ここから本文です
かおめもぱの日記2
光市を中心に酒を呑みながら子育てし、少しの空いた時間で散策ているアラフィフ親爺です。σ( ̄∇ ̄;)

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

本日は家族と一緒にお買い物

行く先々ブラックフライデーで安売りをしていました。.+:。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。:+.
お昼ご飯も出来たてのお惣菜でした(´▽`;)ゞ

イメージ 1

これで500円からお釣りが来ましたよ〜*。・+(人*´∀`)+・。*

私はお昼から1杯

イメージ 2



食べていると娘達から「いつもご苦労様です。今日は勤労感謝の日だからね( v^-゜)」
っと私にはこちらを(* ̄∇ ̄)ノ

イメージ 3

愛妻様にはエクレアのプレゼントをもらいましたよ〜.゚+.(・∀・)゚+.゚

夜は娘達からもらったお酒と合わせるためにホルモンとキャベツ煮とチキンのバジルソース炒めを作りました。(人´ з`*)

イメージ 4

ビールに合うんですよね〜(*´∀`*)

イメージ 5



食後は懐かしのメロンシャーベットがデザートです(゜∇^d)!!

イメージ 6

イメージ 7

これがなんと!
1個37円でしたヽ(*>∇<)ノ

明日もいいことがあるといいなぁ〜(゚∀゚*)(*゚∀゚)ワクワク
昨日はいい夫婦の日

帰宅すると愛妻様がご馳走を買ってくれてました。.+:。 ヾ(*´∀`*)ノ 。:+.

イメージ 1


ブラックフライデーだったそうです。(゜∇^d)!!

イメージ 2


焼くのは私の役目

イメージ 3

イメージ 4


愛妻と一緒にキッチンに立つのはとても楽しいですね〜*。・+(人*´∀`)+・。*

今日は日本酒は止めて家族皆でご飯を食べて楽しい夜を過ごしました

イメージ 5

(え!ご飯の後ろに見えるのはジュースですよ〜(;¬_¬))

とても素敵ないい夫婦の日になりましたヽ(*´∀`*)ノ
それでは早速参拝しましょうε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
イメージ 1


おっと!
拝殿前に狛犬様がおられました。*。・+(人*´∀`)+・。*



阿形
イメージ 2

お顔がぁ〜(T^T)ザンネン
イメージ 3

イメージ 4

尾っぽは面白い形状ですね〜(*´∀`*)


吽形
イメージ 5

こちらのお顔もひびが入り危ない状況ですね(-""-;)ウーン
イメージ 6

イメージ 7

建立時期は文化元年(1804年)です(゜∇^d)!!


それでは拝殿に(人´ з`*)
イメージ 8

あり?
蟹の姿が見える気がします。σ( ̄∇ ̄;)


それでは参拝を(‐人‐)パンパン
イメージ 9

こちらも明日の準備で掃除の真っ最中でした。(´▽`;)ゞ

こちらの扁額には産土神社とあります。σ( ̄∇ ̄;)
イメージ 10

昔は産土神社だったのかなぁ?
(拝殿内の扁額には御山(おやま)神社とあります)

由緒は( ̄▽ ̄= ̄▽ ̄)

書いてありませんね(´・ω・`; )

では、「山口縣神社誌」より

御祭神 
伊弉諾命(いざなぎのみこと)・菊理姫命(くくりひめもみこと)・速玉之男命(はやたまのおのみこと)・事解之命(ことさかのおのみこと)


由緒沿革 
鎌倉時代の治承年間(1177〜81年)に紀伊の国熊野神社の飛霊神を祀ったのが始まりだそうです。
その後93歳の筑紫の国の長者が北国通航の時にことらの沖合で神様の夢を見て社殿を建立したそうです。その時の社号は雨熊十二社大権現でした。
戦国時代の永禄年間(1558〜70)に社殿を再建、寛永十年(1633年)には児玉淡路守元恒さんが社殿を造営、天和二年(1682年)に本殿を再建、元禄十五年(1702年)石神門を建立、享保六年(1721年)に本殿を再建、明治二年(1869年)御山(おやま)神社に改称しました。

また裏の新宮山には奥宮があり御山神社脇にある1478段の階段を登ると行けるそうです。(絶景らしいですよ)



その脇には石碑がありました*。・+(人*´∀`)+・。*
イメージ 11

なるほど!
御神木は紀伊熊野神社か…………ら?
イメージ 12

って切られてますが!Σ(´□`ノ)ノ

台風で折れたのかなぁ(-""-;)ウーン


これは( ・◇・)?
イメージ 13

大きな石ですね〜(*゜ロ゜)
陰陽石かなぁ?σ( ̄∇ ̄;)

明日も御山神社は続きます。(´▽`;)ゞ

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事