ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

天空の水族館その3

スカイアクアリウム天空の水族館は、生き物たちもアートです。
だからね、写真もアートに撮らねばならない。

ホワイトソックス。
イメージ 1

水族館なら、明るい光の下、白い珊瑚砂に歩かせたりするのが普通だけど……。
この水槽は、かなり暗いところに一条の光。
レイアウトは、コレなんていうのかな〜モスグリーンのサンゴみたいなの(もしかしたら木?)。とにかくしっとり落ち着いた水槽。
最初に紹介した和の空間にあったから、これもきっとテイストは「和」なのだと感じた。
この渋さにはウットリ〜なのである。

並んでこちらは、タツノオトシゴ。
イメージ 2

茶色の背景に黒色が、ますます渋い。
可愛いと言われるタツノオトシゴも、こいうレイアウトの中で見ると、まるで鎧兜の武士みたいに見えるのね。
いや〜、実に面白いではないですか。


そして、こちらも渋さでは負けてはいない!
サンゴの洞窟。
イメージ 3

水槽全体は妖しく深いブルーに沈んでいる。
その中央にぽっかり空いた空洞。水中の小さな洞窟だ。
でも、ボクには銀河帝国の外れ、ヨーダが隠遁する惑星の風景に見えちゃうのであるw。

岩の裂け目から中を覗くと…。
イメージ 4

キサンゴの仲間が花をいっぱい広げて、ハナダイが身を寄せている。

いちおー、水族館の展示監督的見解を述べるとね。
水槽って、暗くするとどうしても見てもらえないものなのですよ。
お客さんに見る気になってもらうためには、どうしてもある程度の明るさが必要になる。
でも、今回紹介した3つの水槽は、どれもかなり暗いのに注目を浴びていた。
それは暗さを特徴づけていたから、「人の心を惹きつける暗さ」を演出した水槽だったのだ。

水族館のことをプロデュースするには、水族館以外のことを勉強するのが一番だと思ってるのだけど、アートな水族館はとても勉強になったのでした。

●カンチョの最新インタビュー記事→[http://www.magsook.jp/mokuji/nagisa/
小学館SOOK『渚でくらす』]
●カンチョ今年の最新著→『恋人はイルカ〜ドルフィントレーナーにあこがれて〜』

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

お早うございます^^。
水の生き物とアート?って最初は分かりにくいですが
水族館とはまた違う感性が引き出されますね^^。
見る人の想像は自由でしょうが、きっとここで観ていると
作者の意図する創造の世界に誘われてしょうね〜。
水中と云うより、空間を感じてしまいます〜。

2008/9/17(水) 午前 5:15 maru 返信する

顔アイコン

タツノオトシゴ、、、インパクトあります!
上からの淡いライトの陰影に、ホントに鎧を纏っている様に見えますよね〜@@!
化石っぽく見えたりもしますが(笑);
自然のサンゴ礁の景色も、人の手では演出出来ない美しいアートだと思うのですが
造形された水槽の世界は、海の生き物の別の一面を見ることが出来るんですネ^^;
自分はいつも全滅してしまうタツノオトシゴphotoにポチ☆

2008/9/17(水) 午前 9:03 [ - ] 返信する

へ〜!!カンチョさん勉強家!!(ですよね〜)
確かに、水族館に行ったからには水の張ってる入れ物にはなにかがいてるんやろうと何がいるのかジロジロ見る人多そうですよね〜!アートとはまた違うような…
暗かったら見えへんやんけ!!なんて言っちゃったりして…?
ま、そんな人は生体がどうとか明るさがどうとかではなく、ただ来てるだけなんでしょうけど…そんならこんな見せるってところのがあってそうですね^^

ホワイトソックス、ハイソックス〜^^ノ★笑
DVDどうしたらいいんですか?手に入ったんですか?

2008/9/17(水) 午前 10:24 ミーサン 返信する

顔アイコン

昨日出かけてきましたよ!エプソンとセットで♪
勉強になりました!洞窟水槽はLEDですね。ウチもLEDが欲しいです!!実は水槽の上の板も係員にはずしてもらっちゃって、見せてもらいました^^
なんか、一般の目線と、水族館目線両方で見れて(魅れて?)癒されましたし、参考になりました。
現地水草、現地魚の統一自然風水槽のヒントを得たので作ってみたいなぁって思います。 削除

2008/9/17(水) 午前 11:00 [ アピスト ] 返信する

ホワイトソックスさんは、しながわ水族館でも白い珊瑚の岩の上に歩いていました。背景の色合いがとっても綺麗ですね。タツノオトシゴも重厚な古代生物に見えるし。珊瑚の洞窟も照明で全く感じがかわりますね。本当にアートな写真です。ポチ☆

2008/9/17(水) 午後 8:37 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

タツノオトシゴはめちゃめちゃ強そうに見えます!!!

なかなかこういうアートがモチーフの展示ではマイナーで奇抜な魚は出ませんね〜
樹木模様のバックスクリーンを貼った水槽にセミエビを入れたら面白そうなんですが・・^^;

2008/9/17(水) 午後 10:34 [ キタさん ] 返信する

顔アイコン

去年、カンチョの日記見て、すごく運良く、直後に、六本木ヒルズに行けたことに感謝してます・・・・ たぶん、東京で、あれだけのフリータイムは、もう当分とれないと思う。

この演出は、私も、楽しめました・・・

2008/9/17(水) 午後 11:28 ○丸ちゃん○ 返信する

maruさん、アートの原点は自然の模写やからね、水槽とアートは愛称はいいのでしょう。でも、自然をそっくり模写しても本物にはかなわないし、受ける印象も見る人それぞれによって違う。
だからアートとは、対象物をどう受け止めるかという人の心(感性)が問われるものだと思うの。
その点、これらの作品は、水族館の人たちが心で感じた自然の海と、また違った姿で現されているということなのでしょうね。

2008/9/18(木) 午前 0:37 kapaguy 返信する

ふぉとせんさん、いつも全滅のタツノオトシゴって、飼育しててということ?いやきっと撮った写真がていう意味よねw?ポチありがとう!
maruさんへのRESにも書いたけれど、人類のアートの始まりは、自然にあるものを描いたものです。だから、ヒトにとって自然はとても興味深く美しいものだったのでしょう。
一つの生き物にも、いろんな角度から美しさや魅力を感じられるというのは大切なことですね。

2008/9/18(木) 午前 0:43 kapaguy 返信する

みーさん、いったいどうした?怒濤のコメント!まるで台風やな〜。
天空の水族館系は、このRES一本にまとめるよ〜。
金魚は上から楽しむものって、よく覚えたやん、エライw!特にランチュウや天頂眼はそうね。

植物には死に神って、花とかサボテンとかも育てられへんの?植物育てられない人類は滅亡するよ、人類の死に神なんかもな。

青と緑、ぜんぜん暖かい色やないのに、ヒトがスゴクすきな色。落ち着くよね。
きっと地球に生きてるかなりの部分の生き物たちもこの色が好きなんやと思う。空と海、それに森と草原の色やもんな。

2008/9/18(木) 午前 0:54 kapaguy 返信する

おっ!アピストくん、上京してきてたんや!研究熱心で感心感心。
スカイアクアリウムはLEDの使用が多いね。なんか最近の自家用水槽ではLDEがかなり流行ってるみたいで、昨年のスカイアクアリウムはもっとLEDが多用されてたよ。
LEDは省電力なのと、なにより熱を発しないのがいいね。これから水族館でもどんどん多用されていくようになると思うよ。

現地水草、現地魚の統一自然風水槽?
それ、楽しみにしてるわ。完成したら必ず見に行ってあげるから大至急作れ〜〜〜!

2008/9/18(木) 午前 1:00 kapaguy 返信する

眼とろんさん、この作者はきっと最初から、タツノオトシゴを鎧兜の武士のようだと見たててたんだよ思います。そうじゃなきゃ、こんな渋い配色にできないものね。
でもさらに、真紅のホワイトソックスをもこの背景に置いた大胆さには感服でした。普通のアートの世界でなら考えられるけど、なんせこれは水槽ですもんね。
どうやら水槽展示の世界は、まだまだ新たな技法や考え方がいっぱいあるようで希望が持てます。
ポチありがとうございました〜。

2008/9/18(木) 午前 1:07 kapaguy 返信する

コリドラスくん、わずか5〜6cmのタツノオトシゴが強く見えるのは、この水槽作者の狙いが実現されてるってことやね。(あとボクの写真技術もねw!)
樹木模様にセミエビか……w。発想はベタていうかオヤジギャグのシャレっぽいけれど、まぁなんでも最初は洗練されてないところから始まるものや。挑戦してみてちょうだい。

2008/9/18(木) 午前 1:12 kapaguy 返信する

丸ちゃん、去年はかなり早くから紹介したものね〜。今回ボクが少々忙しくて…、というよりも、早起きの日が続いてしまっていたので、ついに夏休み明けにしか行けなかったのです。
今回も、写真撮らせてもらうために開館1時間前に行ったので、途中でとても眠くなりました。
一度、こんな風に水槽ばかりに囲まれた部屋で寝てみないな……。
かぁ一度でいいけれどw。

2008/9/18(木) 午前 1:16 kapaguy 返信する

顔アイコン

おはよ〜〜カンチョさん^^
自然とアートの繋がり、丁寧に解説して頂いてありがとう〜〜。

そうなんですよね〜〜、昨日これ書かせて頂いた後にお散歩出て、
目に入った景色を見て、ほんとにそう思いました。
日々、そんなこと当たり前じゃんって分かってる事でも、
心で深くうなずく事で、分かってた事でも、新しい発見のように
感じますね〜。だからお散歩は止められまへん^^v。

2008/9/18(木) 午前 5:36 maru 返信する

maruさん、どーもおはよ〜。今日は、会議が突然無くなったので、珍しく午前中書き込みです。
ボクが解説するまでもなく、maruさんの写真には自然のアートにあふれてましたね。
お散歩写真こそが、maruさんのアートな目が切り取ったもの。レンズが切り取ったものではけっしてないです。

2008/9/18(木) 午前 11:38 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事