ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今回の九州は、秋のリフレッシュ旅行も兼ねていたので、嬉野温泉と湯布院で、体がぐったりなるほど部屋露天を楽しませてもらったり(おかげでお肌ツルツル!)、高千穂峡でボート乗ったりと遊び三昧だったのだけど、やっぱり水族館にはついつい足が向き、今までうっかり行きそびれていた水族館まで足を伸ばした。

熊本県天草にある「わくわく海中水族館 シードーナツ」。
水族館は大人の行くところと言ってるそばから、わくわくってどうなの?シードーナツってますますどうなの?というネーミングなのだが、行ってみれば分かる。
ドーナツ形の島というか船が浮き、それが水族館になっているのだ。いや、けっこうワクワクしちゃってる自分がいるではないか!
なんでも、さかなくんも来たのだそうだ。あの甲高い声で「この、スイゾクカン、なんと! 浮いてるん、ですよー!」と言ったと思われる。

ドーナツ形の中心は生け簀のようになった海で、潜水艦の窓から見るように丸窓が開いているのだけど、水が濁った水中展望台という景観で、造った人の企画倒れという感じ。
でも、その回りにある水族館らしい展示はなかなかのもの。熊本県随一の水族館と言っていい。
同じ天草にある天草ドルフィンワールドの方はイルカやアシカのショーを見たりドルフィンスイムをするところ。こちらのシードーナツは、水槽展示された生物を観るところと、しっかり住み分けができているようだ。

シードーナツとseaが付いてはいるのだけど、展示的には淡水魚の展示の方に気合いが入っている。
一番大きい水槽も、南米ゾーンの水槽で、ピラルクーや淡水エイが悠々と泳いでいた。
ちょっと感心してしまったのがピラニアで、今までどこででも見たことがないほど立派な歯を落とさずに持っている者が多かった。

それと、ヨーロッパオオナマズ。ヨーロッパオオナマズは2mを超える世界最大のナマズと聞いていたので、きっとメコンオオナマズみたいなんだろうと思っていたけど、顔はビワコオオナマズの唇をもっと分厚くした、つまりビワコオオナマズをさらに不細工な顔をしたナマズだった。

ところで、入場口からドーナツ水族館に行くまでのワクワク道に干潟があり、そこにハクセンシオマネキがいっぱいいる。干潟には入ることもできて、そっと近づいてみたら1mくらいまではそばに行けた。
こういうフィールド観察ができるのは楽しい。
ここまでの道中のドライブも、ドーナツの浮く海も、とても景観がよくて、海の好きな人にはけっこうオススメです。

■今回の写真は顔と口にこだわって選んでみました。

photo1:アオブダイ
すんごいデッツ。色もキレイで、ちょっと圧倒される。口は切断凶器系のクチバシ。これにかじられたらけっこう効くよ〜。

photo2:ヨーロッパオオナマズ
顔が尋常ではない。分厚い唇には、歯のような突起がいっぱい付いていて、呑み込まれたら逃れようがない感じ。

photo3:ピラニア
すごく立派な歯を持ったピラニア。水族館で飼育されているピラニアの歯は喧嘩で抜け落ちたりして、ぜんぜん迫力がないのだけど、この水族館のピラニアたちは体も大きくて歯も立派。

photo4:これが、わくわく海中水族館シードーナツ
陸から橋を渡っていくのだけど、けっこう高い上に、真ん中がグレーチングで下丸見えなので、かなり恐い。わくわく水族館というよりどきどき水族館な感じ。

この記事に

閉じる コメント(6)

アオブダイは、頭がマッコウクジラみたいで、綺麗な色ですね。ヨーロッパオオナマズは井上和香さんのようなセクシー唇ですし、ピラニアの歯は、指を入れたら食いちぎられそうですね。こういう狂器系の歯は、抜かなくても水族館の人は大丈夫ですか?湯布院は、何度でも行ってみたい温泉ですね。由布岳を見るだけでも、疲れが取れます。

2006/10/9(月) 午後 4:15 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

アオブダイの頭も、オオナマズの唇も、ピラニアの歯も、どれもこんなに立派なのはなかなかお目にかかれなくて、ボク的にはけっこうめっけもんの水族館だったんですよ。尚、ピラニアはアマゾンの巨魚たちのエサになっている魚なのでかなり臆病で、飼育係に食いつくことはめったにありません。めったにというところがビミョーですけどねw。

2006/10/10(火) 午前 2:03 kapaguy 返信する

顔アイコン

九州の温泉はどこもかなりいいですね。ボクがよく行くのは、鹿児島妙見温泉の「忘れの里・雅叙苑」と佐賀県嬉野温泉の「和多屋別荘・水明荘」。で、湯布院は、どの旅館というのではなく、毎回新しい旅館を発見するのが楽しみになるほど全体的にいい。すごく嬉しいのが、田んぼ道で野良仕事のおばさんに会っても、ニコニコ挨拶してくれることです。まちの住民がみんな観光客を大切にしてくれる観光地は、日本では他にちょっと思い浮かびません。いい観光地の究極だと感心しながら、毎年訪れています。

2006/10/10(火) 午前 2:23 kapaguy 返信する

ピラニアって、巨魚たちの餌なのですか?アマゾンの食物連鎖っていったいどうなっているのでしょう。滅多にって、言うからにはうーん。命がけのお仕事にはかわりありませんねえ。勉強になります。それから、湯布院に関しては、私もカンチョ先生と同感です。川辺を歩いていたら、おばちゃんが挨拶してくれて、『もうすぐ鮎漁が解禁になるから』って話をしてくれました。景色も人々も本当に気持ちが良いところです。観光客側もマナーに気をつけて、守って行きたい観光地ですね。お気に入り登録させてくださいね。

2006/10/10(火) 午後 6:47 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

あのすみませんが、水族館フリーク?だったかな。そこといっしょじゃないでしょうか?カンチョさんというネーミング違いますでしょうか?へんなこと聞いてごめんなさい。

2006/10/14(土) 午前 0:05 [ haginohana ] 返信する

顔アイコン

水族館フリークのカンチョさんとは別人です。カンチョって、ネット上にはけっこうたくさんいらっしゃるみたいですねw。名乗ってから気付き、みなさんに迷惑かけています。こちらのBlog水族館は、Web水族館 http://web-aquarium.net/ の館長がやっているブログということで、カンチョと名乗りました。yahooIDのkapaguy「河童男」に変更しようかな・・・・。

2006/10/14(土) 午後 5:38 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事