ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は10/5(日)の開催。前売り発売は9/15です

全体表示

[ リスト ]

ゴビウスの両生類

東京に帰ってきました〜。相変わらず蒸し暑いね〜。
さてさて、ゴビウスはまだ続くよ〜。

川の生き物に会うと、童心に帰るとのコメントもあったけれど、カンチョ的にその最たる生き物がカエルやイモリといった両生類。
もちろんゴビウスにもいるのだ。しかもかなりしっかり展示してくれている。

特にオススメなのが、島根県ならではのオキタゴガエル。
イメージ 1

オキゴンベとか海の生き物に「オキ」が付くと「沖」のことだけど、カエルが海の沖に住んでるわけがない。
オキダゴガエルのオキは「隠岐島」のことなのだ。隠岐島の島後に住んでいるカエルだからオキタゴガエル。しかも隠岐島は沖にある。

隣に本土に住んでいるダゴガエルも展示されてたけど、どっちがどっちなのかよく分からない。
イメージ 2

でも、説明によれば、オキタゴガエルの方がヤセ体型なのだとか。おっ!なるほど判別できる。確かにオキタゴガエルはスマートで、タゴガエルはデブである。

しかし…、この子たちは、毎日のように何人かに、ヤセかデブかで見分けられているのだ。
それって、どんな気持ちなんだろう。特にタゴガエル……。


サンショウウオも可愛いのがたくさんいる。
今回のボクのお気に入りはこの子、ハコネサンショウウオ。
イメージ 3

背中の赤い模様が、今まで見た中で一番キレイ。
そして、細い身体に不釣り合いなほど大きいクリクリ目玉がなんともいえず可愛い。
なぜだかこの子は、そのクリクリ目玉で、目の前の水面をジッと見つめているのでした。

こっちはたぶん、ブチサンショウウオ。
イメージ 4

こっちは、ハコネサンショウウオと逆に、模様が青くて体型も太い。(また体型が対照的w)
でも、やっぱり目玉はクリクリ。

サンショウウオって、なんでこんなに可愛いのかね〜。
でもたいていの展示では、サンショウウオ自体がとても小さいのと、水槽の内側についた水滴で見にくいのとで、あまり見てもらっていないのね。
せっかく捕まえられてきたのにちょっと可哀想。(水族館プロデューサー的にはちょっともったいないw)
でもまぁおかげで、いつも独り占めできて、マクロレンズで拡大しながら可愛い顔をゆっくり眺めることができるんやから、それもまたええか……。


●カンチョの最新インタビュー記事→[http://www.magsook.jp/mokuji/nagisa/
小学館SOOK『渚でくらす』]
●カンチョ今年の最新著→『恋人はイルカ〜ドルフィントレーナーにあこがれて〜』

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(33)

顔アイコン

カンチョ先生、今晩は!
実家の草むしりをしていたら、虫だけでなく、カエル君だのカナヘビベビーだのと遭遇し、久々に楽しくなりました。
ハコネサンショウウオの写真、お好きと言うだけあって、ピカイチの出来映え!
水面にも、この子の顔が映っているんですね。
そういえば、どことなくカンチョ先生の面差しがかぶるような…ふふ。

2008/9/1(月) 午後 11:18 夏茉莉 返信する

maruさん、小さなサンショウウオと目が合ったと感じる瞬間が、マクロ撮影の楽しさです。
実のところは、彼らはボクの目を見てるわけやなくて、でっかいレンズに興味をそそられて見てるのかも。洞穴か何かと間違えて、入ってみようかな?なんて思ってるのかもしれない。
でも、こっちが勝手に目が合った!と思えればそれで充分です。

2008/9/2(火) 午前 0:03 kapaguy 返信する

丸ちゃん、失礼しました〜!シジミの身は食べるものなのね。確かに身が大きなシジミは食べやすいし、身までいただかなくちゃ!と思えます。
東京で出てくるシジミは、小さすぎて箸の先が貝殻の中に入らないくらい。で、みんなに言われました、シジミは出汁をいただくのであって、身は残すものだと…。
まぁお子さまなボク的には、シジミは苦くて砂がじゃりじゃりすることが多いので、それで正解なんやと思ってました。
でも、身も食べられるシジミはシミジミいいですw。

2008/9/2(火) 午前 0:11 kapaguy 返信する

ふぉとせんさん、三重県ではそもそもシジミを自宅でいただくということがなかったです。お寿司屋さんでもほとんどアサリしかないもんね。川で捕ってきていただくというのがスゴイよね〜。中国地方あなどれず!
カエルやイモリなどの両生類は、毛もウロコもない皮膚だし、水中と陸上のいずれも生活に必要だから、環境の変化にはとても敏感です。
生活排水以外のことでも、ぜひ彼らのことを思いだしてあげてくだされ。

2008/9/2(火) 午前 0:21 kapaguy 返信する

まんじまるさん、マジでマニアックすぎるよんw。カンチョは自慢やないけど、撮影時に必ずキャプションも一枚撮ってくる派です。だって、写真をどんだけ見ても見分けつかへんのやもん。特にサンショウウオ。
ゴビウスのオオサンショウウオの複数飼育は珍しいですね。大きさ的にはまだ子どもだから、それで争ったりしないのかしら?それとも、数が多すぎて縄張りのことはあきらめてるのか…。
3年前には重なってたりしてたけど、今回は、それぞれ距離を置いて、なんとなく縄張りみたくしてましたね。

2008/9/2(火) 午前 0:27 kapaguy 返信する

みーさんも、ブチサンショウウオの方がお気に入りみたいねw。ハコネは別嬪さん系で、ブチは健康娘系、まぁボクはどっちも好みやけどな。…て、サンショウウオの顔で好みを語るオデって何モンw?
イモリを手に乗せられるのは立派です。(ちなみに、赤腹ヤモリでなくイモリねw)
オオサンショウウオも遭遇してよかったですね。中国地方ではけっこう道歩いてたりするらしいね。
ボクは一度だけ、オオサンショウウオ調査の方々に連れて行ってもらって、撮影したり捕まえて計測したりしたことがあるよ。捕まえると丸太みたいにガチンガチンに硬くなるの。まるでカメの甲羅みたいやった。いかついわ、あいつら。

2008/9/2(火) 午前 0:41 kapaguy 返信する

コリドラスくん、なるほどのそのそ歩きの魅力ね。小さきくせに、恐竜みたいにノッシノッシと歩くもんな。
でも、全速力のときにはすごく速いよね。カエルといいサンショウウオといい、ふだん筋力トレーニングで鍛えたりしてるとは思えないのに、あの一瞬の素早さはいったいなんやろね?

2008/9/2(火) 午前 0:46 kapaguy 返信する

まりっぺさん、さすが両生類系の同族とあって、彼らのカッコよさの見極め方が違うねw。
ハコネちゃん、すごくキレイな子でしょ。これはホントに別嬪さんよ。
で、肺がない種類なんですか?皮膚呼吸って…別嬪さんやのになんか無茶やるな〜と、少し感心しました。
トウホクサンショウウオを飼ってたというまりっぺさんにも、少し感心しました。さらに、サンショウウオの魅力をそこまで語れるのには、かなり感心しましたぜ、姉御。
ボクは子どもの頃、たいして生き物に興味なかったもんな〜。

2008/9/2(火) 午前 0:54 kapaguy 返信する

夏まりさん、草むしりお疲れさまでした〜。でも、そっから出てくる虫たちも、野生の王国な光景なのですね。夏まりさんの自然観、素敵です。
ハコネサンショウウオのポートレイト、いいできでしょ。
でも残念なことに、撮影してる最中には、この子が見てる水面に顔が映ってるとは気づかなかったのですよ。
気づいてればな〜。もう世紀の美女ポートレイトが撮れたと思うの。あー残念!
ところでボクの顔、はい両生類顔です。kapaguyですから。

2008/9/2(火) 午前 1:03 kapaguy 返信する

顔アイコン

ブチサンショウウオさん、口元がかわいい〜♡
こんな近くで、撮らせてくれるんですね!!
慣れてますね!

2008/9/2(火) 午後 3:59 お侍さん 返信する

キンママさん、彼らも水槽のガラスは壁だということをちゃんと覚えてるんでしょうね。
ヒトに慣れてるというより、環境に慣れてるっていうところでしょう。
それにしても、まったく動じないというのは、この子たち肝の据わった生き物ですね〜。

2008/9/3(水) 午前 2:23 kapaguy 返信する

顔アイコン

うわ〜〜♪、綺麗でラブリーな写真!!!
写真見ててあらためてなんだか自覚…
私やっぱり両生類好きらしいデス……… 削除

2008/9/4(木) 午前 0:09 [ ばった ] 返信する

ばったさんはそりゃ両生類好きでしょうよw。
大きさにかかわらず存在感のある生き物をモチーフにするのが好きでしょ。
ボクの場合は、ただ両生類に似てるから好きなのだけど……w。

2008/9/4(木) 午前 1:36 kapaguy 返信する

顔アイコン

一応、ホントにすぐに採れるって処を紹介しておきたくて、シジミ採りにいってきましたので、良かったら、ご覧ください。 広島市のど真ん中です(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/miwamiiwa/25346598.html

2008/9/4(木) 午後 9:48 ○丸ちゃん○ 返信する

丸ちゃん、ほんとにスゴイですね。さすが広島牡蛎を育ててる川。
シジミは富栄養な水域でも育って、水の浄化にも役に立つのだそうで、先日言った松江市では、お城の堀の浄化のためにシジミを入れてあるのだそうですが、なんと握り拳大の大きさのハマグリみたいなシジミが捕れるそうですw。

2008/9/5(金) 午前 0:09 kapaguy 返信する

顔アイコン

早速のご来場ありがとうございました。ペコリン

ゲゲッ 握り拳・ハマグリ大の・・し じ み ですか!!

ちょっと、気持ち悪いくらいの大きさですねぇ 誰も採らない殻かなぁ??

2008/9/5(金) 午前 1:56 ○丸ちゃん○ 返信する

ハマグリ大シジミ、採れるけど、誰も食べないって言ってましたけどねw。
そもそも、誰も採らないからでっかく育ったということらしいです。

2008/9/5(金) 午前 2:43 kapaguy 返信する

四匹とも、とっても、可愛いです!甲乙つけがたいです!
スマートなオキタゴカエルも、凛々しいですけど、少し、メタボなダゴカエルも、キュートです。
ハコネサンショウウオ!大きな瞳がキラキラで可愛いですね!でも、ブチサンショウウオのつぶらな瞳も好きです!

2008/9/9(火) 午前 0:23 珊瑚カエル 返信する

顔アイコン

ブチサンショウオかわいwww☆ 削除

2008/10/30(木) 午前 11:06 [ もえこ ] 返信する

珊瑚カエルさん!「もえこ」さんの新コメントのおかげで、こんなところに隠れてしまっていた珊瑚カエルさんのコメントを見つけた。
ゴメンなさいね、見落としてしまっていて。そうですよね、カエルにサンショウウオの記事をカエルさんが見逃すわけないよな。

というわけで、もえこさん、ようこそいらっしゃいませとともに、ありがとうございました。
ボクもブチサンショウウオは好きです。青い斑点の美しさに惹かれるなー。

2008/10/30(木) 午後 3:31 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事