全体表示

[ リスト ]

船乗り込みの季節

 船乗り込みの季節
 
今年の船乗り込みは6月29日(日)に決定しました。坂田藤十郎・片岡仁左衛門をはじめ片岡秀太郎や坂東竹三郎、中村時蔵や中村翫雀、中村扇雀や中村橋之助、尾上菊之助や片岡孝太郎、片岡進之助や中村梅枝らが乗船する予定で、私も浴衣姿で乗りこみます。
歌舞伎役者の一行が、鉦と太鼓のお囃子を響かせながら、大川から東横堀川をまわり、道頓堀の芝居町まで市中を巡行する「船乗り込み」は、江戸時代の上方浮世絵にも描かれた水都の風物詩です。昭和に入って途絶えていましたが、昭和54年に復活しました。これを見るために来阪する歌舞伎ファンも少なくありません。
村松梢風『名優船乗込』には明治25年の五代目尾上菊五郎や初代市川左団次の船乗り込みが、三田純市『遥かなり道頓堀』には大正4年の二代目実川延若の船乗り込みが活写されています。水際の建物から身を乗り出し花形役者に熱狂す、松竹映画『残菊物語』(昭和38年、市川猿翁・岡田茉莉子主演)のラストシーンに感動したという外国人に私は何人も出会ったものです。(だから何かというと遊歩道をつくり川幅を狭くするのに私は反対なのです。先年、滋賀・京都・大阪の三府県で開催された「水フォーラム」で海外のジャーナリストたちに船上から大阪都心部を見物してもらうという試みがあり、「美しい町」という反応が多かったのは嬉しいことでしたが、なかでも「水際にビルが立つのが印象的」という感想が印象に残ったものでした)
船に乗って華やかな芸能者の一団がやってくる光景は、大阪市中の水辺で育った折口信夫の言う「まれびとの来臨」を想起させます。「まれびと」とは、海の彼方から訪れて幸をもたらす神であり、内陸部では川を遡行してくる神の姿となって現われました。
「水際」と「船」と「まれびと」が喚起する懐かしさそれは、遠く10世紀に淵源をもつ天神祭の船渡御はもとより、さらに古層の記憶をも浮かびあがらせてくれるのです。
大阪湾岸における最古の祭として文献に登場する「八十島( やそしま)祭」は、天皇即位の翌年、宮中の神殿に仕える女官が海から生命力を得ようとして、天皇の衣を難波の海岸で振るという儀式でした。海の大嘗祭とも呼ばれた八十島祭は、平安初期から鎌倉時代まで行われていたことが文献から判明しており、平清盛の正室・時子も二条天皇即位の折この大役を務めていますが、海に臨む難波の地(上町台地)に都が置かれた時代から存在した可能性も示唆されているのです。
 
ところで、船乗り込みは数年前から、大阪と京都を往来した三十石船の発着場である天満橋・八軒家浜から東横堀川へ入るというコースになっていますが、贔屓の旦那衆の多かった堂島浜から乗り込み、中之島を経て、東横堀へ入っていくというのが本来のルートです。
 
      
イメージ 1
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事