ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

今日は久しぶりに、すっごく仕事した気分で疲れてるので、ほとんど写真だけで失礼!

伊豆・三津シーパラダイスのラッコ。
イメージ 1

三津シーは、知る人ぞ知る、ラッコ水族館。
日本で初めてラッコを飼育しはじめた水族館であり、おそらく繁殖した数も最多なのではないかと思う。
その三津シーにも、ついにラッコは2頭になってしまった。
ラッコとともに水族館の時代を歩いてきたカンチョとしては寂しい限りだ。(→ラッコの道標


三津シーでは珍しい、上から見下ろして見るラッコ。
イメージ 2

実は、ラッコの一番可愛いグルーミング時間を狙って、餌の時間の後に行ってみたら、なんと水位がどんどん下がり始めているではないか!(なぜこの時間が可愛いかは→かわいいラッコの撮り方
どうやら掃除か健康診断かの日だったらしい。
でもまあおかげで、水面に照明が映り、こんなキラキラ、またまた少女漫画チックな写真が撮れたw。


やっとグルーミングが終わって、可愛いお顔になった頃には……。
イメージ 3

すっかり水がなくなったプールの底で、憮然とするラッコくん。
とことこと、プールの底を歩き回りながら…、時折、遠くなった天井や窓を見上げる。

『なんでやねん!』
イメージ 4

いや、それは、ボクかって言いたいんやけど……。

◎最新ニュースのお知らせ◎
三津シーの目と海の先、あわしまマリンパークについに「カエル館」がオープンしたとの連絡をいただきました。
規模も種類数も日本一(おそらく世界一)のカエル館。詳しくは→あわしま的館長ブログで。

◆中村元トークライブのお知らせ→
東京カルチャーカルチャー予告
まんじまる流次回予告

◆第1回トークライブのレポート→東京カルチャーカルチャー「ライブレポート」:司会者テリー植田さんからのレポートです。

◆トークライブに参加されたみなさんのブログレポート増えました。
実践旅行研究家 ほーりーの旅ブログ 宿坊、仏像ファンが水族館話に熱くなったはなぜ?
犬歯:頭を回すと世界が回る 河童好きに悪い人はいません。
TCA:ECOブログ 顧問&講師してる東京コミュニケーションアート専門学校
「monksiiru(もんくしーる)の日記」:素敵な会場の写真いっぱいの詳しいレポートに感激!
「大学生の水族館巡り日記」:来年から水族館スタッフらしい。カノジョと来てたな〜w!
「気ままなZOO」ずぅさんのブログ。ステージ上がよくわかる。


□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(26)

スマートなラッコさんですね。ラッコさんは特にオスが神経質で繁殖は難しいとお聞きしましたが、三津シーパラダイスや、カンチョ先生のおられた鳥羽水族館はさぞかしご苦労なさったでしょうね。背泳ぎでぷかぷか浮かんでいる様子は、本当に可愛いですね。2枚目のお写真光がきらきらして、とても見ていて和みますね。3・4枚目の毛並みを見たら、美しくってどうして乱獲されたか理由が分かりますね。ラッコさんが日本人の動物保護の意識に与えた影響はとても大きいと思います。いつまでも良い友達でいたいですね。

2008/11/27(木) 午後 7:17 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

カワウソフェチとしましてはラッコは場外だったのに、こうしてみるとあながち場外においておけません。一度は昆布を腹に巻きつけながら海上にて添い寝してみたいものです。

2008/11/27(木) 午後 8:55 御前加那子 返信する

お疲れ様でした。
乾いたラッコさんを見たのは"初"かもです。
このラッコらしからぬラッコ(ややこしい^^;)も可愛い(*^^*)ですね〜。ギューッってしたくなります。
なんだかホンワカ気分になりました。

2008/11/27(木) 午後 10:31 [ たねぽん ] 返信する

顔アイコン

ラッコはいいですよね〜♪
ラッコがうじゃういじゃいた、昔の日本に戻りたい〜(^^)/

2008/11/28(金) 午前 0:02 [ ずぅ ] 返信する

顔アイコン

はっ! すっかり出遅れてしまいしたよ(^^;

疲れているときは、ラッコが一番!?(笑)
三津シーのラッコ水槽の掃除してるとこ、見に行ってみたいんですよね。
それにしても、ここのラッコも少なくなって本当にさみしいです。
(どちらも三津シー生まれの子でもなかったり・・。)
2つの水槽にうじゃうじゃいた頃が懐かしいです。

ふわふわのほうは、ジョーくんかな?
しもぶくれちっくな、まんまる顔が大好きです♪
もう1頭のトマトは、野生の個体ですっかりお年をとってしまったけど、元気そうで良かった〜。 削除

2008/11/28(金) 午前 2:03 [ muny ] 返信する

べる〜がくん、二枚目のラッコの手ねw。マル、マル、マルマルマル♪とか言う歌があったけどなんかそれっぽい。
もしかしてハートにしようとしてんのかもわからんけどなw。

2008/11/28(金) 午前 2:08 kapaguy 返信する

maruさん、ラッコのふさふさは、海で暮らしてる生き物にはなかなか見えないですね。
ボクもアメリカで始めてラッコと会った時、違和感で思いっきりびっくりしました。今じゃ「当然」と思ってるのが、ちょっとダメやけど。
アドベンのラッコは、写真撮るのであれば、かなり貴重というか逃せないラッコですよ。次の機会にはぜひ行ってあげて下さい。

体の調子は、なんとかもちこたえてるけど、なんか今日もひどく眠いな〜。早く寝よっと!

2008/11/28(金) 午前 2:14 kapaguy 返信する

ふぉとせんさん、哺乳動物に惹かれる気持ちはすっごくわかりますよ。
特に海獣にはなぜだかさらに惹かれますね。そしてその中でもファインダー越しにみるラッコは、また格別。
ポチありがと〜!

2008/11/28(金) 午前 2:22 kapaguy 返信する

コリドラスくん、三津シーと太地か〜〜〜!。
カンチョ的オススメは三津シーかな。種類が多いのと、水族館としての魅力があるから。それに、時間があれば、あわしまマリンにも歩いて行ける!

2008/11/28(金) 午前 3:24 kapaguy 返信する

aototoroさん
》ラッコは水族館の生き物の中でも
》一番ヌイグルミが似ているかも知れないですね。
はい、水族館でヌイグルミが売れるようになった始まりがラッコでしたw。
コアラやパンダと同じで、デフォルメすることなく、そのままの姿でもヌイグルミとして可愛いからです。
某水族館では、売店売り上げの半分以上がラッコのヌイグルミ、というようなことがありましたよw。

うみたまごのラッコふれあいイベント!
あれは、すごいですね。予約制というのも分かります。
みんなに知られてきて、予約制でなかったら、そりゃえらい騒ぎになってしまうでしょうw。

2008/11/28(金) 午前 3:31 kapaguy 返信する

みーさん、乾かないのがラッコていう感覚は、水族館によく行ってる人という証かもわからんね。乾いてない時の方が多いもんな。
そして、テレビや写真では、ふさふさラッコやし、ヌイグルミももちろんふさふさラッコ。

スマスイではラッコはまだ大人気なん?
昔は、水族館の大スターと言えばラッコしかなかったけど、最近ではラッコの人気下がってきてるからな〜。
ボクは今でもラッコが好き。だから、ラッコは絶えずに居て欲しいもんやね。

2008/11/28(金) 午後 10:13 kapaguy 返信する

眼とろんさん、ラッコのオスは、同居しているメスたちに受け入れてもらえないとけっこう悲惨です。それで神経質になるのが多いのかもしれませんね。
背泳ぎする生き物なんて見たことなかったので、始めて会ったときにはそれだけで本当にびっくりというか、おもわず笑ってしまいましたよw。

ところでラッコの毛は、実は毛皮になったときにさらに美しくなってしまうんです。
生きているラッコに見えているのは、ガードヘアという太い毛で、毛皮にするときには、このガードヘアを抜いてしまいます。すると、すごく細いアンダーファーと呼ばれる保温と防水のための毛が出てくるのです。
それはミンクよりも美しく暖かい。
その素晴らしい毛が、ヒトの欲望を刺激してしまったのです。彼らを守るための毛が、ヒトの出現によって攻撃される原因になってしまったのは、ヒトとしてとても恥ずかしい話ですね。

2008/11/28(金) 午後 10:24 kapaguy 返信する

カナーさんはラッコよりカワウソ!さすがカナーさんらしいです。
でも、体が乾いたときのラッコというのは、ホントに可愛いでしょ。
しかし…海上での添い寝というのは、ボクは思いつきもしなかった。波で酔いそうだし、絶対に寒いから、ボクはいやですw。

2008/11/28(金) 午後 10:27 kapaguy 返信する

ぽんたねさん、乾いたラッコを見るのが始めて?(みーさんといっしょですな)
水族館で乾いたラッコを見られるのは、だいたい1日に3回、それぞれ1時間弱くらいだろうから、1日に2時間程度かもしれませんね。
それに、ラッコと言えば餌の時間を見なくちゃ!とばかりに、餌の時間になると館内放送したりするから、その30分後くらいの毛が乾く頃には観覧してる人はほとんどいません。
今度水族館に行くときには、ラッコの餌が終わった30分くらい後に、ラッコ水槽のところに行ってみてください。
いつもとぜんぜん違うラッコがいますよ。

2008/11/28(金) 午後 10:33 kapaguy 返信する

ずぅさんは、動物園の動物好きやから、きっとラッコは好きでしょうね。
ホントに昔は、ラッコがうじゃうじゃいましたよね〜。
世界で最もたくさんのラッコが飼育され、最もラッコを知っている人が多いのが日本でした。
なんで、三世、四世へと繁殖させることができなかったのでしょうね。
これは、近代水族館としては、大きな敗北だと反省します。

2008/11/28(金) 午後 10:36 kapaguy 返信する

さすがmunyさん、写真を見ただけで個体識別できちゃうか〜! まさしくラッコフェチやなw。
しかも、三津シーのラッコ水槽掃除を見たいとはw! フェチでマニアです。

2枚目の写真がジョーくんですか?
濡れてても白さが目立ってるから、かなりのお年なんだろうなーと思ってました。
三津シーって、ラッコ繁殖最盛期にはホントに、うじゃうじゃていうほどラッコだらけでしたね。
寂しいかぎりですね〜。

2008/11/28(金) 午後 10:41 kapaguy 返信する

顔アイコン

2枚目のマル、マル、マルマルマル♪(笑)のは、トマトじゃないかと〜。18歳(推定)とご高齢ですので。
ジョーくん(15歳)は、3,4枚目のかな?と思います。 削除

2008/11/29(土) 午前 2:34 [ muny ] 返信する

munyさん、あっゴメンゴメン、せっかく教えてくれたのに、間違えてとらえてしまった。
それにしてもどちらもずいぶんご高齢なのですねえ。

2008/11/29(土) 午後 6:41 kapaguy 返信する

うわぁ〜ふわふわですねぇ〜(*^^*)
私はふわふわフェチなせいか、ラッコのグルーミングが大好きで
よく見てるせいか、ラッコ=ふわふわのイメージがあります。

ラッコマニア!ってことはないのですが、うみたまごの
ラッコをダッコは思わず予約しちゃいました。
楽しみです〜(*^^*)

2008/12/1(月) 午後 10:19 [ しろねこさん ] 返信する

しろねこさん、ラッコのグルーミングは、ラッコの一番のハイライトと言っていいですよね!
顔がぐにゃぐにゃなるところなんか、もう笑い転げちゃうくらい面白い。そしてふわふわになって眠るときの幸せそうな顔。

うみたまごのラッコをダッコ、楽しみですね。
ちなみにボクはやらずに、写真だけ撮らせてもらいましたよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/50775713.html

2008/12/2(火) 午前 2:07 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事