ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年10月21日(日)の開催。前売り発売は9/21です

全体表示

[ リスト ]

シャコの眼[海きらら]

海きらら、今回の最後です。
今回は、新館オープンによるすごい混雑のため、ストロボ撮影は遠慮しました。
ストロボOKの水族館でも、同じ水槽を近くで見ている人がいるときには、ストロボは使ってはいけません。眩しいもんね。

でも、展示が終わった出口付近にポコンと剥きだしで置いてあった、誰も注目しない水槽にフォトジェニックなお二人が……。
この二人だけは、ライティングもバッチリで撮らせてもらった。
まずは、テナガコブシくん?
イメージ 1

手、長いです。
あんまり長すぎて、重そうです。
しかもこれ、ちゃんとハサミが口に届くのかしら?

カンチョ、このカニが手を持ち上げてるところ見たことないのね。
だからなんとなく「カニはハサミが大きいのがよかとよ」と、とにかく長くしたのはいいけど「使えんばい…」と、困り果ててるように見えるのです。
いや、ホントはちゃんと使えるし、長い理由もあるのでしょうけどね、どなたかテナガコブシの手が長い理由を知ってたら教えてくんしゃい。


さて最後の最後は、海きららでのカンチョ的気合い写真。
シャコばいっ!
イメージ 2

いや〜、美しか〜!
ていうか、ちょっとコワ美しか〜!

シャコはなんでこんな縦長眼を持ってるんでしょうね。あ〜これも、気になって寝られんばい!
しかも眼にヘルメットみたいなのをかぶせて、まるっきり宇宙人です。
この顔を見たあと、思わずスターウォーズのDVDを全6巻続けて観てしまいましたがな…。おりましたぞ、こんな顔の宇宙人がいっぱい。

と、謎をいっぱい残して、海きららからの記事はとりあえず終了です。
尚、佐世保の海きららなので、ところどころ長崎弁風にしてみたけど、ボクがよく聞いているのは佐賀弁なので、いつもながらかなりいいかげんです。

●海きららのその他の記事はコチラ→九州沖縄の水族館の記事リスト

◆トークライブ【中村元の水族館ナイト4】にスペシャルゲスト!→水族館ナイト4のスペシャルゲスト
◆【中村元の水族館ナイト4】前売り券はイープラスにて8月31日から発売→東京カルカルの「水族館ナイト4」案内

◆トークライブ【中村元の水族館ナイト3:やっぱり個性でしょ】のレポート→中村元の水族館ナイト3:報告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

シャコのメめっちゃ強烈ですね。すごすぎる?!

2009/9/14(月) 午後 9:52 [ フンボ ] 返信する

顔アイコン

1枚目の写真は、思わず食べかけのカニかと思ってしまいました(^-^;;

シャコの目ってこんなでしたっけ?
これもいつも食べる時はおめめなんて見ないから気づいて
ませんでした(笑)

2009/9/14(月) 午後 10:35 [ しろねこさん ] 返信する

顔アイコン

テナガコブシのほかの足って体支えられるんか?ってくらいチャッチーかったように記憶しています。そんなに動き回る甲殻類じゃないんでしょうねえ。川にいるテナガエビ雄なども手が長いですが、やつらは雄が雌をめぐるバトルをするときに手の長さを比べあって「どーよ」的戦いをします。気に入った雌がいると長い手に雌を囲ってしまうのですが、さて、このテナガコブシもそんな使い道なんでしょうか。どうせなら食べられるケガニやらハナサキガニがこんな手だったら、食べ応えもあっただろうなあ。

2009/9/14(月) 午後 10:37 御前加那子 返信する

マツコさん、これはきっと複眼なのでしょうね。しかもグルリと全方位を見ることのできる複眼。スゴイです。
昆虫の眼よりも恐い感じなのは、こんな眼なのに、ヒトみたいに白目と黒目(緑眼?)に分かれてるっぽいからだと思います。なんとなく思考とか感情があるみたいに見えるもんねー。

2009/9/15(火) 午前 0:12 kapaguy 返信する

maruさん、「私も!」って、「美しか〜!」に反応してます? …はい、お美しいです。

テナガコブシはすごく小さいカニで、腕はちょっと太めの爪楊枝くらいなのですよ。お腹一杯になるには、たくさんの腕が必要ですねw。

2009/9/15(火) 午前 0:18 kapaguy 返信する

フンボさん、シャコの眼、強烈ですね。
宇宙人でなかったら、物の怪、妖かしの類ですな。
ていうか、妖怪とかは、身近な生き物からの想像で生まれてることが多いから、そのものなんでしょうねえ。

2009/9/15(火) 午前 0:26 kapaguy 返信する

しろねこさん、食べかけのカニに見えるのは、脚がないみたいに見えるからですねw。このカニの脚は、すごく短いんですよ。まるで手の成長のために、他の脚の成長力を与えたみたいに。

シャコの眼、食べるときには気付かないと思います。茹でるとこの不思議な透明さがなくなっちゃうから。
やっぱり生き物を見るのは、水族館ってことですなw。

2009/9/15(火) 午前 0:32 kapaguy 返信する

カナーさん、おぉそうか!テナガエビはオスがメスを手で囲むのやったね。さらに、オス同士で手の長さを競い合うわけですか。イッカクと同じやな。
確かに、こういう異常な長さって、生きるためというよりも、異性獲得のためのオス社会文化であることが多いですね。鹿の角とかクジャクの羽根とか。
もしそうだとしたら、テナガコブシの手はザハヴィのハンディキャップ原理での、めちゃくちゃハンディのように見えます。
ところでこれはオスなんやろか? メスの手はどんなん?

ザハヴィのハンディキャップ原理→http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/48030136.html

2009/9/15(火) 午前 0:46 kapaguy 返信する

顔アイコン

カンチョさんはじめまして。esと申します。
水族館好きのやけぼっくいに火がついて
最近ブログを拝見するようになったのですが、
過去の記事巡りで仕事がめっきりはかどらなくなりました///
出張(?)お疲れさまでした★
今日はテナガコブシが遠目にハンガーに見えて
ちょっとわらってしまいました。
そしてスターウォーズ、本当にお好きなんですね^^

質問なのですが、来月の水族館ナイト、
一人で行っても大丈夫な雰囲気のイベントでしょうか?
カンチョさんのお話をぜひ聞きたいのですが、
一人だと浮いてしまうかな?とちょっと心配しています。
(前回の加茂水族館の館長さんゲストのお話も
知っていれば聞きたかったです^^)

2009/9/15(火) 午前 1:18 [ es1*20*0*870090* ] 返信する

esさん、ようこそです。
やけぼっくいに火ですかw。未来に残したい日本語の一つですw。仕事がはかどらなくなるまで過去記事巡りしていただき、ありがとうございます。
ボクも睡眠時間削ってスターウォーズ観たくちです。はい、好きですスターウォーズ。ハリウッドには珍しく正義と悪が混在しているところとかすごく日本的です。

さてさて水族館ナイト。お一人でも浮いたりなんかしませんよ。近ごろでは一人参加の方がすごく増えていて、3割くらいの方がお一人なんではないでしょうか。
それに、ブログ水族館に書き込みしてる方々は、水族館ナイトオフミみたいな状態になってるテーブルもあります。声を掛けていただいたら、オフミテーブルに案内しますよ。
ぜひお越し下さい。お待ちしてます〜。

2009/9/15(火) 午前 2:33 kapaguy 返信する

テナガコブシさんは、さぞかし肩こりが酷いのでしょうね。
ヘラジカの角のように異性に対するアピールなんでしょうか?それとも、穴の奥に住んでいる獲物をこれで獲るのかな?本人が納得しているならとやかくは言いませんが、不思議ですね。手というより、遠隔操作のマジックハンドみたいですね。
シャコさんは寿司ねたでおなじみですが、強化グラスの中に格納された金属のような目。本当に宇宙生物みたいですね。
そういえば、いま評判の深海魚デメニギスが透明のギャノピーの中に目が収納されていますね。さすがは生命の揺りかごの海の生物です。
それを気づかせてくれた先生の記事のポチ☆

2009/9/15(火) 午前 3:30 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

シャコの“眼”・・・怖い!!
食べるのは好きだけど♪

我が家の水槽で捕獲した時に、
じっくり観察してみればよかったな〜(^^) 削除

2009/9/15(火) 午後 0:55 [ じゅんじゅん ] 返信する

顔アイコン

テナガコブシの雌は雄より短いです。これら超ちっちゃいカニは採集計測したことないんで、アバウトな回答です。家族会議の結果、手が長いのは「背中がかゆいため」ではないかと意見がまとまりました。

2009/9/15(火) 午後 10:08 御前加那子 返信する

眼とろんさんのブログで、ザハヴィのハンディキャップ原理を紹介してもらったのでしたね。
マジックハンドは言い得て妙です。なによりも、けっこう重くて操作性も悪いので、うまく使えないところがすごく似てますw。
デメニギスは、眼が透明の体内にあるのに出目ニギス。シャコの方がはるかに出目シャコですねえw。
でっかい眼がこんなに飛び出てても、重さで落ちてこないのは、水中の浮力のおかげなのでしょうね。
あ、でも、重さのせいかタレ目になってる! …ポチありがとうございました!

2009/9/16(水) 午前 0:07 kapaguy 返信する

じゅんじゅんさん、ボクは近ごろ小さいものを見るにはいささか眼の筋肉がたるんで来ちゃって(はい老眼と書きたくない表現です)、裸眼ではとてもこの眼の面白さは見えないのです。
それで近ごろは、もっぱら接写レンズを通して小さな無限の世界を楽しんでいます。

2009/9/16(水) 午前 0:12 kapaguy 返信する

カナーさん、メスの腕が短いとなれば、ザハヴィのハンディキャップ原理が働いていると思っていいのかもしれませんね。

》手が長いのは「背中がかゆいため」ではないかと意見がまとまりました。
この腕、長いだけで関節は他のカニと一緒だから、背中までは届きそうにないんですけど……。

2009/9/16(水) 午前 0:15 kapaguy 返信する

顔アイコン

シャコは変な生き物ですね!
シャコの巣の断片を覗ける
展示が好きですね〜 削除

2009/9/16(水) 午後 11:52 [ けーいちいわし ] 返信する

けーいちいわしくん、ヘンというか、ホントに不思議な生き物ね。
攻撃にも、ハサミではなくエルボーパンチでとかも不思議やな〜。
シャコの巣の断面展示が好きという君も、ちょっと変わってるように思うけどw。

2009/9/17(木) 午前 2:40 kapaguy 返信する

一瞬、ゾウリムシにみえました。
金属製のゾウリムシ!!
これが目…
ちゃんと眼の機能が果たせてるんだろうか??
こんなんで、見えるのかしら??
いつもながら、コメントの嵐です★

2009/9/17(木) 午前 8:33 ミーサン 返信する

台風ミー3号がやってきましたな!w
ゾウリムシに眼があったっけ?と思ったけど、あぁ眼がゾウリムシに見えたんやね。ww
いつも思うのやけど、ミーサンがロールシャッハテスト受けてるところを見てみたい…。

2009/9/19(土) 午後 1:03 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事