ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

実はカンチョ、今月から滋慶学園グループという専門学校の教育顧問に就任し、毎週1回、東京コミュニケーションアート専門学校(TCA)のドルフィントレーナー専攻のクラスに講義もすることになりました。(この書庫の前ログ、特別講義が縁でそんなことになっちゃった)
水族館職員以前の段階から、展示スタッフづくりに関わろうという魂胆なのねw。
(新江ノ島水族館の仕事は、展示監督という形で継続してます)
で、ちょっと置いていた「いい水族館」の書庫も、その講義と並行して記事載せようと意気込みだけは持ち始めているところw。

さてさてそんなこんなに関係して、下の3つの写真、みなさんはどれ(どの雰囲気)がお好みですか?
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

これ、すべて八景島シーパラダイスのシロワニの水槽。
ここに来ると、まずほとんどの人たちが「サメ!サメだ〜!!!うぉ〜スゲ〜!」と大はしゃぎ。
シロワニは顔が精悍で図体もデカイから、とても目に付きやすくて、さらにたいていの人たちがこの水槽で立ち止まる。

するとアオリイカを発見するのね。
で「イカ、イカがいた〜〜!あぁきれい〜〜〜ウットリ」となる。
ここまでくるのがだいたい半数の人たち。
でも、イカを発見した半数の人たちの、この水槽での滞留時間はとたんに長くなる。どうやらまったりするらしい。

そして、そんな人たちが、頭上にきらめくイワシの群に気づくわけ。
でも今度は気づいても「イワシ、イワシがいる〜!!」とはならずに、ただただまったり度合いを深めて、すごく長い時間ここにいたり、まあ千人に一人くらいは床に座り込んでしまったりということになる。

だからこの水槽はとてもいい水槽。
単純に、異種を混合飼育することで、海の様子や生態を知らしめるというだけではない。いやむしろそんな結果はあまり期待できなかったりもする。
まず、たった一つの水槽で、水族館に「未知や発見の刺激を求める人」「癒しを求める人」「動物画好きな人」などどのような観覧者にも対応できていること。
さらに、観覧者の期待感を、満足から新たな満足へと移り変わらせることで、期待されてもいなかった知的好奇心を起こしつつ、より大きな満足感を呼び起こすことができるということ。
つまり、カスタマーの満足度を提供という点で、カスタマーズ起点的にすごくいい水槽なわけです。

こういうのって、単なる展示テクニックなのだけど、実はそれをテクニックとして学び、さらにそのテクニックを駆使していい展示を実現するのはとても難しい。
そもそも、この水槽も、テクニック的なことを考えて完成したのではなく、飼育スタッフたちの「あれも見せたい」「自分はこれが好き」というようなのが重なってできたのじゃないだろうか。(テクニックだとしたら八景のみなさん、失礼しました)
だからTCMの講義では、多様な観覧者の観点に立って、展示やインタープリテーションをすることを、一番最初の課題にしているところ。

そんなワケで、上の3枚の写真、みなさんはどの雰囲気が好きなのか尋ねてみたのです。
今後の参考にもしたいので、ぜひ順番つけるなり、どれかを選ぶなりして、教えていただければ幸いです。

えっと、ボクの好みは、イワシ群→イカ→シロワニの順。
多分、シロワニをいろんなところで見過ぎているのと、ボクが水族館に求めているのは、普通の人に最も多いと思われる「癒し」や「水塊」そのものだからですね。
なので、実はこんな感じ↓が一番好きな雰囲気です。
イメージ 4



この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

イワシ・イカ・サメ。です。理由は美味しいもの順・・じゃなかった、どれだけ想像力掻き立てられるかです。焼き方や捌き方の想像力も必須ですが、ファンタジーな世界に浸る順。しかし、色々稼いでますな〜。

2007/5/19(土) 午前 1:24 御前加那子 返信する

顔アイコン

カナーさん、早いな〜早すぎるぜよ。でも、ボクと同じ順番ね。正体不明のカナーさんも、ごく一般的な水族館好きと分かって安心しましたわw。ところで色々稼いでんやなくて、これはTCMの学生たちの熱心さに打たれたからでございますよマジで。特別講義のとき、なんかこっから水族館が変わる流れができるかもしんないと思いました。でもまあ、ボクもしがないフリーター水族館人だしね、ボランティアというわけにもいかないワケで。いや〜世の中、色々大変ですな〜。

2007/5/19(土) 午前 2:13 kapaguy 返信する

顔アイコン

イカ>イワシ>ワニですね。フレンドリーな並びでいきます。でも実際水槽をまえにしたらカンチョさんの好みとおなじです。組み合わせと空気感で観ちゃうから「どれ」ではなく「どれも」ですね。漫画のコマ割りやモーションコントロールカメラ目線なので水槽のなかを泳いで想像力のアングルで観ます。そのほうがさきなので観ている景色と頭の中はちがうかもしれません。

2007/5/19(土) 午前 7:32 [ - ] 返信する

顔アイコン

直感的には、イカ、イワシ、・・ なのですが、もしこの水槽の前に立ったときのことを考えると たぶん圧巻なのは、イワシなのかなぁ・・・あの群での姿は、どこの水族館で見ても、何か、感動があるのであります。

2007/5/19(土) 午前 10:12 ○丸ちゃん○ 返信する

顔アイコン

僕もこの水槽は大好きです。イワシの群がいろんな形態に変化する様子が見られるのがいいですよね(^^♪ その中にシロワニがチャッカリいてる訳ですし(゜-゜) イワシの群の形態を変化させる水族館って珍しいのでしょうか? で、雰囲気ですが、イワシ群・シロワニ・イカっちの順です。イワシ群は壮大ですよね〜(゜o゜) 見ていて圧倒されるので1位です。シロワニは外見と性格とのギャップが興味深いので、このアップ写真はゾクゾクします(^.^) イカっちは魅力をまだ理解しきれていないので、僕も自分がよく分りません(>_<)

2007/5/19(土) 午後 10:59 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

イワシ群→シロワニ→イカの順でっす(^O^)/。 サメの迫力は、映像でも味わえるけど、群れの荘厳さは生じゃないと分らないですね。 群れで泳ぐ迫力は、生き物の力を感じます。 イカは、色が変わるのや、エサを採る所なんかをじっくり観察したいので、 ソファーの前にイカ生態観察用水槽が有ったら、一日中座って見ているかも(^^;)。 削除

2007/5/20(日) 午前 11:35 [ KAZUKI ] 返信する

顔アイコン

イカ〜イカ〜イカ〜イワシ〜イワシ〜サメちょっと(笑)イカだけの水槽って憧れるんですが^_^;)でも、一度イワシの大群の間をイルカのように泳ぎたい〜〜。ので、イワシの大群を見ると、つい引き込まれてしまいます。。ズレたコメですみませ〜〜ん。正気に戻って、、カンチョさんの好きな一番下の感じが好きかな、、いいお仕事ですね、、、

2007/5/20(日) 午後 5:24 カッパのまりっぺ 返信する

顔アイコン

ghanaさんは、イカとイワシで迷ったか。でも、イカがフレンドリーなのね。イカがフレンドリーというのがなかなかない発想だけど・・・。この中で一番影の薄い存在だから、ghanaさんのように心を水槽の中に飛はしてこそ浮かんでくる発想ですね。

2007/5/20(日) 午後 10:01 kapaguy 返信する

顔アイコン

丸ちゃん<イワシ、ホントに圧倒的ですよね。よく「一人の命は地球より重い」って言うじゃない。でもあれって、人間が特別だからという前提なんですね。イワシは逆です。みんなの命を合わせて誰かが生き残る命になる。圧倒的なパワーは、そんな命の集合体だからなのかも。この群一つで、ジンベエザメ一頭の存在感があります。

2007/5/20(日) 午後 10:09 kapaguy 返信する

顔アイコン

おっ!べる〜がさんで始めてシロワニが2位に!ボクも見ている時間としては、同じくイワシ→シロワニ→イカでした。イワシというか、大群が変形しつつ泳ぐ水族館は最近増えてますね。エノスイもそうだし、ふくしまもだし、大洗も、海遊館にもありますね。かごしまで昔見たキビナゴはこれ以上ないというくらいきれいだった。でもジンベエが食べちゃって調子悪くなったのですぐに止めたとか聞いたことがあります。w

2007/5/20(日) 午後 10:14 kapaguy 返信する

顔アイコン

KAZUKIさん<イカは確かに、近くで見ているとスゴイですね。色の変わりようなんか小宇宙を見ているみたいな気分になります。でも、こんな風に広い水槽を泳いでいる時のイカの速さもなかなかのものでした。

2007/5/20(日) 午後 10:19 kapaguy 返信する

顔アイコン

まりっぺさん、イカ好きなのねw。ボク一度だけだけど、アジ系の群にぶつかって、そしたらどういうことになってしまったのか、そのアジの群がボクを中心にドーナツになってグルグル回り始めたの。土星になった気分だったw。確かそれ、水中ビデオで撮ってもらったのだけど、すっかり忘れてたな〜。しかも15年くらい前だしw。でもモノより思い出、今思い出したらぜんぜんぼやけてません。むしろ想像力でスゴイことになってるw。

2007/5/20(日) 午後 10:26 kapaguy 返信する

巨大水槽の凄いところは、ジンベエザメみたいな大きな魚が泳ぐところが見られるのと同時に、別にリーダーがいるわけでもなさそうなのに、ひとつの生物みたいにに形を変えて蠢く魚群を見ることができることですね。そうするとカンチョ先生と同じくイワシ、イカ、サメの順なんですけど、サメを見て驚くという子供の気持ちも持ち続けたいので、とっても迷います。イカのヒレの動きはとても美しくて好きです。

2007/5/23(水) 午前 0:24 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

うーん、あたしはイカ→イワシ→サメの順ですね。
カンチョさんの講義、かなり受けてみたいです!むしろ事務手伝いとかで雇って下さい、みたいな(笑)
関係ない話なんですけど、この間お台場に行ったら、クラゲが大量に浮いてました。水族館で見るとクラゲって透明感があって綺麗で、癒される存在なのに。。。水が汚いせいもあって、とっても気持ち悪い感じでした。 削除

2007/5/23(水) 午後 8:11 [ 麻菜 ] 返信する

顔アイコン

眼とろんさん<子どもの気持ちを大事にしたいって、分かる分かる。近ごろのボクは、仕事で水族館に行っても子どもですw。50歳を超えたら子どもに戻ってしまい、なんだか何見ても驚けるし、楽しめる。今日、親不知も生えてきたんよ!すごいでしょ!仕事一段落ついたら抜かなくちゃ。痛いのかな〜〜〜。ちょっとドキドキ。

2007/5/25(金) 午前 2:42 kapaguy 返信する

顔アイコン

麻菜さん<おやおや、ついにサメが一番は出そうにないですね。眼とろんさんの子どもバージョンだけか。ボクの講義、自分で言うのもなんだけどけっこういいよ〜w。クラゲの浮かぶ汚い海ねぇ、それは憂鬱な感じでしょう。ボク説では、クラゲが癒し系なのは、透明な水の存在や水の動きを映し出すからなの。だから汚い水の存在や動きも、はっきり映し出しちゃうのでしょうね。クラゲも海も可哀想だけど。。。

2007/5/25(金) 午前 2:49 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事