ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

今日の、和歌山水族館シリーズは、知る人ぞ知る、アドベンチャーワールドのペンギン展示。
アドベンチャーワールドにはペンギンがとても多い。
いや「とても多い」じゃ表現しきれてないな。 実は、種類数も個体数も他館に比べてハンパなく多い。
しかも、珍しい南極ペンギンと、亜南極のオウサマペンギンの多いのが特徴だ。

まずは、亜南極のペンギンたち
特別目立つのが、オウサマペンギン
イメージ 1

わいわいがやがや、オウサマペンギンの営巣地の一画を切り取ってきたかのような光景。
たしかすでに50羽を超えていたっけ?とにかく日本一オウサマペンギンの多い水族館…というよりも日本最大のオウサマペンギン繁殖地なのである。

ところで、旭山動物園で雪の上を行進しているのを見て、「これぞ正しいオウサマペンギンの行動展示!」と報道してるマスコミが多いけど、オウサマペンギンが雪原の上を行進するなんてことは、ほぼあり得ない。
オウサマペンギンは、亜南極のペンギンであって、南極のペンギンではないのだ。
※オウサマペンギン→水族館動物写真図鑑「オウサマペンギン」


アドベンのイワトビは、キタイワトビペンギン
イメージ 2

イワトビペンギンの中でもキタイワトビペンギンは、黄色いメッシュ羽毛が長くてツンツン。
体も少し大きいし、不良顔がイカしている。
映画「サーフズ・アップ」の主人公は、このイワトビペンギン。(つっても、サーフズ・アップなんか誰もしらんねw。みーさんは観たらしいけど…)

尚こちらも、サーフズ・アップの主人公の住んでいた村が雪と氷に包まれていたけど、本当のイワトビペンギンは氷のあるところは好きではない。
しかも北イワトビというくらいなので、南極からはさらに離れた場所に住んでいるのだ。
マスメディアは、いろんなところで間違ったことを印象づけちゃうね。

でも、実は、水族館や動物園側でも、お客さんたちが亜南極のオウサマペンギンを南極のコウテイペンギンに勘違いしてほしいとか、密かに思っている。
いや、密かではないな、亜南極のペンギンの水槽に、氷原の背景を描いたり雪を降らせたりしてるんやから、かなりあからさまにやっちゃってる。
まあ、せやから、水族館や動物園がマスコミに抗議したという話は聞かない(^^;。


さて、正真正銘の南極ペンギンはコチラ。
コウテイペンギン
イメージ 3

コウテイペンギンこそが、唯一の南極の雪原で繁殖をするペンギンなのである。
さらにペンギン中最大、彼らの前にいるアデリーペンギンと比べてもわかりますね。
王様よりもでっかいから皇帝なのである。

コウテイペンギンは、アドベンチャーワールドと名古屋港水族館でしか飼育されていないけど、名古屋港にいるのもアドベンから危険防止拡散のために預けられた個体だ。

アドベンチャーワールドではすでに繁殖もしていて、今回お邪魔したときにも、今年のヒナが孵化したばかりだったのだけど、まだ公開前で会うことはできなかった。そろそろ公開してる頃かな?
前回は、ちょうど公開してるときで、めちゃくちゃ可愛かったよ〜!
※ヒナの写真とか→水族館動物写真図鑑「コウテイペンギン」

コウテイペンギン泳ぐ!
イメージ 4

うひょ〜!ぶっといぞコウテイペンギン。
コウテイペンギンは、水深500m以上も潜ることができるらしいが、このいかにも潜水艇みたいな姿を見れば、それもあり得るかな〜と思う。
でもさ、500mってめちゃくちゃすごいよ。水圧は50気圧でしょ、最新の軍事用潜水艦でもそのくらいが限界らしいもんね。
潜水艦みたいに莫大な建造費もかけず、国の威信とかも背負わずに、だれもが潜れちゃうコウテイペンギンの勝ち!


南極組、アデリーペンギン
イメージ 5

中アデリー「あっ!今日は少年ジャンプの発売日じゃねーか」
右アデリー「あ、そう」(一応時事ネタなんやけど…)

南極ペンギンの水槽には、アデリーペンギンもいっぱいいた。
アデリーペンギンは、しっかりと南極大陸で繁殖する(ただし氷や雪の解けた地面で繁殖)、正真正銘の南極ペンギン。
氷山の上にいることも多くて。クールミントガム、スイカ、とみんなが知ってるペンギンはアデリーペンギンだ。
そんな風に知られすぎてるからなのか、あるいはコウテイペンギンの横に立つとあまりに小さくて目立たないからか、気付いてもらえないことが多い。

でも、ここアドベンチャーワールドには、けっこうな数のアデリーペンギンがいるので、こんな風に集まって、ボクたちアデリーペンギン主張をしてくれる。

※名古屋港水族館のアデリーペンギン記事(かわいいよ)→アデリーペンギンだがに



□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(21)

顔アイコン

それでも私はジェンツー派です(笑)
名古屋港でコウテイ、アデリーは見たことあります。
でも数でいったら和歌山なんですね。いつかは行ってみたいものです。

2008/10/27(月) 午後 10:29 [ 鈴木ちゃん ] 返信する

長崎のペンギン水族館に行った時に見たオウサマペンギン(だったかな…(^^;))の潜水はかっこよくて素敵でした。
シンプルな感じのアデリーペンギンはたしかにsuicaのペンギンですね。なるほどです。

2008/10/27(月) 午後 10:46 [ たねぽん ] 返信する

ぼくはペンギンも好きなのを最近想い出しまして、
とくにイワトビが好きなのでいろいろと現場で勉強しています。イメージだけで思い違いもいろいろありますね笑。わかってくると撮りたい画も浮かんでくるのでまた足を運ぶことになります。

2008/10/28(火) 午前 0:44 [ - ] 返信する

顔アイコン

コウテイペンギンのヒナは反則ですよね〜Ψ(`▽´)Ψ
親とのギャップがありすぎます( ̄〜; ̄)

アドベンからやってきた海遊館のアデリーもだいぶ慣れたようです。
冬も近づいてきたので、海遊館では近々イワトビも登場する予定です。

2008/10/28(火) 午前 1:42 [ べる〜が ] 返信する

ただいま出張中、空港のラウンジで繋ぐことができたけれど、どこまでお返事できるか?

2008/10/28(火) 午後 3:09 kapaguy 返信する

コリドラスくん、サーフズアップは観に見に行かなくて正解やと思うよw。ボクは試写会やったからまぁいいかやけど、ペンギン好きな人よりも、サーフィン好きな人の方がオススメ。
もちろんボクはサーフィンのことはよくわかんないので、ここでも紹介は避けました。

2008/10/28(火) 午後 3:12 kapaguy 返信する

鈴木ちゃん、ジェンツー派って少ないよね。
でも、水中で最もよく遊んでくれるのがジェンツーペンギン。ついでアデリーペンギン。アデリーはいろんな水族館にいるわけではないので、みんな知らず知らずのうちにジェンツーの写真を撮ってたりするのだけどね。
最近知り合ったペンギンの大先生によれば、ジェンツーはとくに遊び好きなんやそうです。

2008/10/28(火) 午後 3:16 kapaguy 返信する

kaoruさん、長崎ペンギン水族館で1日に何回か行われるオウサマペンギンの大群遊泳はすごいですね。
あれにはボクもすごく見入ってしまいました。
オウサマペンギンは、なまけものなので、プールに追い込まないとなかなか泳がないやって。それに対してジェンツーは泳ぎ好き。ペンギンにも種類によって性格があるのです。

2008/10/28(火) 午後 3:23 kapaguy 返信する

ghanaさんもペンギン好きやったのですかw。それを思い出すことができてよかったですねw。
エノスイにいたのも確かキタイワトビやったと思うのやけど、ついにいなくなっちゃったですね。残念。

2008/10/28(火) 午後 3:23 kapaguy 返信する

べる〜がくん、けっこう多くの人たちが、ペンギンのヒナはみんなコウテイペンギンのヒナみたいやと思ってるよ。
それにしても、海遊館でアデリーと会えるようになってよかったね〜。

2008/10/28(火) 午後 3:24 kapaguy 返信する

顔アイコン

カンチョさん^^上のコメント三件、すご〜い!↑早打ちカンチョ?

ペンギンの良いお勉強になりました!
亜南極って云うのは亜寒帯ぐらいなのでしょうかね〜?
そんな風にペンギンさんが区別されてるとは知らなかった〜。

「まぁ せやから」、、アハハ! なまってますね^^。

2008/10/28(火) 午後 7:31 maru 返信する

日本最大のオウサマペンギン繁殖地ということは、おそらく北半球一ですね。カッコイイですね。昔は捕鯨船がお土産にペンギンさんを連れて帰って、皇帝ペンギンも動物園に普通にいたんですけどね。ここのペンギンさんは調査捕鯨とは関係ないのかな?キタイワトビペンギンは大迫力ですね。たいてい、フォークランドのミナミイワトビさんですね。ヒガシイワトビさんは日本にいるのかな?ここのアデリーさんはスマートですね。

2008/10/28(火) 午後 8:16 眼とろん星人 返信する

なるほど勉強になります!
ありがとうございました。
なんだか水族館に行きたくなってきました〜。
今週末、葛西臨海水族園に行ってきます。

2008/10/28(火) 午後 10:06 [ たねぽん ] 返信する

maruさん、早打ちとは違うんやw。接続速度の遅い場所では、yahooブログってめちゃくちゃ重たいやん、書き込みするのに指についてこれないん。せやからメモ帳に返事をちゃっちゃっと打って、連続してUPすることにしてんの。生活の知恵やねw。

》亜南極って云うのは亜寒帯ぐらいなのでしょうかね〜?
雰囲気としてはそんな感じやけど、寒帯とか亜寒帯、温帯、熱帯とかっていうのは、大陸や島など地面がある場所の温度や植生による分け方なので、海の場合はかなり違うように思います。
まぁ、南極に準ずる南極周りの場所、というのが亜南極なんやないかな。もちろん寒いところやけどね。

「まぁ せやから」ホントの嬉野弁は→「まぁ せやで」ですなw。

2008/10/29(水) 午前 0:45 kapaguy 返信する

眼とろんさん、たしか和歌山の捕鯨は沿岸捕鯨が主流だったので、ペンギンと捕鯨の関係はないと思います。
捕鯨との関係が深いのは長崎ペンギン水族館ですね。元の長崎水族館は、捕鯨船が連れてきたペンギンで極地ペンギンがいたのです。
ヒガシイワトビペンギンまで知ってるとは……眼とろん星人恐るべし!
ボクは、ミナミイワトビが好きなんでミナミがいるところはけっこう知ってるけれど、ヒガシイワトビが日本にいるかいないかは知らないですね〜。生息場所的にはあまり外に出そうとするところではないけれど、日本から南洋捕鯨に出かけたら通りそうな場所でもあるから、飼っていなさそうでいそうですね。今度、ペンギン大先生に聞いておきます。

2008/10/29(水) 午前 0:46 kapaguy 返信する

kaoruさん、葛西のフンボルトペンギン群はいいですね。
日本人はペンギンのこと大好きなのに、生態とかについてはあまり知らないのね。と言ってるボクもペンギンの飼育係までしながら、実はあまり知らなかったんやけどさw。
せっかくペンギン好きな民族なんやし、みんながペンギンについてはすごく知ってるようになるといいように思います。

2008/10/29(水) 午前 0:46 kapaguy 返信する

顔アイコン

はじめてコメントさせていただきます。

僕は昔から水族館がすきなのですが、
最近ようやく(?)ペンギンに興味を持ち出して、
今では水族館の中にいるいきもののなかではすごく好きなほうに入っています!!
僕はアデリーペンギンとヒゲペンギンが好きなのですが、
やはり、コウテイペンギンも見たいです!!
実は名古屋港には行ったことあるんですが、そのころはまだそこまでペンギンに見入るほどじゃなかったので、近々リベンジしたいです(笑) 削除

2008/10/30(木) 午前 11:21 [ けーいちいわし ] 返信する

顔アイコン

アデリーペンギンかわいいですよね〜
いつもJRで通勤してるんですが、suicaペンギン見るたびに
グッズが欲しくなってついつい見ちゃいます。

2008/11/1(土) 午前 0:31 [ しろねこさん ] 返信する

けーいちいわしさん、ようこそ!初コメントいただいたのに返事が遅れてしまってごめんなさい。
普通の子どもの好きな水族館動物ベスト3は、ペンギン、カメ、サメなので、水族館好きから始まってあとでペンギン好きになるというのは、そもそも子どもの頃から水族館そのものをよく理解されていたのでしょうね。
しかも、アデリーペンギンとかヒゲペンギンなどの種別に好みを持ってるというのは、かなりの動物好きとお見受けしました。
名古屋港のペンギンプールは、これから南極の白夜に合わせて昼の照明時間が増えてくるので見頃です。

2008/11/1(土) 午後 1:16 kapaguy 返信する

しろねこさん、今やJR東日本がかつてのロッテクールミントガムとサンスター歯磨きの代わりですね。…て言っても、ガムや歯磨きは思い浮かばなかったりしてw。
しかし、そうなんや、suicaペンギンのグッズがあるんか。気付かなかった。手乗りペンギンもいるかな……。

2008/11/1(土) 午後 1:20 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事