ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年10月21日(日)の開催。前売り発売は9/21です

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今月から来年の3月まで、佐賀県嬉野市に毎月通うこととなり(というか先月も行ったので10ヶ月連続)、九州&温泉好きのボクはちょっと嬉しいのだが、いちおう水族館好きということにもなっているので、九州は水族館も多くさらに嬉しい!と表明しなくちゃいけない。
というわけで、先週の佐賀県行きには、台風を目前にしながら、長崎ペンギン水族館に立ち寄ってきた。
目的は、コガタペンギン舎。昨年訪れたときには、まだ完成していなかったから。

いや、実に立派なペンギン舎だった。
何が立派かといって、コガタペンギンの名前なくらい小型なペンギンたち6羽のためにとても広くて、プールの深さも1.2mあるのだ。さらにプールには造波装置が設置されている。
しかしなんといっても出色なのが、陸の部分が彼らにとっては学校の校庭くらいに広くて、なんと一面に砂が敷きつめられていた!
今まで砂地のペンギン舎は見たことないけど、コガタペンギンはペンギンパレードで有名なくらい、よく歩くペンギンだし、たいていの場合は、砂浜で海から上がりブッシュまで歩くわけで、歩く場所は砂地や土の上なのだから、こんな風に砂が敷きつめられているのは、コンクリートやFRPの上を歩くよりはるかに気持ちがいいだろう。
巣穴も10個以上あって、どれでもお気に入りの巣を選べるようになっている。まあこれはきっと、繁殖していっぱいに増えることも見越しているのだろうけど、さすがやっぱりペンギン水族館を名乗る水族館だけあるなあ。と感心したのでした。

ところで、コガタペンギンはかつてコビトペンギンだった。というか標準和名がコビトペンギンだった。
コビト=小人が差別用語なのでよくないと、自主的にコガタペンギンと呼ぶ人が増え、いつのまにか書籍などではコガタペンギンになっていったのだ。
和名はまだコビトペンギンのはずなのだけど、ネットで調べたら、「和名:コガタペンギン(コビトペンギン)」的な書き方になっている。もしかしてもう変わった?誰か知ってたら教えて!

しかしですよ、私は問いたいのです。いったい「小人」は差別用語なのでしょうか?
本来「小人」は空想上の妖精だから、小人妖精のようなペンギンという意味で付けられた名前であれば何も問題はないと思うのだけど。。。
もし差別用語だとしたら、最近の白雪姫は、いったい誰と暮らしているのだろう?ちょっと気になる。今日は帰りに書店に寄って見てこよう。

話しがずれたけど、ペンギンの呼び名は水族館によって違うことが多い。
コガタペンギンも確か葛西臨海水族園では、オーストラリア名の「フェアリーペンギン」となっていたと思う。
まあそれはいいだろう、やっぱりコビトペンギンと書きにくかったのだろうと思うから。
でも、特別気になるのが、オウサマペンギンがキングペンギンになっていることがよくあること。せっかく和名があるのだから、和名にしとけばいいのに・・・と思うのは、英語がからきしダメなカンチョのヒガミでしょうか?
でもですよ、表示に「コウテイペンギン属キングペンギン」と和名と英名がごっちゃなのはいったいどうなのよ?あと、「キングペンギンはコウテイペンギンに次いで大型の種類で・・・・・」というのもなんかヘンじゃない?
皇帝ペンギン、王様ペンギン、分かりやすくて雰囲気あっていいじゃないですかーねえ。(それに対して小人ペンギン、というのは確かにちょっと差がありすぎるという気もするけれど)

さて、コガタペンギンさんたちの写真。
●photo1
鳥人相が少々悪く性格もきついコガタペンギンにしては珍しく、おちゃめで可愛い姿。写真撮っていて気付いたのだけど、コガタペンギンは他のペンギンよりも脚を大きく上げて歩くのですね。

●photo2
ふだんはこの格好。他のペンギンよりも前屈みに歩くので、まるで与太ってるみたい。
「こ〜りゃ、ワレ!なにじろじろ見とんじゃい!つっ突き倒したろか、タコ!」恐いです。

●photo3
泳ぎは得意。ペンギンだしね。泳いでいる姿の寸詰まり感、おもちゃみたいです。

●photo4
後ろ姿。コガタペンギンは朝早くから日没まで海に出ていて、日が暮れると浜に上がってくる。そこからみんなでペンギンパレード。アデレード近くのフィリップ島のがとても有名。

コガタペンギンの仲間は、オーストラリアの南岸、タスマニア、ニュージーランドではけっこう町中で会えたりする。
以前にコガタペンギンについて書いた文章がいくつかある。そしてなんと!ここでは自分でしっかり「フェアリーペンギン」と書いているのですね。まったくいいかげんな壮年の主張ですw
旅の手帖「ペンギンの置物」http://www.e-net.or.jp/user/rumin/essay7-8.html

おっとー!そう思っていたら、もう一つではニュージーランド名の「ブルーペンギン」と書いていたりするのだった!ますますいいかげんなボク。。。
T&R「ペンギンの時間」http://www.e-net.or.jp/user/rumin/essay-x/newzea.html

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

ほんとだ大また歩きなんですね。トップの写真めちゃキュートです♪ カンチョさんのおかげで、コガタと呼ぶのもフェアリーと呼ぶのも同じ種だということがわかってすっきりしました。そういえば、作品のフェアリーちゃんたち、今も壊れないで元気でいてくれるかな…。 削除

2006/7/15(土) 午後 1:21 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

先月、越前松島に行った時に王様ペンギンを思い違いで“殿様ペンギン”と言っている人がいたんですよ。でも、和名にはその方が似合ってるなぁ〜と妙に納得してしまいました。 王様ペンギンと同居しているイワトビペンギンに雛が生まれたのですが、その方、今度は旦那さんが教えた名前を聞き違えて“にわとりペンギン?”と言っていました。楽しかったぁ〜。 削除

2006/7/15(土) 午後 10:57 [ よかまさ ] 返信する

顔アイコン

うちのフェアリーたち元気にしてます。>ばったさん。時間がゆっくりとれるようになったら、コレクションペンギンたちを写真にとってあげて、Web写真集でも作ってあげたいのだけど、企画してからもう3年も経つのに、未だ無理です。

2006/7/18(火) 午前 6:53 kapaguy 返信する

顔アイコン

トノサマペンギン!それはなんとなくアリだな〜!w。ニワトリペンギンはちょっとないだろうけどw。今年の夏も、越前松島のあの流れるプール風巨大タッチングプール、きっと大人気になるのでしょうね。でも、北陸は今雨が降り続いているんでしたっけ?お気を付けて。

2006/7/18(火) 午前 7:09 kapaguy 返信する

顔アイコン

元気にしてるんですね嬉しいです。コレクションの写真集それは素敵ですね〜。わたしも自分のHP長年ほったらかし〜(^^ゞ。いつまででも待ってますからいつかきっと…楽しみにしています。よかまささん、殿様ペンギン…おもわずププッとなってしまいましたが…ほんとつい言ってしまいまいそうです〜。(^▽^) 削除

2006/7/19(水) 午後 6:31 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

先の書き込みのすぐ後に、越前松島行って来ました。タッチングプールは既に子供たちでいっぱいでしたよ。(大雨洪水警報出てんのに) イワトビの雛も大きくなっていましたが、特徴的な黄色い羽根はまだのようです。いつ頃出始めるのか楽しみです。 15日から夜の10時まで開園時間が延長になっています。これから1ヶ月間続くので、平日に行って夜の水族館を独り占めしてみたいです。 削除

2006/7/19(水) 午後 11:31 [ よかまさ ] 返信する

顔アイコン

ペンギンだけの水族館なんですか???水族館や動物園やそういうところで生活する子たちにとって、広くて自然界みたいなのに居心地がいいお家があるってうれしいんでしょうね。

2006/7/20(木) 午前 10:41 粥川なつ紀 返信する

顔アイコン

平日に水族館を独り占め、これに勝る水族館の楽しみ方はないですね。水族館スタッフもさみしいからうっかり客に声を掛けたりしてくれます。話しはずれちゃうけれど、ボクは田舎の映画館が好き。どうかすると独り占めのマイシアター、あのスターウォーズでさえ、ちゃんと真ん中のいい席に座れるんだもの。東京都内では区外のまちで映画を観ることにしてます。w

2006/7/23(日) 午後 5:48 kapaguy 返信する

顔アイコン

長崎ペンギン水族館には、ペンギンだけじゃなくて、中規模程度のいわゆる水族館の施設(つまり魚や無脊椎動物の水槽コーナー)はあります。でも、ペンギンがメインで、来館者の見学時間の9割はペンギンを観ているという感じ。まったくペンギン水族館なんです。ここに行かなかったら、ペンギン好きとは言えません。

2006/7/23(日) 午後 5:52 kapaguy 返信する

顔アイコン

いかなきゃ♪

2006/7/31(月) 午後 0:20 粥川なつ紀 返信する

顔アイコン

うん、ぜひに!ちょっと玄人的にこの水族館のすごいところは、水族館に入ったとたん、自然のルッカリーに行ったときと同じ匂いまでするところ。部分的だと臭い匂いが、全体的にあるとなんか普通に自然w。ちょっと誉めてるんだか誉めてないんだかわかんないだろうけど、これ誉めてます。

2006/8/2(水) 午前 3:16 kapaguy 返信する

顔アイコン

はじめまして。今長崎ではさるく博というのが開催されています。 27日に通さるく「長崎ペンギン水族館ツアー」に参加しました。 (残念ながら9月10月分はすでに満員になっています) 給餌室や水槽裏側のバックヤード見学、フンボルトの巣?裏側の見学にタッチングと2時間弱で、裏側まで見せてくれるよい体験をしました。 ここの見学は2度目なのですが、種類といい数といい、泳ぎっぷりといい、素敵な場所ですね。前回訪ねたときはまだコガタペンギンのスペースは造成中でしたので、今回はじめてみることができました。

2006/8/28(月) 午後 0:02 [ 鈴木ちゃん ] 返信する

顔アイコン

ようこそ、tsune pagerさん。サルの博覧会がなぜに長崎で?しかもペンギン水族館にサルはいないし・・・と思っていたら、「さるく博」長崎の方言で「ぶらぶら歩く」という意味なのだそうでしたw。→ さるく博http://www.sarukuhaku.com/saruku_yu_25.html

2006/8/29(火) 午前 0:55 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事