北の歳時記

道東の四季の遷り変わりを写真で紹介

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全352ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

11月のカウント調査

本日は半島一周の11月のカウント日でした。記録された鳥は以下の通りです。

 コクガン オオハクチョウ ヒドリガモ オオワシ カモメ ハシボソガラス シロカモメ オオセグロカモメ ワシカモメ セグロカモメ ウミネコ オジロワシ トビ ハシブトガラス チョウゲンボウ スズガモ ウミアイサ オナガガモ シノリガモ クロガモ ユリカモメ ホオジロガモ カワアイサ ハジロカイツブリ ドバト   25種

DATA :  EOS 7D Ⅱ   EF100-400F4.5L IS Ⅱ

イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(1)[NEW]

 歳を重ねると夢とか目標とかだんだん期待しなくなることも増えてくる。ホンダのCMではないけど、夢はだいたい実現しないと思えるようになっていく。コクガンと関わって30年以上、どうしても解明できないことについては、この半島での捕獲が前提でした。しかし、難条件が重なり捕獲のハードルは高く、それは夢に近いものとなっていましたが、今日その夢が叶いました。いやみんなの協力と思いで、叶えて頂きました。「夢は叶うこともあるんだな・・・」 頑張れNO.16コクガン ちょっと重いけどGPS背負って行けるとこまで飛んでくれ 俺らの夢を乗せていけ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

鯨の話

 今日は、センターでラムサール記念講演会がありました。講師の先生はストランディングネットワーク北海道の事務局を担当している鯨類の専門家です。

静かで誠実な語り口で経験と知識に裏打ちされた素晴らしい講演会でした。滅私とはこの様な方のことをいうのではと思います。本当にありがとうございました。

その講演会の裏で日米の研究者が荒天のなか、コクガンの捕獲に半島で挑んでいます。こちらも渡りのルート解明の為、日本各地からアラスカから集結し手弁当で調査にあたっています。無理だ無理だと言う前に挑戦することがどれほど大事か・・・。是非、夢を叶えたいですね。写真(2枚目)は捕獲したらこれを背中に背負わせます。

DATA :  EOS 7D Ⅱ  EF8-15FE IS    FUJIFILM X100S

イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

キレンジャク150

 あちこちから、今年はレンジャクの渡来の情報がありましたが、予想通りN町のナナカマドの街路樹にキレンジャクがやって来ました。150羽から200羽くらいはいます。おそらく12月中旬までが見頃と予想しています。

DATA  EF100-400F4.5-5.6L IS Ⅱ
 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


この記事に

開く コメント(0)

3万年前の泥炭層

 木の根が露出しているこの地層は、3万年前の泥炭層です。つまり、この木は3万年前の木の根ということになります。崖の上の穴はショウドウツバメの巣穴跡ですが、この地層全体が氷期と温暖化を繰り返した痕跡だそうです。巣穴の下の層が、今から1万年前の氷期の時代にできた泥炭層だそうです。

DATA :  FUJIFILM X100S
 

イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(2)

全352ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事