ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

仙台〜名古屋〜伊勢のヘビーな3泊4日ロードから東京へ帰宅! けっこう疲れましたがな…。
でも、名古屋港水族館にも立ち寄ったりして充実した4日間やったわ〜。
というワケで、葛西臨海水族園の話をしばし中断! 名古屋港水族館話題を。

これが噂の、マイワシトルネード!
イメージ 1

前回訪れたときには、ちょうど改装中で見ることのできなかった黒潮の海水槽(やったっけ?)。
かつては、マグロやカツオがけっこうな迫力で泳ぎ回る水槽だったのだけど、今はマイワシが主役なのである。

そのイワシたち、ふだんは水面近くに集まって、空の雲のようにしてるのだけど、正午の食事時間、エサを水中深くに入れることで、弱虫イワシたちが突然にバイタリティー溢れる巨魁となる。


真ん中あたりのとりわけ魚影が濃い紡錘形のところの中心に、吊されたエサのカプセルがある。
イメージ 2

刻々と変化する魚塊の形と、そこに現れる立体的な陰影に、誰もが目を見張り我を忘れて歓声を上げる。
その凄さ、確かにトルネード。
ボクの写真の腕では、あの迫力をとても伝えられないのが辛い。
言葉で表せば、銀色に輝くオーロラ。(アカン、写真でも伝えられない上に、文才もイマイチやな…)

この水槽には小振りのサメ(たぶんツマグロとアカシュモク)とマグロ、それにシイラが少しだけ入っているのだけれど、エサに夢中になったイワシたちは、「そんなの、かんけーねー」状態。
これにはちょっと驚いた。
シイラとマグロなんか、イワシの魚塊がやってくると、慌てて逃げるんやもん…w。

でも、さすがサメたちは、チビでも堂々としたもの。
イメージ 3

イワシの魚塊を横目に隙を狙うツマグロ。
こんな風にしてくれると、まるで自然の海の中みたいよねw。
ときおり、エサに我を忘れたイワシの群に突っ込んで、油断していたイワシたちを慌てふかめさせる。

果敢に突っ込むアカシュモク。
イメージ 4

ホントはね〜、狙ってたのはこんなんやなくて、サメがイワシをかき分けるやつやったんやけど…。
いい場所ではやってくんない。
やっと撮れた!と思ってた写真は、見事にアクリルの継ぎ目に貫かれた写真になってましたわ。ぐすん…。
再度、挑戦やな、できれば平日に。

尚、今回は、名古屋港水族館をフィールドにすごい写真を撮りまくってるキヨウさんとりょきちさんに、朝からお世話になって、館内の撮影時間や場所などご指導いただきました。
おかげですごく楽ちんさせてもらい、ありがとうございました〜。


■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(24)

顔アイコン

これ、テレビで見ましたが、カンチョさんの撮られたほうが、インパクトあります!光物、お好きですか〜〜?笑。

2008/1/28(月) 午後 6:57 maru 返信する

顔アイコン

先日は、ありがとうございました。
そんな長旅をされてるとは知らず、いろいろと失礼しました。

しかし、、明るいですねー
私の暗いレンズで撮ったのはお化け屋敷みたいだけど、海みたいな写りですね。

ちなみに、、このマイワシの事は、明日ズームインとかいう朝の情報番組でとりあげられるそうなので、暫くは平日でも満員電車状態かもしれないですよ。 削除

2008/1/28(月) 午後 8:10 [ キヨウ ] 返信する

葛西も名古屋港もまた行きたいですね。あらかじめカンチョ先生の視線で紹介いただければとても参考になります。このイワシは同じ海域で一網打尽にしたものですかね?群れが一つの生き物みたいで、(見ようによってはクラゲのようにも見えますが)とっても息が揃っていますね。

2008/1/28(月) 午後 11:02 眼とろん星人 返信する

カナーさん<ダイビングとかでも、イワシの群にはなかなか会うことができないんよね。たいていアジ系とかカマスとか。
その点、水族館のイワシは迫力満点で、命を感じます。

2008/1/29(火) 午前 0:11 kapaguy 返信する

べる〜がさん<君の情報で、名古屋港強行軍が決まったもんやからな〜w。でも、教えてもらってよかったよ。
それにしても7泊8日の東京水族館ツアーはスゴイわ。おそれいりました。でも友だちには言わん方がええよ、「あほっちゃうん?」と真顔で言われてそれっきりになると思うからw。
ボクはエノスイにはたいて月曜日にはいるから、その日に合わせてくれれば会えると思うよ。

2008/1/29(火) 午前 0:19 kapaguy 返信する

kotoさん<まぁ水槽もイワシも逃げてかないので、そのうち出かけてみてちょうだい。
なんかすでにすごい人気になっているみたいなので、名古屋港水族館の方でも、ぜったいにやめることはないでしょう。でも、あれより観覧者が増えたらどうするんやろ…。
真冬の最暇期でもフロアに人いっぱいやったもんな〜。

2008/1/29(火) 午前 0:22 kapaguy 返信する

コリドラスくん<そうかー!昨日はいたんか〜。
ちびっ子が泣く気分、よくわかるよ。ペンギンの大群と同じよね。
ホーンテッドマウンテンよりもはるかに神秘的で幻想的で迫力があるもんね。

2008/1/29(火) 午前 0:25 kapaguy 返信する

maruさん<光り物は好きです。とりわけ小鰭(こはだ)が…。
でも水族館では、とにかくイワシの群が好きね。よく考えたら、このブログでもいっぱい出してるもんねw。
今までで一番感動したのは、かつて鹿児島水族館で見た、キビナゴの大群。あれは本当にきれいやった〜。

2008/1/29(火) 午前 0:30 kapaguy 返信する

キヨウさん<これだけのために、明るいレンズにこだわってるみたいなもんやからw。1.4は活躍してくれました。
でも、ボクが狙ってたのは、キヨウさんが撮った写真よ!マイワシの渦の真ん中に空いた空間にサメがいるやつ。さすがやな〜!感心しました。
みなさんもぜひご覧を→ http://kamairuka.exblog.jp/i9/
左の方でよくあったんよね。ボクは真ん中より右にいたからな〜。

2008/1/29(火) 午前 0:38 kapaguy 返信する

眼とろんさん<葛西も名古屋港も、そしてエノスイにもぜひ!w
すべてかどうかは分からないけれど、だいたい一網打尽にしてきます。だから大きさも揃っていますね。
大きさが同じだと、違うグループでも一緒になりますが、大きさが違うと分かれるのが普通です。
それと、今日エノスイのスタッフに聞いたのだけど、群によって泳ぐ場所や行動に個性があるみたいだと言ってましたね。そんなのどうにも信じられないのだけど、確かに今エノスイにいる群は、今までの群とは違う場所にばかりいるのです。不思議です。

2008/1/29(火) 午前 0:42 kapaguy 返信する

顔アイコン

先日はありがとうございました。
やっぱりすごいですね〜!
超初心者の私には、こんな写真撮れません(>_<)

カンチョさんとキヨウさんを目標にカメラ修行がんばります。 削除

2008/1/29(火) 午前 7:39 [ りょきち ] 返信する

顔アイコン

月曜日ですか!それなら3月10日ですね〜。神戸に帰る一日前です。ぜひお会いしたいです〜( ^^) _U~~

僕も最近明るいレンズの必要性を感じてます(>_<)
ISOアゲアゲの力技だとデジタル補正が怖いです・・・。
ヤフオクで広角の1.4〜1.8を探してます(゜-゜)

2008/1/29(火) 午前 9:11 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

今日は 突然ですがコメントコーナーでお知らせをさせて頂きます。
平成19年8月15日地球と言う呼び名を改め「ありがとう星」と命名致しました。
その心は 見た目の世界(地球)でなく,心の質を重視し、自分の命の誕生に宇宙的広がりの物、命、人の汗の存在が関わっている事実を実感に持つ人々の星。
あなたの心臓の鼓動をありがとうの言葉に変えて見ませんか

2008/1/29(火) 午後 2:28 [ gan**hiro ] 返信する

顔アイコン

マイワシトルネードコレは、凄い! やっぱ、行かんといけん!
絶対に今年は行ってやる!!(近所は通るんだけどねぇ・・・)

カンチョの一網打尽手コメントがあったけど・・毎回入れ替え??
あの量を一回ですべて取りそろえるのはなんか難しそうに思えるのですが、
しかし、どの位のペースで補充してるんだ選ろうねぇ!!

補充は・・仕入れ先が料亭と同じだったりして!?!?!

と言う、素朴な疑問でした・・・

2008/1/29(火) 午後 3:05 ○丸ちゃん○ 返信する

りょきちさん<どうもありがとうね〜!写真はカメラ歴やなくて、撮った枚数と、なによりも被写体への愛情。つうことは、名古屋港水族館に関しては、ボクよりもりょきちさんの方が玄人さ。
バリバリ撮って、名古屋港水族館の魅力を伝えてね〜。

2008/1/30(水) 午前 0:58 kapaguy 返信する

べる〜がさん<3月10日ね、よっしゃ覚えておくわ。
F1.4やF1.8のユーズドはなかなか出えへんやろな〜。ホントに欲しい人しか買わないし、買ったら手放せえへんようになるもん。
ボクの1.4なんか、なんと20年前のしろもんよw。しかも高くて手が出なかったので、プロラボ関係の会社に講演に行ったとき、講演料の代わりに現物支給でコレにしてくれ!って頼んだもらい物ww。

2008/1/30(水) 午前 1:06 kapaguy 返信する

丸ちゃん<総入れ替え制ではないです。少なくなってきたら新たに補充するの。その時、最初にいた連中と大きさが同じくらいだと同化して、大きさが違うと2つのグループに分かれて、ときおりくっついたりするようになるのです。

≫補充は・・仕入れ先が料亭と同じだったりして!?!?!
かつては、活魚屋さんのルートで入れていましたw。
でも最近は、水族館への納入専門の鮮魚収集、運搬の業者さんが複数あるのです。
今はマイワシ、漁獲高が激減した上に各水族館でひっぱりだこの人気ものなので、すごく大切に飼育していて、できるだけ長生きさせるように努力しています。

2008/1/30(水) 午前 1:12 kapaguy 返信する

顔アイコン

やはり専門の業者さんがおられたのですね! 納得!

2008/1/30(水) 午前 11:00 ○丸ちゃん○ 返信する

顔アイコン

集団で、びちびち叩かれればやっぱり大きい魚も「痛くて」大変ですよね。命がけの攻防が組織力を生んだ典型というか…。だけど、そういう理とは別に、とてもきれいな世界に見えます。

2008/2/2(土) 午前 2:18 chiisaiyoru 返信する

リトルナイトさん夜型ですね。ボクと同じ。
命がけでできた姿は、みんな美しいものなんですよ。スピードのためのマグロやチータの姿形とか、ヤドクガエルの警告色もアマガエルの保護色も、みんなきれいやもんね。
何かと地球の悪者なヒトだけど、それらを美しいと思える感性があることだけは威張っていいと思います。

2008/2/2(土) 午前 3:01 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事