ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

発見する水族館

イメージ 1

メルマガ「水族館から宇宙が見える」を取っていただいている方はご存知なのだけど、(取ってない人は登録してねw)
つい先日、新江ノ島水族館で、とてもドラマなシーンを大発見!
オウギガニが、水槽に同居している他のカニを食べているところを目撃したのだ。
メルマガには写真が付けられないので、こちらに大公開しました。まあ大公開というほどではないのだけど。。。

実は、水族館で、こういうシーンが見られることは、それほど珍しいことではない。
身体の弱った魚が、仲間に突かれて息絶え、さらに多くの魚たちがその身を食べようと集まってくるのはわりあいよく見かける光景だ。
夜の水族館で、イセエビが弱ってもいない元気なカニ(甲長5cmくらいのワタリガニだったと思う)を仕留め食べていることを見たこともあるが、水槽の外にまでバリバリという音が聞こえ、水槽内のイセエビたちがそのカニを取り合って騒いでいる様子は、まるで洞窟の中の海賊の饗宴のようでもあったが、何よりも彼らの生への渇望と生きる力を強烈に感じた。

さて、こういう場面を飼育係が見つけた場合、飼育係は何を置いても、食べられている魚なりカニなりを、すくい上げなくてはならない。
それは、観覧者に気持ちよく水槽を見てもらうためだ。
弱った生き物が他の生き物に突かれ傷つけられているのは可哀想、死体が他の生き物に寄ってたかって食べられているのは見苦しい、というのが一般的なのである。

でも、ちょっと考えてみよう。すべての動物は本来、他の生物の命を奪わないことには生きてはいけない。だから、動物たちは、己が生き抜くために、常に命のやりとりをしている。
食っている方が偉いわけでも、食われている方がダメなわけでもない。
それと同時に、食っている方が残酷で、食われている方が哀れというわけでもない。
食う者には生き行く命の尊さがあり、食われる者にはエサとなる命の尊さがあるのだ。

とは言っても、水族館では、そのことを避けて通らなくてはならない。
それはきっと、水族館の生き物たちが、ヒトと同じように、飼育係にエサを調理してもらう家畜やペットに近い状態にあるからだ。
正直言って、それでも野性の状態を見せられればいいのにと個人的には思うが、しかしやっぱりボクだって、死体や弱った動物は観客に見せないようにする。それは、水族館がパブリックな施設として社会から認知されている以上は、個人的思いに基づく規範よりも、社会の一般的な規範に合わせなくてはならないという、社会人としてのごくまっとうで当然な考えによる。

だからこそ、飼育係の目を盗んで行われている、写真のような命と命の野性のやりとりを発見できたときには、すごく興奮するのだ。
獲物を捕らえてこれからまた生きながらえようとする者と、他の命の糧となりながら自分の命が失われようとしている者、そのどちらからも、命の鼓動が、すさまじいほどの迫力をもって伝わってくる。
(写真にその迫力がないのが残念なのだけど、ナマで間近に見ているとスゴイんですよ)

先ほど言ったように、水族館の側では、このようなシーンは極力見せないように努力している。
でも、観覧者としては、もしそんな場面を見つけて観察してみれば、思った以上の衝撃を受け、その後の人生に影響するほどの気づきや感動を得ることができる。

これはもう、観覧者が自ら発見するしかない。
いや、絶対に発見してやる!と勢い込むのだ。
そんなことを意識しながら水槽を見始めると、水族館はますます面白くなるはずなのです。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

カニの食事、ここで写真見れて嬉しいです。ばったもこんなシーンみつけたらそこから動けなくなってしまいます。子供のころは、蝶がクモの巣にひっかかってたりしたら…ついつい助けてしまうことがありました。でも今はやりません。見届けるのみです。機会があればその様子を誰かに話したりします。せっかくの体験だから。 削除

2006/8/26(土) 午後 2:10 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

蝶を助けた時、はっとしたことがありました。クモにとっては、ご馳走を盗られた上巣を壊されて修理しなくてはならなくなり、そして蝶は、助けたっていっても絡まったクモの巣を綺麗に取り除いてあげることができなくて…飛べない蝶になってしまう事があって。何てことしてしまったんだろう…ってすっごく後悔したことがありました。 削除

2006/8/26(土) 午後 2:19 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

ボクも子どもの頃、ヘビがカエルを呑み込んでいるのを見つけ、友だちはカエルを助けようといい、ボクはヘビが苦しそうなのがなんだか可哀想で。。。けっきょく二人して、飲み込み終わるまでずっと見守っていました。いずれにしてもヘビにとっては、凶暴なヒトの子に見られているのが恐怖だったことでしょうねえ。

2006/8/28(月) 午前 3:19 kapaguy 返信する

顔アイコン

蛇にとっては飲み込むこと自体は辛くなくても人から見たら苦しそうに見えたおかげで、餌を盗られることは無かったけど、子供達に見つめられても思い切りほうばってる最中で逃げるに逃げられなくって怖かったでしょうね。(^_^;) 削除

2006/8/30(水) 午後 4:40 [ ばった ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事