ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2


アクアワールド大洗とアクアマリンふくしまは、車で1時間強というとても近い距離にある。
名前までがなんだか似て、どちらも21世紀になってからオープンした近代的な水族館、
ちょっとした張り合いもあり、それがいずれもいい展示に繋がっているように思う。

近代的水族館の特徴の一つが、半水面の水槽。
水面上と水中を、一枚のガラス(アクリル)で見渡せる方法だ。
水族館が、環境再現力や行動展示において、動物園に一歩先んじた理由の一つでもある。
もちろんどちらの水族館にも、この半水面水槽が非常に多い。

半水面のいいところは、いくつもある。
・陸上も水中も(空中も)繋がっているという境界のない地球環境を実感できる。
・水陸両用の動物の行動を一目で見ることができる。(ペンギンや海獣、両生類など)
・水中だけでは分からない生息地域などが、解説なしで理解できる。(植生など)

でも、もっといいのはなんといっても、見たかったことが見えるということ。
例えば、「滝壺の中を覗いてみたい!」とか、「アシカと一緒に泳ぎたい」とか、
なんとなく夢見たことが、水族館で実際に実感できるのだ。
だから、半水面の水槽を見るときには、河童にでもなったつもりで、広く眺めるのが気持ちいい。
そしてもう一つ、水面下まで視線を下ろして、水面を見上げてみよう。
これがなぜだか、水中だけの水槽とは違って、いかにも自然ぽく見えるから不思議だ。

ところで、半水面の水槽は、見るには大好きなのだけど、写真を撮るのには一苦労する。
上下の明るさがまったく違うので、カメラはヒトの目のように融通が利かないし、
水中は屈折で距離が近くなるので、ピントもずれてしまう。(しかもたいてい地上部が奥)
そんな時にも、上下を写すのは諦めて、水中から水面も入るようにして撮影してみる。
すると、まるで自然の中で撮影したような雰囲気になる。

写真は、いずれもアクアワールド大洗
めちゃくちゃ速いエトピリカの半水面と、外光の差し込む海藻の水槽を水中から。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

会社の夏休みを利用して「アクアワールド大洗」に行ってきました。 サメの多さにはびっくり。迫力ありますね。 http://www.myalbum.jp/Pc/Diry_Dspy.aspx?eid=b61913f1ba5d こんなショットが撮れました。 水槽の清掃なんですが、営業時間内にやっているとは思いませんでした。

2006/9/2(土) 午前 0:08 [ 鈴木ちゃん ] 返信する

顔アイコン

初めまして[鈴木ちゃん]。いい時に出会えましたね。アクアワールド大洗では、サメの水槽の掃除は、飼育員が檻の中に入って床掃除をしてました。ところでブログを拝見したところ、新江ノ島水族館にも来ていただいているようでありがとうございます。買っていただいたフィギュアの解説書を読んでみて下さい。ボクの解説ですw。

2006/9/3(日) 午前 0:28 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事