ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

うぇ〜ん、年賀状がまだプリントし終わらないよ〜。

さてさて、鴨川シーワールドのよさは、海獣だけではない。いわゆる魚類展示が、いずれもかなり凝ってるのだ。
水槽のそれぞれに、表現しようとする海や川の色の演出がいいのだ。この点は前回、うみたまごの照明の魅力で書いたことと通じている。
というわけで、またまた封印してたはずの例のテクでご紹介なのである(^^;。

暖かい海のエメラルドグリーンを演出した、ラグーン(礁湖)の水槽。
モデルさんのハリセンボンより…「ハ〜イ!トロピカルアイランドへよ〜こそ〜!」
イメージ 1

水族館には珍しい、この浅くて広い水槽は、深場から白浜へとやさしい波がうち寄せる。サンゴ礁の環礁に囲まれた静かな海を表しているのだ。
自然光を使ってないのに、いかにもラグーンの浅瀬に潜った雰囲気があって、水温の暖かさも感じる。


その隣には、ラグーンの外にあるリーフエッジ(礁縁)を表した水槽。
ドロップオフの風に吹かれ、ひっそりとたたずんでいたゴマモンガラが、にやりと顔を上げた…。
イメージ 2

こちらはラグーンと対照的に、水面は狭くて深さを強調している。
ボクは広くても奥行きの狭い正面から見るより、回り込んだ横から見るのが好き。
こんな風に、サンゴ礁の奥行き感と、ドロップオフに繋がってるみたいな深さを感じるから。


続いて、サンゴ礁の洞窟の水槽。
モデルさんは、でっかいハナミノカサゴかミノカサゴ。(すんません判別できず。上のゴマモンガラも怪しい)
イメージ 3

サンゴ礁で、ちっちゃな洞窟というか穴蔵を覗くとね、たいてい、ガンガゼとミノカサゴがドワッといて、ウツボがニョロリと顔をもたげる。実に剣呑な場所なのね。
運がいいとニシキエビがいたりするのだけど、この水槽にはウツボもいるし、並びの洞窟水槽にはニシキエビもちゃんといる。

以上は、トロピカルアイランドという、比較的新しい展示棟なのだが、今回は、鴨川で最も古かった入り江〜沖合の水槽も照明ががらりと変えられて、とてもいい感じになっていた。

日本の冷たく澄んだ海を思わせる、沖合の海の水槽。
モデルさんは、アカウミガメ。 「おぅりゃ〜サカナたちどけどけ〜!」まるで傍若無人です…(^^;
イメージ 4

水槽は基本的に以前とそんなに変わってなくて、たぶん照明を明るく青くしただけなのだけど、なんかとてもいい感じに大変身してた。
アカウミガメくんも心なしか、のびのびと泳いでいるようなのでした。

ところで年賀状、ボクのプリンターはFAX複合機なので、プリント速度が遅い遅い。
しかも、住所のプリント仕方が、忘年会に出かけてる相棒が帰ってこないと分かんないし…。
今年もまた31日にギリギリ投函やな〜。
というわけで、ボクからの年賀状寄こせ!という方は、住所くれればまだ間に合います。といっても着くのは早くて3日やけどねw。

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

ここは浅いですよね〜。アクアテラリウムの究極系の一つみたいですね。
そこから通路を進むと別世界・・・。
鴨シー全体としてはなんか雑然とした印象なんですけど、一つ一つの建物は重いですね。

クリスマスイヴの名古屋港のスタンドでセーヴァ氏に偶然会いましたが、カメラもレンズも相当いいのを使ってました。望遠・広角を使い分ける為にカメラ2台です・・・。いいなぁ(゜-゜)
僕も数年後には次のボディを買って2台体勢になるかな。

2007/12/30(日) 午前 1:08 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

あ〜ネンガジョ・・・、せっかく名古屋まで行って50GB以上も写真撮ったし、先生にここはひとつ送ってみよかとおもってます( ^^) _U~~
干支を完全に無視した年賀状を作りますね(*^^)v

2007/12/30(日) 午前 1:17 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

私もほしー^^
やり方、わからにゃーい★笑
本日のブログはズバリ!!
『ニモ』の世界ですね〜^^ウミガメやら、なんやら…笑
私、相棒と映画館まで見に行きました★
大人のみって結構みだってました…吹き替え版みたんで^^;

2007/12/30(日) 午前 2:45 ミーサン 返信する

顔アイコン

浅くて広い水槽を一度生でみてみたいです!カンチョさんの年賀状ほしいですwゲスブにお邪魔しますね

2007/12/30(日) 午前 10:09 [ キタさん ] 返信する

顔アイコン

数年振りの再会に感謝して、良いお年をお迎え下さい。m(__)m ムラ

2007/12/30(日) 午後 1:24 [ 村上 携帯 ] 返信する

顔アイコン

鴨シーはショーが面白いけれども
こんな楽しみもあるんですね(^^)/
今年も楽しいお話をありがとうございました。
ずぅ

2007/12/30(日) 午後 5:04 [ ずぅ ] 返信する

顔アイコン

トロピカルアイランドも、アザラシやセイウチの水中から観るところも「水槽の中」って感じがしないような造りになってて綺麗で素晴らしいですよね。
素晴らしいけどでも、皆「海獣ショー」のローテーションに縛られてるせいか、土日でもあそこあたりはガラガラでした。

今年は、カメラを始めた年なので年賀状を作りたいのに、喪中なので残念です 削除

2007/12/30(日) 午後 8:01 [ キヨウ ] 返信する

べる〜がさん<この水槽の浅い一番理由は、建築コストを押さえるためだった…という噂というか、前館長からは、そんな笑い話を聞いたのだけど、土地のたくさんある鴨シーは、確かにそういうつくりの広い水槽が多いのね。
これはね、とってもいい工夫よ。水槽で何が一番コストに響くかと言えば、アクリルガラスと濾過設備やもんね…。

年賀状、干支はまぁ無視してもいいやろ。ボクなんか今年は2007年河童年やってんでw。

2007/12/31(月) 午前 2:02 kapaguy 返信する

ni-san<フライングニモにどれが出てたのか、ウミガメくらいしか思い浮かばんのやけど、ニモの世界はアニメやから、いかにも海色の海としっかり色の乗ったキャラクターたちで、確かに鴨シーの水槽はそんな感じを出してる。
まぁ、水族館は舞台照明というところやね。

2007/12/31(月) 午前 2:10 kapaguy 返信する

コリドラスくん<ますます鴨シーに行きたくなったみたいやね〜。まだ思い切り若いんやから、そりゃもう何度でも行く機会はあると思うよ。
住所はしかと受け止めました。今、印字中…w。

2007/12/31(月) 午前 2:12 kapaguy 返信する

ムラちゃんはもう、オフモードですか?いいね〜。
こちらこそ、よくぞ探し出していただきました。また来年も遊びに来てね〜。よいお年を!

2007/12/31(月) 午前 2:14 kapaguy 返信する

ずぅさん<水族館は元々は、魚介類を見るところで、海獣は客寄せイベントみたいなところあったから、鴨シーのような海獣中心のところでも、アメリカのシーワルドみたく魚類展示をおろそかにしないという伝統があるのですね。
日本の水族館の場合、いい水族館は必ず魚類展示に工夫がこらされてます。
ずぅさんは、新年の1発目はやっぱり動物園の方なのかな?
よいお年を!

2007/12/31(月) 午前 2:22 kapaguy 返信する

キヨウさん<おっしゃるとおり、ホントに鴨シーの屋内は常に空いてますね。
普通の水族館なら意味もなく混んでるはずの入り口付近がすでにまばらやもんね。そんだけ鴨シーのショーは有名かつ魅力的ということでもあります。
でも、月イチで出かけるのなら、ぜひぜひ屋内でゆったりまったり系の鴨シーもお楽しみ下さい。

2007/12/31(月) 午前 2:25 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事