ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

今回の九州&下関旅行はレンズフル装備、マクロレンズも50mmと100mmの2本を持っていった。
そしたら、うみたまごに甲殻類がいっぱいの小窓水槽があったので、マクロの世界に興じたのでした。
甲殻類はマクロ撮影には抜群の被写体。
彼らは動きが遅いからマクロ撮影がしやすいし、なにより細部が興味深くてやたら美しい!

フリソデエビ 体長3cm
※α700 50mmMACRO F13.0 1/125秒 マニュアル露出  強制発光 ISO160 
イメージ 1

わずか3cmほどのエビの背中にハートを見つけた! 正面の顔はコチラ→「赤振り袖、青振り袖」

かつてカンチョは、水槽でのマクロ撮影なんてチマチマしたこと、ロマンの欠片もねえ!なんて思って、やる気もなかったのだけど、水族館ガイドを書くために、しょうがなく50mmマクロを購入。
そしたら、今まで見えてなかった世界が目の前に現れたではないか!
そこでようやく、それまで水族館で見過ごしていた、小さくてデッカイ世界があったことに気付いたのですね。
すっかりマクロの世界に引き込まれたカンチョは、すぐに100mmマクロも購入し、今じゃ重いのにもかかわらずマクロレンズを持ち歩いているというワケ。

さあ、こっからは100mmマクロの世界です〜。

キンチャクガニ 甲長1cm
※α700 100mmMACRO F13.0 1/250秒 マニュアル露出  強制発光 ISO160
イメージ 2

キンチャクガニが握ってるボンボンは3mmくらいの小さなイソギンチャク。
背中の派手な色と、元気ハツラツな脚も合わせて、いかにもチアガールです。

マクロ撮影で重要なのは、F値を絞って、シャッタースピードを速めること。
特に甲殻類は、とても立体的なので、被写界深度が深くないと体全体がキリッと写らない。
そして、アップにするとわずかなブレも拾ってしまうから、シャッタースピードは速ければ速い方がいい。
それで、ストロボ同調の最高速度1/250秒まで上げてある。

シャコ(何シャコかしら?) 目の大きさ2〜3mm
※α700 100mmMACRO F13.0 1/250秒 マニュアル露出  強制発光 ISO160
イメージ 3

小さな世界に引き込まれると、その子の種名とかぜんぜん関係なくなっちゃうのがボクのダメなとこです。
でも、シャコ特有の透明感といい、ヒゲの先の赤いボンボンといい、こんな美しい姿をシャコに発見したら、もうマクロな世界に没頭でしょう?
正直言って、魚名板なんか見て現実の世界に引き戻されたりするのイヤやもんね。

マクロ撮影の、ちょっとたいへんなところは、露出もマニュアル、ピントもマニュアルフォーカス、全てマニュアルの世界だということ。
オート露出のモードでは、F値を高くシャッタースピードを速くという設定には絶対にならないし。
フォーカスは、最も大切な目とかに当てなくちゃならないのは当然なのだけど、それがもうとてもシビアだから、オートのフォーカスエリアから少し外れるだけでピンぼけ写真になってしまうのだ。


ガザミのハサミ (ハサミの大長さ2.5cmくらい)
※α700 100mmMACRO F13.0 1/250秒 マニュアル露出  強制発光 ISO160
イメージ 4

たぶんジャノメガザミなのではなかったか?……ぜんぜん覚えてません(^^;
上のシャコもそうだけど、このガザミもかなり大きくて甲長は5cm以上ある。
でも、その一部をクローズアップしてみれば、そこにもまたマクロの世界の美しさが広がっているのですね。
どーです?この構造的な美しさといったら芸術でしょ。丸い突起の並びの美しいことといったら奇跡でしょ!

というわけで、一眼レフを持っているみなさんは、ぜひこのマクロの世界への冒険に挑戦しませんか?
写真撮影に興味のないみなさんは、小窓水槽の横に置いてあるルーペとかはぜひ活用して、マクロの世界を楽しみましょう。
小さな水槽の窓から、驚くほど大きくて広い宇宙が見えることを請け負います。

●うみたまごのその他の記事はコチラ→九州の水族館書庫

●この書庫は、SONYからα700の提供を受けて、水族館での一眼レフ素人撮影術を紹介しています。

□カンチョの水族館写真撮影術が掲載された→『写真ライフ76』2009春号

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

うわ!!
エビもシャコもカニも、宝石みたい〜〜*^^*

そういや私、カンチョさんの撮られた、星の砂太陽の砂に
魅せられましたもん*^^*
私たちに見えない世界は、見なくても良いって勘違いしてる方たちに
観て欲しいわ〜。せっかく素晴らしいレンズがあるのにね〜。
ポチポチ!ポチポチ!

2009/5/12(火) 午後 2:35 maru 返信する

顔アイコン

芸術的や〜〜〜〜

まるで甲殻類の玉手箱や〜〜〜〜(彦麻呂風)

F13まで絞り込んでもこれだけ前後ボケるんだねぇ・・

全て良いけど、シャコの透明感は◎的に好きだなぁ 前後のヒゲまでピントを合わせようとすると・・・・きっと無理だろうねぇ

100mmマクロなんて・・・業界向けレンズですなぁ(笑)

とても、買えない(買わない?)レンズですが・・・それだけに、拝見するのが楽しみですね。

2009/5/12(火) 午後 4:54 ○丸ちゃん○ 返信する

顔アイコン

綺麗〜、楽しい〜
そんな言葉しか出てこない〜 削除

2009/5/12(火) 午後 8:48 [ ばった ] 返信する

maruさん、激ポチありがと〜!まさか、ポチ2つ付いてるの両方maruさんやないですよね???

maruさんも、ボクの故郷嬉野の道ばたで、みんなが見ようとしない世界を日々写し撮っている仲間です。(近ごろコメント書けずにゴメンなさい。でも見てますよ)
遠くに出かける旅行もいいけれど、目の前の異次元世界へ出かける旅行も、同じくらい驚きと感動のあるリゾートやなあ……と思うこの頃です。

2009/5/13(水) 午前 2:03 kapaguy 返信する

丸ちゃん、ボクもこんなかではシャコの透明感が気に入ってます。
シャコって生きてる時にはすごく繊細で美しい生き物です。

100mmマクロ、こんなの持ってる人はホントにいませんですわw。まるでボクはカメラマニアみたいw。

でもね、最少レンズセットで水族館に出かけるときには、マクロ付き広角ズーム+魚眼+100mmマクロという組み合わせが多いのです。
そんなとき100mmマクロは、重いアポテレ望遠ズームの代わりも務めてくれるいい子なんですよ。
イルカショーを接写レンズで撮ってる人がいたら、それはカンチョですw。

2009/5/13(水) 午前 2:15 kapaguy 返信する

バッタさん、甲殻類の美しさって、そのまんま造形物な雰囲気の美しさですね。
造形作家のバッタさんから見れば、まさしく美しいのでしょーな〜。

2009/5/13(水) 午前 2:16 kapaguy 返信する

顔アイコン

ご無沙汰です
マクロの世界、また勘違いしてミクロのうちまちがいと思ってましたがあながち間違いじゃなかったんですねレンズの名前とは…
それにしてもイッツァスモールワールドですねぇ☆
チアガールのまたが開いちゃってるのにビックリです…(笑) 削除

2009/5/13(水) 午前 5:04 [ ミーサン ] 返信する

ミーサン、元気してた?あいかわらずのぶっ飛んだコメントに、ボクの方はひさびさ元気もらったよw。
チアガールの股が開いちゃってるって…うぷぷw。
そんなとこに驚くミーサン、アンタやっぱり天才やわ……。

2009/5/14(木) 午前 2:11 kapaguy 返信する

ああ!
せっかく"魚眼レンズを買いたい病"になっていたのに、"マクロもいいなぁ病"も併発しましたヽ(;´Д`)ノ
マクロはトリミングを駆使すれば、マクロもどきは出来ますが、広角はどーにもならないですよね!?
じゃぁ、やっぱり魚眼買います(σ・∀・)σ
そのうちに・・・。

でもやっぱり、水族館には虫眼鏡や双眼鏡などがあった方が発見が多くて楽しいですよね!僕はカメラで代用しています。

2009/5/15(金) 午前 1:36 [ べる〜が ] 返信する

べる〜がくん、おそらく今の君にはマクロレンズは合わへんと思うよ。
魚眼の方がオススメやね。
でも、トリミングはマクロもどきにもならへんね。マクロはマクロ。
小さな世界への望遠レンズ、顕微鏡に近い世界やな。

2009/5/15(金) 午前 1:54 kapaguy 返信する

フリソデエビって上から見ると全く違った生物に見えますね。びっくりしました。
ハサミをあわせて鉄壁の防御をしているのかな?
キンチャクガニの透明感は良いですね。F13はX接点1/250の威力ですね。
ガザミのハサミはキャプションが無いと全く分かりませんね。このメタリック感は生物のものとは思えません。ポチ☆

2009/5/16(土) 午後 3:04 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん、フリソデエビの背中写真はボクのブログでは今までぜんぜん紹介してなかったですね。普通はこっちの写真の方が多いのですが、これだとちょっとどぎつい模様になってしまうので、正面顔の方が好きなのです。
キンチャクガニも背中からというのは珍しいかもしれません。ボクも初めて撮りました。
ガザミのハサミ、これが大きかったらどうしよう!な感じですよね。

実は、2日前に読んだ『海の底』という小説が、深海のザリガニ風なエビが巨大化して横須賀にわんさか上陸、ヒトを食べ始めたという設定だったので、自分で撮った写真ながら、自分が小さかったら怖いな〜と思いながら見ていました。ポチ、ありがとうございます。

2009/5/17(日) 午後 4:57 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事