不動産うんちく話

不動産に関する話題を幅広く集めます。

不動産と地震

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

東日本大震災は死者、行方不明者合わせて2万人を超える大災害でした。
死因は水死、損傷死など津波被害が96.9%とほとんどを占めています。
これは、阪神淡路大震災の死亡者(6,434人)の99.5%が建物倒壊による圧死であったことと比較して際立った相違があります。
巨大地震を経験として、今後に備える方法を学ぶ必要を感じます。
地震リスクには、①建物倒壊、②津波被害、③火災発生、④液状化、⑤長周期地振動による超高層建築物問題、⑥帰宅、安否確認、備品備蓄、などが挙げられます。
ハートストック研究会では、上村要司(株式会社Geo Laboratory)さんに講演をお願いしましたが、その中で心得ておきたいと思うポイントを整理しました。
 
1、首都圏で今後最も切迫性の高いのは「東京湾北部地震」である。
  「首都圏における大規模地震の蓋然性」参照
 
2、「東京湾北部地震」による被害は荒川沿いの建物倒壊と環6環7沿いの木造住宅火災が中心となるだろう。
  「東京湾北部地震(M7.3)での全壊棟数と焼失棟数」参照
 
3、建築基準法(新耐震基準)を遵守した建物では、阪神淡路大震災でも建物の倒壊は少なかった。超高層建築物を含め、家具什器類の転倒・移動対策を優先的に実施すべき。
  「日本建築学会の長周期地震動に関する知見・提案」参照
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

開く コメント(1)

 財団法人消防科学総合センターが「地震に自信を」というパンフレットを出版しています。
 パンフレットでは、地震を感じた後の行動を順に指示していますので、記憶に留めておくとよいと思いました。
 ちなみに「パート1」はこちらです。

 ,泙才鄰紊い匿箸琉汰瓦
  机やテーブルに身をかくす。非常脱出口の確保。あわてて外へ飛び出すな。
 △△錣討採篝鼎鵬从劼鯔匹
  素早く火の始末を。火が出たらまず消化を。
 6垢は地、塀ぎわ、崖や川べりに近寄らない
  瓦の落下に気をつける。崖や堤防のゆるみに気をつける。
 と鯑颪離謄ニック
  避難は徒歩で。持ち物は最小限に。津波に注意。山崩れ、崖崩れに注意。
 ダ気靴ぞ霾鵑瞭手を
  テレビ、ラジオの報道に注意し風評に惑わされない。
 Χ力し合って応急救護を
  軽い怪我などの処置は協力し合って。
 Ф力し合って救出活動を
  建物の倒壊や落下物の下敷きになった人を地域の協力で救助。
 ┝動車の運転中では
  停車しエンジンを切る。カーラジオで災害情報を得る。避難する時はキーをつけたままで。

 “落石に注意程度の危機管理”   (乾 和郎)

開く コメント(0)

 「大地震から身を守るには」 で紹介しましたが、住宅の耐震性能は生命に直結しています。
 簡単な耐震診断方法を探してみたところ、(財)日本建築防災協会が木造住宅の「耐震診断問診票」を発表しているのを見つけました。
 簡単な質問に答えるうちに耐震性能についての理解が深まり、一石二鳥です。
イメージ 2
イメージ 1

 なお、財団法人日本建築防災協会のホームページからパンフレット等が閲覧できますので参考にしてください。

 住宅の安全は、たのしい生活の基本と思います。

 “たのしみは 艸のいほりの 筵敷き ひとりこころを 静めをるとき”
 “たのしみは 昼寝目ざむる 枕べに ことことと湯の 煮えてある時” (新井満「楽しみは」より)

開く コメント(0)

 荒川堤防が200年に一度起きるような大洪水で決壊した場合の地下鉄の浸水予想が発表されました。
 しかし、自宅の安全も気掛かりですので、東京、埼玉の洪水被害を調べてみました。

 この地域では、昭和22年9月のカスリーン台風に伴う洪水が大きく、利根川中流部の堤防が決壊し、埼玉県(羽生、春日部、草加)から東京都(足立、葛飾、江戸川)まで4.4万haの地域が水につかった経歴があります。
 利根川流域は、西から荒川、綾瀬川、元荒川、古利根川(中川)、江戸川、利根川と6本の本・支流からなっており、相互に放水路などで接続され総合管理されています。
 古くは荒川が本流でしたが順に東に移動し、江戸時代に現在の利根川を本流とする治水工事が行われましたが、これを利根川の東遷と呼ぶそうです。
 地形的には洪水が起こりやすい地域といえるでしょう。

 洪水に対する備えとしては、堤防決壊のような急激かつ大規模な水害は個人のレベルでは対策が不可能で、迅速な避難が第一です。
 しかし、都市型水害のように比較的緩やかに進行する水害で、床上浸水程度の規模ならば、予防策によっては浸水を防止するなど被害を最小に抑えられるようです。

 その浸水対策とは、
  ̄水排水溝の掃除(玄関前やベランダの排水溝と雨樋の落葉やごみを取除いておく)
 玄関などの出入口を塞ぐ(土嚢とブルーシートを組合せて堰を作る)
 J匹猟棉口を塞ぐ(タオルを入れたビニール袋を詰め込むとよい)
 げ漆紊竜嬶を防ぐ(風呂場や洗濯機置き場の排水口に水嚢などを置く)
等の手法です。

 それでも水に浸かってしまったら、・・・ゴミを撤去し、すぐに消毒する。
 スピードが命で、遅れると悪臭がひどくなり伝染病発生の危険性が高まります。
 水が引いたらすぐに取りかかる必要があります。
 また、生水の飲用を控え、食べ物は加熱し、傷を負ったら破傷風を疑い病院へ行く、などの対策が大切です。

 なお、「災害のあと始末」という本が出版されています。
 これらの対策が詳しく記載されていますので一読しておくと役に立つと思います。

 “坂道をのぼる泥鰌や梅雨出水”   (平 きよし)


イメージ 1

開く コメント(0)

復興記念館見学記

 両国から人形町まで川筋を散歩しようと先輩諸氏の誘いで出かけましたが、突然の雷雨に近くの横網町公園(両国ですから「よこづな」と読みがちですが「よこあみ」です。)に駆け込みました。
 関東大震災の後に建立され、その後、戦災遭難者の霊と遺骨を併せて奉安している東京都慰霊堂の東側にある古めかしい建物が復興記念館です。
 関東大震災は、大正12年9月1日午前11時58分に発生した大地震で、死者99,331名、行方不明者43,476名、負傷者103,733名、の被害が出ました。
 知識はあったものの、記念館に展示された写真を見てその恐ろしさを再認識しました。
 数多く展示されている写真は東京の大部分が瓦礫と化した様子を写し予想を超える迫力があります。
 保存すべき記録と感じました。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

 当時の東京市長で復興を担った永田秀次郎氏の句
 “焼けてすぐ芽ぐむ力や棕梠の露” (青嵐)

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事