不動産うんちく話

不動産に関する話題を幅広く集めます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

歴史人口学の視点とは

 仕事柄、空き家が増えていることを感じていますので、「日本の人口が減少傾向に入った」との報道が納得できます。
歴史人口学という分野があることを知り、鬼頭宏教授の「人口から読む日本の歴史」という本を読んでみました。
私の理解した要旨は次のようなものです。
 
●世界人口は長期的な波動を描いて増加してきた。
●人口の長期波動は気候などの環境変化と文明システムの転換によってもたらされる。
●日本人口にも長期波動が認められる。
●鬼頭宏教授によると、日本人口の長期波動は4回の文明システムの転換があり、都度成長期の人口増加と成熟期の人口減少が認められる。
●日本人口の文明システムの転換は、
①縄文システム:紀元前9世紀頃人口減少、狩猟漁労採取・自然社会、伝統経済
②水稲農耕システム:平安末期に人口減少、直接農産消費・農業社会、伝統+指令経済
③経済社会化システム:江戸末期に人口減少、間接農産消費、伝統+指令+市場経済
④工業化システム:平成20年頃から人口減少、工業化社会、市場経済
 現代の工業文明システムは成熟化しつつある。
●現代の日本の人口学的地殻変動は、①少子化、②長寿化、③晩婚・非婚化、④核家族化・高齢者単独世帯の増加、⑤人口の都市集中、である。
●鬼頭宏教授が考える日本の課題
①「簡素な豊かさ」の実現。エネルギーと資源を環境循環型なものに転換すること。
②少子化の受け入れと静止人口の実現。人口減少社会、超高齢化社会に適合するために、(a)社会の再編成、地域の再統合を進める、(b)性、年齢、障害、国籍、民族の差別をなくし、それぞれに社会貢献を期待、(c)長寿化に対応した夫婦・家族のありかたを構築する。
③新しいシステムを生み出す多様な挑戦が増えるよう、公私・官民で役割を分担する必要がある。
 
大きなテーマなために個人で出来ることは限られますが、現在起こっていることへの視点として納得できます。
 
イメージ 1

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事