ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

青マダラ、赤マダラ、黄まらだ ……ちがった。
青マダラ、赤マダラ、黄だまら んんっ、なんでキーボードで間違えるんや?

マダラエイです。
イメージ 1

でっかいエイです。直径2メートルくらいあったかな?
でっかい上に、マダラ斑点とザラザラっぽい肌が大迫力。

しまね海洋館アクアスで会いました。
アクアスは、島根のおじさんのバブルリングよりも以前から、因幡の白兎のワニにかけたサメ展示が充実してるのだけど、そのサメの大水槽にいたのです。

エイはサメの仲間なので、サメ水槽にいるのは、ぜんぜん違和感ないですね。
ボクはどちらかといえば、サメよりもでっかいエイの方に惹かれるので、マダラエイはかなり好きです。

エイは、泳ぎ方が実に優雅
イメージ 2

泳ぎ方はヒラメとかが、左右のヒレを波打たせているのを大柄にした感じなのだけど、ぶわわ〜んという雰囲気がエイの魅力ですね。
尚、ヒラメには体の側面にヒレが付いているように見えるけど、実は元々縦の魚が、目だけ移動させたので、あれって背ビレと腹ビレ?が両側に付いてるってことよね。


ヒトと比べると大きさが分かります。
イメージ 3

でかっ!
でも、お腹の側からだけしか見えないので、これもマダラエイなのかどうかは、神のみぞ知る、しまね海遊館の方は気付いておられるでしょうがw。

青マダラ、赤マダラ、黄マダラ。
言えた〜〜〜〜!www


●しまね海洋館アクアスのその他の記事はコチラ→近畿中部の水族館書庫


◆トークライブ中村元の水族館ナイト3のご案内→ 東京カルチャーカルチャー
 ブログ水族館でのご案内→ 水族館ナイト3!もう来た〜!

◆水族館ナイト2のレポートもたくさん↓コチラに。
東京カルチャーカルチャー(主催者)→満員御礼「水族館ナイト」レポート(by クロスケ。)
カンチョ→トークライブ水族館ナイト満員御礼!
まんじまる氏→まんじまる流Z&A
もんくしーるさん→もんくしーるの日記
なごやんくん→大学生の水族館日記
べる〜がくん→イルカと水族
ずぅさん→気ままなZOO
カナーさん→御前加那子のチムグクル(hが打てないそうなのがまたいい味w)
しろねこさん→ねこの食べあるき
タマちゃん→タマちゃん
TCA→ECOブログ
迷える羊さん→生存確認:迷える羊の漂流記
ホリウチさん→TYPFACE SQUARE
し猫さん→モテモテヒルズの買い物日記

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(18)

顔アイコン

最初、膨らんだフグかと思いました。隣のネコザメと比べても相当大きいですね。

2009/4/5(日) 午前 7:23 [ キタさん ] 返信する

顔アイコン

アハハ!私も一枚目はフグ? それにしてもでっかいな〜^^v
海中トンネル、良いですね〜。
大地のクジラ博物館にもこんなトンネルあったな〜。
さいきんはこんなトンネル多いですよね^^。

しみじみ今の子供たち、子供の目線で見れるから
大きく感じるでしょうね〜良いな〜。

2009/4/5(日) 午後 2:25 maru 返信する

顔アイコン

デカイ!!
でかすぎますね(笑)

ここまで成長するのにどのくらいの時間を要したのですかね?笑
そういえばこないだ見たスマスイのホシエイも大きかったです!! 削除

2009/4/5(日) 午後 11:17 [ けーいちいわし ] 返信する

顔アイコン

エイの中でもマダラエイがお好きだなんて、マニアックですね(笑)
昔は、水族館の大きなエイといったら、このマダラエイだったような気がするのですが、最近、あまり見かけないと思いませんか?

昔はどこででも見られた(ような気がする)のに、ホシエイにその座を奪われたのかな?
今では、その姿を見つけると、ちょっと懐かしい気分になります。
ボクだけかも知れませんが(笑)

2009/4/6(月) 午前 2:04 [ ミストラル ] 返信する

コリドラスくん、実はボクも、写真見たときにそう思ったよ。
なんでアクアスでフグなんか撮ってきたんやろ?ってw。

2009/4/6(月) 午前 3:11 kapaguy 返信する

maruさん、近ごろはトンネルもチューブになったり、巨大ホールのようになったり、バリエーション豊かになりました。

子どもの目線で見ると、エイはかなりの化け物です。でっかいエイのところで子どもが近くに行くのが怖いと、泣いてるシーンをよくみかけるもんw。
ボクも、幼少時、初めて見たエイの記憶がまだ残ってる。一反木綿がケタケタ笑いながら目の前を通り過ぎたんや。たまげたわー!

2009/4/6(月) 午前 3:14 kapaguy 返信する

けーいちいわしくん、ホシエイもでっかいよねー。ボクが今まで見たエイの中で一番でっかかったのは、マリンピア松島のホシエイと、志摩マリンランドのホシエイ。(マンタは除く)
マリンピア松島のホシエイ→ http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/53715534.html
残念なことに、近ごろお亡くなりになりました。

2009/4/6(月) 午前 3:18 kapaguy 返信する

ミストラルさんが小さかった頃というのは、ボクの記憶とはずいぶん違うんよね。
ボクの場合は、ウシエイが一番大きかった。牛みたいやからウシエイって聞いてたし、実際2mくらいあるウシエイを市場で見たことがあったんよ。

でも、水族館ではやっぱりホシエイかな。
マダラエイは大きいということよりも、ヌルッとしてないところが、存在感を感じますね。岩のエイみたいな感じ。

2009/4/6(月) 午前 3:23 kapaguy 返信する

顔アイコン

こんにちは!
エイのお腹側は可愛いですね。見るの大好きです!

あの泳ぎ方は本当にどうなってるのか…
風になびきながら空を飛ぶ洗濯物みたいで
見入ってしまいます(例え方がヤバくてすみません…)

サメも迫力あるけど、沈んで寝てる?姿は和みますね(´∀`) 削除

2009/4/6(月) 午後 7:59 [ ぬいぬい ] 返信する

とっても、大きい!
エイのお腹の笑顔(ニコちゃんマーク)は、幸せな気持ちになりますね♪
背中のまだらも可愛いです!

2009/4/6(月) 午後 11:40 珊瑚カエル 返信する

ぬいぬいさん、「エイのお腹側」と言えるところがエライね〜。ほとんどの人があれを「エイの顔」って言うもんねw。
しかし、洗濯物ですか…(^^;。確かに、動き方は同じですね。魔法の絨毯って、こんな風に飛ぶのだと思います。

2009/4/7(火) 午前 2:22 kapaguy 返信する

珊瑚カエルさんは、「エイのお腹の笑顔」ですかw。お腹と分かってるけど顔。その気持ちはすごく分かります。
背中の顔とお腹の顔、エイってリバーシブルな魚なんかも……。

2009/4/7(火) 午前 2:25 kapaguy 返信する

顔アイコン

水族館プロデューサーのカンチョさんへ たまには真剣なお話です。
小生の知らぬ間に姫路・宮島の水族館が休館と知りました。瀬戸内にはスナメリはじめシャコ、アカアシエビ、ナナトゲコブシ、トゲツノヤドカリ、赤舌ビラメ、ヒラメ、セトダイ、クラカケトラギス、ミヤコボラ、アカタチ 最深部ではオキトラギスやアカアマダイなどもみられます。
もちろんマダラエイやウチワザメもいます。展示の仕方によっては「旭山」くらいの話題の水族館になると思います。アホな白髪の学者どもが自身の権威保身のため京都水族館を建設目論んでますが瀬戸内総合水族館を若い人たちのためにつくるべきと真剣に考えています。小生は周りの同世代に比べそこそこ景気が良いのですが・・水族館建設となると莫大な金銭がかかります。かといって銀行強盗というわけにもいきませんし個人では難しいです。それほど瀬戸内の自然は魅力的です。
参考http://www1.odn.ne.jp/~cdz95680/ 削除

2009/4/10(金) 午後 6:28 [ タマちゃん ] 返信する

マダラエイは、ネコザメさんを脇役に大きく写っていますね。
体全体が鰭みたいでどういう運動神経になってるんでしょう?
最後のトンネルの写真が大迫力!ポチ☆
エイはよくお腹のほうをガラスに擦り付けるように泳いでくれるのが可愛いので大好きですよ。

2009/4/10(金) 午後 7:25 眼とろん星人 返信する

タマちゃん、宮島水族館は新装するために休館してるんだよ。(あっ!そういやWEB水族館に休館を書くの忘れてる)
旭山動物園の最も大きな成功の秘密は、動物園の一部を水族館にしたことなので、どの水族館でも同じくらい話題になるチャンスはあります。
さて、人の世のことをストレートに話すのは剣呑なので、動物の話をすると、動物はたいてい、若いうちは冒険的で好奇心が強く、年寄りは保守的になります。若いうちはいろんなことを学ばなくては生きていけないし、年寄りは今までしてきたことが正しかったから生き残っているから。つまりどちらも今を生きるための最善の方法なのね。
そして、群で生きる動物は、そのどちらもいるから生存確率が高くなり、社会はその意義を高めるためにも役立っている。
だから、社会の中で何かが達成されるということは、おおむねその社会の大勢が望んでいることなんだと思うよ。
逆に、望む人が多ければ、何かは達成できるということでもあるね。

2009/4/11(土) 午前 1:44 kapaguy 返信する

眼とろんさん、体全体がヒレみたいという表現、エイそのものをよく現してますね〜!ポチ返しw!…ポチありがとうございます。
ヒレの端だけ見てるとヘビと同じ動きなんだけど、それが大きなヒレ全体で波打つのは、エイの魅力です。
エイがガラスにお腹をすりつけて泳いでいると、観客側からは、笑い顔を見せてるみたいに見えますね。よ〜く考えたら、目はその裏についてるので、エイはガラス窓を海底や岩と同じものとしか考えていないことになるんだけど、そんな余計なことは考えないでおきましょうw。

2009/4/11(土) 午前 1:50 kapaguy 返信する

空飛ぶ絨毯がイタァァァァァァァァァァァヾ(@^▽^@)ノ
乗ってみたいです〜^^★

2009/4/12(日) 午前 1:21 ミーサン 返信する

空飛ぶ絨毯、シワとかまったくない黒柳徹子さんが乗ってたんですよ。昔々その昔のことやけどねw。

2009/4/13(月) 午前 0:44 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事