ここから本文です
ろくらい夜
個人サークル『ちるてぃっくふぉーすぜろ』は名古屋を中心に活動中

書庫全体表示

イメージ 1


気まぐレビュー第9回目は仮面ライダー電王からサブライダー、ゼロノスの最終フォームであるゼロフォームを紹介します。

イメージ 2


ゼロノス本体
デネビックバスター
ゼロガッシャーパーツ×2
ゼロガッシャーホルダー×2
赤いゼロノスカード
交換用ベルト
交換用手首4種類

イメージ 3


可動域
かなりグリグリ動きます。

イメージ 4

イメージ 5



ゼロガッシャーとゼロガッシャーホルダーはこのように組み合わせて使います。
残念ながらゼロガッシャーは合体させる事は不可能なので、ゼロガッシャー装備のゼロフォームを再現するにはアルタイルフォームも購入する必要があります。

イメージ 6


カードを抜き取った状態のゼロノスベルトと赤いゼロノスカード。
この赤いゼロノスカードは使うたびに現在で作った侑斗の記憶が消費されてしまいます。

イメージ 7


デネビックバスター。
かなり大きいです。
劇中ではこれを持ちながら派手なアクションしていたのが印象的。

イメージ 8


ゼロノスカードはデネビックバスターに装填可能。

イメージ 9


それでは少しアクション。
『最初に言っておく!俺はかーなーり…』

イメージ 10


『強い!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


イメージ 14

錆びても強い!

それでは気まぐレビュー第9回、仮面ライダーゼロノス ゼロフォームでした。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事