ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

まるで美ら海水族館の広報担当者みたいに、美ら海のことが続いたので、ちょっと立場的に悪いやんか・・・と、調子がよくなってきた新江ノ島水族館、化学合成生態系水槽の写真を。
イメージ 1

なんかちょっといい感じでしょ?
右のチムニーと真ん中のチムニーに、ゴエモンコシオリエビがいるの。
これ撮影するのはね〜、けっこう技術必要だったんよ〜〜〜。エッヘン!
本当は赤い照明だけで照らされているので、その雰囲気を出すために、スローシャッター。
そこに、コシオリエビのところだけに、ちょこんとストロボ。
(※一般の方は、ストロボ撮影をご遠慮願ってます)

でも、これを撮ることができるようになったのも、水がすっかり落ち着いて透き通っているからと、温水も今では50℃くらいのが噴出していて、たくさん入ってきたゴエモンコシオリエビが、ちゃんと噴出口あたりに集まるようになってきたから。
こちらが完成したばかりのときの写真、ずいぶん濁って、赤い光が渦巻いてますw。

こちらは、サガミハオリムシ。
イメージ 2
ハオリムシたちは、熱水が噴出するチムニー側ではなく、水温4℃あたりを保っている冷湧水側にいる。
この、熱水噴出と超低温水が同じ水槽内に並行して存在していることが、この水槽の醍醐味ですな。

それにしても、このサガミハオリムシ、でっかい!
さらに、水槽の水質がいいのと、採集されてきたばかりなので、めちゃくちゃ調子いい!
こ〜んなに真剣に身を乗り出しているハオリムシは、初めて見る。

それにしても、こういう生き物って、接写すると面白いですね〜。
画像解像度小さくしすぎたので不鮮明になったけれど、赤いビロードの毛の根っこに、なんだか先が白い毛があるのを見つけたりとか・・・。

イメージ 3こちらは、ゴエモンコシオリエビのアップ。(普通撮影ね)

ゴエモンくんはゴエモンくんで、よ〜く見れば、まるで霞かゼリーでもまとっているみたいなどうやらめちゃ細かい毛に覆われていたり。

こういう発見が、やっぱり水槽で飼育しないことには解明できない深海の謎なワケです。
しかもそれを一般の人も観察することができる。そうすると、深海そのものだけでなく、深海研究への世間の理解も高まり、ますます研究の環境も整う。
水族館のあり方の大切なところですね。(あ、また「いい水族館」ネタを使っちゃった。)






とにかく、この水槽、世界初のできたばかりの水槽で、今が水槽の調子も動物の状態も最高なので、この連休には見るのに最高のコンデション。
でも、ぜひぜひ、大型ルーペを持参してきてください。きっとまた違う発見があると思います。

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

コシオリエビ観て来ました。ストロボで観るとこの色なんだ・・深海シリーズ面白かったです。ユノハナガニも学習しました。江の水は色んな意味で勉強になりました。

2007/4/26(木) 午前 6:52 御前加那子 返信する

顔アイコン

エノスイは見に行くたびにまた新しい展示が次々に始まって、また行かねば!って思っちゃいますね!! このお写真はかなり貴重ですごいものですね!!! 削除

2007/4/26(木) 午後 9:32 [ アピスト ] 返信する

顔アイコン

カナーさん<深海シリーズ気に入ってくれたようでありがと!しかし、カナーさんが「勉強になりました」とか殊勝な言葉を使うと、ちょっとびっくりしちゃったりして・・・・失礼w。いや、そのギャップがなかなか素晴らしいと思っておりまする(^^;v

2007/4/27(金) 午前 0:00 kapaguy 返信する

顔アイコン

やあ!アピストくん久しぶり。うんうん、すごいって言って、もっと言って!最近ね〜、昔は嫌いだった接写とかストロボ撮影だとかが、すごく楽しくなってきた。これはきっと、ボクにとっての盆栽なんじゃないかと思う。歳なんかね〜・・・・。

2007/4/27(金) 午前 0:03 kapaguy 返信する

顔アイコン

先日なんとなくテレビをつけていると、「ザ・ベストハウス123」という番組で世界一小さい魚というコーナーがあって、それの第1位にノミネートされていたのが「ポトコリヌス・スピニケプス」という深海魚なのですが、これ・・・エノスイも注目の魚なのでしょうか。是非ナマで見てみたいです。特にオスがメスに融合している状態を。それにしても、凄く興味深いですね。僕の深海魚に対する考えが大きく揺らぎました^^; こんなのがいるってことは、まだまだビックリがありそうですね。

2007/4/27(金) 午前 9:12 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

※ニックネームは関係ありません。お久しぶりです。タマちゃんです。今日新江ノ島水族館にいってきました。アカドンコとかオウナガイはすごくよかったですが、深海エビの水槽の深海エビがほぼ絶滅で、クロカムリクラゲ(深海エビの死骸がはさまっていた)とホウズキイカはプラケースだと「只でさえ生かすのが困難な生物なのに」ケース内に死に水ができ、

2007/4/27(金) 午後 10:28 [ tam*tan** ] 返信する

顔アイコン

すぐ死んでしまいます。またチカメキントキもほぼ病気で上をむいてアップアップしてました(ちょっと水槽に生き物つめすぎでは?オキナマコとか)。東海大のように生き生きしていなかった。でかいオキナマコも一般受けはいまいち、GW前にこれでいいのかと少し憂いてしましたが、無論いい展示も多く。小さい窓の沖縄のミズスマシ君と特別展のキンセンモドキが気に入りました♪

2007/4/27(金) 午後 10:30 [ tam*tan** ] 返信する

顔アイコン

べる〜がさん<ザ・ベストハウス、ボクも見てた。最小魚は長くゴマハゼだったけど、これからもどんどん見つかるのでしょ〜ね。チョウチンアンコウの♂は、みんなあの状態なんです。でも、種としてはでっかい♀がいるわけで、世界最小魚というのにはイマイチ疑問でしたw。ところで、ベストハウス実はボクも水族館ベスト3の紹介で収録されちゃってますw。

2007/4/28(土) 午前 10:03 kapaguy 返信する

顔アイコン

タマちゃん<そうですか、ひどい状態だったようですね。今日はエノスイに行くので見てきます。ホウズキイカがいるとは知らなかったです。最近スタッフが深海調査に乗船していたので、そのおこぼれがどっさりやってきたのでしょう。東海大、確かにボクも生き物の状態が特別いいと思います。けっして大きくない水槽でも、大きく成長し、傷なども少なく、色落ちもしていない。水族館としてまず目指すべき基本ですね。

2007/4/28(土) 午前 10:13 kapaguy 返信する

顔アイコン

僕がシーパラで研修のときに熱帯浅場の宝石キントキのことをきいたら白点になりやすい魚といっていました。チカメキントキもおそらくデリケートなのかもしれません。陸棚水槽はオキナマコでなくリョウマエビなんかがいたら結構顔になるかもしれませんが熊野灘以南に多いそうです。ミズスマシは僕の住む埼玉ではレッドデータに入っており激減し久々にお目にかかりました。

2007/4/28(土) 午後 6:45 [ tam*tan** ] 返信する

顔アイコン

えっ?水族館ベスト3ってのにカンチョさん収録されちゃってるんですか!? もう放送済みなのでしょうか。先日のベストハウスはたまたまチャンネルを変えたら最小魚コーナーをやっていたので・・・。まさにピンポイントでした^^; 最近ピンポイントが多いです。「おもいっきりテレビ」のフジ(イルカ)特集もそうでした。今日の「知っとこ!」のシーパラもそうでした。

2007/4/28(土) 午後 11:48 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

タマちゃん<ミズスマシも、アメンボも、大人になってからは水族館以外で会ったことはないですね〜。実はボクからそういったものを見つける目力がなくなったせいなのだろうけど(特にアメンボは)。水族館で研修してたんですか。水族館は、手に入ってしまった生物を生かさないわけにはいきません。本当は展示水槽に匹敵するくらいの予備槽が必要だと感じています。

2007/4/30(月) 午前 0:46 kapaguy 返信する

顔アイコン

水族館ベスト3、ホントは5月2日の放送予定だったのだけど、紹介者の中尾さんが病気で入院されたので、延期になるそうです。

2007/4/30(月) 午前 0:49 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事