ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は10/5(日)の開催。前売り発売は9/15です

全体表示

[ リスト ]

懐かしい生き物

いおワールドかごしま水族館には、よその水族館ではあまり見かけない生き物が多いのだけど、今回はちょっと懐かしい生き物たちに出会えて、はるか28年も前の石垣島にタイムトリップした。

ミズイリショウジョウガイ
イメージ 1

いおワールドで見つけた大きな貝。
実はこの貝、カンチョの生まれて初めてのサンゴ礁ダイビングの時に船上で食した貝なのだ。
それまでのダイビングと言えば、水槽掃除と鳥羽湾でのジュゴンのエサ採り。
それだけに、石垣島への出張中、初のボートダイビングができるとなったときには嬉しかった!

ところがボンベの数が足りず、先に先輩が潜っているのを待っている間にシュノーケリングしてたら、なんと海のうねりに船酔いならぬ泳ぎ酔いしてしまい泳ぎながらゲロゲロ〜(^^;。
その盛大な撒き餌に、サンゴ礁の魚たちがいっぱい押し寄せてきたのには感動しましたけどw。

その帰り、ダイビングインストラクターの女性が「さっき採ってきたから食べましょ」と差し出してくれたのが、直径20cmほどもあるミズイリショウジョウガイだった。
種名をまったく覚えられないカンチョが今でもちゃんと覚えていたのは、空っぽの胃にすごく美味しかったこともあるのだけど、この貝を振るとチャプチャプ音がしたからだ。
貝殻の中の空洞に水が溜まっているので「水入り猩々貝」というのだと教えてもらった。
「猩々」は中国の物の怪で、赤い顔で毛が長い人間みたいな生き物。…って、それってサルやん!
実際に、オランウータンのことを漢字で猩々と書く。
この写真からは、オランウータンの雰囲気はまるでないのだけど、きれいに磨いた貝殻は、まるで太い毛のように見えるたくさんの突起があり、その中心だけが鮮やかな朱色になっていて、なるほど猩々なのである。


その時にやっぱり初めて会ったのが、こちらエラブウミヘビ。
イメージ 2

地上のヘビと同じように体を波打たせて器用に泳いでいた。
サンゴ礁の中に消えていったけど、恐くてそのあたりには行けなかった。

ウミヘビの毒はメチャ強い。
このエラブウミヘビもハブの70〜80倍の強さの毒を持っているらしい。
かつて同僚飼育係が、このエラブウミヘビに咬まれたことがあった。
救急車を呼べ!腕を切り落とさなくては!奥さんに最後の電話を!とか騒いでいるうちに10分ほど経ち、まだ生きているから大丈夫やったんやない?と落ち着いた。

後で知ったのだけど、ウミヘビの口はとても小さい上に毒牙が口の奥の方にあるので、指を口に突っ込んで咬まれない限り、毒を注入されることはないのだそうだ。
さらにけっこうおとなしくて、実は同僚は手づかみでエラブウミヘビを扱っている時に咬まれたのでした(^^;

ところで永らくご通知していませんでしたが、トークライブ今年もあります⇒中村元の超水族館ナイト2010
詳しくは今週末に告知しますが、とりいそぎお越しいただける方は2月21日の夜の予定を空けておいて下さい。


●いおワールドかごしま水族館のその他の記事はコチラ→九州沖縄の水族館の記事リスト

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

ハブの 70〜80倍の毒、、全く見当がつきませんが、
なぜか 辛さ×70 80 って頭の中に浮かんできたアホな私。。

泳ぎながら酔うのですか!知らなかったです〜。盛大な撒き餌、、
笑ってしまいました。すみません^^。

2010/1/18(月) 午後 3:42 maru 返信する

鳥羽水族館のジュゴンさんは、先生にとって思い出深い子ですね。餌採りのために潜られていたとは!ミズイリショウジョウガイは珊瑚かなと思いました。本当に綺麗ですね。鮮やかで深いオレンジ色がオランウータンと同じ猩々緋(しょうじょうひ)という色なのでしょうね。綺麗な上に美味しいなんて、偉いですね。
エラブウミは沖縄ではイラブーと呼ばれているのですね。市場本通りでは、イラブ海蛇として干した状態で吊るされて市場で売っていました。そんな危険な毒をもっているなんてびっくりしました。生前のお姿はカッコいいのですね。ポチ☆
トラバさせてくださいね。

2010/1/18(月) 午後 7:15 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

カンチョさんにも海で泳いでいて、撒き餌をする時代があったんですねぇ〜。
私もすぐげろげろになっちゃうので、気持ちはわかります(^-^;;
でも、エラブウミヘビ手づかみって・・・コワイ(*o*)

2月21日はもちろん予定あけておきま〜す(^o^)/

2010/1/18(月) 午後 11:38 [ しろねこさん ] 返信する

maruさん!その発想面白い!毒の強さは辛さで表せるってw。
その発想に乗って考えてみたら、ボクは痛みのニガさが70〜80倍っていう感じになった。
やっぱり味やねw。

はい、泳いでても酔って吐いたというエピソードは、誰が一番船に弱いか合戦で勝つ、とっておきの切り札です! …勝ってどうすんねん!w
けど今までやった弱いか合戦で、けっこう泳いで酔ったことある人いたよ。

2010/1/19(火) 午前 0:50 kapaguy 返信する

眼とろんさん。ジュゴンのエサ採りは、ホントに辛くて懐かしい想い出です。元気にしてるかな〜w。
トラバ、2つもありがとうございます。(今日は珍しく正しいトラバが3つも!)
オランウータンの猩々は毛が赤色な猩々緋なんですね。磨いたミズイリショウジョウガイの殻は、根本のところが丸く朱色で、これはまるでニホンザルの顔のように見えます。
イラブーどっかで見た覚えがあったと思ったら、眼とろんさんのブログだったんや!
生命力がありそうに見える生き物たちは、ただ食材になるだけじゃなくて、薬とか健康食品とかにもされちゃって、生命力があるのがいいのかないのがいいのか、これは難しいところなんでしょうなあw。
ポチ☆ありがとうございましたー!

2010/1/19(火) 午前 1:02 kapaguy 返信する

しろねこさん。時代というより、ボクは今だって撒き餌くらいしちゃいますよ〜w。
おかげで、男の子なら一度は憧れる宇宙飛行士とか船長さんとか、はたまたルークスカイウォーカーになりたいなんて無謀な夢は持ったことがありません。
桟橋で船を待ってただけで酔ってしまい、浮き桟橋だったと気付いたこともあるもんw。

エラブウミヘビの手づかみは、ボクにはとても真似できなかったな〜。見てるだけで背筋が凍るよw。
2月21日、さっそくの予定組みありがとー!

2010/1/19(火) 午前 1:10 kapaguy 返信する

エラブウミヘビ、昔与論島で遭遇したことがあります。
面白がって追っかけてたら、いきなり反撃してきて…
パニックになって必死で逃げると、現地の友達がひょいと掴んで、水面にバチーン!バチーン!と叩きつけて捕獲してしまいました。
その晩、煮付けやかば焼きで美味しくいただきました…
私にとって怖くて懐かしい生き物です…イラブーに☆ポチ!

2010/1/19(火) 午後 10:22 魚水 返信する

魚水さん。いただいてしまわれましたかー、エラブウミヘビ。
エラブウミヘビって、けっこう磯場の岩の上を這ってたりするんよね。

かつて水族館でパラオから大量に入れたとき、ウミヘビを捕まえてくれたのは、砂浜にいっぱいたむろしてる場所を知ってる地元の子ども達で、もちろん素手で麻袋に放り込んでくれましたw。
☆ポチ、まいどありがとうございま〜す!

2010/1/20(水) 午前 0:29 kapaguy 返信する

顔アイコン

迫力満点!\(^o^)/ 削除

2012/8/8(水) 午前 11:26 [ ラッキー ] 返信する

顔アイコン

↑の↑の人のカンチョとか笑える。ハッハッハッハッハッハッハ〜 削除

2012/8/8(水) 午前 11:28 [ 笑える ] 返信する

顔アイコン

カンチョさんにも海で泳いでいて、撒き餌をする時代があったんですねぇ〜。
私もすぐげろげろになっちゃうので、気持ちはわかります(^-^;;
でも、エラブウミヘビ手づかみって・・・コワイ(*o*)

2月21日はもちろん予定あけておきま〜す(^o^)/ 削除

2012/8/8(水) 午前 11:30 [ ニセシロネコさん ] 返信する

顔アイコン

魚水さん。いただいてしまわれましたかー、エラブウミヘビ。
エラブウミヘビって、けっこう磯場の岩の上を這ってたりするんよね。

かつて水族館でパラオから大量に入れたとき、ウミヘビを捕まえてくれたのは、砂浜にいっぱいたむろしてる場所を知ってる地元の子ども達で、もちろん素手で麻袋に放り込んでくれましたw。
☆ポチ、まいどありがとうございま〜す! 削除

2012/8/8(水) 午前 11:31 [ ニセカンチョ ] 返信する

顔アイコン

エラブウミヘビ、昔与論島で遭遇したことがあります。
面白がって追っかけてたら、いきなり反撃してきて…
パニックになって必死で逃げると、現地の友達がひょいと掴んで、水面にバチーン!バチーン!と叩きつけて捕獲してしまいました。
その晩、煮付けやかば焼きで美味しくいただきました…
私にとって怖くて懐かしい生き物です…イラブーに☆ポチ! 削除

2012/8/8(水) 午前 11:32 [ ニセ魚水 ] 返信する

顔アイコン

しろねこさん。時代というより、ボクは今だって撒き餌くらいしちゃいますよ〜w。
おかげで、男の子なら一度は憧れる宇宙飛行士とか船長さんとか、はたまたルークスカイウォーカーになりたいなんて無謀な夢は持ったことがありません。
桟橋で船を待ってただけで酔ってしまい、浮き桟橋だったと気付いたこともあるもんw。

エラブウミヘビの手づかみは、ボクにはとても真似できなかったな〜。見てるだけで背筋が凍るよw。
2月21日、さっそくの予定組みありがとー! 削除

2012/8/8(水) 午前 11:33 [ ニセカンチョ ] 返信する

顔アイコン

maruさん!その発想面白い!毒の強さは辛さで表せるってw。
その発想に乗って考えてみたら、ボクは痛みのニガさが70〜80倍っていう感じになった。
やっぱり味やねw。

はい、泳いでても酔って吐いたというエピソードは、誰が一番船に弱いか合戦で勝つ、とっておきの切り札です! …勝ってどうすんねん!w
けど今までやった弱いか合戦で、けっこう泳いで酔ったことある人いたよ。 削除

2012/8/8(水) 午前 11:34 [ ニセカンチョ ] 返信する

顔アイコン

鳥羽水族館のジュゴンさんは、先生にとって思い出深い子ですね。餌採りのために潜られていたとは!ミズイリショウジョウガイは珊瑚かなと思いました。本当に綺麗ですね。鮮やかで深いオレンジ色がオランウータンと同じ猩々緋(しょうじょうひ)という色なのでしょうね。綺麗な上に美味しいなんて、偉いですね。
エラブウミは沖縄ではイラブーと呼ばれているのですね。市場本通りでは、イラブ海蛇として干した状態で吊るされて市場で売っていました。そんな危険な毒をもっているなんてびっくりしました。生前のお姿はカッコいいのですね。ポチ☆
トラバさせてくださいね。 削除

2012/8/8(水) 午前 11:35 [ ニセ眼とろん ] 返信する

顔アイコン

ハブの 70〜80倍の毒、、全く見当がつきませんが、
なぜか 辛さ×70 80 って頭の中に浮かんできたアホな私。。

泳ぎながら酔うのですか!知らなかったです〜。盛大な撒き餌、、
笑ってしまいました。すみません^^。 削除

2012/8/8(水) 午前 11:36 [ ニセmaru ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事