ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は10/5(日)の開催。前売り発売は9/15です

全体表示

[ リスト ]

うみたまごの魅力はなんといっても海獣なのだけど、それはひととき置いておいて…。
魚たちの展示にも、みんなが気づかずに惹かれている魅力がある。それは、照明の使い方だ。
他の水族館では単調になりがちな、水槽の色や明るさが、うみたまごでは変化に富んでいるのだ。
それを、最近憶えたばかりの例の撮影方法で証明してみよう…。

まずは、青が基調のマーメイドホール
イメージ 1

こちらは、うみたまごのメイン水槽。日本初だったかつての大分マリーンパレス大回遊水槽を引き継いだ水槽だ。
冷たい青系でさらにぐっと光量を落とした照明で、水中の深さを演出するとともに、ホール全体や観覧者までをも、ブルーに染めている。


次いで、赤が基調のキサンゴの水槽。
イメージ 2

深い海のキサンゴの仲間の赤色や橙色を強調するために、赤系の照明が使われている。
赤という暖色系の照明に照らされながらも、なぜか深海の冷たさを感じるのが、水槽照明のおもしろいところだ。
もちろん、かなり暗くすることで、冷たい海の雰囲気を出しているのである。


さて次は、上の二つの、青基調照明と赤基調照明を組み合わせた水槽。
ぶっといニセゴイシウツボの迫力と、洞窟の奥行き感が、合わせ水槽と照明で見事に表現されている。
イメージ 3

生き物たちの潜む海底洞窟を、赤く薄暗い照明で演出し、向こうに見える青い外海は、先の青いマーメイドホールの裏側を借景に利用している。
つまり、背後のアクリルを隔てて、こちら側の水槽と向こう側マーメイド水槽がくっついているのだ。
こういう水槽って、間がアクリルで仕切られてないように見せるために、同じ色調を使おうとするのが普通なのだけど、ここでは逆に色を違えることで、借景をリアルに使うことができている。


うってかわって、こちらは天窓からの自然光を利用したアマゾンの水槽。
イメージ 4

ピラルクーは「赤い魚」という意味だけど、鱗の縁取りであるその赤色は、かなり強い光の下でこそ発色が美しい。
これを出そうとやみくもに赤い光を当てたりすると、縁取り以外のブロンズ緑が消えて黒くなってしまう。

ここは、自然光に頼るのがもっとも安上がりで美しい。
まぁ、おそらくそこまで考えたワケじゃなく、水面上の植物や鳥類(さらにナマケモノもいた!)のための自然光の取り入れなのだろうけれど…。

うみたまごには、有名なタチウオの周年展示もあって、そちらは上に上げた3つの水槽よりもさらに暗くて、ほとんど真っ暗と言っていい。
そんな真っ暗水槽から、暗い赤系水槽、暗い青系水槽、普通の照明水槽もあり、そしてサンゴ礁の明るい人工照明水槽に、この自然光水槽と、実にバラエティーに富んだ明るさと色で楽しませてくれるのが、ここうみたまごの魅力を支える隠れた秘密なのだ。…と思う。

スローシンクロは当分封印と言いながら、うみたまごの水槽の魅力を伝えるために、すっかりジャカジャカと撮ってしまいましたがな…w。


■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

ムラちゃんです。日曜に社交ダンスの撮影の仕事がありました。仕事終了後ちょっとトライ!と、後幕スローシンクロ&流し撮りでダンスを撮りました。

・・・自信喪失。。。(T_T)

2007/12/11(火) 午前 10:23 [ 村上 携帯 ] 返信する

顔アイコン

うみたまごになってから一度も行ってない・・行動範囲内だからちょっと考えてみよう・・過日も、ご紹介頂いた、蒲郡・名古屋港 両館とも、結局いけなかったし・・水族館リベンジも計画しないと!!

2007/12/11(火) 午前 11:34 ○丸ちゃん○ 返信する

顔アイコン

例の撮影方法、で笑ってしまいました^^。今の水族館ってすごいなぁと思います。水槽の規模も、種類も、照明まで、私が子供の時の水族館のイメージと全く変わってますもんね。
この前テレビで、名古屋港水族館の紹介、裏方さんのお仕事まで紹介されてました。プールの水換え、掃除、えさの用意、健康状態のチェックなどなど、本当に大変だなぁ、と思いましたよ^^v。

2007/12/11(火) 午前 11:40 maru 返信する

顔アイコン

ピラルクーは特別赤く感じましたが大きさはそんなでも無いんですよね。大きくなるほど赤くなるはずだから、須磨とかの特大ピラルクーは本来の赤さを発揮できてないって事?

ウツボやタチウオの所では大分頑張ったのですが惨敗でした。下からの照明に照らされて一際幻想的なタチウオをものにしたかったのですが。。。
マクロだと暗くてもしっかり撮ってくれるFinePixF10ですがISO1600では厳しい時代になったのかしら。

うみたまごは照明に匠を感じますが音楽の使用にも一家言持ってそうに感じました。タチウオの所では少し妖しげなムーディーな曲でしたし、うみたまホールでは何かクラシックだったような。ラッココーナーに音楽を掛けてあるのは神経質で小心者のテツオ君の度胸を鍛えるためでもあるそうです。 削除

2007/12/11(火) 午後 0:47 [ aototoro ] 返信する

顔アイコン

一言で照明と言ってもすごく奥深いですね。
もっと勉強しないといけません(・ω・)

1枚目のエイすごいですね!
めっちゃ泳いでますね!感動物です!

頑張ってスローシンクロ覚えます(・ω・)

2007/12/11(火) 午後 4:17 [ 潜水馬鹿 ] 返信する

顔アイコン

ピラルクがこんなに芸術造形なのはじめてみました。ちょっと感動。
品川水族館や沖縄ネオパークのピラルクに見せてあげたい。これが本来の姿なんだぞー。がんばれ=って。

2007/12/11(火) 午後 7:21 御前加那子 返信する

顔アイコン

私が気にしていないところで、いろんな工夫がされてるんですね〜。今度水族館に行ったときは見てみま〜す!
私は、1枚目の大水槽が綺麗で好みです♪カンチョさんは、どれが1番好きですか?(でも、どれもいいですよね〜。迷うと思いますが・・・。)

2007/12/11(火) 午後 10:03 [ kas*g*011 ] 返信する

…水族館の中が青いのは、メガトン級の水があるからだと思っていました…だって、海も湖も晴れた日には青いもん…照明だったの…そうよね…そうよね…が〜ん…

2007/12/12(水) 午前 0:13 [ sak*ra2*06*30 ] 返信する

べる〜がさん<家庭用の水槽では、熱の関係で蛍光灯を使わなくちゃならないのが辛いんよね。水の奥行き感を出すのは、直進光の照明を使うのが一番なんだけど…。
今は、LED照明がかなり安価に出ていて、これなら熱も出ない直進光なので、使ってみるといいと思うよ。

2007/12/13(木) 午前 1:51 kapaguy 返信する

ni-san<ボクもね〜、アマゾンに行ったとき、ピラルクーのウロコ靴べら買ってきた。
そしてさらに…、ピラルクーをいただいてきました。いつか「命をいただきます食堂」で書かねばと思っていたのだけど、とっても美味しかったですw。
ボクの末っ子がどういうわけか、半年くらい前から水槽を始めたんだけど、やっぱりちょっと照明に凝りたがってるみたいで、いろいろと聞いてくるよw。

2007/12/13(木) 午前 1:57 kapaguy 返信する

丸ちゃん<それはぜひ訪れてみて下さい。
丸ちゃんのホームグラウンド湯布院からだと、うみたまご、番匠、高千穂、いずれもちょちょいのちょいで行けますよ。
さらに道中には、海響館と海の中道もある!
ご自宅からなら、AQUASも須磨も宮島も姫路も日帰りツーリングコースでしょ。
はい、さっそくWEB水族館 http://web-aquarium.net/ へGo!ですw。

2007/12/13(木) 午前 2:03 kapaguy 返信する

ムラちゃん<いやぁ、プロの方にボクなんぞが言うのもなんですけどね、写真って一瞬だから、考えるより先に手が知らぬ間に動いてなきゃダメやない。
久しぶりにやると、そりゃ思い通りにならないこともあるって。
これからは、ボクに撮影技術を色々伝授するために、最近やってないような技をいっぱい繰り出してみましょうぜ!w

2007/12/13(木) 午前 2:11 kapaguy 返信する

maruさん<今の水族館スゴイけど、これからもっと変わっていくと思いますよ。ていうか変わらなくてはね。
動物たちの進化のことを考えると、水族館がどんな風に進化していくのかボクにはさっぱり予測はできないけれど、きっとまあ、ヒトの欲求という環境に適応していくことは確かです。
だから、水族館の未来をつくるのは、来館者というのがボクの考え方です。(maruさんの本棚にあった、大変革夜明け前と同じねw)

2007/12/13(木) 午前 2:18 kapaguy 返信する

aotoroさん<うん、このピラルクー、あまり大きいわけでもないのです。須磨のピラルクーの方がはるかに大きいですね。そして確かに須磨では赤色がほとんど感じられない。
でも、よく見てみれば須磨のピラルクーはちゃんと赤いのです。やっぱり照明のせいですね。ちょっともったいないかな…。

うみたまごの音楽の指摘も、その通りですね。うみたまごのBGMは他の水族館に比べて音量もかなり大きくなっています。それだけ音楽による雰囲気づくりを意識しているのでしょうね。

2007/12/13(木) 午前 2:25 kapaguy 返信する

sensuibakaさん<照明は、凝ろうと思うとけっこう費用が掛かるし、ただ動物をよく見せるだけなら、一番安価な蛍光灯が、水槽の隅々まで光が回って明るいから、それで水族館の展示には活かされてないところが多いのね。
さらに、日本人は、これもやっぱり蛍光灯の大普及のせいで、灯りの効果ってあんまり考えなくなってしまった。ホントは自然界にいっぱい色のある国だから、もう少し灯りに対する感性を磨くべきなのでしょうけどね〜。

2007/12/13(木) 午前 2:30 kapaguy 返信する

カナーさん<ピラルクーに芸術を感じてくれてありがとう!
よその水族館のピラルクーというか、その水族館にハッパかけてやって下さい。ホントのピラルクーの色を見せろ!ってw。
…ピラルクーは悪くないですからw。

2007/12/13(木) 午前 2:33 kapaguy 返信する

kasugaさん<お客さまは、とりあえず「なんだかいいな〜この水槽」とさえ思ってくれれば、もうそれだけでいいんですよ。でも、工夫が気になったというのは、それはまた大切なコアお客様でもあります。ぜひ深〜い見方をしてみて下さい。

ボクが好きな写真ね〜。やっぱり一番上の写真かな。撮影時に思い描いてた以上に撮れたから。
好きな水槽というと、2枚目の赤い水槽です。色彩による生物の存在感が感じられるからです。

2007/12/13(木) 午前 2:39 kapaguy 返信する

sakuraさん<そうなんです、そういうことなんですわw。
でもね、水族館のスタッフでも、そういうこと知らない人の方が多いから、そんなにガ〜ンってなる必要はないと思うよ。

2007/12/13(木) 午前 2:40 kapaguy 返信する

照明の演出って、注目ですね。テレビの歌謡番組なんかとても凝っていますが、やはりライブの舞台なんか違いますし、水族館は特に圧倒的な量の水が揺らめいていますから、効果がありますね。でも、写真撮影には辛いかも…。ニセゴイシウツボって、暗いところから、いきなり照明で浮かび上がると、怖いですね!ピラルクーの鱗はお寺の瓦みたいで、本当に古代魚の貫禄が違いますね。

2007/12/19(水) 午前 0:18 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん<こちらからは、なかなか書き込みにも行けずごめんなさいね。カンチョ、突然時間がなくなってきてしまったのです。

照明、ボクが水族館の照明に凝るようになったのは、ミュージカルを観るようになってからなんです。すごく狭い舞台なのに、奥行き感を存分に出しているのは、照明の効果なんだ!と気づいたときに、ボクの水族館づくりが突然広がりました。
だから、うみたまごの水槽もいいけれど、実はボクの手がけた水族館の水槽もけっこういいですよ。

でも、うみたまごのニセゴイシウツボの演出にはちょっと参りました。これはきっと、ニセゴイシウツボの生態をよく知らない人が、ウツボに対する一般的感覚を最優先にしてつくった水槽ですね。
けれども、その一般的な感覚というのが、水族館の奥行きをさらに広げるものなのです。
いつも言っていることですが、観覧者が水族館の未来をつくります。

2007/12/20(木) 午前 1:15 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事