ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は10/5(日)の開催。前売り発売は9/15です

全体表示

[ リスト ]

九州旅行から戻りましたぜ〜。
博多→嬉野温泉(佐賀)→長崎→妙見温泉(鹿児島)→いおワールドと、九州横断縦断の旅。
すごく疲れるかと思ったけれど、やっぱり温泉はええですな〜。
毎晩いつもの2倍ぐっすり眠れて、完璧リフレッシュ!

最後に泊まった妙見温泉、忘れの里「雅叙苑」
イメージ 1

今回の大目的は、お世話になった方へのお礼の旅行プレゼントでしたね。
その女性は大の温泉好きで風流な人なのですよ。

それで、最初はまず泉質が最高の嬉野温泉で、ボクの超贔屓の和多屋別荘水明荘。高級です。
そして最後には田舎風味がバツグンのここ雅叙園。
(こちらも超贔屓なんやけどね、遠くてなかなか行けない…)


お部屋の露天風呂。
イメージ 2

めちゃくちゃ暖まるお湯なので、外にいてもぜんぜん寒くない。
夜は相棒と二人でこのベランダでグダグダ飲んでました。
外に見える茅葺きは、朝食用の建物です。

女性夫婦には、いつか必ずこの2軒の旅館にご招待と思っていたのだけど、ついに実現したのでした。
まぁちょっと無理したけれど、実現してよかった。
彼女もご主人も、めちゃくちゃ喜んでくれました。

ところで、この女性、ボクの一回り上やから65歳。
で、ご主人というのが37歳!!!(^^;  しかも男前で優男。
もちろん彼女は2回目の結婚やけどね、なんと自分の子ども達より若い男と結婚しちゃったw。

ニッポンの女性のみなさん、彼女を見習って、世界で最も長い人生を謳歌しましょう!


さてさて、今回は水族館など放っといて温泉三昧の予定だったのだけど、彼女たちを見送ったあとの時間で、いおワールドかごしま水族館に行って来ました〜。
イメージ 3

ここは遠いからね〜。久しぶりのいおワールド大水槽。
このブルーな雰囲気は、いつもながらとってもいい。
最近は縦の深さが強調された大水槽が多いけれど、ヒトの目は横に視界が広いから、こういう横長もやっぱり捨てがたい。

さらに、擬岩もなく明るさも控えめな青い色が、どこまでも広い海の水中感を感じさせてくれて、これぞ動物園に対抗する水族館の空間の広さなのね。


トンネルからジンベエ。
イメージ 4

超でっかい一反木綿。
これなら鬼太郎どころか塗り壁でも乗れそうですな。
それにしても、サメエイ系(板鰓類)には一反木綿が多いな〜。

この水族館は、水槽の大きさからジンベエザメは成長したら海に帰すなどの工夫と努力の展示をしているのだけれど、それ以外にもスタッフの努力が光る展示が多いのです。
それらはまた追々紹介しましょうね。

※サンシャインがまだまだ残ってるので、いおワールドの続きは来年になりそうです。


□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

こんにちは。
温和なジンベエザメ泳ぎもゆったりとしていて癒されますね。

今年はいろいろとお勉強させていただき
水族館の見方がかわりました。
一つ楽しみが増えたようにおもいます。
ありがとうございました。

2009/12/27(日) 午前 11:43 [ フンボ ] 返信する

九州お疲れ様でした。
温泉の完璧リフレッシュよかったですね。先生今年もお忙しかったから!
雅叙園は忘れ里というか、隠れ里というか、遠いから俗化しなくて良い景色なのですね。
かやぶき屋根の建物って良いですね。
西郷どんの鹿児島は、ジンベエザメさんのような大人物?が似合いますね。
水面が近い分、下からのお写真迫力がありますね。続きが楽しみです、ポチ☆

2009/12/27(日) 午後 0:59 眼とろん星人 返信する

あ〜いいですねぇ 私は九州出身なので、どちらも憧れてて行ったことのないお宿です(笑)
私もそのうちに…

いおワールドはいいですよね 九州の時はたまーに行ってました
私が行った時は子ジンベエさんがいて可愛かったです

クリスマスは仕事が終わってから一人でエプソン品川に行ってアシカとイルカのショーを見てました
やっぱりアシカ&イルカと過ごすクリスマスっていいですね

2009/12/27(日) 午後 1:17 [ しろねこさん ] 返信する

顔アイコン

わぁ カンチョさん達とその方たちの
エピソードが聞きたい〜と おばさんは思ってしまいました、笑。

色んな縁がありますね〜、でも人生は一度きりですもんね^^。

2009/12/27(日) 午後 7:18 maru 返信する

顔アイコン

いおワールド!!
大水槽はジンベエがいるだけで
美ら海みたいですね!!

いおワールドで
ジンベエザメのいる水族館
制覇です(笑) 削除

2009/12/27(日) 午後 7:37 [ けーいちいわし ] 返信する

フンボさん、ジンベエザメにしてもクジラにしても、陸上ではゾウやキリンにしても、大きな生き物にはなぜか癒されるのは、ゆったり優雅な動きのせいなのかもしれませんね。
これで素早く泳いだら、ハリウッド版ゴジラみたいに、癒されるどころの話ではなくなるw。
来年もよろしくね〜!…って、まだ今年はありますぞよ。

2009/12/28(月) 午前 1:26 kapaguy 返信する

眼とろんさん。ボクはどちらかと言えば、旅は「未知の場所で新たな発見」派なのですよ。(たぶんお金も時間もかかるからというケチくさい心理のせいやと思うけどねw)
でも、何度も行きたくなるいくつかの場所があって、そこは例えば湯布院みたいに超有名じゃない自分的穴場ばかりです。
だから、眼とろんさんの言うように、ここはボクの隠れ里なんだと思います。
ジンベエと西郷隆盛、なるほど大物の似合う街なのかもですなw。
ポチ☆ありがとうございま〜す!

2009/12/28(月) 午前 1:38 kapaguy 返信する

しろねこさんは、九州出身やったですか。前にも聞いたっけ?
九州には、いい温泉がいっぱいあっていいですねえ。しかも伊豆の半額くらいで泊まれる。
とは言っても、旅費と時間がね〜(^^;
一度でいいから、こういうところでお正月をのんびり暮らせるご身分をやっていたいものだと思うこの頃ですw。

クリスマスは一人でエプソン?
回りはカップルばかりだったでしょうねえw。
でも、イルカとアシカと過ごすイブに満足できる水族館フリークでよかったと、他人事ながら思いますw。

2009/12/28(月) 午前 1:45 kapaguy 返信する

maruさん、ボクとそのお世話になった女性とのエピソードは、連続ドラマが2本できるくらいの、それはそれは面白くて感動の四半世紀ですよ。
ていうか、彼女の一生はそのまま朝の連ドラにできるくらい面白い。
水族館の仕事のオファーがなくなって、いよいよ食うに困ったら、彼女をネタに脚本家デビューしようと思ってますw。
彼女が今の旦那と一緒になったのは、maruさんより2年先のことです。
たった一度の人生だけど、まだまだこれからありまっせ〜w

2009/12/28(月) 午前 1:56 kapaguy 返信する

けーいちいわしくん、美ら海と比べたらあかんてw。
この水槽は、美ら海とはまた別の魅力があるから面白い。
最近思うんやけどね、建築費も水槽も大きければ大きいほど見栄えも感動の度合いも大きくなるけど、小さくても広く深く見せるのが展示の醍醐味。
まあその点では、この水族館、めちゃくちゃ贅沢なつくりにはなってるけどねw。
遠いけれど、水族館フリークとしてはぜひ行ってらっしゃい。損はないよ。

2009/12/28(月) 午前 2:01 kapaguy 返信する

顔アイコン

無沙汰をしております。
そろそろ、お仕事収めでしょうか?
素晴らしい癒しの宿、ゆったりと今年一年の疲れを癒したようですね。
今年もお世話になりました&来年も、宜しくお願い致します。

2009/12/28(月) 午前 9:36 tok**with*118 返信する

顔アイコン

九州でリフレッシュされたみたいで良かったです ^^

ふむふむ。確かに他の水族館の大水槽より青が深いです。
水槽の明るさは空間の広さと関係してるんですね。勉強になります。
手前にサンゴを置いて向こう側を暗くしてドロップオフみたいな空間を作れたら、本当の海みたいでいいなぁ。…って無理ですかね ^^; 削除

2009/12/28(月) 午後 7:59 [ あんぱんな ] 返信する

しゅうさん。ボクは昨日が仕事納めでした。
一度疲れを癒してきた後に仕事したんで、突然肩がコリコリになって、危うく背中が固まるところでした。
慌てて今年最後のマッサージに予約を入れました。
その前に、これから年賀状を作らねば…。

2009/12/29(火) 午後 1:42 kapaguy 返信する

あんぱんなさん。いおワールドの水槽は、全て他館よりちょっと暗めにつくられていて、それがなかなかいい味を出しているの。
ヒトの感覚というのは既成概念に支配されやすくて、ちょっと暗めのブルーは深い海を想像させる。それで奥行き感とか水中感が強調されるというワケ。

手前サンゴ礁で奥を暗くするドロップオフ雰囲気、それは充分に可能やね。
ただかなり奥行きのある水槽でやらないと、その効果は出ないのが難点かな。

2009/12/29(火) 午後 1:51 kapaguy 返信する

顔アイコン

【リンク報告】
はじめまして。カミタク
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

私が運営しておりますホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「いおワールド かごしま水族館訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN20.HTM
から貴ブログ記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

鹿児島県の水族館のことを紹介して下さり、誠にありがとうございます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。 削除

2010/1/6(水) 午後 7:39 [ カミタク(リンク先は「いおワールド かごしま水族館訪問記」) ] 返信する

カミタクさん。はいどうもです。

2010/1/7(木) 午後 11:15 kapaguy 返信する

顔アイコン

ジンベエザメを見て一反木綿を連想する人は多いんですね。

自分のブログにジンベエザメの画像載せた時にも、『ジンベエザメは一反木綿に似ている』と書きましたが、『一反木綿 ジンベエザメ』で検索したらこの記事が出てきました。 削除

2012/7/16(月) 午後 10:43 [ &oh ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事