B級生活のタワゴト

現在は「B級生活のタワゴト2」にて続きを更新中!

全体表示

[ リスト ]

2011年5月11日 17時00分
 
 
東日本大震災の後、揺れていないのに揺れているように感じたり、激しい揺れに見舞われた時の恐怖が蘇って、不眠や心身症に陥る人が少なくない。
 
ことに幼い子供は震災以来、母親から離れなくなったケースも多いという。
 都内に住むAさん(43)は地下鉄に乗ろうとして自動券売機の前に立っている時、激しい揺れに襲われた。
 
立っていられなくなり、思わず座り込んでしまった。
天井が崩れ落ちたらどうしよう。
 
恐怖で体が引きつった。
あの時の恐怖は、今も夢に現れるほどだという。

 銀座泰明クリニックの茅野分院長がいう。

 「最近、余震が続き、明日は我が身と思い、東日本大震災を恐れて不眠・不安が増幅している方が少なくありません。
 
一人暮らしの方はもとより、家族と同居している方も、一人でいる時はいてもたってもいられない不安に陥るそうです。
 
患者さん方への助言としては、必要以上のニュース・情報は見ない、日常生活を規則正しく送る、リラックス・リラクゼーション(会話・散歩・入浴・音楽・読書など)を心がけることをおすすめしております。
 
根本的な解決としては、地震が止むこと、原発が解決すること、月日が経つことです。
まだ当分かかるでしょう」

 揺れていないのに揺れているように感じるのは「地震酔い」とか「動揺病」と言われ、「乗り物酔い」に似た症状を呈すもの。これは平衡感覚を司る三半規管の異常によるものだが、背景にはこうした強い不安があるという。

 震災により生命の危険に遭う、またはその様子を目撃することにより、不安・恐怖などの精神症状、動悸・呼吸困難などの身体症状を呈する疾患を急性ストレス反応という。

 そうした症状が1カ月以上続いている場合は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断する。
 
一般的にPTSDは、地震、洪水、火事といった災害の他に、事故、戦争のような人災、そしてテロ、監禁、虐待などの犯罪行為を原因として生じるもの。
 
実は、報道の現場でもPTSDが問題となっている。

 「テレビ局内でも、東日本大震災を取材した映像の中にひどいものがあり、酸鼻を極める人が少なくないんです。編集するキー局のスタッフが映像を目の当たりにして、体調を崩す例が続出しているんですよ」(テレビ局関係者)

 あのニューヨークの「9・11テロ」の際も飛行機がビルに突っ込む衝撃映像にショックを受け、精神科医や心理カウンセラーのもとを訪れる人が後を絶たなかったという。

転載元転載元: ★§†£美麗の愛(哀)の部屋£†§★

この記事に

閉じる コメント(7)

美麗さんの記事です!
つらい方、いらっしゃいませんか?

2011/5/12(木) 午前 7:48 かおまる 返信する

転載ありがとう★
心から感謝します★

2011/5/12(木) 午前 7:51 ★§†£みれい£†§★ 返信する

美麗さん、こちらこそありがとうございますm(__)m

2011/5/12(木) 午前 8:04 かおまる 返信する

アバター

確かに..地震酔いってありますねぇ...

自衛隊の方たちの捜索作業..
過酷な重労働と.行方不明の方たちの.捜索
本当に.感謝です...

2011/5/12(木) 午前 10:18 なごみちゃん 返信する

なごみちゃんさん、最近は薄れましたが、千葉に居ても常に揺れている感が取れませんでしたから・・・無理もないでしょう。
自衛隊の方に頼るしかない状況下でしたが、本当に国民は感謝している事を伝えたいですね!

2011/5/12(木) 午後 0:19 かおまる 返信する

気がつかない内に
疲労感が蓄積していたような気がします
だから風邪もなかなか治らなかったように思います。。。(^^ゞ

2011/5/12(木) 午後 5:00 きよちゃん 返信する

wkikiさん、そうですね、暫く風邪が続きましたよね。
今までと違う状態が日常として続く訳ですから、疲労感も蓄積するでしょう。

2011/5/12(木) 午後 8:03 かおまる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事