ここから本文です

関東スポーツスターミーティング・スタッフブログ

書庫全体表示

寄附金の取り扱いについて

イメージ 1

関東スポーツスターミーティングではお預かりした「参加費(1,000円)から運営実費差し引き後の残額」を全て寄附しています。
ユニセフを中心に、震災などの社会環境変化を勘案しつつ寄附先を決めています。(*1)
寄付先は、2016年に発生した「熊本地震」を受けて日本赤十字社の「平成28年熊本地震災害義援金」への寄附(*2)としたく思います。

また、送金方法は以下の通りとしますので予めご了承下さい。
振込人:責任者個人名(*3)
受領証の宛名:関東スポーツスターミーティング実行委員会

「会計報告」は終了後(*4)に本ブログとホームページにアップいたします。


*1 過去の寄付実績について
合計 2,377,038円
2009年 235,093円 UNICEF
2010年 338,342円 UNICEF
2011年 303,731円 日赤 (東日本大震災)
2012年 418,546円 日赤 (東日本大震災)
2013年 361,279円 日赤 (東日本大震災)
2014年 102,982円 UNICEF
2015年 467,666円 UNICEF (ネパール震災)
2016年 149,390円 日赤(熊本地震)

*2 義援金受付URL
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/
日赤への寄附金や支援金ではなく「義援金」です。
義援金分配委員会経由なので多少時間を要しますが、全額が公平に被災地に向かいます。

*3 責任者個人名での振込について
10万円を越える現金を振込むときは、犯罪収益移転防止法の定めにより取引時確認が必要です。実行委員会名義では取引時確認が出来ませんので、送金のためのやむを得ない措置です。

*4 会計の締め時期について
未精算経費の確認や後発事象による出費に備えるため、1週間から10日程度留保しますのでご了承ください。

この記事に

  • 「寄附金の取り扱い」について補足いたします。
    募金窓口はたくさんありどれを選ぶのか悩みましたが、今回の震災被害が熊本県に限られず大分県にも及ぶこと。災害支援の過去実績を勘案して日赤としました。
    日赤は「各地の義援金分配委員会経由で全額を被災者へ届ける」旨をホームページに明記しているのも決め手となりました。

    [ KantoSSM ]

    2016/4/19(火) 午後 0:13

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事