不動産うんちく話

不動産に関する話題を幅広く集めます。

全体表示

[ リスト ]

 不動産をテーマとした本ブログの範囲を超えますが、日経新聞「経済教室」に掲載された、上智大学の渡辺教授の論文「市場と福祉の改革両立を」は現在の日本に必要な視点を備えているように思えました。
 今の日本に求められているのは「市場主義改革」と「福祉改革」を同時に推進することであるとし、その内容を提案しています。
 
①成長と雇用を赤字財政で支え続けることはもはや不可能である。社会的なサービスは有償とすべきである。
②中央集権的な官僚体制から脱却する必要がある。民間の経営方式の導入、権限を組織の下位レベルに移譲など、政府機関の運営を効率化しなければならない。
③グローバルなリスクに迅速に対応するため、国家と政府の構造改革が必要だ。
④政府は市場の本質的機能を補完し向上させるべきで、市場機能を妨げるべきでない。うまく運営されている市場経済は最も大きな繁栄をもたらすことのできるシステムである。
⑤市場を手放しで信奉するのではなく、政府は社会的倫理的な枠組みを維持する機能を果たす必要がある。
⑥「権利には責任が伴う」ことを前提とした新たな社会契約の枠組みを構築する必要がある。共同体の利益を優先する「倫理的個人主義」を定着させ、無定見な権利主張を自制する価値観の変革が不可欠である。
具体策として、福祉を人的資源への投資と考える「積極的福祉」を社会契約の基盤とし、教育や職業訓練を重視する政策を提言しています。
 
人口が減少し、縮小してゆく日本社会を繁栄させるには、「大きいこと」ではなく「効率的なこと」を優先して物質的にも精神的にも豊かな国を目指す必要があると思います。
効率的な国の仕組みについての提言を多く発信し、道筋を作ってほしいものです。
 
“0金利年金削られ医療費上がる資産は目減りで踏んだり蹴ったり”
“火のくるま京の老舗が消えてゆく悲鳴をあげる平成の乱”
“この国の行く末つらつら考える溜息ばかりのゴマメのハギシリ”
(門之町 花)
 
イメージ 1

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事