豊かに生きる

都内より投資、買い物メモ、自慢など

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ロコンドで靴を初注文

例のサンダル品番をネット検索していると毎度ロコンドというネット通販サイトが出てきて、ついに6足目7足目はこちらで注文してみることに。

今までは同じ値下げ品でも、ネット通販より百貨店の検品レベルのほうが信頼できる気がして、送料+代引きでたとえ1500円ほど上乗せされようがそちらで買ってたんですけど

取り置きしてあった山形屋(鹿児島)は水害なのか電話かからないし、もう一カ所は在庫はあるけど、もしかしたら人によって気にするかもなこすれ、へこみがあると言われ、もうその2足で実店舗在庫は終わりだそうだから

思い切ってロコンドで品薄のシルバーと、まだそれほど品薄でもないゴールド、まとめて注文しました。

昨日からのちょっとの値引きと、クーポン値引きで百貨店セール価格より安い。

そこに初めての店だし先日の怪しい中国通販でのトラウマもあり、保険と思って、350円加算されてもいいので代引き支払いを選び、至急の宅配を選んだのでその分も390円追加されました。

それでも百貨店セール価格で別々の店で取り寄せた場合より、2足で3400円ぐらい安くなるみたい(支払額約19000円)・・・あくまで返品とかなくスムーズに済んだ場合ですが。

ゴールド、シルバー1足ずつ購入した今の段階で、どちらも使えそう→それで両方2足目GETに着手したわけですが、よりシルバーが似合いそう(だし、かかとの皮めくれなど補修がかさむと目立ちそう)なので、シルバーは3足目を前述の山形屋か、もう一カ所の百貨店の少し難あり品のどちらかを購入予定です。


R子さんと会合

例のサンダルの5足目、ゴールドを代引き宅配で手配しました。
続いて6足目(シルバー2足目)を鹿児島の百貨店に手配しようとしたけど電話がつながらず。

R子さんと急遽、お買い物がてら会合しました。

しばらくワクワクする予定がなかったところへ急に降ってわいて寝付けないまま出かけ、近場の割に帰路は疲れた。
でも間違いなく楽しかったです。
4足目までは各百貨店店舗から取り寄せしてましたが、百貨店在庫のない色(2色)は小規模ネットショップにしかないし、既に取り寄せ済みのタイプの追加注文なら安いネットショップでもいいかなって思って、問い合せしたりフォームで注文したりしてみました。

でも返信がなかったり、返信は早くても問い合せ電話番号の記載がなかったり。

書かれてる電話番号に念のためかけてみたら見事にすべて「出ない」か「加入者なし(お客様都合・・含む)」でした。

やっぱり規模が小さくなるほど安心できない度が比例するのね(TT)。

ネットにしかないタイプほど欲しかったんだけど・・・百貨店にある分だけで我慢するしかないか
健康とかお金そのものに関することは間違いなく優先度が高くて危機感ある人が多いけど、意外な盲点はクレジットカードかなと思います。

年会費のかかるクレジットカードの断捨離の話はよく見ますが、きらめきは減らすほうより先に、増やしておくべきものがないかをチェックすべきだと思います。

大半の人が60歳超えると属性が落ちるし、一部の人は50代から役職定年などで早く属性が落ちることもあるようだし。

キャッシュレス化と言いますが最近はじまったキャッシュレスサービスもほぼクレジットカードに紐づいているし、とりあえずこのスタンダード領域をおさえておくのは手堅いでしょう。

きらめきは家族カードでなく自分名義のカードを2枚持ってましたが1枚止めてしまったんです。
夫がそれより更に好条件のカードを作れるようになったので家族カードにしたほうが得かなって。

それまで持ってた自分名義カードが学生でも主婦でも作れるようなものだったらまだしも、少しはハードルがあるもので、その後きらめき個人の信用履歴は増えてはいないので、次にそれと同等以上のカードはもう持てないかもと勿体ないことをした気がします。

離別、死別、なんらかの理由で一人になったらあくまできらめき個人の属性と信用で残りの人生を渡って行くんですからね。

運用だけで暮らしていけると言っても、信用情報会社はそれを定収入とは見てくれないですし。

デビッドカードも視野には入れてますが、あれは残高をしっかり多めに入れとかないと使いにくいし、多く入れると全額不正使用されるリスクも出てくるし、ほか、既にメインで普及しているクレジットカードと比較すると細かい点で利便性が落ちると感じているので

おいおい改善されるかもしれませんが、改善されなくても困らないよう、少しでも有利なカードラインナップ&信用情報にしておきたいと思います。

「歳とったら買い物そんなにしないし」なんて思う人も多いかもしれませんが、私は歳とってからのほうがちょっとした有利さ、便利さに助けられることも多いと思います。

歳とってから「あれば良かったな」と思っても、今さら属性を上げ信用情報を積み上げるわけにはいきません、大半の人は。

沢山選択肢を持った状態から「これは要らないかも」と減らすのはいくらでもできるけど。

できれば外商つきゴールドカードを自分名義でもとるのが目標です。





例の足に合うリズ ラフィーネのサンダルはなんと12色展開と判明。
(現時点で黒3足、シルバー1足を購入済み)

もう残り少なくて百貨店だけでは揃わず、小規模のネットショップにしか置いてない品もあり

シルバー、ゴールド、ダークブラウンメタリック(光沢のある渋いねずみ色みたいな感じ)、ブロンズ、ベージュなど、揃えておいたらほとんどの材質や色柄の服に対応できそうなカラーばかりだし、

何度も書いてますがきらめきは下手すると10〜15年足に合うまともなデザインの靴が見つからない人なので、かなり大人買いしても妥当な気もするし、一方めったにないチャンスで動転して判断ミスをしそうな気もして、一覧表を作って夫に相談してみました(笑)。

結果、小規模ネットショップ3店舗で、シルバーもう1足、ダークブラウンメタリック新規で1足、ブロンズ新規で1足、ゴールド新規で1足、の4足を注文または在庫確認したところです。

女性ものに疎い男性にしたら、えーって驚かれるかもしれませんが、まあぜんぜん買い過ぎじゃないと思います。
おろして4回履いただけだけど道の段差にかかとがはまって、革がえぐれてめくれかけてます。

ヒールは華奢すぎず誰が見ても無難なタイプですが、それでも平べったい靴に比べればこのようにしょっちゅう破損リスクにさらされていて、黒ならまだ修繕しやすいですが、明るい色みでは直しでごまかせる期間が短くなります。

それもあって明るい色の中で一番履きそうで、かつ修繕のアラが目立ちやすそうなシルバーは2足にしました。

(側溝や段差にはまりにくいヒール形状の靴もありますが、もともとつま先側もかかと側も形状の特殊な足なので、なんとか脱げずにおさまってくれる靴にたどりつくだけで10年に1度レベルの大当たり、それ以上選べる立場にありません!)

無事購入できると8足揃います♪

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事