ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

南国紀州、和歌山県シリーズはまだまだ続くよ!
ミクロな世界が続いたから、今日はうって変わってデカモノいってみよー!

ミナミアフリカオットセイ
イメージ 1

ちょっと前のズーラシアの記事とか、WEB水族館の動物写真図鑑「ミナミアフリカオットセイ」でも紹介したけれど、カンチョが大好きなこの子たちと会える水族館はとても少なくなってしまった。

そして、アドベンチャーワールドは、その数少ない施設であり、さらにミナミアフリカオットセイと水中で会うことのできる唯一の施設なのだ。

舞い降りてきたぞー!
イメージ 2

うはー!カッコエエやんね〜。
アシカ科の仲間は、水中にいるときが最高に格好イイのだ。
さらに、余裕でチラリとこっちを見ていったりするのが、もうますますクールやん!
ボクが好きなのはこの雰囲気なの。
南アの海に潜ったときに、次々と集まってきた彼らオットセイたちの姿や仕草が、この雰囲気のままやったのです。
また会えたな〜!やっほー!

さて、実はアシカとアザラシの仲間に関して、日本では呼び名が変わる大きな変革があった。
それは、「オットセイ」→「アザラシ」。
かつては、アシカもアザラシも全部「オットセイ」と呼ばれた。アシカショーと水族館が言っても、お客さんは「オットセイのショー」と言ってるし、アザラシが寝そべってても「あ、オットセイやー!」
これは多分に、サーカスに出ていたのが、キタオットセイだったせいではないかと思われる。


ところが今、彼らの代名詞と言えば、ゴマフアザラシ
イメージ 3

近ごろは、水中のアザラシが大人気やけど、水面上に出たときのアザラシもなかなか知的でよろしいのである。
おそらく海の妖怪「海坊主」の正体ていうかモデルは、アザラシやったのではないかと思われる。

最近では、アシカもアザラシも全部「アザラシ」になってしまった。今はなんとアシカショーでさえ「アザラシショーは何時からですか?」とか聞かれちゃうのね。
その原因は、少年アシベの「ゴマちゃん」人気、迷子アザラシ「タマちゃんやカモちゃん」の人気、そして、旭山動物園の、チューブアザラシ大成功。といった風に世の中がアザラシloveな雰囲気になったからなんね。

かくのごとく、水族館の動物の人気は、かれら自身の魅力とは関係なしに移ろい行き(動物園でもね)、かれらの種類名なんてどうだっていいことなのである。
ていうか、水族館で一生懸命に解説してることよりも、マンガや迷いアザラシの方が強いってことなんやねw。
でもさカンチョは、水族館はそれでもいいと思うの。
とりあえず、野生生物を好きになってくれる人が増えるのが、なんといっても第一目的やもん。


ゴマフ「ガンやん、最近どうよ?」  ハクガン「アカン。不景気で空も飛べへんわ」
イメージ 4

こんな風な光景を見て、「アザラシと鳥が異種間やのに平和に暮らしてるな〜」とか、「もしかしたらコミュニケーションを取ってるんかも」ということを勝手に想像する人がいれば、水族館の使命のほぼ80%は果たしてると思うのですよ。

水族館に必要なのは、分類学的な生物学よりも、より生活に密着した人文的な観点、というのがカンチョの水族館づくり基本の一つです。

※この記事はトークライブ「水族館ナイト」での話の補完にもなってます。
●水族館トークライブ記事→「暴走トークライブ:お礼&またやるよ!」
●トークライブに参加されたみなさんのブログレポート
「monksiiru(もんくしーる)の日記」:素敵な会場の写真いっぱいの詳しいレポートに感激!
「大学生の水族館巡り日記」:来年から水族館スタッフらしい。カノジョと来てたな〜w!
「気ままなZOO」ずぅさんのブログ。ステージ上がよくわかる。



□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

なるほど〜!エノスイのイルカショーのアシカはカリフォルニアアシカで、
水槽にいたオットセイはキタオットセイになるんですよね〜^^;
水面から顔を出してるゴマフがラブラドールに似ていると思えてなりません(笑)クリック☆

2008/10/22(水) 午前 8:31 [ - ] 返信する

顔アイコン

はぁ。。アシカもオットセイもアザラシも区別がつかない私です。
(何度も観てるのに、笑) 名前の区別が、です^^。
三人?三匹?三頭?で漫才してもらえないかな〜。
ゴマフアザラシのお顔、良いですね^人^。

2008/10/22(水) 午前 10:11 maru 返信する

確かに顔を急に出したアザラシってまんま海坊主(笑) この前の「アザラシ」トークにはこんな深いテーマが潜んでたんですね
鴨川シーワールドでアシカやオットセイが岩場をすいすい泳いでるのを見て「なんか自然っぽい♪」と大感激しちゃったんですが、野性のオットセイですか〜見てみたいです

2008/10/22(水) 午後 0:50 [ しろねこさん ] 返信する

顔アイコン

ウチはアシカなのにイルカショーは?って聞かれますもん^^
アシカとアザラシの違いは最近ショーの中で解説してます。結構みなさん、うなずいて聞いてくれます。
桂浜でアシカとウミガメが一緒に飼育されていて、驚きました。お客さんもアシカ⇔カメ間のお互いの反応を観察しながら楽しんで見ていました♪ 削除

2008/10/22(水) 午後 1:19 [ アピスト ] 返信する

ミナミアフリカオットセイのブラウンの毛って本当に海の青に映えますね。2枚目の逆光もドラマチックです。耳も可愛いし。ゴマフアザラシは大きな目とまあるいあたまが良いですね。それにしても海獣の好奇心って凄いですね。ハクガンのふんばった足も、まったくものおじしていないし、ほのぼのしますね。

2008/10/22(水) 午後 8:41 眼とろん星人 返信する

履歴から訪問させていただきました。
水族館がとても好きなので時々お邪魔させていただきます。
よろしくお願いします。

2008/10/22(水) 午後 8:45 [ たねぽん ] 返信する

まんじまるさん、実はボクの世代もオットセイや。……オジンかw?
『ゴマちゃん』はすでに定着してしまった感があるね、ちょっと分かってる人の中にも、ゴマフアザラシとは言えず『ゴマアザラシ』って呼んでる人けっこう多いからな〜。

2008/10/22(水) 午後 11:59 kapaguy 返信する

ふぉとせんさん、エノスイのアシカショーは、たいていの場合は、おそらくオタリアだと思います。→ http://web-aquarium.net/zukan/ki/zukan_ki_as_otaria.html
でも、オタリアは「南米アシカ」とも言うので、アシカショーと言ってもぜんぜん平気です。ていうか、オットセイもアシカ科で、エノスイにいるキタオットセイはよりアシカに近い仲間とされています。
前から見るとまん丸顔のアザラシも、横から見ると犬顔してますねw。クリックありがとうございました。

2008/10/23(木) 午前 0:05 kapaguy 返信する

maruさん、オットセイとアシカの見分けは、飼育係でもよその水族館だと分からなくなったりします。特に濡れてるメスは難しい。
でも、アザラシだけは見分けてやれるようになりましょう。あ、maruさんの場合は、見分けられるけど、名前を忘れちゃうのですね。
じゃあ、ゴマちゃん体型はアザラシと覚えておけばいいです。

2008/10/23(木) 午前 0:10 kapaguy 返信する

しろねこさん、野生のオットセイやアシカは、陸上でも水中でも、すごくフレンドリーですよ。
特にちびっ子のオットセイときたら、無邪気で可愛くて、陸上の哺乳動物にはあり得ないほど向こうから遊びに来てくれます。どっちかと言えば、飼育されてる子たちよりもフレンドリー。
ヒトが珍しいからなんでしょうね。

2008/10/23(木) 午前 0:20 kapaguy 返信する

アピストくん、四国水族館巡礼の旅に行ってたんやね。
桂浜のアシカ、ウミガメといたっけ?ボクが行ったときにはウミガメは館内やったから…。もしかしたら外にもいたけど気付かなかっただけかな。
ウミガメは攻撃に強いから、乱暴な海獣と一緒にしてもぜんぜん平気なんやろね。それに、海獣と一緒にいると、ウミガメもなんとなく海獣に近い知性をもってくるようにも思える。ジュゴンとウミガメも仲いいもんね。

2008/10/23(木) 午前 0:24 kapaguy 返信する

眼とろんさん、海獣たちや鳥って、異種動物とコミュニケーションとるの好きなのかもしれませんね。八景島ふれあいラグーンのペンギンとセイウチでも同じようなシーンがありましたね。 http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/48512175.html
ボクがミナミアフリカオットセイが好きな理由は、顔つきが柴犬に似てるからです。でも近ごろ、ゴマフアザラシの顔も和犬っぽいな〜と思えるようになってきました(ちょっと毛が短いけれど)。

2008/10/23(木) 午前 0:30 kapaguy 返信する

kaoruさん、足跡つけちゃってすみません。水族館のことを書いてる人を見つけると、ついつい覗いてしまう職業病にかかってますw。
でも、おかげで「ようこそ!」です。
関東の水族館の記事は、必然的に多いので、次にお出かけの際の参考にして下さい。コメントもどんどんお寄せ下さい。質問からツッコミまで、たいていのことは受けて立ちますw!

WEB水族館の方もご利用下さい。 http://web-aquarium.net/

2008/10/23(木) 午前 0:37 kapaguy 返信する

顔アイコン

私もオットセイ世代だぁ〜
トークショーでもこの話をしていましたね。
興味深く、カンチョのお話をハイチョウさせて頂きました。

動物園でも
レッサーパンダを見て、
ラスカルといっている人がまだいるものね。

アライグマブームで日本では野生化して、
大変になってしまったし…(T_T)

2008/10/23(木) 午前 0:54 [ ずぅ ] 返信する

ずぅさん、ボクは水族館の仕事に入ってなかったら、きっと今も全て「オットセイ」って言ってたと思いますw。
ホッキョクグマを「シロクマ」と言うのは、今でも治らへんもんw。これはまぁ、今もみんなシロクマって言ってますけどね。

2008/10/23(木) 午前 2:21 kapaguy 返信する

顔アイコン

小さい水族館のイルカとかフレンドリーですもんね。でも、野生のちびっこのオットセイが遊びに来てくれるのを想像したら・・・なんかたまらんもんが(*^^*) ツアーとかないですかね〜?

2008/10/24(金) 午後 5:21 [ しろねこさん ] 返信する

しろねこさん、ツアーねえ。。。ガラパゴスの旅とかには入ってると思うけど、ぜんぜんお手軽ではないですねw。
潜れないけれど、オーストラリアのカンガルー島seal bayはオススメですね。オーストラリアアシカがゴロゴロ寝そべっていて、ちびっ子アシカは遊びに来てくれます。
ニュージーランドも、場所の名前忘れたけど、ニュージーランドアシカやニュージーランドオットセイがいる場所にかなり気軽に行くことができます。NZにはシュノーケルで泳げるツアーもあるって聞きましたが、参加した友だちの話では、めちゃくちゃしんどくて水が冷たくて、相当タフな人でないとひ弱な日本人には厳しいそうです。
やっぱり、水族館が最もお気楽で、リーズナブルで、時間もかからず、濡れず、一番オススメですw。

2008/10/24(金) 午後 10:42 kapaguy 返信する

顔アイコン

『生きる者の哲学』を読んでからこの記事を改めて読んでみると、大先生の気持ちが少し理解できた気がしますΨ(`▽´)Ψ

本読んでて、いつになったら三太出てくるんやろ〜って思ってたら、やっと出てきました(^¬^)
しかも大先生の過去話満載で・・・(_´Д`)

アシカを通じて、生きる哲学を学ばせていただきました〜。
これは・・・ブログ水族館読者は読むべき本ですね( ̄ー ̄)

『生きる者の哲学』にポチ!
近々、ウチで推薦させていただきまーす(≧∇≦)

2008/10/26(日) 午後 9:22 [ べる〜が ] 返信する

べる〜がくん、はいどうもありがとう。
もう10年近く前に書いた本なので知識足らずのところはあるが、まぁ今の考えとあんまりブレてはないと思うぞ。

2008/10/27(月) 午後 1:24 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事