IN-SPI-RA-TION

Imagine all the people living life in peace.

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

軽井沢というところ、年に何回か通ります・・・。

その年によりますが、春夏秋冬のどれかに、群馬・長野方面に行くのです。

鬼押し出しハイウェイを通って、群馬の温泉やスキーに行く途中だったり、

軽井沢方向から、八ヶ岳に向かうこともあります。

年に1度くらいは、泊まることもあります。


軽井沢というところは、「明治以降の上流社会・伝説」や「ものがたり」に彩られていますね。

「明治以降の日本の上流階級が愛したところ」

「文化人が愛したところ」

ここのところ15年は、どんどん、庶民の行く場所になってきていますが、

独特の伝説が消えることはありません。


もともと、西洋人がピューリタン文化を根付かせ、欧風文化と日本の上流の文化が

混じっていったところが、軽井沢の強みみたいです。


スノビッシュで上流風な楽しみ方にはことかかないところですが、

もともと、軽井沢の自然が、素晴らしいのですね。

軽井沢の植物の数は、全ヨーロッパの植物の数より多いと聞いたことがあります。

繊細な感じのする、心にしみる、自然にことかかないのですね。


夏でも、しめって、ひんやりした感じというのは、旧軽井沢の特徴なのですね。

あの「ひんやり」がある限り、軽井沢の人気が衰えることはないと思います。

京都の魅力が、古い文化だけではなく、「おいしい水」にあり、

「おいしい水」がある限り、京都の魅力が衰えることはないだろう、というのと

似たような話ですが。



私は、ジョン・レノン・ファンでもありますし、短時間で軽井沢気分を味わえるところとして、

万平ホテルにはつい、寄ってしまいます。


写真,蓮∨平ホテルの資料室。

ピアノには、わざわざ「ジョン・レノンも、このピアノを欲しがった」なんて書いてあります。


番以降は、今年、万平ホテルの売店で買った「おみやげ」です・・・。

写真△蓮江戸末期のそば猪口。

写真は、「定本 軽井沢の法則」という本の新版で、私は確か、以前旧版も買ったことがあるのです

が、その時はほとんど読まないままでした。

「正統派軽井沢族のひそかなささやき」ということで、軽井沢に存在している「格式の差」など

スノビッシュなことが主なテーマなのかな?と、思いきや、それだけでもない感じです。

ざーっと読んだ感じでは、「旧軽井沢に別荘を持ち、夏の間は別荘にゆっくり滞在し、

特別なことをするわけではなく、特別に気取ることがなく、気ままに過ごすのが真の軽井沢族なのだ。」

という主張のようですが、

軽井沢みたいなステキな自然のあるところで、ひと夏、のんびり過ごせれば、そりゃぁ、楽しいだろうな

と思います。

軽井沢の別荘は手入れが大変そう。最近は、マンションが増えているみたいだから、たまにしか

行かない人には、マンションの方がラクでしょうね。

どっちみち、今でも、軽井沢の別荘や、マンションはお高いのですね。

各地のリゾート・マンションに値下がりがみられる中、軽井沢はまだあんまり下がってない

みたいです・・・。

閉じる コメント(30)

軽井沢にはどんな人でも勿論住めるわけですが、といって移住したいと夢想する人のほとんどは軽井沢には住みません。そのギャップが、軽井沢をいまだ特別にしている見えない垣根なのかもしれませんネ。住めるけれども、結果そうしない(出来ない)というのが夢の町・軽井沢の現在の立ち位置です。垣根を飛び越えられるかどうかはほんの少しの気持ちの問題なのですが。

2006/8/23(水) 午後 9:07 アルト☆

アルトさん、軽井沢の垣根は、今でも高いと思います・・・。比較が変かも知れませんが、経済的・立ち位置として、原宿あたりと比べますと、原宿には、各地から遊びに来れるわけですけど、原宿の高級マンションに住める人はそんなにいないのですよね・・・。

2006/8/26(土) 午前 1:02 [ カール(カヲル32) ]

リゾート・マンションを買おうと思っても、軽井沢に一室買うお金で、他の場所に、「海と、山と、湖」の近所に、3つリゾート・マンションが買える・・・笑。経済的に言っても、現在でも、軽井沢の垣根は高いです。

2006/8/26(土) 午前 1:07 [ カール(カヲル32) ]

「何が自分にとって価値があるか」という問題ですよね。夏の、旧軽井沢のひんやりした感じ・・・。私は大好きです。。。

2006/8/26(土) 午前 1:08 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

中軽井沢の名前は忘れましたが喫茶店に行きましたか?JohnとYokoが来てサインが飾られている!
店主が元新聞社のカメラマン!著作権の問題だとサインにカメラを向けると怒られましたが!!御存知ですょねぇ!!

2008/1/2(水) 午後 10:02 [ - ]

ホフナーさん、その喫茶店も記事にしてます。どこだったっけ・・。よく通るんです、そのあたり・・。

2008/1/2(水) 午後 10:16 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

私も頭に来たため!とうとう写真を撮らずにタクシ〜で駅に帰りました!!そうしたらその運転手も!この店の常連で!本人もJohnとYokoがタンデム自転車に乗って近くの湖で良く見掛けたのと!何と私達が乗ったタクシ〜自体Yokoが乗ったそうです!ホンとかいな?!

2008/1/2(水) 午後 11:54 [ - ]

ホフナーさん、軽井沢にはホントーによく来てたみたいですね。その喫茶店にも十回以上来たらしいです。

知人に、成城に住んでいて、白百合学園に通っていたお嬢がいて、毎夏万平ホテルに泊まっていたそうなのですが、ジョンはよく見かけたんですって。

いいなぁ〜とチョッピリ羨ましかったです・・。

2008/1/3(木) 午前 0:10 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

うそう!私の友人も!ちょっと頭が可笑しい男性が居まして!これも成城に住んでいるんですょ!!まぁ!関係ないですけど!!おほ。
好いですねぇ。私も真夏に2度ほど行きましたが奥にある大きな食堂で外を見たら何色もの蝶々が綺麗に舞っていました!!
善いなぁ!現地の人もかなり大勢の人が目撃しているそうですょねぇ!!
1977年辺りから毎年来ていたそうで!!知らなかったなぁ!!知っていたら毎年行きましたねぇ!!残念!!
渋谷で友人が見たとの情報があり!直ぐと言っても2時間は掛かって行きましたが探しても居ませんでした!当たり前でしょ!って!(汗)

2008/1/3(木) 午前 0:48 [ - ]

ホフナーさん、成城には山のように人は住んでますけどね、住宅地ですから・・なぁんてね。

私は六本木でジョンを見かけた!!というのですぐに行きましたけど、会えませんでした(笑)。

2008/1/3(木) 午前 1:12 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

なるほどねぇ!!有難う御座います!!
ほぉ〜!六本木でねぇ!!ほぉ〜!残念!!

2008/1/3(木) 午後 0:54 [ - ]

六本木にかけつけましたが、もう遅かったです・(そりゃそうです・・)。

2008/1/3(木) 午後 1:03 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

そうですかぁ!!残念でしたねぇ!!悔しかったでしょうねぇ!!私は自分のBlogにも書きましたが!自分の小学校にPaulが植樹にきました!それを友人の知り合いが文京区長の奥さんで!NHKで区長と一緒に植樹するPaul!本人が映っている画像をニュ〜スで放映しました!!

2008/1/3(木) 午後 1:29 [ - ]

ポールが文京区の小学校に植樹したというのは、ちょっと羨ましいです・・。

2008/1/3(木) 午後 1:31 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

はぃ!自分のVideoにも保存してあります!今は名前が変わりましたが元は真砂小学校と言い現在は本郷小学校と生まれ変わりました!でも植樹は残って居る筈です!!私は選挙の時何時も行きます!!

2008/1/3(木) 午後 1:40 [ - ]

すぐご近所でいいですね・・。

2008/1/4(金) 午後 10:10 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

はぃ!有難う御座います!!(汗)偶然ですけどねぇ!!

2008/1/4(金) 午後 11:23 [ - ]

そもそも本郷がいいとこですものね。

2008/1/4(金) 午後 11:37 [ カール(カヲル32) ]

顔アイコン

何か人は毎日多くの方が見学に来るみたいですねぇ!!特に樋口一葉の関係は!5月の連休とか11月は凄い人でしたが今では毎日ですねぇ!!私が東大に食事に行くコ〜スなもんで!!はぃ!!とにかく!家の近所は昔からドラマの撮影が多くてたまに通行止めの時があったりして!知らないで来た車とか自転車が
足止めになったりして驚いている光景があります!!

2008/1/5(土) 午前 1:53 [ - ]

こないだ正岡子規の家に行ったので、今度は樋口一葉に行くといいかも・・。
東大の学食おいしそうですね。

2008/1/5(土) 午後 11:44 [ カール(カヲル32) ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事