じですね。
    この映画も、条例を後押しする手助けになるのではと思います。

    佳音

    2015/4/4(土) 午前 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    真夜中に失礼します。
    今できることをしなければと言う思いで・・・はい。
    佳音さんが青森でも上映されるよ。と教えてくれてから・・・
    忘れてしまうほど日が過ぎてしまいましたが
    21日やっとこの映画を観ることが出来ました。
    みなさんの感想をやっと読むことが出来ました。
    ベネさんファンとして思うところは同じなんですね。
    ストーリーもしっかり記述されていて主出してまた感動しちゃってます。
    まあ、急ぐことも無いじょうたいなので忘れたころに感想を残すとして
    しばらくは、またベネ病に陥りそうです。

    だいず

    2015/6/22(月) 午前 0:49

    返信する
  • >だいずさん

    ついにご覧になったのですね☆
    おめでとうございます^^
    しばらく感動にひたりたい…この映画を観終わると、そんな気持ちになりますよね。
    だいずさんの感想、楽しみにしています^^
    あ、落ち着いてからでいいですよ〜。
    Blu-rayの発売決定してたのでさっそく予約してきました。

    佳音

    2015/6/22(月) 午後 8:08

    返信する
  • 顔アイコン

    わぁ ブルーレイ予約されたんですね。
    うらやましいです。
    わたしも、ポチリ予約しそうでしたが字幕表記がないので
    それ待ちのようです。
    イギリス映画が好きだから英語でどうぞ〜とかみたいですが
    わたしのようなやつは知らずに買いそうでした。汗

    だいず

    2015/6/23(火) 午前 2:02

    返信する
  • >だいずさん

    英語字幕版も出ているようですが、ちゃんと日本語版も予約開始になってたので大丈夫ですよ♪
    Amazon限定の分にするか悩みましたが、記念なので特典付きのにしてみました^^

    佳音

    2015/6/23(火) 午後 7:20

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは
    佳音さんにまた教えられました。
    エリア55さんをのぞいたらやっぱり日本語字幕ありとのこと
    むむむ・・・というわけで、勇気を出してアマゾンさんに電話で
    確認してみたらギャガさんから出ているのは4つとも日本語字幕あり
    だったので、さっそく予約しました。
    貧ちゃんなので一番安いDVDです。でもうれしい〜
    ありがとうございました。

    だいず

    2015/6/23(火) 午後 9:31

    返信する
  • >だいずさん

    予約できて良かったですね^^
    Amazonはチャットでも対応してくれるので、私は前に商品トラブルがあった時、こちらを利用しました。便利ですよ^^
    届くのがすごく楽しみですね〜♪

    佳音

    2015/6/24(水) 午後 7:33

    返信する
  • アバター

    こんばんは(*^_^*)
    拙い日記にトラバ、ありがとうございました。
    こんな素敵な映画の紹介ができる事が羨ましいです。
    ベネディクトへの愛が溢れていますし、作品を良く読み取っていて
    感心するばかりです!。それに比べて私は・・・
    この日記を、私は読んでいなかったんですね・・・
    この頃、母の介護が大変だったり、身内や親友が大病を患ったりで、1ヶ月ブログを休んでいたのでした(生きている証に、1本だけアップしていますが)。
    早くお邪魔すれば良かったです!。素敵なレビューです

    私も主人と一緒に観たのですが、『シャーロック』には、全くノッてくれないのですが、この時は「良い映画だったな」って
    私はジョーンの心のおきどころの素敵さに「なんという人なんだろう!」と、激しく心を動かされました。あの時代に!ですから・・
    明日、動画サイトでもう一度観てみるつもりです。

    シャーロック2013

    2015/11/1(日) 午前 2:51

    返信する
  • >シャーロックさん

    そんな風に言って頂けて嬉しいです^^
    ありがとうございます♪
    おうちのほうはその後いかがですか。私も、ブログ訪問はなかなかできないこともあるので、大丈夫ですよ^^
    劇場に観に行った時は、男性がとても多くて、お隣に座った方が奥様に「良い映画だった」と言っておられて嬉しかったです。
    チューリングとジョーンは、心の深いところでわかり合っている2人という感じがしました。
    ジョーンがずっと側にいたら、こういう結末ではなかったかも知れませんね。

    佳音

    2015/11/1(日) 午後 7:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事