全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

とりあえず研修終了

四月八日の農業大学入学を目前に、今日で農家さんでの研修を終了させる。

最後の二日は南部糸満でパイプハウス作りを手伝う。

60センチピッチで、先端に大きなRのついた三メートルほどの鉄パイプを土に突き刺してゆく。

左右に立てた鉄パイプが空中で金具で連結され、それがパイプハウスの丸みを帯びた屋根になってゆくのだ。

パイプの数は百本を超える。驚くほどの仕事量。

朝から始めて夕方6時。まだ半分も終わらない。

息を切らし、少しの時間、手を休めた。

夕日の中で赤く燃えるサトウキビ畑をゆらしながら、遥か遠方から風が渡って来る。

遠くのAMラジオでは古謝美佐子が民謡を唄っている。

その時、危うく涙が出そうになった。
イメージ 1
感傷ではなく、単純に心が大きく動いたのだ。

受け入れられたのかなぁ、と思える瞬間だった

なお、写真は先日初挑戦した野菜の店頭販売の様子。午前中で売り切れました。


朝寝

今日は午後から南部へ。私の友人、パンチさん紹介の農家さんちで芋掘りなんです。

ということで勝連の農場での仕事はお休み。たっぷり朝寝をしようと思ったのですが、習慣とは恐ろしい。6時前にはばっちり目が覚めてしまいました。まぁ、前日夜10時には寝てるのでしょうがないかもです。

そこで近くのエンダーでモーニング。朝からジャンキーな食べ物をがっつきます。

実際、農業やってると腹が減るのです。しかも毎日きちんきちんと決まった時間にお腹がすきます。これが当たり前の生活なんでしょうね。

で、帰って来て二度寝。これが気持ちよかった。

お腹いっぱいだし、高気圧の機嫌のいい南風がカーテンをゆらすし。

で、気を失うように眠りました。

休日、を実感です。
イメージ 1

写真集

また、夢の話しです。
妙にリアルだったので、かいておきます。

ある写真集を人にもらった。
「きっとあなたが好きなはず」と。
確かにそうだった。
写真は人物のポートレイト集。
撮影地は世界各国。
アフガニスタン、クルド、ジャマイカ、モザンビーク、バングラディシュ、スペイン。
撮影された人物たちは、誰もが人を射るような視線でカメラを見つめている。
苦悩にみち、何かに怒り、他人を厳しく見つめている。
モノクロ。
光と影。
強いコントラスト。
いい写真だ、と思った。
怖さも感じた。
写真家は自分のスタイルにこだわり抜き、揺らぎや曖昧さを徹底的に排除している。
写真を完全にコントロールしすぎている、そんな感じを受けたのだ。
「自分の撮りたい写真だけを撮る」
芸術創作活動の基本だろう。
「聞きたい音楽を作る、見たい映画を作る、踊りたいダンスを踊る」
何かを作る人は誰もがその思いを基本とする。
しかし、その思いが強すぎると、「いいか、悪いか」
の判断が厳しく、強くなり、自分を追い込みすぎる。
創作はもはや楽しみではなく、苦しみになってしまう。

なんでそんなことを考えたのか?
私はその写真家が、自らの命を絶ってしまったことをすでに知っていたからだ。
死後、写真家の残した膨大なポジの中からは
「へー、こんな写真も撮っていたんだ」という作品が数多く見つかった。
優しい笑顔、何気ない仕草。美しい夕日。
感傷的、ともいえる写真群に、残された人々は驚いた、という。

自分で自分を縛ることの恐ろしさ。
スタイルや理想をこわすことの難しさ。
手元の写真集に閉じ込められた写真家の溢れんばかりの才能に、強い嫉妬を感じるだけに、様々なことを考えた。

強い思いにとらわれたところで目が覚めた。
何を意味するのか?
不思議な夢でした。


地震!

朝五時半、大きな横揺れ。一発で目が覚めました。東京でも経験したことのない大きな地震。びっくりしたなぁ、もう。

久々の晴れ。

イメージ 1

イメージ 2

今日(2010年2月20日)の沖縄は久々の晴れ。

朝から気持ちのいい青空が広がり気温もぐんぐんあがる。そこで午後は路地の畑へ。

先月、イモ、コーン、ニガナなどを植えた畑はひと月の間に雑草があちこちに顔を出している。気にはなっていたのだが、雨模様が続き、そのままになっていたのだ。

地面にしゃがみ込み、ひたすら雑草をむしる。無農薬、不耕起栽培の路地は雑草との戦いなのだ。
最初はあまりの作業効率の悪さに「くそーなんだかなー」
だんだん「ぼー」
いつの間にか「うははは! なんかハイな気分!」

ひと畝雑草をとり終わり振り返ると、赤い土の上で薄緑のイモの葉が整然と並び、風にそよそよと揺れている。うん。気持ちよし。

雑草との格闘に没頭しているうちにいつしか日は大きく傾き、あっという間に夕方に。

やっぱり晴れの日は畑に限る、と思えた一日でした。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事