ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

昨日まで、マリンピア松島水族館〜男鹿水族館GAOへと旅してました。
この時期、東北はさすがに寒いよw。
男鹿半島は、いまだブロードバンド接続ができず、旅館からのアクセスは不能のため、訪れるたびに社会から1日遅れるのではないかというちょっとした不安を感じてしまいます。
しかしや!男鹿の温泉はとてもいい!
さらに、冬の男鹿の海は、実にダイナミック!
インターネットが繋がらなくても、ちょっとばかし不便でも、デジタル社会な都会にはない体に響く日本の光景と時間があるのではないかと思いつつ、北風の中で露天にまったりなカンチョなのでした。


さてさて、トド。
北の海の海獣だけど、なぜだか九州は大分県にいる、うみたまごのトド。
イメージ 1

見た目はアシカだけど、大きさはごっつい。
メスの大きさがカリフォルニアアシカのオスと同じくらい。
オスはその3倍くらいあるから、そりゃもうシーライオンというよりも、シーバッファローという感じなのだ。

で、そのごっついトドの、意外な一面に遭遇した!

イメージ 2

はい、なんとな〜く、目が一生懸命で可愛い感じですね。
その目が一生懸命見てる先には……。

ポチョンと落ちてきたなにかがある。
これ、エサではないのです。ただの小石。
もちろん、カンチョが小石を放り込んだというワケではない。

実はこの小石、これを見てるトドさんが、自分で口にくわえて放り投げた小石なの!
なんと彼女、この小石を壁に投げては、それを追いかけてくわえるという、キャッチボール遊びをしてたのですよ!
それを何度も何度も、楽しそうに繰り返してました。

カンチョが知る限り、こんな遊びを自分で考えたアシカの仲間はいない。
この子、世紀の天才トドです。


●大分マリーンパレスうみたまごのその他の記事はコチラ→九州の水族館の記事リスト

◆トークライブ中村元の水族館ナイト4(友情出演:荒俣宏さん)の報告→水族館ナイト4満員御礼!
◆東京カルカル公式レポート→水族館ナイト1周年祭り!〜水族館に宿る魂〜
◆参加者レポートも続々!
もんくしーるさん→もんくしーるの日記 …詳しい!
しろねこさん→ねこの食べあるき
アピストくん→半漁人の行動記録 …ちびっ子園館長会議幹事。三次会以降の笑える真面目な話も。
HIS工房さん→水族館非公式ガイドブログ
にっし〜さん→水族館が好きだから
ずぅさん→気ままなZOO
潜水馬鹿くん→るたお水族館頑張ってる門下生
kyonoさん→陰雷の旗印
ぴぷさん→ZOOLOG@pipu
けーいちいわしくん→どこでもいきます!〜日本全国の水族館〜

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(20)

東北遠征お疲れ様でした。日本は暖流寒流があるから、それぞれ水族館に特色があって、すばらしいのですね。
おたるには魚網で傷つきながら、塀を乗り越えてやってきたトドさんがいますが、トドさんは頭がいい上に、根性があるし、好奇心も、餌をもらうための工夫も惜しみませんね。遊びに対する貪欲さが知能のひとつの尺度ですよね。天才ですね。
そういえば、新屋島でマナティーの赤ちゃん生まれたんですね。デビューはまだだそうですが、先生なら見せてもらえますね。

2009/11/23(月) 午前 1:22 眼とろん星人 返信する

カンチョ様、私がうみたまごで目撃したのは、飼育員さんが連射砲のように投げる小魚を片っ端からキャッチしてみせるトドくんでしたが、それとは違うコですね?
しかし、道具を使って遊ぶとは驚きです。
これが、自発的に楽しむためにやっているとしたら、霊長類並みの知能ではないですか…?
是非!論文にして学会に発表していただきたいと…
ダメかなあ…?

2009/11/23(月) 午前 2:26 魚水 返信する

顔アイコン

ホントですね!「天才トド」とタイトルを読んで、
カンチョさん〜〜また〜〜と思ってしまいましたが(失礼^^)

ほんと、トドさん 天才です! 他にも何か覚えるんじゃないかな〜^^v。うちの孫より才能あります〜♪

2009/11/23(月) 午後 2:15 maru 返信する

顔アイコン

おおぉ〜すごい!
この写真にはそんな意味があったとは!
かいじゅうアイランドのアシカさんといい
きっと、こういう追いかける遊びが好きなんですね♪

でも、投げるところまで気がつくとは・・・
やっぱり天才ですね。

二見シーパラダイスのイルカさんも壁に
ボールを投げつけて遊んでるらしいですよ(^0^)

2009/11/23(月) 午後 5:05 [ しろねこさん ] 返信する

眼とろんさん、おたるのトドの根性には脱帽ですね。確か海から塀を乗り越えてやってくるのはオス。
中にメスがいるのを知ってやってくるのだそうです。
このトドはメス。オスの性衝動のような止むに止まれぬ事情がなくても、新しいことを発見しちゃうのがスゴイです。
女子のお手玉文化のようなものなんでしょうかねえw。
新屋島のマナティーにも赤ちゃんが誕生しましたか!
それはまたいかなくちゃいかんですね。でも、イマイチ出かけにくいのですよねえ、あそこ。

2009/11/23(月) 午後 9:50 kapaguy 返信する

魚水さんがご覧になった、魚バシバシキャッチングトドは、たぶんオスのトドくんだと思います。おっきかったでしょ?
この子は小さめのメスでした。
もちろん、自発的に自ら発明した遊びだと思うのですよ。
まぁ、嵐もなければ、不漁の日もない水族館では、時間がありあまって退屈なんでしょうね。子どもと一緒で、時間がたっぷりあれば新しい遊びを発明しちゃう。
そういうのも、動物たちの進化に何か役に立ってるのかもしれませんね。

2009/11/23(月) 午後 9:56 kapaguy 返信する

maruさん、ボクのタイトルに嘘はないのだ!のだ、のだ、のだ!
このトド、自分で考えたってところもスゴイけど、それを楽しんでるようなのが表情で解るのがまた面白いよね。
動物を擬人化するのを嫌がる水族館屋っているけど、擬人化することで想像できることもいっぱいあって、このケースなんかはもう彼女の頭の中を想像するのがすごく楽しい。

2009/11/23(月) 午後 10:05 kapaguy 返信する

しろねこさん。今回の西日本水族館の旅は、アシカたちのおもしろ現場の数々でしたよ。
近頃イルカたちのことを知る機会が多くて、ボクの本分であるアシカたちのことを考えることが減っていたのだけど、この子たちのおかげで、再びアシカラブな気持ちがビリビリと甦ってきました。
二見のイルカは、ボールをお客に運んできたり、いろいろと遊びを発明してますね。
おとなりの水族館では、スナメリがボールを蹴って、梁の上に乗せる遊びを発明しました。
ん〜〜〜、やっぱりイルカたちのほうがちょっと高度ですw。

2009/11/23(月) 午後 10:12 kapaguy 返信する

顔アイコン

カンチョさん、遠征お疲れ様です。
つい先日、動物園のボランティアでアシカをじっくり見る機会があったんですが、アシカは園のどうぶつ達のなかでもイキイキしてるなぁと感じました。道具は使ってなかったけど。
小さい頃に壁にボールを投げてはね返ったのをキャッチしてまた投げて…ってよくやったなぁと思って懐かしくなりました^^ 削除

2009/11/24(火) 午前 0:58 [ あんぱんな ] 返信する

顔アイコン

動物の遊んでいる姿は可愛いですよね。
大きなトドでも、こんな感じで遊ぶなんて、
すごいです〜(^^)/

秋田は寒いでしょ〜
かぜひかないでくださいね☆
トドで駄洒落は浮かびませんでした〜(>_<) 削除

2009/11/24(火) 午前 1:32 [ ずぅ ] 返信する

顔アイコン

松島に男鹿、うらやましい・・とか思っちゃだめですよね。お仕事ですもんね。お疲れ様です。

つまらないなら楽しくすればいいってことでしょうか。自分で思いついちゃうなんてスゴイですね。動物って思ってる以上に賢いんですね。 削除

2009/11/24(火) 午後 9:03 [ マツコ ] 返信する

あんぱんなさん、動物園でのボランティアご苦労様!
水中の動物は、陸上の動物に比べると、はるかにいろんな行動を見せてくれるよねえ。
特にアシカは、陸上にいるときにはわりとワンパターンなのだけど、水中ではよく動く。しかも水中は三次元世界だから縦横無尽。
生き生きしてると感じるのもそんなところかもね。
壁ボールキャッチ、ボクは屋根ボールキャッチをよくやっていて、それがちょうどこんな感じだったよ。

2009/11/25(水) 午前 1:17 kapaguy 返信する

ずぅさん。子どものうちだと、けっこうみんな遊び好きなんですよね。
それが、大人になるとすっかり落ち着いてしまう。
でも、アシカの仲間には大人になっても遊び好きな奴もいるのです。
ヒトにだってねw。 はい、それはボクです。

トドでの駄洒落は、なくってぜんぜんよかったです。
あったら、それがずぅさんのトドメになってたでしょう。 あっ…。

2009/11/25(水) 午前 1:22 kapaguy 返信する

マツコさん。はいはい、うらやましいとか思ってもらっていいんですよw。
大変なことだろうがなんだろうが、他人にうらやましいと言われるだけで、なんか得してるみたいな気分になれちゃう、騙されやすいカンチョやからw。
まあそもそもボクはもう、自分で楽しくない仕事は受けないようにしてるから、仕事の最中はいつだって相当楽しいのですけどね。

トドにもさすがに「つまらない」という高度な不満はないと思うのですよ。
それより単純に「退屈」とか「なんか物足りない」とかな気分なんでしょうね。で、ちょっと面白い遊びを発見したということかな。
そんな、トドの気持ちを考えるのも楽しいですねw。

2009/11/25(水) 午前 1:29 kapaguy 返信する

顔アイコン

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます!大分の近くに住んでいる福岡県民ですが、うみたまごはまだ行ったことありません・・・・。
天才トドみたいっ。つぎの週末にでも、ドライブがてら行ってきますね。 削除

2009/11/26(木) 午後 7:31 [ アケミ ] 返信する

顔アイコン

トドの新芸ですか?!
これを基に新たなるショーが
生まれるかもしれませんね?

男鹿のハタハタは見ものですよね! 削除

2009/11/27(金) 午後 4:52 [ けーいちいわし ] 返信する

アケミさん、ようこそです。
初めてコメントもらったのに、ホッポリ出してしまっててごめんなさい。
福岡県民ですか、それなら今日久々にUPした記事のネタは海の中道ですよ。
福岡県は、海の中道はもちろんのこと、うみたまごに、海響館、それに長崎ペンギンや海きららにも、どれも軽いドライブで行けるのでいいですね。
そんな環境が、それぞれいい刺激になって、水族館の質が高いのでしょうねえ。
水族館にとってはタイヘンだけど、利用者にとってはいい環境です。

2009/11/30(月) 午前 0:39 kapaguy 返信する

けーいちいわしくん。
これが新芸になるには、トレーナーのかなりの創意工夫が必要だよな。
まあ、この遊びは、このトドさん本人と、見つけた人だけの楽しみにしておこうよ。
ショーも楽しくて発見があるけど、こういうレアネタには格別の発見があるもんねー。
中には、客の一部では知られているのに、飼育担当者が知らないというようなこともよくあるよ。

2009/11/30(月) 午前 0:43 kapaguy 返信する

顔アイコン

ご無沙汰です
トド、すごいですね〜

自分で遊びを考えるほど、水槽に飽きてたんですかね〜

そのうち、バブルリングしちゃうかもですよね〜 削除

2009/12/9(水) 午前 4:35 [ ミーサン ] 返信する

おっミーサン、生きてか!
過労で倒れてるとかやないかと、かなり心配してたんよ。
よろしい! 久々の台風33号、受けて立とうではないか!

リングはできないけどね、アシカの仲間たちはよく、バブル遊びはしてるよな。
水中で鼻からブブブーと泡を吹きだして、水面へ上っていくその泡を追いかけたりくわえたりするの。
海獣たちは、ホントに遊びの天才ですな。

2009/12/9(水) 午後 1:43 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事