ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2018年2月18日(日)の開催。前売り発売は1/18です

全体表示

[ リスト ]

二見シーパラダイスで、やっと会えたのがこの子!
ツメナシカワウソ。
イメージ 1

う〜〜〜〜ラブリー!
カンチョは断言する!
ツメナシカワウソは、他のどのカワウソよりも可愛いいんやぞ〜!

ツメナシカワウソが狭い小屋から、新しい展示小屋に移られてから、ボクは一度も二見シーパラダイスに訪れたことがなかったんよね。
もといた場所は、館の裏手みたいなところにあった、大型犬の檻みたいな箱。
それが、セイウチの子とかがいたプールに引っ越したのだから大出世だ。

……とは言ってもしょせん、カワウソはカワウソ、ラッコやプードルや、ましてやセイウチにはなれない〜♪
とか中嶋みゆきは歌ったりするでしょうよ。

しかし!この子に関しては違う。
ぜ〜んぜん違うのだ。のだ、のだ、のだ!

この子の魅力をラッコやワンコ以上にしているのが、コレだ〜!
イメージ 2

う〜〜〜〜ラブリ〜!

いや、そうじゃなくて、ガラス窓に筒が一本。
ツメナシくんは、どうやら穴に手をつっこんでいるしい。

そして…手が…出てきた〜!
イメージ 3

う〜〜〜〜ラブリ〜! 
ラブリ〜しつこい? だってこの子は何をしてても可愛いいんやもん。ええんさ!

でも、あまりの可愛らしさにまた主題を忘れてた。
そう、この水槽は、日本で唯一(たぶん世界でも唯一)、カワウソと握手ができる水槽なのだ。
ツメナシカワウソ、爪が無いカワウソだから、ちびっ子の柔らかい手でもぜんぜん大丈夫。
プニプニとした肉球がますます可愛いのだ。

これは、ツメナシカワウソが、穴や石の間に手を突っ込んで、カニや魚など小動物を捕まえる習性を利用した展示で、ホントはこの子、観客と遊ぼうとしてるわけではなく、お腹減ったから飼育担当者がエサでも持ってこないかと思って手を出してきてるのらしい。
でも、顔があんまり可愛いもんだから、お客さんはすっかり遊んでくれているものだと大感激なのですな。


だって、ほら、窓越しにでもこんなコトだってしてくれるんやもん。
イメージ 4

う〜〜〜〜ラブリ〜! 
誰だってカワウソが遊んでくれてるって思いたくなっちゃいます。

世界で初めてセイウチやゾウアザラシの大接近ふれあいをやったことで、その後のうみたまごや、八景島ふれあいラグーンの新しい触れあいショーブームを作った二見シーパラダイス。
その二見シーパラダイスが、カワウソ触れあいをこんな形でやってくれたのは嬉しいです。

そしてスゴイです。
なんと言っても、セイウチやゾウアザラシの時から、このコツメカワウソ握手まで、ぜんぜんお金を掛けてないのがスゴイです。
そして、そういった展示を現場のスタッフが工夫して開発したというのが、もうめちゃくちゃスゴイです。
これってね、予算を取ってこれて、園長たちの強力なリーダーシップがあった旭山動物園よりも、ある意味スゴイことですよ。

生き物の進化は、強くて豊かな者がするのではなく、弱くて困っている者だけが成し得てきました。
この二見シーパラダイスこそ、そのいい見本ですね。

しかし……。
こういう水族館ばかりだったら、ボクの水族館プロデューサーの仕事は成り立ちませんな…(^^;w。


最後にもう一回、握手〜。
イメージ 5

う〜〜〜〜、やっぱりラブリ〜! 

ツメナシカワウソは、アフリカのカワウソで、よく見かけるコツメカワウソよりも大きい。そして可愛いw!
ちょっと前までは二見シーパラダイスだけにしかいなかったけど、今はけっこういろんなところにいますね。


■東京カルカルにて水族館トークライブ今年も全開!⇒中村元の超水族館ナイト2010 〜イルカを知れば人間がわかる…かも〜

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(26)

顔アイコン

可愛い〜(≧ω≦)
パイプはカワウソのそんな習性を利用した展示だったんですね。それで握手できるなんてすごいな〜。
実は二見のスタッフブログを毎日チェックしています。展示もおもしろいですが、ブログも楽しいです。スタッフさんの愛を感じます。素敵な水族館ですね。 削除

2010/2/8(月) 午前 1:28 [ マツコ ] 返信する

珊瑚カエルさんは、完全にボクと同じ趣味ですねw。
「かわいい〜!」の使い方に、めちゃくちゃ気持ちが表れてるもの。
なんでこんなにかわいいんでしょうね〜?

動物でよく言われる、なんでそれほどに美しく進化したのか?ということより、ボクは、なんでそんなにかわいく進化したのか?ということの方が不思議です。
まあ、たまたまヒトの「かわいい基準」に合ってるだけなんだろうけど…。
でもやっぱりかわいすぎる!

2010/2/8(月) 午前 3:19 kapaguy 返信する

べる〜がくん、この水槽は、映り込がひどくて写真撮るのは厳しいよ。
とりあえず、ストロボで映り込みと逆光を少しだけ飛ばして、あとはソフトで色々調整してみた。
午前中に行けば、おそらくかなり撮りやすいのだと思うけど…。

2010/2/8(月) 午前 3:23 kapaguy 返信する

wanageinuさんは、カワウソらぶですか。ボクもらぶです。
二見シーパラダイスは、すごくいいですよ。コツメカワウソもいます。
超水族館ナイトのチケット、ありがとうございます!
お会いできるのを楽しみにしてますーーー!

2010/2/8(月) 午前 3:27 kapaguy 返信する

眼とろんさん。カワウソってなんかこう、顔つきとか仕草とか、すごくヒトっぽくて知能も高そうに見えるんですよねー。彼らがやってることを見てると、実際に高いんでしょうけどね。
それに、ヒトに対してあんまり物怖じしないところも野生の生き物としては面白い。
だから、河童のモデルにもなったのでしょうねえ。
ニホンカワウソは残念ながら、おそらくすでに絶滅しているのではないでしょうか。
最ももののけに近い生き物だったのに、本当に残念で悲しいです。
ポチ☆ありがとうございます。

2010/2/8(月) 午前 3:32 kapaguy 返信する

マツコさん。二見シーパラのブログ、めちゃくちゃ面白いですね。
ブログが面白いというよりも、スタッフのみなさんのキャラが面白すぎ!
ボクがこの水族館のスタッフがスゴイと思ったことの一つに、HPのことがあるのです。
実は二見シーパラダイスの公式HPって長いことなかったの。それでスタッフのみなさんが非公式に作っていたHPが、公式HPに昇格して、今はいかにも公式なHPになっているという歴史があるのですよ。
プロデュースの仕事の折りにも、TCAの授業とかでも、展示係の目指すところとして一番ひきあいに出すことが多いのが、二見シーパラです。

2010/2/8(月) 午前 3:38 kapaguy 返信する

顔アイコン

こんにちは!
か、カワウソと握手?!できるんですか!!
可愛すぎですね、カワイスギですよ。
私もあの肉球に触ってみたいです!ふにふにですよね♪

二見シーパラダイスについてあまり知りませんでしたが、
すっごく行きたくなりました。
早速ホームページを拝見させて頂きました。
すごく暖かい水族館ですね。素敵です!!
行ってきます。 削除

2010/2/8(月) 午前 9:11 [ みっきー ] 返信する

顔アイコン

^^二見シーパラのブログアップ、待ってました〜♪
ツメナシカワウソさんが まず出ましたか!

私もこのカワウソさんと握手したわ〜^^V
人懐こくてすぐ寄ってきて 手?あ、足ですね、
手のような足を出してくれます〜。

あ〜〜また会いに行きたいなぁ*^^*

2010/2/8(月) 午前 10:26 maru 返信する

メッサかわE〜☆
かわいすぎてEになってしましました!!笑

アドベンチャーワールドでコツメカワウソをだっこさしてもらったことありますが、手が出てくるといったかわいさ衝撃は相当なもんですね!!

しかも、なんとなくリアルに人みたいな手してますもんね!!
小さくって…

ツメナシカワウソ…
坊主頭の太郎君にみえてきました^^(森高千里、知ってますか??笑)

2010/2/8(月) 午後 2:05 ミーサン 返信する

顔アイコン

最近、某SNSで韓国の水族館でもやってるって写真をアップして
「世界でここだけ」とカキコしている方が
いらしたので、「二見シーパラでもやってます!」って
カキコしときました(笑)

この握手体験は、なんというかすごーく感激しちゃいますよね!
私も初めてやった時に「うわぁ、あったかい!!やわらかい!!
ホントに爪がない!!」って大感激しちゃいました(*^^*)

2010/2/8(月) 午後 9:47 [ しろねこさん ] 返信する

へ〜っ!ツメナシカワウソっていうんですか!?
何でかわいいのか、コツメカワウソと比べてみると、顔がまん丸で、目が中央に寄ってるんですね。
それから、毛の色や鼻の色が黒っぽい…それで可愛く見えるんですね。
つぶらな瞳に☆ポチです♪

2010/2/8(月) 午後 10:57 魚水 返信する

みっきークン。二見シーパラのスタッフの暖かさ。ブログを読むとホントに感じるよね。
若い水族館関係者が二見を訪れたら、きっとハマルというか羨ましくなると思う。
水族館によくある古いヒエラルキーがなくて、みんな活き活きとして向上心にもあふれてる感じ。
ぜひ、訪れることをお勧めするよ。

2010/2/10(水) 午前 1:05 kapaguy 返信する

maruちゃんも握手したんやw。
脚やなくて「手」でいいんよ。だって握手やもん。ワンコにも、「お手」っていうやん。

確かにね、水族館関係者には、そういうことにけっこううるさい人いるんよw。
でもさー、どうだってええやんね、そんなこと。
そんなこと言ってたら、ヒトにしか手はないことになってしまう。
手のように使ってたら手。
ボクは生き物の擬人化とか、大好きですw。

2010/2/10(水) 午前 1:11 kapaguy 返信する

ミーサン。坊主頭の太郎くんは知らんけど、坊主に丸めて欲しい太郎くんは、政治家あたりで知ってるよw。
森高千里は知ってるけど、それと太郎くんがどうつながってるのかは知らんな〜〜〜。

コツメカワウソだっこしたことあるんや?
普通に聞いたら、握手するだけより、抱っこするほうが親密っぽいけど、こっちの握手の方がなんかスゴイ感じがするのが面白いよな〜w。

2010/2/10(水) 午前 1:15 kapaguy 返信する

しろねこさん。さすがこのブログに出入りしてくれてるみなさんは、すでにこの握手経験ある人が多いんやね〜。
二見シーパラって、かつてボクが週刊朝日の巻頭グラビアで「有名じゃないけど注目の水族館」という特集(失礼なね〜(^^;)で紹介した、全国5館のうちの1館。
他には、まだ有名ではなかった加茂水とかも入ってました。
二見シーパラは、加茂水と同じように、なんとか大ブレイクさせたいとちょっと画策している水族館なのです。

2010/2/10(水) 午前 1:20 kapaguy 返信する

魚水さん。ツメナシカワウソがなんで可愛いのか?
やっぱりついつい理由を考えたくなりますよねw。

なんつっても、丸い顔と、大きくて丸い目、この二つがこの毛並みにあるのだから、計算されつくされたヌイグルミが、しかも動いてる!という印象ですね。
さらに、仕草が、犬みたいであったり、猫みたいであったり、そして人の赤ちゃんみたいであったり。
もういくつも魅力があるのが、この子の魅力です。
ポチ、ありがとうございま〜す!

2010/2/10(水) 午前 1:25 kapaguy 返信する

顔アイコン

書いてから気付いたんですけど、きっと抱っこてカワウソからしたらやらされてる感満載やと思ったのですよ

自分から来てくれる事のうれしさがプラスされて、握手の方がいいって思ったのですよ

やらされてるではなく、自分から(動物自ら)自分に対して相手してくれることが(笑)

と、私は思ったんですが
二見シーパラ、ブログみましたおもろい、行ってみたいです

今、出勤中です 削除

2010/2/10(水) 午前 6:05 [ ミーサン ] 返信する

ミーサン、あいかわらずの夜勤、お疲れさま。
ん?あれ?夜勤中ではなく出勤中?つまり早番やったんやね。ますますお疲れさま〜!
カンチョは就寝時刻4〜5時の超夜型人間なので、夜勤よりも早起きの方が尊敬するんよw。

うん、抱っこされたカワウソは、やらされてる感というか、捕まっちゃったぞ!感が強いように思うねえ。
握手しにきてくれるカワウソは、たとえそれがエサを期待してであっても、すごく嬉しいよね〜。しかもこの時のこの子は、エサがないと分かってても、何度も飽きずに手を出してくれたんやぜ。
二見シーパラ、ぜひ行ってあげて。そしてみんなで大ブレイクさせようぜ!

2010/2/11(木) 午後 11:13 kapaguy 返信する

顔アイコン

初めてまして。
二見シーパラダイスのカワウソの写真を探してこのブログを拝見させていただきました。
3日前に旦那と二見シーパラダイスへ行ってきました♪二人で2回目の訪問です♪カワウソと握手出来たのが衝撃的に私のツボにはまってしまって写真を撮れなかったので探しに見に来ましたo(^-^)o本当に可愛かったです♪
旦那が動物好きで私は普通だったのですが、鳥羽水族館行ったあと二見に来てみたら、イルカだけじゃなくセイウチやカワウソたちとも触れ合うことができて、日帰りで帰るには寂しくなるくらい二見での動物達の触れ合える環境の凄さに感極まってしまいました(:_;)5年前くらいに訪れたときにはミドリゾウアザラシも二頭いたと思ったのですが、今は日本でも一頭しかいないと聞いてまた寂しくなりました(:_;)でもまたみんなに逢いに行きたいです♪ 削除

2010/9/17(金) 午後 0:25 [ ねこちゃん ] 返信する

ねこちゃん。ようこそです。
ツメナシカワウソの可愛らしさは、こいつのどこが水族館生物なんや?という疑問さえも吹き飛ばしてしまうくらいにメガ津波ですねw。
二見シーパラダイスの動物との近さって、ちょっと夢の国みたいな雰囲気があると思いませんか。
あれはきっと、トレーナーたちの「さあ一緒に楽しみましょう!」みたいな感覚のせいだと思うのです。トレーナーの顔を見ていると、みなさんすごく楽しそうで、動物にもそれが感染り、動物から客にまた感染る、という感じなのですね。
また、TOPページにも来てみて下さい。

2010/9/18(土) 午前 0:03 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事