ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

シャチーのクーちゃんのでっかい口を見ていて思い出した。
そういや、葛西臨海水族園で、口のちっちゃいひとたちを紹介しようと思ってたんや。

クイーンエンゼルフィッシュ。
イメージ 1

葛西臨海水族園のテーマは「七つの海」 つまり世界中の海ってことね。さすが世界のオレ様な東京都、カッコええわ〜!
というわけで、サンゴ礁魚類つったって単純ではない。「カリブの海」があるんやもんね〜!
彼女は西大西洋の海の女王様なのだ。キレ〜ね〜。顔が小さくて派手というのがゴージャスさを醸し出している。
でも、カリブ海のサンゴ礁って、こんなサンゴの景観やったやろか……。

こちらの突き出た口は魚名板によればホースシューレザージャケットというらしい。
イメージ 2

お隣にオールドワイフみたいなのがいるから、オーストラリアの海ね。
「タスマン海」という水槽だったのがどうかちょっと覚えがないのだけど、まあそのあたりの魚だ。
モンガラカワハギ系の魚は、ホントにとぼけたいい顔してる。
もしバブルリングできる魚がいたとしたら、この顔しかないやろね。ボクが煙草の煙リングを止めたのはこんな顔になってしまうからやもん。

さて普通のサンゴ礁の海でひときわ目立つのが、この黄色いヘラヤガラ。
イメージ 3

このひと、もう長いですね〜。いや、口がじゃなくて寿命が長い。
いつも一人で観客の注目を浴びている。まっき黄のヘラヤガラは珍しいのでたぶん同じ個体なんだろうと思うのだけど違うのかな〜。

ヘラヤガラは口がすごくでっかいというか長いのだけど、開口部はめちゃくちゃ小さい。
口の先が折り紙みたいにバコッと開いて、小さな獲物を吸い込むのだ。長い口はスポイトになっているというわけ。
たぶん、長い筒は獲物を狙うためだけじゃなくて、スポイトのゴムのところの役目も果たしていて容積を大きくしてるっていうことなのでしょうね。
長くて小さいという不思議な口を持っている魚。

でも、長くて小さい口ならこっちのほうがさらにウワテなのだ。ヤガラ。
イメージ 4
どひゃ〜長!
アカヤガラかアオヤガラかはっきりしないけど、アオウミガメと一緒にいたのでアオヤガラでしょう。
別にアオつながりで…というわけじゃなく、アカヤガラだったら本州近海の水槽に入れるだろうと思って…。
写真を撮ってきても、姿形で魚の名前を同定できないカンチョは、こうやって色々推理を働かせて魚の名前を探り出すのですw。これもまたけっこう楽しかったりする。
なさけない水族館人ではあるけれど…。

…と、まあとりとめもなくお魚たちを紹介したのだけど、実はこれらにはある繋がりがあります。それは、新しく買った15mmで撮ったのばかりという繋がりw。
実は、葛西に行ったのは15mmで撮りたい被写体があったからで、前にUPした「フンボルトペンギン大編隊」「クロマグロ」の最初の2枚は、15mmで撮ったら迫力あるだろーな〜と目的にしていた被写体だったのです。

でも、このヘン顔魚たちを撮って、顔に特徴のある魚たちにもけっこう使えるやんか!と発見したのでした。

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

おはよ〜ございます!朝からファッションショーを魅せて頂いてるようです^^。色も形も面白くって、なんでこんなのが出来るんだろ〜って不思議ワールドが広がります。一枚目のエンゼルフィッシュなんかも、私やったらもうちょっとブルーを濃い目に、とか色を塗りたくなりますね〜*^^*

2008/2/4(月) 午前 6:04 maru 返信する

かつては、ファッションデザイナーが水族館によく来るという噂がまことしやかにあったのだけど…。実際に行く人もいるのかもですね。
特に魚は丸みがあって女性的で、金魚の尻尾なんかスカートそのもん。
それと、サンゴ礁魚の色は、体の模様というよりは、どちらかといえば化粧とか入れ墨みたいな雰囲気がありません?「化粧濃!」っているという感じ。それでも、派手で大胆ながらも、滑稽になってないのがまたスゴイです。

2008/2/4(月) 午後 0:10 kapaguy 返信する

顔アイコン

例の15mmですか。葛西だと大活躍しそうなレンズですね〜。
あの黄色のヤガラは僕も凄く印象に残ってます。
眼の位置と口がガーパイクに似てますよね。ロングノーズガーとかに。

さっき72mm径のフィルター買いに行ったついでにα700いじってきました。ダイヤルボタンで露出補正・・・ですけど、出来ます!\(^o^)/
メニューの設定から、前後好きな方のダイヤルボタンに露出補正を割り当てられました。
でも最近、流行のライブビュー対応のαが新たに出てますね。

2008/2/4(月) 午後 3:44 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

カワハギの仲間って可愛くて派手なのが多いですよね!
ヒレナガハギと名古屋港水族館で見たカワハギ(種類不明・・・)がお気に入りですww

2008/2/4(月) 午後 9:08 [ キタさん ] 返信する

顔アイコン

釣りしてると、口の小さい奴らに囲まれてしまいます。餌をつけて投げ入れた瞬間に餌だけもっていかれる。要するに釣りがヘタなわけだけど、私は魚を育てる為に釣りしてるんだと自分に言い聞かせています。

2008/2/5(火) 午前 0:16 御前加那子 返信する

ども〜。なんだか仕事に追われて、今頃になっちゃいました。
今週は過去数年間で最も忙しい週です。毎日、いったい自分がどこにいて何をやってるのか見失うほど…。

2008/2/5(火) 午後 11:19 kapaguy 返信する

べる〜がさん<ガーパイクはワニみたいに長い口を開いて、ヤガラはタツノオトシゴみたいに先っぽで吸い込む…と全然違う使い方してんのに、形や長さが似てるのは、もしかして最も獲物を狙いやすく扱いやすい長さでもあるということかもしれんな。
使い方は違っても、いわゆる収斂みたいなことなのか…。面白い。

2008/2/5(火) 午後 11:24 kapaguy 返信する

さすがコリドラスくん。カワハギの仲間に目を付けてるか。
ボクもけっこう好きよ。形といい模様や色彩のユニークさといい、ヒフの質感といい、他の魚とは違った魅力があるよね。

2008/2/5(火) 午後 11:27 kapaguy 返信する

カナーさん<ボクは釣りやらないのだけど、カワハギ釣りというのがその高度さで上級かつ面白い釣りなんやそうですね。
ところで、ヒト対魚の命をかけた勝負の長い歴史の中で、釣りの技術は進歩したけれど、魚の方も釣りに対して少しは進化してるのでしょうか?ちょっと興味のあるところです。

2008/2/5(火) 午後 11:31 kapaguy 返信する

顔アイコン

カンチョ先生始めまして!
のりさんのところで、時々お目にかかっている夏茉莉と申します。
葛西は、子供が小さい頃から足繁く通った水族館です。
バックヤードを見学させていただいた事もあります。
開館当時配布されていた、シーライフニュース(機関誌)が、とても面白かったのに、無くなってしまって残念です。
あ、鳥羽からは、ずっと送って頂いていますよ。

2008/2/6(水) 午後 10:11 夏茉莉 返信する

おぉ!夏茉莉さん、ようこそいらっしゃいました。
葛西の写真で懐かしさを感じていただいて、とっても幸いです。
鳥羽のTSAは、ボクが創刊してずっと編集長もしていた機関誌なのだけど…、今は鳥羽と縁を切ったので、もう取ってもいないのですよ。それこそただただ懐かしい気持ちです。うっかり思い出してしまった…w。

2008/2/7(木) 午前 1:18 kapaguy 返信する

顔アイコン

カリブのカワハギくん、、鮮やか〜ですね〜〜。カリブのアンギーラ島で沈船ダイビングツアーなるものに参加して(本当は沈船、、あんまりすきじゃないのですが)、陽が海底まで届く、のどかな沈船のデッキにタンクを背負って座ってたら、チョウチョウウオの仲間みたいなのがいっぱい寄ってきたのを思い出しましたよ。あのウチワのような珊瑚礁にいるんですね。ところで、カワハギくん。。三陸じゃ美味なんんだけど、こんなにカラフルだとね、、味もちょっと疑っちゃうのは何故だろう(笑)

2008/2/7(木) 午後 11:06 カッパのまりっぺ 返信する

まりっぺさん<けっこう色々ダイブしてるんですね。沈船は恐いな〜。あれは007の世界です。小心者のボクはぜったいにやりません!
あ、ところでこのカワハギくんは、カリブのカワハギくんではなく、タスマンのカワハギくんです。

2008/2/8(金) 午前 4:00 kapaguy 返信する

クイーンエンゼルフィッシュ、ガラス細工みたいですね。ブルーのマスカラが高貴ですね。ホースシューレザージャケットはピカソが描きそうな配色だし、ヤガラの鼻の長さは!最後の写真は3Dみたいに自分の目に鼻が突き刺さってきそうな迫力です。広角は寄らないといけないので撮るのが難しいでしょうね。

2008/2/10(日) 午後 11:17 眼とろん星人 返信する

アバター

食べるために進化するとこういう形になるんですね〜。
私相当、食い意地張っているので…万が一長生きしすぎたらこういう顔になるのかもしれない!!
…妙な形に進化しないために、不老不死など求めず、ほどほどであちら岸へ渡るのも手かなという気もする…ってのはジョークですが、ちょっとびっくりなお魚さんたちの唇ですね♪

2008/2/11(月) 午前 0:33 chiisaiyoru 返信する

眼とろんさん<クイーンエンゼルフィッシュは、例のハンディキャップ理論でいくと、かなりのハンディを背負ってるみたいな感じですね。で、この個体は、ほぼ完璧な形を保っている。彼らの異性からだけでなく、ヒトから見ても美しいです。
広角レンズ、最短撮影距離の短いのを優先したので、水槽撮影ではとても楽なんですよ。窓にレンズフードくっつけるだけで写り込みも無くなるし…。
後は、生き物たちができるだけガラスに近づいてくれるのを待つだけ。
ただ、広角のピント合わせは、そろそろ老眼なボクにはきつい!最後のヤガラは、びみょーに眼からピントがずれてますw。

2008/2/11(月) 午前 2:34 kapaguy 返信する

リトルナイトさんが食い意地張ってるのは、今までのコメントでまぁだいたい想像がついてたよ〜w。
でも食い意地は、生き物としての最も基本的な本能の一つやもんね、将来どんな顔になろうと、生きててナンボ、逞しくてナンボ。結局その形が格好良く思われるようになるんですよ。(きっとw)

2008/2/11(月) 午前 2:38 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事