ここから本文です
S30〜40年代京都とミュージアム巡り
京都市電に関する週一回の投稿は8年目になります

書庫最新記事

すべて表示

  • 戦前の京都市電の系統 序章

    大正7(1918)年7月1日、京都市電が競合する京都電気鉄道(京電)を買収した当時は市電の9系統+京電の4系統で13系統あったが、行先だけの表示だった。元々市電は乗り換え制で、車内で降車停留所を車掌に伝えて、必要箇所にパンチの入った乗車券を ...すべて表示すべて表示

  • 木造建築が大半を占めていた大正13(1924)年に、コンクリートブロックを組み合わせた洋風民家が京都の衣笠に建てられた。大正〜戦前にかけて京都を中心に活躍した建築家、本野精吾の自邸である。みやこの近代(思文閣出版)に「当時としては過激なまで ...すべて表示すべて表示

  • 昭和46(1971)年4月から始まったスタジオ300は、1年半の短命に終わった。替わって昭和47年10月からは、日本列島ズバリリクエストがスタートした。この年の初夏、佐藤栄作から田中角栄に首相が交代し、田中の著書「日本列島改造論」がベストセ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事