ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

伊豆三津シーパラダイスの、カンチョお気に入りのショー。
それがコレ。アシカとトレーナーのシンクロナイズドスイミング。
イメージ 1

アシカショーの王道は、コミカルショーや!と思い込み、実際自分もコミカルアシカショーのトレーナーをしてたカンチョにとって、これは衝撃的なパフォーマンスでした。

ほら、アシカやオットセイのいる海に潜ったら、彼らに遊んでもらえた…という話を、今までに何度かしてたでしょ。
このショーを見ていたら、その時のことを思い出したんですね。
もちろん、自然の海ではこんな風なことはしないのだけど、でもアシカが遊んでくれる雰囲気はこんな感じなの。
あの時の人には説明しきれないほどの感動的体験が、水族館で伝えられてる!と、ボクにとっては、それはもうショーとかパフォーマンスとかを超えた展示に思えました。。


でも、このショー、ポイントは女性トレーナーですな。
イメージ 2

これが男やったら、イマイチていうか、ガンとばしあってるみたいやんねw。
そして、こんな風に笑顔がしっかりアピールできるトレーナーでないと、アシカのフレンドリーさも伝わらない。
アシカの方は、水中にいるというだけで最も美しい姿になれるけれど、トレーナーの方は頭の先からつま先まで演技しなくちゃなりません。
その点、このトレーナーさんは、ホントにアシカと仲がよさそうですね。

こちらには、イルカと遊ぶトレーナーさん。
イメージ 3

彼女がイルカに対して始終向けてる慈しみ深い笑顔には、オジサン、歳も忘れて惹きつけられました。
危うく海に引きづり込まれるところやった。あぶない、あぶないw。
オジサン、人魚の歌声に海に落ちちゃうタイプです。

でもきっと彼女も、イルカに笑顔を向けているわけではないと思うのですよ。
これは、お客さんの気持ちを掴むための笑顔。
いや、別にボクの気をひくためではなくてねw、ショーじゃなくてイルカと遊んでいるときにも、常に素敵な笑顔ができるようにしてるんでしょう。フィギュアスケートの選手と同じですね。


そして、なんと!去年、TCAで教えてた子もデビューしてた!
イメージ 4

実はカンチョ、この日はお忍びのつもりで、写真撮るときもずっと濃いサングラスをかけてたのだけど、海獣の広場でのショーが終わったとたんに声をかけられたw。
ありゃ!えらく可愛い子に声かけられちゃった。やるやんオデ!とか思ってたら、なんと教え子やったw。
人の顔、覚えられんすぎ。ていうか、サングラス変装、まるで役に立ってなかったやんw!

さすがにね、超技ロケットは、緊張感ビリビリの顔してたけど、彼女も笑顔がすっかり身に付いてました。
イメージ 5

まぁ、元々はちきれそうな笑顔ができる子やったけれど(ちゃんと思い出したんよw)。

ということで、トレーナーを目指しているみなさん。
なにはなくとも、まず「笑顔」を忘れずに。
面接の時には、どんなに緊張していても、どんなミス返答をしてしまっても、とにかく笑顔。とびきりの笑顔を見せずに終わったら、面接しなかったのと同じことやからね。

そして、すでにトレーナーになってるみなさん。
顔が凍り付くような失敗したとしても、動物が動いてくれなかったとしても、全て笑顔で誤魔化してくださいね〜。
ホントに凍り付いてるんは、トレーナーが可哀想で心配してる客の方なんやから、とにかく笑顔で「困ってません」風にしてくれればホッとするのです。


◆トークライブ『水族館ナイト』のレポート→東京カルチャーカルチャー「ライブレポート」:司会者テリー植田さんからのレポートです。

◆トークライブに参加されたみなさんのブログレポート増えました。
実践旅行研究家 ほーりーの旅ブログ 宿坊、仏像ファンが水族館話に熱くなったはなぜ?
犬歯:頭を回すと世界が回る 河童好きに悪い人はいません。
TCA:ECOブログ 顧問&講師してる東京コミュニケーションアート専門学校
「monksiiru(もんくしーる)の日記」:素敵な会場の写真いっぱいの詳しいレポートに感激!
「大学生の水族館巡り日記」:来年から水族館スタッフらしい。カノジョと来てたな〜w!
「気ままなZOO」ずぅさんのブログ。ステージ上がよくわかる。



□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

なるほどぉ〜「笑顔!」マックのメニューにも笑顔¥0とかありましたよネ^^;
所謂接客業もショービジネスも、いえいえ人の健康にとっても「笑顔」はとても大事なんですよね〜☆
笑顔を見ると誰しもが「ほっと」して心が和む、不思議な力があるから
動物たちも、たとえ「歯」が見えていても分かるんだろうなと!?
さすがカンチョさん!トレーナーさんの表情が読み取りショーを楽しむ余裕☆
ショーのときは、イルカやアザラシのショットを追いかけて必死な自分ですよ〜笑(^^ゞ

2008/11/13(木) 午前 7:20 [ - ] 返信する

カンチョさん、女装かかぶり物くらいしないと
すぐにバレますよ笑。
ここの話はトレーナーを目指している子から
聞いていますが、こういう笑顔があるなら
行ってみたいですね。

2008/11/13(木) 午前 9:43 [ - ] 返信する

顔アイコン

いやいやっ!本当に動物好きで、こういうお仕事をされる方は
自然にこんなステキな笑顔になるんですよ!
・・・って夢を持たせてください(笑)

私はイルカ好きなので、よくイルカプールでぼーっとしてる
んですが、どんなに暑い時も寒い時もすごーく幸せそうな
笑顔でイルカのトレーニングや体調管理をしている
トレーナーさんを見ていると
「よ〜し、私もお仕事がんばるぞ!」って気持ちになります(*^^*)

水族館ってホントに好きじゃないとできない、なれないお仕事
だろうから、自信をもって幸せそ〜にお仕事している姿を
見られるっていうのも、癒し効果のひとつなんじゃないかな〜
って思います(*^^*)

2008/11/13(木) 午後 10:57 [ しろねこさん ] 返信する

アシカさんやイルカさんはきっと楽しんでショーをやってるんでしょうね。えさをもらえるだけじゃあんなショーはできないでしょうからね。でも、トレーナーさんが緊張したら、きっとアシカさんにもイルカさんにも伝わるでしょうしね。やっぱり笑顔は大切ですね。それにしても大変なお仕事を笑顔でこなすって凄いですね。それにしても、黒いマントみたいに映っているのはイルカさんですか?どの写真も本当に楽しいですね。ポチ☆

2008/11/14(金) 午前 0:50 眼とろん星人 返信する

ふぉとせんさん、「笑顔¥0」ありましたね。でもあれって、なんか経営者が店員に言ってる言葉に聞こえませんw?まぁボクもそんな風な視点で今回は書いちゃってるけどね。
0円の笑顔も、見てる方には100万ドルの笑顔(古っ)になるってことですね。

なるほど、動物は歯をみると普通は怖がるものかもしれませんね。でもヒトが笑ってるのは、やさしい顔なんだと理解してるかもというのは、さらになるほどです。
表情は心の現れやから、心を読みとってるんですね。

ボクは写真撮ってるときも、ついついその水族館のいいところを探してるんで、トレーナーの笑顔に目が行くのは余裕ではなくて、職業人の悲しさなんですよ。
でも、見てる人たちも、その笑顔に気付かなくても、笑顔があることによって広がってる雰囲気には敏感に反応してるもんではあるんですね。

2008/11/14(金) 午前 1:16 kapaguy 返信する

ghanaさん、ボクはかぶり物などして決して外出しません!ましてやダイオウグソクムシの着ぐるみなんて、自宅でも着ません!!!
さらに……女装などして行って、それでもバレたときには目も当てられないでしょw。想像するだけで背中に冷や汗ながれるわw。

伊豆はghanaさんところからは、海の向こうに見えてるくらい近いところやもんね。ぜひ彼女たちの笑顔&動物たちのすごいパフォーマンスを見に行ってみてください。

2008/11/14(金) 午前 1:26 kapaguy 返信する

しろねこさん
》いやいやっ!本当に動物好きで、こういうお仕事をされる方は
》自然にこんなステキな笑顔になるんですよ!
はい、その通りです。 夢を壊してしまってゴメンなさい(^^;
いや、その通りなんやけどね、奥ゆかしい日本人はそれを表情として出すのをはばかっちゃうのですね。その点、この子たちはとても上手に表現している。…とまあ、そういう意味のことです。

3枚目の写真のお嬢さんは、実際これショーではなく、観客のいないトレーニングなんです。
でも、そのトレーニングで、本当に楽しそうなこんな笑顔をしていられるってスゴイ!とボクは思いました。
しろねこさんの言うように、よっぽどイルカのことが好きじゃないと、ただの演技ではこんな笑顔はでませんよね。

トレーナーを見て元気や癒しをもらうって、そういうこと聞いたら、トレーナーさんたち、みんなすごく嬉しくて頑張れますね。
そういうお客さんがいるんだってこと、これから伝えていくことにします。

2008/11/14(金) 午前 1:43 kapaguy 返信する

眼とろんさん、イルカやアシカも楽しんでると、ボクも思いたいです。たぶん、嫌なときも楽しいときもあるんじゃないでしょうかね。

最近は、ショートレーナーのみなさんの演技レベルがすごく上がってきていて、水族館によっては、ホントに幸せな気分にさせてもらえたり、トレーナーのことを羨ましく感じさせてくれることがあって、その大きな要因が笑顔だと思うんです。

トレーナーって、オーケストラの指揮者みたいだと思います。
演奏者を指導して本番では指示を送るのが仕事だけど、聴衆の多くは指揮者の背中や腕に表情を感じてるんですね。それも優れた指揮者の仕事の一つだと思うのです。
そんな意味での優れたトレーナーさんが、全国にどんどん増えると嬉しいですね。

黒いマント、イルカの回転ジャンプですw。
狙ってたのに近いのが撮れたので、笑顔とは関係なくこっそり入れちゃいましたw。
ポチありがとーございました!

2008/11/14(金) 午前 1:50 kapaguy 返信する

どの水族館でもイルカショーを見ているとなぜか泣きます(^^;)
何をどう感じてなのか自分でもわからないけど自然と涙が流れています。イルカのジャンプの時なんかは止まらないんです。
だから写真を撮ることが出来ません。
なんででしょうか・・・?自分でもわからないんです。

2008/11/14(金) 午後 10:18 [ たねぽん ] 返信する

ぽんたねさん、どの水族館でも泣けちゃうというのはなんかスゴイな。
それはきっと、頭のどっかでめちゃくちゃ感動してるんではないですか?ボクもショーに感動して涙腺がゆるむことあるもん。
ボクの場合は特に、イルカやアシカが、いかにもショーを楽しんでしかもなんでか一生懸命になってしてるように見えたとき、うるうるきてしまいます。
だから、ぽんたねさんは、特別にイルカの気持ちにシンクロしやすい体質なんですよ。
あるいは、イルカのジャンプで涙が止まらないのは、その美しさに感動してるのかもしれませんね。

感動したときのことは、記憶に鮮明に残るから、写真も必要ないですねw。それはうらやましいことです。
感動を写真でうまく写しとろうと思ったら、また別の意識を集中させなくちゃならないから、せっかくの感動が台無しです。
これからも、イルカショーでは、感情の流れに心ゆくまで押し流されてください。

2008/11/15(土) 午後 0:59 kapaguy 返信する

顔アイコン

笑顔をPRですね^^。笑顔はほんとに素敵ですね。
ちなみに普段から口角を上げ気味に人に接してると、
お歳を重ねてみえる方も、いつまでも笑顔が素敵ですね〜。

アシカ君?女性トレーナーを口説いてみえるような^^アハハ!

イルカと云えば、カンチョさん、数日前に太地のクジラ博物館で見てきたイルカですが、
トンネル水槽の中で、ぴったり寄り添ってるカップル(人間)のそばで、水槽に張り付いて寝そべったまま、ずっと動かなかったんですよ。の同じカップル(人間)がシャチのナミちゃんの前でやっぱり寄り添ってると、ナミちゃん、二人の移動する方向に目線が行くんですよ、あれって、ラブラブモードが伝わってるのでしょうかね〜^^?ちなみにおばさんは無視されてたかも、笑。

2008/11/15(土) 午後 1:30 maru 返信する

maruさん、常に笑顔にしてることが、若々しく見えるコツ。でも、あんまり笑顔にしすぎるとシワがいっぱいになっちゃう(^^;。その適度なやり方が、難しいところですなw。

maruさん、もう太地に行ってきたん?はや〜!
カップル好きのイルカか……。
もしかしたら、カップルじゃなくても、二人以上がいっしょにいれば寄ってきたのかもね。群れてるのに魅力を感じるとか。
あるいは、カップルというよりも、若い女性にひかれてたのかも。ボクの思い込みかもしれないけれど、イルカはつるんとした顔の女性のところにやってくることが多いように思うのですよ。
で、ボクなりに考えた答えは、イルカの顔に似てるから。
ヒトも、自分の顔に似てる動物が好きになりやすいでしょ。イルカもヒトも、自分の顔が一番やと思ってるから、似てる顔への執着心は強いと思うのです。
……いつものカンチョ説ですけどw。

2008/11/16(日) 午前 0:12 kapaguy 返信する

顔アイコン

望遠レンズつけたカメラのファインダーを覗いていると、気付くことが沢山あります。その中でも最大の発見は笑顔でしょうね〜(´▽`)
イルカやアシカと一緒に何かするとき、トレーナーさんが笑うと思わずシャッターを切ってしまいます。
ファインダーの中が幸せに満たされます(^¬^)

笑顔が上手な海獣ショーは観ていて本当に楽しいですp(^-^)q

陸上のみのトレーナーよりも、シーパラみたいにウェット着て競演するトレーナーの方が笑顔になる頻度が多いですね( ̄ー+ ̄)

2008/11/16(日) 午前 0:18 [ べる〜が ] 返信する

べる〜がくん、さっき天使の輪のほうへのコメントにも書いたけど、シーパラていうといっぱいあるんよね。
でも、八景島シーパラ、三津シーパラ、二見シーパラ、どのシーパラもトレーナーの笑顔は素晴らしい。
やっぱり、トレーナーたちが、水族館というよりも「パラダイス」ということを意識してるんかもしれんな。

2008/11/16(日) 午前 0:22 kapaguy 返信する

顔アイコン

私も水族館のショーは大好きです♪たしかにセリフとか棒読みで進めるより笑顔満点で進行すれば、動物たちが頑張ってるのを見てるだけで楽しめますよねぇ〜^^

2008/11/17(月) 午前 10:17 yow*m*kaiji 返信する

小8さん、動物たちにはよく見れば表情あるけれど、それをさらに誰にでも分かるようにするのは、トレーナーの表情なのですね。
動物たちは、たぶん好きで頑張ってるのではないのだろうとは思います。でも、その時その時の充実感というか満足感は表情から読みとれます。まぁもしかして、それも勝手な思い込みなのかもしれないのだけど、それでもやっぱりイルカってすごいな、アシカってすごいなと思わせてくれるのが、トレーナーや水族館のつとめですね。

2008/11/17(月) 午後 11:35 kapaguy 返信する

顔アイコン

1番上の写真のアシカ君、2008年にデビューしたばかりの「シナモン」ちゃんです☆ミ鳴き声が、牛みたいなんですよね…!!
私も三津シーのトレーナーの笑顔大好きですよ♪一応、トレーナーのみなさんと仲良くさせてもらっています☆☆
バンドウは、プルット&シトラスかな??
そういえば三津シーにもTCAの卒業生さんいるんですよね^^
みなさんがんばってますよ!! 削除

2009/1/30(金) 午後 5:48 [ ドルフィン ] 返信する

ドルフィンさん、えらい三津シー通ですね。そうですか、動物のことをよく知ってるだけじゃなく、トレーナーさんたちとも仲がいいんやw。
三津シーはTCAの卒業生が多い水族館ですね。みんな夢を実現させて、いい笑顔で頑張ってます。

2009/1/31(土) 午前 11:43 kapaguy 返信する

顔アイコン

カンチョさん!!また三津シーのUPお願いします☆
リクエストでは…ショーチーム中心がいいですね^^ 削除

2009/2/1(日) 午後 7:34 [ ドルフィン ] 返信する

三津シーのショー中心の話題をUP。
はいはい、分かりました。今年中には必ず訪れることにしましょう。

2009/2/2(月) 午前 2:35 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事