ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

8品目 マンボウ
イメージ 1

うっかり忘れるところでした。
志摩のお祝いの席での3品目。それはマンボウ。 
マンボウは、けっこう全国各地で食べられていて、コラーゲンがたっぷりの魚として有名らしい。
だけど、ボクがマンボウをいただいたのはこの時が始めてだった。

この日にいただいた部位は、弾力のある白い身と、大きな肝。
その身の弾力といったらかなりのもので、ちょうど刺身コンニャクの食感。
さらに、それにはほとんど味がなくて、酢味噌でいただくので、ますます刺身コンニャク。
でも不思議なのが、こちらがお魚というのに、コンニャクのあの生臭さがなく、むしろあっさりしていたことだ。
とてもよく冷えていた記憶があるので、もしかしたら、水で晒したり、氷でしめたりしているのかも。

そして感動的だったのが肝。
マンボウはフグの仲間だから、美味いけど毒があっても食えないというフグの肝がいただけるようなものなのね。
それが、ウシのレバーより大きな固まりなのだから、これはちょっとスゴイ。
そしてそのお味は、これがなんとカニ味噌の味なのでした。
いやあ、びっくりしたな〜もう!

さて、食感もお味もびっくりなマンボウなのだが、マンボウそのものも規格外の魚類だ。
それはもう見た目からしてずいぶんヘン。
例えば、あの途中でぶった切れたみたいな姿。実はマンボウには尾ビレがないのだ。
縦長の尾ビレが付いてんやん!と思われるだろうが、尾ビレのように見えるのは、上下に長く突き出た背ビレと尻ビレの後ろの方が変化して、上下から繋がったヒレなのだ。
これを梶ビレという。

他に尾ビレのない魚なんて、ボクにはタツノオトシゴしか思いつかない。
でもタツノオトシゴは、すごい勢いで泳ぐこともないし、尾ビレの代わりにテナガザルの尻尾みたいな尾で、海草やサンゴに巻き付くことを大切にしている。

マンボウのように巨大になって、しかも外洋を泳ぐ魚に、魚類の脚とも言える尾ビレがないって、とても不思議じゃない?
そして、その尾ビレのない体で、この巨体を海面上にジャンプさせるのだから驚きなのだ。
深くて広いマンボウ水槽を持っているアクアワールド大洗では、マンボウが水面上1mもジャンプしているのが何度も観察されている。

とはいうものの、水中ではやっぱりなんだかノロマな風情で、これでどうやってエサを獲るのか心配になる。
そこで主食は、クラゲというわけだ。
なるほど、クラゲはコラーゲン多そうだし、そんなのばかり食ってたらマンボウもコラーゲンたっぷりになるだろう。

でも、最近の研究では、マンボウはふだん水深100〜300mあたりで生活していることが判明したのだそうだ。そこでは、深海性の甲殻類などもエサにしているらしい。
つまり、マンボウをいただくということは、クラゲをいただくことでもあるし、深海の生物をいただくことでもあるのですね。

●photo↑:アクアワールド大洗のマンボウ
日本で一番、おそらく世界でも一番、広くて深いマンボウの水槽。
だから、ジャンプも頻繁に見られるのではないかと思う。マンボウの状態もいい。
たくさんのマンボウがいる写真は、アクアワールド大洗をクリックして、Web水族館にて。

●photo↓マンボウのお顔。マリンピア日本海
マンボウを正面から見ると、言っちゃ悪いが間が抜けた感じ。
たぶんこの口って、閉じないんじゃないかな〜。これでクラゲを吸い込むのだ。
イメージ 2


●photo↓志摩マリンランドのマンボウ。
Web水族館の写真と重なってしまってごめんなさい。
この写真しかなかったのだけど、志摩の宴席でのお話なのに、地元志摩マリンランドの写真がないのもよくないな〜と・・・。
イメージ 3

ところで、マンボウは壁によく激突するので、水槽の中に透明のビニールシートが張られている。
もちろん、ここでもそう。なので、写真撮るのはけっこうタイヘンです。

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

三陸でよく上がるので子供の頃何回か食べたけど、忘れちゃいました。今日は大洗でアンコウ食べてきました。コラーゲン必須!

2007/2/27(火) 午前 0:56 御前加那子 返信する

顔アイコン

アンコウ・・・。今冬はいただきそびれた。うらやまし〜な〜。実はマンボウももうずいぶん長いこといただいてません。地域限定食というのは、ポピュラーであっても、それを出しているお店だとか季節だとかの情報がないから、なかなかありつけないものですね。

2007/2/27(火) 午前 2:22 kapaguy 返信する

顔アイコン

マンボウの写真よく撮れています。正面の顔確かに、まの抜けた顔していますが、これが可愛いです。一度は食べてみたいですね。

2007/2/27(火) 午前 6:51 shh*w63* 返信する

顔アイコン

私も千葉の木更津に住んでいた頃、千倉町の漁師さんがくれたと、マンボウの刺身を貰いましたが、時間が経ったからか、水分が抜けて美味しくなかった記憶が・・。解体したところを目撃していれば、尚一層の事、箸が進まないだろうな。。

2007/2/27(火) 午前 8:12 kt9*jp 返信する

顔アイコン

へえ〜っマンボウってそんなお味なんですか…美味しそうだなあ〜(^.^) ここで紹介されたフジツボも置いてたりすることある近所の業務用スーパーで、昨年マンボウ売っててビックリしました。思わず座り込んでマジマジと見てしまった…触りたかったけど売り物の食材なので…我慢しましたが…。40センチくらいのマンボウだったかな…。もう少し小さかったら食べきれるかな…(^_^;)フジツボ…あれからまだみかけてないです。 削除

2007/2/27(火) 午前 11:56 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

この口でクラゲを吸い込む、、に納得。。いつも見る度に何を食べてるんだろうと思ってました。顔とお肉の味のイメージは一致するものでしょうか。。なんとなくですが、、(まりっぺはナマコフェチです^^!)

2007/2/27(火) 午後 4:43 カッパのまりっぺ 返信する

顔アイコン

初めまして♪ブログを読みながらアンキモを思い出しましたwww でも、マンボウを食べるなんて考えたこともなかったです(°A°; ところで、マンボウもアンコウみたいに高価な魚なんですか?

2007/2/27(火) 午後 11:19 [ dol*fi*ale ] 返信する

顔アイコン

え〜!マンボウの肝って食べられるんですか。 身は食べたことがありますが、そんなメニューは無かったです(T^T)。 尾びれが無くて、ジャンプもして深海でエビを食べる。 びっくりネタ満載ですね。 マンボウのイメージが変わりました。 エビの握り褒めて頂いた上に照会までして下さってありがとうございました。 削除

2007/2/27(火) 午後 11:30 [ KAZUKI ] 返信する

顔アイコン

これはノリさんところでは食べないんだ。今までは、どれも志摩と同じだったのに、食って不思議ですね。でも、獲れることは獲れるんでしょうね。

2007/2/28(水) 午前 4:34 kapaguy 返信する

顔アイコン

kt90さん<千葉はマンボウ食べる地域のようですね。館山にはダイビングのマンボウツアーなるものもあって、かなりの遭遇率みたいです。マンボウの刺身は、やっぱりそのままいただくのではなく、どうやらお湯を掛けて臭みを抜くのがいいらしいです。今度もらったら、そうやってみて下さい。

2007/2/28(水) 午前 4:42 kapaguy 返信する

顔アイコン

ばったさん<40センチのマンボウとは、けっこう小さいね〜。その頃の大きさのは群になって泳いでいます。熊野灘では、確か冬になると、大群でやってきて定置網に入ります。小さくてもすごい迫力です。

2007/2/28(水) 午前 4:45 kapaguy 返信する

顔アイコン

まりっぺさん<河童の里に出かけるときには、ぜひ海にも出てみて下さい。東北はマンボウをよく食べる地域らしいです。確か遠野の川を下れば釜石ではなかったっけ?講演で一度行ったことがある。

2007/2/28(水) 午前 4:49 kapaguy 返信する

顔アイコン

dol finaleさん、ようこそです。マンボウはアンコウのようには高くは取引されないと思います。いや、きっとかなり安価でしょう。ほとんどの地域で食用になってないですからね〜。でも肝はアンキモより美味しかったですよ。ところで、ドルフィンのフィナーレ?違いますねw。

2007/2/28(水) 午前 4:54 kapaguy 返信する

顔アイコン

KAZUKIさんは、マンボウいただき組でしたか!そうなんです。肝は食えるどころか美味くてデカイ!ぜひ、ビーズマンボウも作ってみて下さい。お寿司から始まって、ビーズいただきますのシリーズなんていかがですか?でも、海の生き物はほとんどいただきますシリーズになってしまいますね。w

2007/2/28(水) 午前 5:00 kapaguy 返信する

顔アイコン

わたしも鴨川に来て初めてマンボウいただきました。それまでマンボウが食べられるとは思っていなかったのでちょっとビックリ@@;上のマンボウの写真はビニールがわからないですねぇ。流石です! 削除

2007/2/28(水) 午後 3:14 [ T.S ] 返信する

顔アイコン

T.Sさんは鴨川SWのファンの方ですね。ボクもファンの一人です(って前にも言ったか)。それにしても、写真、とてもお上手ですね〜。開放感と明るさを感じる写真で、鴨川らしさが出ていると思います。うんそう!いい写真にはその水族館の雰囲気が映し出されるものなんですね。ところでマンボウのお味はいかがでした?・・・というのは、千葉のいただき方とお味によっては、今度探しに行こうかな〜と。w

2007/3/1(木) 午前 0:48 kapaguy 返信する

マンボウは美味しいって話はよく聞くのですが、まだ食べたことないです。それにしても、あのヌボ〜ンって顔の巨大魚が1メートルもジャンプするなんてビックリです!! 先日見たマンボウなんて倒れかけてましたよ…

2007/3/1(木) 午後 0:43 zuw*nn*6 返信する

顔アイコン

倒れかけてるマンボウってよく見ますよね(^^;。でも、だからと言って元気がないわけでなく、見ていると、まっすぐ立つのが苦手なだけなんじゃないかと・・・。まあ水中では上も横もないし。いや、本当のところは知らないのですけどねw。もしかしたら、ダッシュの前の姿勢が斜めになることだったりとか!マンボウは想像することがいっぱいあって楽しい生き物です。

2007/3/1(木) 午後 0:54 kapaguy 返信する

東海林さだおさんの『丸齧り』シリーズでもマンボウを食べる話がでていたので、探せば食べることができるのでしょうが、この記事で食べたくなりました。水族館でも、泳ぐというより、漂っている感じなので、テレビでマンボウが群れていて、ジャンプする映像をみたときはびっくりしました。本当に不思議で気になる魚です。どくとるマンボウを名乗った北杜夫さんはとっても偉いと思いました。

2007/3/5(月) 午後 11:28 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

群れてるマンボウはまだ小さいから、これはけっこうよくジャンプするみたいですね。と言っても、ボクは一度もジャンプするマンボウを見たことないのです。映像ででも。そうか、そんなのテレビでやってたんだ。見たかったな。ところで実はボクはマンボウはマヌケ面だと思っていたりするので、北杜夫さんはマンボウがあんな顔なの知ってるのかな〜?と思っていたものですw。叱られそうです。反省して、バコン!の顔にしておきました。

2007/3/6(火) 午前 6:20 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事