ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年10月21日(日)の開催。前売り発売は9/21です

全体表示

[ リスト ]

さっき、温泉に入ってマッサージして、胃カタルもすっかり完治したカンチョです!元気!
それに2日続けて、6時間以上寝たもんな。そりゃもうすっかり元気なのである。

今日は仙台で仕事をしてから秋田までやってきた。
仙台から秋田まで新幹線で2時間半、東北は広いわ。
新幹線こまちって、駅が在来線の駅といっしょなんやね……。さらに、秋田までの最後の区間は新幹線が後ろ向いて走り始めたのには驚いた。小田急ロマンスカーで片瀬江ノ島に行くときみたいやん。、

さてさて、GW水族館紀行の再開です。(海遊館はまた後で)
久しぶりに訪れたマリンピア日本海。
入館するとそこには、日本海のでっかい映像が映し出されている。
イメージ 1

スクリーンは大水槽の上部。
日本海のいろんな顔が映し出されるのだけど、やっぱり日本海らしいのは海に沈む夕日よね。
以前に訪れた頃のボクは、夕日の映像と水槽の中をシンクロさせられなかったので、こいつを一枚撮っておきたかった。

大水槽の下には、トンネルがある。
そしてこの水槽にもまたイワシの群が回っている。
イメージ 2

気持ちよさげに回るイワシの群を邪魔するかのように、でで〜んと横入りしてくクエくん。
トンネルならではの、見上げて面白い光景です。

ところでクエなんて暖かいところの魚、日本海側にはけっこう北の方にまでいるらしい。対馬暖流のせいだ。
なんせ、男鹿半島で、マダイが大漁だとか聞いたことあるもんね。

でも、日本海は冷たい海でも有名。
それは、閉ざされている上に深い海なので、底の方の水温が低くて、対馬暖流の厚さが50〜100mくらいしかないからなのだそうだ。
その下にある冷たい水塊を「日本海固有水」と言う。
いかにも北の海っぽい大柄のイソギンチャク、コイボソイソギンチャク。
イメージ 3

最近、写真に凝ってるので、こんななんの変哲もない写真を出すのはちょっとヤなんだけど、日本海らしさが欲しいもんね…。

そして、冷たい海の王者(つってもカンチョ的に)、ミズダコ大王。
イメージ 4

ボクが水族館に勤め始めた頃、ミズダコは水っぽくて不味いからミズダコなんだと教えられてた。
でも、今じゃ刺身はマダコよりもミズダコの方が喜ばれる。
なんでもかんでも柔らかい食べ物の方が上等ということになってきたんよね。
食の好みというのは、たった四半世紀で変わってしまうものなんですわ。もしかしたらまたさらに20年後には、コイボソイソギンチャクのお刺身とかあったりして…。

あ、こういうのは「いただきます食堂」のネタやったな……。


●カンチョの最新インタビュー記事→[http://www.magsook.jp/mokuji/nagisa/
小学館SOOK『渚でくらす』]
●カンチョ今年の最新著→『恋人はイルカ〜ドルフィントレーナーにあこがれて〜』

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

ホームページに注目ブログとして、
紹介されていたのでクリックしてみました。

と〜ってもカワイイ、ステキなブログですね。 削除

2008/5/23(金) 午前 4:00 [ 由香 ] 返信する

顔アイコン

新幹線話も興味ありますが(東北新幹線は乗ったこと無いです)
水族館っていうと、太平洋のイメージがあるので、
マリンピア、面白そうですね^^。日本海のイメージが
伝わってきます。

治ってきたからといって、無理したらあきませんよ〜。
そんなすぐには戻らないですよ〜、笑。

2008/5/23(金) 午前 6:13 maru 返信する

顔アイコン

ミズダコ、海遊館に巨大ミズダコが搬入された当初はその水槽、とんでもない事になってました^^;
白いカスがブワーって。

2008/5/23(金) 午前 10:04 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

相変わらず、お忙しいみたいですね〜♪
でも、お元気そうで何よりです(^_^)v

よく「昔、大トロは捨てられてた」って話を聞くと・・・食文化の移り変わりって速いんだろうな〜・・と思っちゃいます。

この蛸・・アングルが怖い(笑)

2008/5/23(金) 午後 0:43 [ kot*333*333 ] 返信する

顔アイコン

日本海固有水にはコンペイトウ(越前松島さんのが有名)や鬚だんしゃ・・でなくヒゲウミシダなどユニークな生き物が多いですね♪。つい先日僕は御徒町駅前でミネフジツボなるものを塩ゆでで食べました。カニっぽい味がしました、ヤツシロガイなる奇妙な貝も売っていました。ミズダコの卵なども珍重されるとききます。
僕の南方熊楠研究会では現在某女芸人も!の深海ガニ・ハリセンボンを飼っています♪。 削除

2008/5/23(金) 午後 8:14 [ タマちゃん ] 返信する

顔アイコン

水タコは美味しいですよねぇ・・

イソギンチャクもどこかで頂いた事がありますねぇ〜〜場所は忘れましたが(アルツです)

2008/5/24(土) 午前 11:20 ○丸ちゃん○ 返信する

maruさん
》マリンピア、面白そうですね^^。日本海のイメージが伝わってきます。
そうなんさ!最初のこの映像が、ちょっと雰囲気出してる。
映写するために暗くなってるんが、またちょっとした陰鬱な雰囲気もあって、そんなこと言うと日本海側に住んでる皆さんに失礼やけれど、なんか日本海に来たな〜!ていう感じ。
東北遠征から帰ってきたけど、やっぱり今週は疲れが溜まり気味ですね〜〜。

2008/5/24(土) 午後 10:41 kapaguy 返信する

べる〜がくん、白いカスって、吸盤の脱皮したやつやね。うん脱皮やったと思うんやけど……。
今回は東北遠征やったから、ミズダコはまたいっぱい見た。でっかいのが動くとすごいよな。

2008/5/24(土) 午後 10:43 kapaguy 返信する

kotoさん、お久しぶり!
》よく「昔、大トロは捨てられてた」って話を聞くと・・・
》食文化の移り変わりって速いんだろうな〜・・と思っちゃいます。
柔らかくて脂が乗ってるのがだんだん流行になってきて、おかげで養殖魚のウケがいいそうです。

》この蛸・・アングルが怖い(笑)
ミズダコってちょっと物の怪系でしょ、だからミズダコを撮るときにはいつもどうやればその怖くて巨大な雰囲気を写し出せるかばかり考えててるんです。だから、怖がってもらうと嬉しいw!

2008/5/24(土) 午後 10:49 kapaguy 返信する

タマちゃん、ミネフジツボ、ボクもいただいたことあるよ。本場青森で。
http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/44238001.html

2008/5/24(土) 午後 10:54 kapaguy 返信する

丸ちゃん、そういやミズダコを自分で捌いちゃう丸ちゃんでしたね。
今回の東北遠征でも、秋田の宿ではミズダコのシャブシャブが出てきました。これもなかなかオツなお味でした。

》イソギンチャクもどこかで頂いた事がありますねぇ
ボクはそれまだなの……。九州じゃなかったでしたっけ?

2008/5/24(土) 午後 10:57 kapaguy 返信する

あれ??私、コメント書いてたのに…私のコメがない!!!っと言うことは…
意識が朦朧としていたから、消しちゃったんや(T3T)☆

私は、硬いもの好きですよ^^
乾いたご飯とか、ゆでたたこの刺身とか、硬めに炊いた大豆とか黒豆とか^^
霜降りの肉??めちゃ嫌いです☆ミノが好きなんで^^

機会があればご馳走してください^^v(なーんちゃって…)w
うそです☆

日本海に行く機会は、夏の琴引浜のみ!!
だから、冷たいイメージはあっても熱いのしか体験してません☆基本海の幸が苦手な私なんで…

最後のミズダコ大王の写真の皮膚はおばちゃんが着てる服みたいや!!しぼりみたいな感じの服を
「これ、涼しいてええでぇ〜〜!!」と自慢されました^^;
なんだか微笑んでしまいまたよ^^v笑

2008/5/25(日) 午前 3:18 ミーサン 返信する

みーさん、歯が丈夫なんやね。硬いモノ好きな子は健康になれるよ。
硬いモノならご馳走してあげるわ。黒パン(古!)、鰹節(古古!)生姜糖(古古古!)、硬いものはたいてい安いし古くて今どきなかなかないもんね。
でも、ボクはやっぱり柔らかい方が好きやな…。ひ弱な現代っ子やからw。

》ミズダコ大王の写真の皮膚はおばちゃんが着てる服みたいや!!
》しぼりみたいな感じの服を「これ、涼しいてええでぇ〜〜!!」と自慢されました^^;
ミズダコももしかしたら、その効果狙ってるんかもしれん。表面積が増えると熱の放射率が高くなるからね〜。でも、ただたんに、岩の真似をしていたのかもしれんけど。

2008/5/25(日) 午後 9:22 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事