ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

海遊館にイトマキエイがやってきた!
……というワケで、マリンピア松島のシリーズをちょっと中断して、【速報!】イトマキエイ!

じゃじゃ〜ん!
イメージ 1

ああ、マンタですか……。などと言ってはいけない。
マンタはオニイトマキエイ、こっちはイトマキエイさまであらせられるぞ!

オニイトマキエイとどこが違うかと言えば、お口が違う。
イメージ 2

つい先日海遊館に訪問したときの記事『ジンベエザメとマンタの関係』をご覧いただきたい。
マンタ=オニイトマキエイの口は、ジンベエザメと同じように正面に付いていて、閉じたときに拗ねたちびっ子が下唇を突きだしたみたいになってる。
イトマキエイのお口は、ちょっとお腹側で、キリリと一直線。

真正面から見ると、ますますキリリと一直線。
イメージ 3

オニイトマキエイに比べると、ちょっと厚みが薄いようで、その分、翼が鳥のように柔らかく曲がってるように思えたのだけど、それはカンチョの気のせいかもしれない。

ただまぁ、なんとなく鬼が付いてるオニイトマキエイの方がスゴイような感じで、イトマキエイでは格下のように思えちゃう。
確かにオニイトマキエイの方がイトマキエイよりもはるかに大きく成長するし、近ごろのガキンチョは「オニ気持ちいい!」とか言うしね。

でも、名前や大きさで全てを判断してはいけない。
水族館での飼育展示では、このイトマキエイは世界初で世界唯一の展示なのだ。
もちろん、カンチョも初めてお目にかかったし、この写真ご覧になってるみなさんも、ニュースとか海遊館のHPとか、あるいはべる〜がくんのブログ(初トラバしてみた)とかでご覧になってない限り、きっと初めてのご対面なのである。


それに、イトマキエイもけっこうデカイよ。
ジンベエザメとイトマキエイ。
イメージ 4

海遊館の発表によれば、このイトマキエイの体幅は2.2mとのこと。
『ジンベエザメとマンタの関係』で書いたけど、オニイトマキエイの方は今、ジンベエザメにそばえるために隔離されている。
だから知らない人は、このイトマキエイをマンタだマンタだと言って見ている。
まあね、「マンタ」とは何か語でマントの意味なので、種が違おうと口の位置がどこにあろうと、通称「マンタ」は、あながち間違いでもないんでしょう。


そして、今回のマイフェイバリット写真。
イメージ 5

鬼ではないイトマキエイの、優雅な美しさを捕らえたつもり。
もちろん、お口の位置も分かるように下から狙った。
近ごろ追求してる、自然の海中っぽさも出た。

実は、この写真撮った時点で、それ以上写真撮る気持ちがなくなったくらい狙い通りの手応えを感じたのです。(PCで見るまでわかんないというのに…)
でも、そんな気持ちになることってあるのね。初対面のイトマキエイと一瞬ココロが通じた瞬間です。

※ジンベエザメも2頭になってたり、カワウソが水中で狩りをしてたりという期待外のこともあったのだけど、その話はまたもうちょっと先に…。

◎【募集中!】テレビでカンチョとオフ会◎→NHKのスタジオで水族館夜話しませんか?

●カンチョの最新インタビュー記事→[http://www.magsook.jp/mokuji/nagisa/
小学館SOOK『渚でくらす』]
●カンチョ今年の最新著→『恋人はイルカ〜ドルフィントレーナーにあこがれて〜』

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(27)

キヨウさんにドキッとしてもらって嬉しいですね。
水族館って、ホントは人いきれであんまし涼しくないのだけど、精神的にはとっても涼しい場所です。
水塊がとても重要なのだけど、そこに生き物が泳いでいるからなおさらですね。特にこんな大きなやつが優雅に泳いでいたりすると、実に癒されます。

2008/6/26(木) 午前 1:02 kapaguy 返信する

コリドラスくん、<・−・>と<・_・>、さすが若さの結晶やな〜。素晴らし〜!
そして、最後の写真の良さが分かったのも、若いのにエライ! ほめてつかわすぞw。

2008/6/26(木) 午前 1:03 kapaguy 返信する

みーさん、ポチありがとね〜! 「オニってる」の意味はわからんけどw。
》オニイトマキエイはいてたのに、イトマキエイは世界初…
》この違いはなんやろ?差はなんやろ?と思ったわけです…
つまり、オニイトマキエイもイトマキエイも、たまたま名前が似てるだけで家族やないってことやね。中村さんと仲村さんが関係ないみたいな…。

》ゆっくりうごくんやろーなーって思わせるほどの流し撮り^^v
》ちゃうかったらすいません^^b笑
すごく合ってるけど、ちょっとちがう。
ゆっくり動くと思わせるために、けっこう素早く流してるんよね。せやから流し撮り始めると、もう汗だくさ。

ブルーノペンギン、名前までよく覚えてくれてたね〜。ボクの方が一瞬なんのことやろ?って……w。
でも、もちろんゲットしてきたよん。相棒には叱られそうなのでまだ言ってないけど…(^^;

2008/6/26(木) 午前 1:03 kapaguy 返信する

べる〜がくん、ポチありがと。
》コレ撮った後、相当やる気無くしてましたよね(´▽`)
》僕にはまだ分からない感覚です。
たぶんね、ボクはフィルム世代の狩猟民族なんやからなんよ。
持ち弾36発、無駄にはでけへん。狙いの獲物を仕留めたら弾は次の獲物に温存。…そんな感覚w。
それと、西部劇世代&大藪晴彦世代でもあるからね〜、西部劇では持ち弾6発やし、大藪晴彦のハードボイルド主人公も極力連射は避けてた。せやからボクも連射はよっぽどの時しか使わへんのやなきっとw。

》それにカンチョ先生のあの撮影スタイル、非常に合理的ですね。
水族館はボクにとって、楽しみの場所ではなく戦場なのであるw。もうさ、殺るか殺られるかみたいな…。
いつの間にか、スナイパーとしての習性が身についちゃったんかもね。

2008/6/26(木) 午前 1:18 kapaguy 返信する

顔アイコン

僕はいきなりマシンガンから撃ち始めたので、一発必中の精神が全然足りてないですね(´▽`)
しかもJPEGなんですよね!? 僕みたいな一眼レフ歴一年未満のペーペーはRAWじゃないと怖いです。

でもイトマキエイが正面から接近したときは大先生も相当撃ちまくってましたねΨ(`▽´)Ψ
あれは連写したくなりますね〜。

2008/6/26(木) 午前 1:48 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

なるほど〜♪
「オニ」とつくと、すごい気がするけれども
イトマキエイもすごいなぁ〜

「オニジンベイ」とか「オニマンボウ」なんて、いたら
もっとすごいなぁ〜(T_T)←泣いている… ずぅ

2008/6/26(木) 午前 1:53 [ ずぅ ] 返信する

ぼくもフィルム世代なのでカンチョさんの感覚よくわかります。ビデオでもずっと撮れてはいますが、ねらいつづけている感覚でここぞというところでアイドリングから急加速です。時間の感覚でいけばレーザービームでしょうか。
大藪晴彦さんは読んだり見たりしましたが、水族館ではハードボイルドではなく片岡義男さんをよく思い出します。
世界初の写真にポチッ。

2008/6/26(木) 午前 9:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

こんにちは!
確かに、オニイトマキエイと比べてイトマキエイの方が格下に思えてしまいますね。
世界初展示のイトマキエイ、来月見に行きますよ!!
(&須磨と姫路にも行きます)
るみんさんのブログで、更に行くのが楽しみになりました♪ 削除

2008/6/26(木) 午後 1:19 [ SORA ] 返信する

顔アイコン

エイはどんなエイでも口ばかりみてしまいます。優雅に飛ぶごとく泳ぐエイも裏面の顔?をみると笑えます。

2008/6/27(金) 午前 0:08 御前加那子 返信する

顔アイコン

こんにちは、イトマキエイは世界初。そういえば、見たことない。
口の形がこんなに違うことも知らなかったです。
私にとって、オニ!とつくもので思い出すのは、オニカサゴ。
オニオコゼ。トゲトゲっとしていてこわーい。
オニイトマキエイはトゲトゲしていないですよね。
共通点は、大きいって事ぐらいですね。 削除

2008/6/27(金) 午前 0:43 [ わきん ] 返信する

べる〜がくん、RAWで撮ってんや、すごいなープロみたいやなー。
ボクはファイルの整理が面倒なんで、よっぽど光がややこしいときにしかROWは使わへんね〜。ていうか、そんな時にしかROWのこと忘れてるし…w

》でもイトマキエイが正面から接近したときは大先生も相当撃ちまくってましたね
勝負どこやからなw。あそこで撃っとかんとやられる!
1枚目の写真は9連射の4発目、3枚目は5連射の3発目やったよ。

2008/6/27(金) 午前 1:34 kapaguy 返信する

ずぅさん
》「オニジンベイ」とか「オニマンボウ」なんて、いたら
》もっとすごいなぁ〜(T_T)←泣いている… ずぅ
うん、それはすごそう。特にオニジンベエはおにすごいと思うよ。
ただ、なんで泣いてるんかわからんけど。想像しただけで感涙w?

2008/6/27(金) 午前 1:37 kapaguy 返信する

ghanaさん、ボクはビデオも8mm映画から入って、ずっと20分テープの時代を経てきてるので、やっぱり短く撮る癖がついてました。編集するのも楽やしね。
なので、「ここぞというところでアイドリングから急加速です。時間の感覚でいけばレーザービームでしょうか」って、意味はようわからんけど、なんとなく気持ちはわかりますw。
ポチありがとうございました〜☆"

2008/6/27(金) 午前 1:43 kapaguy 返信する

SORAちゃん、来月海遊館に行くんや!アシカのソラちゃんにもご対面やねw。 http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/53493646.html
イトマキエイ、お腹が真っ白で、口が開いてないから、オニイトマキエイに比べると、そこはかとない上品さを感じるよ。

2008/6/27(金) 午前 1:47 kapaguy 返信する

カナーさん、元気になった?
エイには確かに、「裏側の顔」ありますね。ていうか、ほとんどの人が、あれがホンマモンの顔やと思ってたりする…w。
イトマキエイの場合は、裏側の顔も目は本物の目ですね。

2008/6/27(金) 午前 1:54 kapaguy 返信する

わきんちゃん、ひさしぶりやん!
》オニオコゼ。トゲトゲっとしていてこわーい。
》オニイトマキエイはトゲトゲしていないですよね。
うむ、そういや、鬼な感じではないね。
ボクはなんとなくさ、角が二本付いてるから鬼だと思ってたんやけど、イトマキエイにも付いてるもんね。だいたい、その角っぽいのが糸巻きに似てるからイトマキエイやったわけやし。
わきんちゃんの言うように、ただ大きいからっていうことだけかもしれんな。
もしかして、最初は大イトマキエイやったのが、ボクみたいな勘違いなヤツが鬼イトマキエイと間違えて、それが標準和名になってしまったとかw。

2008/6/27(金) 午前 2:02 kapaguy 返信する

イトマキエイは数が少ないから世界初なのか、なかなか見つからず捕獲できへんから世界初なのか?
飼育が難しいけど、若干成功してるから世界初なのか??

今までマンタは飼育されていたのに、イトマキエイはされていなかったのかが疑問なんすけどね〜´0`;

なぜ??種類は似てるけど、種類は全く違う・・・けど似てるし・・・マンタが無理ならイトマキエイでもいっか!!って言う水族館とかなかったんかな〜?って☆笑

くだらないことに、自分で笑ってしまいます〜^^v

2008/6/27(金) 午後 1:08 ミーサン 返信する

みーさん、イトマキエイはなかなか見つからないらしいよ。
それで飼育例も少なく、今まで餌付けに成功したことはなかったとか。

でもまあ、こんなにマンタに似てるから、捕まえたり下からじっくり見ない限りイトマキエイとは分からないワケで、今までマンタやと思ってた中にはけっこうイトマキエイがいたんやったりしてねw。
少なくともボクは、水中で会って、まじまじ見ても「マンタに会った!」と勘違いすると思う。

2008/6/28(土) 午前 0:54 kapaguy 返信する

イトマキエイは本当にカッコイイ!黒い帯の模様も魅力的ですね。海遊館にまた行きたくなりました。といいながら、行こうと思っていた名古屋港も、ベルーガの赤ちゃんがなくなったし・・・。新江の水もまだお邪魔していません。それにしても最後の写真は、鰭が綺麗なライトブルーに溶け込んでいる感じがとても素晴らしいですね。背景の魚もブレて動きがありますね。ポチ☆

2008/6/29(日) 午後 4:57 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん、黒い帯!そう言われればすごくくっきりと太いカチューシャみたいになってますね。いつもながら、よく気づくな〜。
なんだかすごい発見を、後から来た人に取られちゃったようで悔しくもあり、でも教えてくれなかったら絶対気が付かなかったやろからあいりがたくもあり…。いやホント、オドロキの発見です。
その上、ポチまでありがとう!

2008/6/30(月) 午前 0:50 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事