北の歳時記

道東の四季の遷り変わりを写真で紹介

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全339ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ヒマラヤを越えるツル

8000m級のヒマラヤ山脈を超えて、繁殖地のモンゴル平原からインドまで渡るツルがアネハヅルです。キョクアジサシといい、アネハヅルといい、鳥類の能力は驚嘆すべきものがありますね。その2種が6月に連続して出現とは驚きです。


イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

 日本で観察されているツルの仲間は、タンチョウ、クロヅル、カナダヅル、マナヅル、ナベヅル、ソデグヅル、アネハヅルの7種です。アネハヅルだけは、個人的に見てなかったのですが、今回、初見でした。これで全種達成だ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

 野付半島野鳥観察舎(淡水池ハイド)のPR用リーフレットを作成しました。これまでここのハイドで記録された鳥は100種以上です。中にはシジュウカラガン、シロハヤブサ、ワタリガラスなど大物級も出てます。だいぶ古くはシロフクロウも出ていますね。最近は、キョクアジサシも出ています。
兎に角、じっくり観察したい派にはハイドは最高です。是非、ご利用ください。

イメージ 1

イメージ 2




この記事に

開く コメント(2)[NEW]

セイタカ

 淡水池にセイタカシギ3羽がいました。涼やかですね。また、クロガモも今年は淡水池によく入りますね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

キョクアジサシ確定!

 先日報告したキョクアジサシ?ですが、鳥類関係者に識別についてのご意見をお伺いしておりましたが、キョクアジサシで確定しました。私にとってもライファーですのでうれしいですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


この記事に

開く コメント(2)

全339ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事