JAZZ STREET 842のブログ

王道ジャズ番組、始めました

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

 『JAZZ STREET 842』第10回目の放送、お楽しみ頂けましたでしょうか?
 
6月は梅雨の時期。という事で、番組前半は雨にちなんだナンバーをお届けしました。
 
 先ずは、ハロルド・アーレンが書いたナンバーを2曲。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/41X6K5EBXXL.jpg 1曲目は、ロマンチシズムに溢れたケニー・ドリューのピアノで、
1.「降っても晴れても」  ケニー・ドリュー
          『ケニー・ドリュー・トリオ』(1956)
土砂降り、降りだしそうな空、雨上がり、水溜りを避けようとピョンピョン飛び歩いている姿など、雨にまつわる風景が次々と頭をよぎりました。
フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムのブラシは、まさに本降りの雨音のようでしたね。
 
 続いてお届けしたのが、
2.「ストーミー・ウェザー」   サラ・ヴォーン
失恋の痛手を嵐に例えたこの曲。ですがサラ・ヴォーンぐらいになると、カテゴリー5クラスのハリケーン級の失恋じゃないと、ビクともしないのでは? なんて思ってしまいました。

 続いては、ビング・クロスビー主演の映画「黄金の雨」(1936)の主題歌
3.「黄金の雨」   メル・トーメ
メル・トーメが、ビング・クロスビーに捧げたアルバム『ア・トリビュート・トゥー・ビング・クロスビー』(1994)より、お聞きいただきました。

http://ec2.images-amazon.com/images/I/31K7ZTTKMXL.jpg 前半最後は、映画「雨に唄えば」(1952)でジーン・ケリーがずぶ濡れになりながら歌い踊っていたシーンに使われていた曲
4.「雨に唄えば」    サリナ・ジョーンス
”雨”といえば、やはりこの曲が最もポピュラーな曲ではないでしょうか。サリナ・ジョーンズの歌声は、まるで雨を楽しんでいるようでしたね。日本の梅雨も、この歌と映画のように楽しんで過ごしたいですね。

 
 そして後半は、隠れ名盤のコーナー。
2週にわたって、ブッカー・アーヴィン(ts)が1963年から64年にかけて録音したブック・シリーズ『ザ・フリーダム・ブック』『ザ・ソング・ブック』『ザ・ブルース・ブック』『ザ・スペース・ブック』の4枚をご紹介します。
 
 ブッカー・アーヴィンといえば、”暴れん坊”チャールス・ミンガスのグループで活躍した、米テキサス州出身のテナー奏者です。
 
http://ec2.images-amazon.com/images/I/513ltZANbzL.jpg 先ずはブック・シリーズ最初の録音『ザ・フリーダム・ブック』(1963)から2曲。

5.「ステラ・バイ・スターライト」 ブッカー・アーヴィン
テキサスの何もない荒野で見上げた、きらめく星空を連想させる演奏でした。
 
 そして、
6.「グランツ・スタンド」  ブッカー・アーヴィン
 
 
 続いてはブック・シリーズ2枚目のアルバム『ザ・ソング・ブック』。スタンダードばかりを集めたブッカー・アーヴィンの代表作から3曲。
 
7.「イエスタデイズ」  ブッカー・アーヴィン
一音目からやられました! そぼ降る雨の中、傘もささず、夜の街を一人さまよう・・・そんな姿が脳裏に浮かびました。個人的には、暫くリピートして聴き続けそうです。
 
 そして、 
8.「オール・ザ・シングス・ユー・アー」
                 ブッカー・アーヴィン 
9.「アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ」
                 ブッカー・アーヴィン 
と、2曲続けてお送りしました。
 
 ブッカー・アーヴィンのテナーの音は骨太なだけに、ブロウした時は慟哭のようにも聞こえます。

 来週はブッカー・アーヴィンの2回目、ブック・シリーズの後半2枚から選りすぐってお届けします。ご期待下さい。
 

 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。FMカオンまで、お気軽にお寄せください。HPに関するご意見も募集しております。
 
その前に、土曜26時からの再放送も、ぜひお楽しみ下さい。

この記事に

開く コメント(0)

 放送からブログ更新まで時間が空いてしまいましたが、
『JAZZ STREET 842』第9回目の放送、お楽しみ頂けましたでしょうか?
 
 5月は、番組前半に「Jazz Giants Meets Vocalists」と題して、ジャズの巨人たちが、ヴォーカルの伴奏をしている曲をお届けしたまいりましたが、今回が最終回となってしまいました。
 まずお送りしたのが、ラテン・ジャズの第一人者、バイブ奏者のカル・ジェイダーがカーメン・マクレエと共演した
1.「スピーク・ロウ」   カーメン・マクレエ & カル・ジェイダー
 ラテンのリズムに乗ったカーメン・マクレエの貫禄ある歌声、よかったですね。
カル・ジェイダー最後のアルバム『ヒート・ウェーヴ』(1982)よりお聞き頂きました。

http://ec2.images-amazon.com/images/I/61IOrEATw7L.jpg 続いては、こちらもバイブ奏者のゲイリー・バートンが、コンテンポラリー・シンガーのレベッカ・パリスと共演した 
2.「グッド・イナフ」 
       レベッカ・パリス&ゲイリー・バートン
を、お聞きいただきました。
 ゲイリー・バートンといえば、1960年代にスタン・ゲッツ・グループ在籍時、アストラット・ジルベルトと共演したアルバムが有名ですが、今回は約30年ぶりのヴォーカルとの共演作『イッツ・アナザー・デイ』(1993)からお届けしました。 

 そして、ノルウェーの名シンガー、カーリン・クローグと、アメリカのテナー奏者アーチー・シェップとの、これは伴奏ではなくデュエットですね。『ハイ・フライ』(1976)から 
3.「ソリチュード」 カーリン・クローグ & アーチー・シェップ
 歌&テナー・サックスによる2人だけの演奏は、非常に聴き応えがありました。
 
http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/ciu/1b/53/3661a1909fa03acd235ae110.L.jpg 今月5回に渡ってお送りしてきました「Jazz Giants Meets Vocalists」。
 その最後を飾るのは、3オクターブ以上の広い音域とダイナミックな歌唱で人気の盲目女性シンガー、ダイアン・シューアが、テナー・サックスのスタン・ゲッツと共演したアルバム『タイムレス』(1986)から
4.「いつ頃かしら」
         ダイアン・シューア&スタン・ゲッツ
を、お聞き頂きました。
 ダイアン・シューアは、この『タイムレス』でグラミー賞を受賞しました。
続く87年にリリースした『ダイアン・シューア・アンドザ・カウント・ベイシー・オーケストラ』で2度目のグラミー賞を受賞するなど、人気・実力ともにトップクラスとして認められた時期の演奏だけに、非常に素晴らしかったですね。
 

 そして後半の「ジャズ偉人伝」のコーナーは、ハード・バップの花形トランペッター、リー・モーガン特集の2回目。
先ずは、わずか26歳で交通事故で急逝したクリフォード・ブラウンの再来と謳われ、その地位を不動のものにした曲   
5.「アイ・リメンバー・クリフォード」  リー・モーガン  『リー・モーガンVol.3』(1957)
からスタート。
 一人で聞いていたら涙ぐんでしまいそうになるほど、情感たっぷりな演奏でした。
 
リー・モーガンは、デビューアルバムからわずか1年半の間に5枚のアルバムをブルーノートに吹き込みました。うち4枚目までは、ベニー・ゴルソンがディレクターをつとめましたが、5枚目以降は自身の手によるものが多くなってきたんですね。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/41%2BZt8cQHoL.jpg その5枚目のアルバム『ザ・クッカー』(1957))から、
6.「チュニジアの夜」 リー・モーガン
 この時、リー・モーガンは19歳。火の出るようなリー・モーガンのトランペットも凄かったでうが、それに触発されるようなペッパー・アダムスのバリトン・サックスも、非常に素晴らしかったですね。
 
 通常、グループで人気が出てソロになるパターンが圧倒的に多いですが、リー・モーガンはこの後、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズに加わります。
 続いては、ジャズ・メッセンジャーズ時代に、リー・モーガンがフィーチャーされた楽曲
7.「ライク・サムワン・イン・ラヴ」 アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
                           『ライク・サムワン・イン・ラヴ』(1960)
を、お届けしました。
 ここでの演奏は、非常に優しくて、やわらかい雰囲気を醸し出していましたね。歌心に溢れていました。
 
http://ec2.images-amazon.com/images/I/51hiAfEP2nL.jpg そして、リー・モーガン特集の〆の曲といったら、これしかありません。
8.「モーニン」
  アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
                   『モーニン』(1958)
解説不要の名曲です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 今日から、6月に突入しましたね。FMカオンのある関東地方も5月29日に梅雨入りしたということで、次回の『ジャズ ストリート 842』、番組前半は雨にちなんだ曲を特集してお送りする予定です。お楽しみに。
 
 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。FMカオンまで、お気軽にお寄せください。もちろん、HPに関するご意見も募集しております。
 
 今夜26時からの再放送も、ぜひお楽しみ下さい。

この記事に

開く コメント(0)

 『JAZZ STREET 842』、第8回目の放送、お楽しみいただけましたでしょうか?

 今月前半は、「Jazz Giants Meets Vocalists」と題して、ジャズの巨人たちが、ヴォーカルの伴奏をしている曲をお送りしております。
 4回目となる今回は、ギターのジョー・パスと、ケニー・バレルが伴奏をつとめた曲を、それぞれ2曲ずつお届けしました。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/61Szp%2Bw68eL.jpg 1曲目は、当時大たりした企画から、
1.「ジー・ベイビー・エイント・アイ・グッド・トゥ・ユー」      エラ・フィッツジェラルド & ジョー・パス
         『テイク・ラヴ・イージー』(1973)
 ジョーとエラ、双方の技巧が光るデュエット曲です。2人とも非常にリラックスしたムードで演奏していましたね。
 この後、通算4枚のデュオアルバムを発売した2人。2枚目の『エラ・アンド・パス・アゲイン』は、グラミー賞の最優秀ジャズヴォーカル賞を受賞。今回は、その第1弾のアルバムからお聞きいただきました。
 
 続いては、ジョー・パスがサラ・ヴォーンのバックをつとめた曲から1曲。
2.「枯葉」 サラ・ヴォーン & ジョー・パス
   『クレイジー・アンド・ミックスド・アップ』(1982)
 いやー、サラのスキャットは、何度聴いても凄いですね! まさに鳥肌ものですっ!!

 3曲目ですが、ブルージーなギターで定評のあるケニー・バレルの伴奏曲より、
3.「スマイル」  シルビア・シムス & ケニー・バレル   『シルビア・イズ』(1965)
 
 続いて、サリナ・ジョーンズが日本で録音したアルバム『メロディーズ・オブ・ラヴ』から、
4.「アントニオの唄」 サリナ・ジョーンズ & ジョー・パス
を、お届けしました。
 特に『メロディーズ・オブ・ラヴ』は、ちょうど日本ツアーをしていたケニー・バレルがスペシャル・ゲストとして参加した曲だそうで、日本に縁の深いアルバムともいえるかもしれませんね。

 
 そして後半は「ジャズ偉人伝」のコーナー。
今回は、1950年代後半から華々しく活躍した名トランペッター、リー・モーガンにスポットをあて、2週に渡ってお送りいたします。
 
 先ずは”ハード・バップの申し子”と呼ばれたモーガンが、生涯で唯一残したワン・ホーン・アルバム『キャンディ』(1958)から2曲。
5.「キャンディ」 リー・モーガン
6.「オール・ザ・ウェイ」 リー・モーガン
 疾走感のある「キャンディ」と、しっとりした演奏の「オール・ザ・ウェイ」。名盤と言われる通り、どちらもさすがの演奏です。
 
 続いては、リー・モーガンが18歳の時、ブルーノートで録音した初リーダー・アルバム『リー・モーガン インディード!』(1956)より

7.「レジー・オブ・チェスター」  リー・モーガン
 
 
 
 
 
 続いて、そのわずか2ヶ月後に吹き込んだ第2弾アルバム『リー・モーガンVol.2』(1956)より
8.「ウィスパー・ノット」  リー・モーガン
9.「Dズ・ファンク」 リー・モーガン
を、お届けしました。
 収録時の年齢が18才とは思えない、とても堂々としたプレイです。物怖じなど微塵も感じさせず、むしろ朗々と伸びのあるトランペットの音色が非常に魅力的。
 「Dズ・ファンク」にいたっては、哀愁を帯びていながらも、颯爽としたプレイを聞かせてくれています。
 
 今週聞いただけでも「凄い!」と感じましたが、モーガンはこの後、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズで活躍し、さらにはジョン・コルトレーンの名盤「ブルー・トレイン」など、いわゆる”名盤”にもいくつも参加しているんですね。
 
 リー・モーガン特集の2回目となる来週も、聞き逃せません! どうぞ、お楽しみに!
 
 その前に、先ずは土曜日26時からの再放送で、珠玉のプレイをまたまたご堪能ください。
 
 
 番組では、皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。FMカオンまで、お気軽にお寄せください。

この記事に

開く コメント(0)

 ど〜も、ジャズスト・スタッフ改め、狼少年ケン・ジャクリーヌ・ベッケンバウアーⅣ世です。次回からは「月曜更新予定」などと曰わないよう致します m(_ _)m
 
 
 さてさて、そんなこんなしている間に私、行って参りました。本厚木にあるジャズバー「マッカーサーギャレッジ」へ。
 年中無休で、ほぼ毎日ステージが繰り広げられているこのお店。私が訪れた日は、ジャムセッションをやっておりました。
 
イメージ 1 1歩店に入った途端、目に飛び込んできたのが、黒のキャデラック!!
写真では解りにくいと思いますが、これ、店内です。
 なんでもマッカーサー元帥婦人が実際に乗っていた47年式の実物を、オーナーがオークションで落札したとの事。

 これだけでもビックリしたのですが、さらに驚いたのが、カウンター席への通り道。テーブル席かカウンター席かと尋ねられた際、1人でしたので「カウンター席で」と応えたところ、演奏しているプレーヤーに道を開けてもらいながら席まで案内されました・・・。つまり、ステージの一角にカウンター席があったのです。そんなこととは露知らず、演奏の邪魔をしながら席へと辿りついたのでした。思わず恐縮しながらも、食事と演奏はしっかり堪能したスタッフでした。

 間近でJAZZの生演奏を楽しみたい人はもちろんオススメですが、店内はとても広く、BGMとして会話を楽しむ事もできます。実際、2Fの奥の席では女子会(?)が行われていました。いろんな楽しみ方が出来る「マッカーサーギャレッジ」。お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいませ。
 
 
 さて、今夜24時からの『ジャズ ストリート 842』。
 前半の「Jazz Giants Meets Vocalists」には、ジョー・パスとケニー・バレル、2人のギタリストが登場。スリリングな演奏からブルージーな伴奏まで楽しめます。
 そして後半の「ジャズ偉人伝」のコーナーはトランペッター、リー・モーガンの1回目。”ハード・バップの申し子”と評される演奏を、たっぷりお楽しみ下さい。
 
 そんな番組のお供には、マッカーサーギャレッジのオリジナル「マッカーサービール」など如何でしょうか?
 大きめのグラスにビールを6分目ほど入れ、そこにショットグラスに入れたテキーラ&ジンジャエールを、グラスごと落としてお楽しみ下さい。
 個人的にはビールの代わりに、格安な第3のビールで楽しもうと思っております。
 
 それでは今夜24時、84.2MHz FMカオンでお待ちしております。

この記事に

開く コメント(0)

『JAZZ STREET 842』vol.7

 『JAZZ STREET 842』、第7回目の放送、お楽しみいただけましたでしょうか?

 今月前半は、「Jazz Giants Meets Vocalists」と題して、ジャズの巨人たちが、ヴォーカルの伴奏をしている曲をお送りしております。
 3回目となる今回は、”ピアノの巨星”オスカー・ピーターソンが歌の伴奏をつとめた曲を3曲と、MJQとコーラス・グループの共演1曲をお届けしました。

http://ec2.images-amazon.com/images/I/51BVxebv9XL.jpg
 先ずは
1.「ミーン・トゥ・ミー」
   オスカー・ピーターソン&エラ・フィッツジェラルド
            『エラ・アンド・オスカー』(1975)
からスタート。
 ピーターソンの軽快なタッチが心地いい演奏です。巨体を揺らしながら弾いている姿が目に浮かびます。エラの歌も自由奔放で、デュエットとは思えなほど、聴き応えのある1曲でした。


http://ec2.images-amazon.com/images/I/81O7KshfD1L._AA1417_.jpg続いてお送りしたのが、サラ・ヴォーンとの共演作。
2.「ティーチ・ミー・トゥナイト」
    オスカー・ピーターソン&サラ・ヴォーン
『ハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイン・オン』(1975)
 エラとの共演とはまた違った伴奏でしたね。サラもピーターソンもお互い、非常に伸び伸びとした演奏と歌を聞かせてくれました。


 3曲目は、
3.「いそしぎ」    オスカー・ピーターソン&シンガーズ・アンリミテッド
                 『イン・チューン』(1971)
 ピーターソンの推薦によりレコーディングが実現したということで、ここでは曲の雰囲気を非常に大事にした伴奏をしていました。が、サポートに徹していながらも、存在感を感じさせる演奏はさすが! の一言です。

 前半最後にお送りしたのが
4.「リトル・デイヴィッドのフーガ」
       MJQ&スウィングル・シンガーズ     『プレイス・ヴァンドーム』(1966)
 このアルバムでは「G線上のアリア」が有名ですが、「リトル・デイヴィッドのフーガ」で、MJQの演奏とシンガーズ・アンリミテッドのコーラスとが重なった時の音の厚みと重厚感は、物凄かったですね。
 MJQが歌の伴奏をしたのは、2枚のみ。そんな貴重なアルバムから、お聞きいただきました。


 そして後半は、『隠れ名盤』のコーナー。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/41a-ITBTx6L.jpg 今回は予定を変更して、ミルト・ジャクソンが大御所と共演した『ミルト・ジャクソン・カルテット』(1955)をお届けしました。

 先ずお送りしたのが、哀愁漂う
5.「ムーン・レイ」

 続いては、ミルト・ジャクソンのオリジナル・ブルース・ナンバー
6.「ストーン・ウォール」
 MJQと同じ編成ながらも、それはそれ。ひと味もふた味も違った演奏を聞かせてくれました。

 その後は、
7.「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」
8.「ワンダー・ホワイ」
9.「ニアネス・オブ・ユー」
10.「アイ・シュッド・ケア」
と、たっぷりお楽しみいただきました。
 なかでも、最後にお届けした「アイ・シュド・ケア」は、ミルト・ジャクソンお得意のバラード曲。静かな中にもグルーヴ感溢れる1曲でした。

 さて、来週22日(水)24時からの『JAZZ STREET 842』。
後半の「ジャズ偉人伝」のコーナーでは、トランペットのリー・モーガンを2週続けてお送りする予定です。お楽しみに!
 18(土)26時からの再放送も、ぜひお聞きください。

 番組では、リスナーの皆様からの、ご意見、ご感想などをお待ちしております。FMカオン842@fmkaon.comまで、お気軽にお寄せください。お待ちしております。

 次回のブログ更新は、5月20日(月)を予定(?)しております。

この記事に

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事