ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は10/5(日)の開催。前売り発売は9/15です

全体表示

[ リスト ]

下関の海響館ペンギン村特集、まだまだ続くよ〜! (ただ今、伊勢市に滞在中)

前記事「ペンギン村4:ジェンツーペンギン」では、次回は水中を!と宣言してしまったのだけど、屋内写真ばかりでなんだかトップページが暗くなってきたので急遽変更。
明るい屋外展示を紹介します。
※ペン村紹介が増えてきたので、最初からナンバリングをしなおしました。


フンボルトペンギン特別保護区。

イメージ 1

2月の記事、「ペンギン村1」の外観(一枚目の写真)の上はこうなっていたのだ。

この屋外は、ペンギン村のもうひとつの見所。というよりも、元からあったペンギンプールも取り込んで、面積的にはペンギン村の主要部分といっていいくらい。
この写真に移っているのは全体の1/3程度でしかないんよ!
しかも、残りの2/3の場所に行くには橋を渡ったりして、なんというか広大なペンギン公園という感じ。


いました!フンボルトペンギン。

イメージ 2

これも「ペンギン村1」(写真4枚目)で紹介したが、特別な造波装置で荒れ狂う波間を、フンボたちが楽しそうに泳いでいる。
波間から、海岸のフンボが見えていますね。

実はこの展示施設は、フンボルトペンギンの重要繁殖地であるアルガロボ島を模したもので、まずはこうしてフンボルト海流の流れる海から上陸することになる。
さあて、上陸しましょうぜ。


アルゴロボ島をめぐるように作られた回廊を通ってフンボ繁殖地の探検をすると…。

うひょー!たくさんおりますなあ。

イメージ 3

広い島内だけど、フンボたちみんなに一番人気があるのが、ここ海岸の岩場みたい。

さてところで、なぜ「フンボルトペンギン特別保護区」なのか?
う〜ん……、それはね〜、特別だから特別なのだ! なのだ!なのだ!(子どもかよT_T)

フンボルトペンギンは南米チリの生殖場所での数が激減する絶滅危惧種で、繁殖地は保護区となっている。
だけど、日本の動物園水族館につれられてきたフンボたちは、日本の気候が合ったのか、本来は繁殖力が強かったのか、日本では繁殖しまくり、日本国内では最も飼育数の多いペンギンとなった。

で、こちらペンギン村では、チリでの繁殖を支援する研究施設として、チリ国立メトロポリタン動物園と協力体制を協定。
そこで、メトロポリタン動物園から「生息域外重要繁殖地」としての指定を受け「フンボルトペンギン特別保護区」と呼ばれているというわけ。


そんなワケで、ほらほらこういうペンギンたちが繁殖のために営巣する穴蔵がいくつもある。

イメージ 4

おおっ! カンチョ的にはここが感動。
これぞ、彼らの本当のお家だから。
動物園や水族館でよく見かける、擬岩に長方形の入り口がある洞窟風巣穴なんて、フンボルトペンギンやマゼランペンギンの生息地にはない。もちろん四角い箱の巣は論外ねw。

彼らは、たいていのばあい海鳥のフンが積み重なったグアノという柔らかい土壌に穴を掘って巣にしている。

もちろん岩屋があれば利用するけどそれは稀なケース。
今まで動物園水族館でみなさんが見ていた、天井の高い巣穴の中でまっすぐ立っていたフンボの姿は特殊だったということなのですよ。
これはね、ボクもずっと不思議に思ってたから、仙台の計画でもペンギンたちが中腰になって入る巣を計画してるの。


オープン早々、すでに愛の巣ごもりをしている2羽。

イメージ 5

あぁ、いかにも自然界の姿やなあ…。

実はこの巣穴は、ここフンボルトペンギン特別保護区の中でも、さらにまた特別な巣なのである。
なぜ特別なのかと言うと…、特別だから特別なのだ!なのだ!なのだ!(もうええって ^^;)

他の巣穴は、同じようなドームに仕上げた擬岩の巣なのだけど、ここだけはスタッフが土盛りだけをしておいたところ、このペアが二人で土を掘って作った、正真正銘、『ペンギンの、ペンギンによる、ペンギンのための巣穴』なのである!

フンボルトペンギンの繁殖が多い日本と言えども、彼ら自身で作ったお家で繁殖するのはおそらく初めてのことになるのではないだろうか?
その快挙のためにも、お二人さんには頑張って欲しいものである。


最後にもう一度、すがすがしく特別保護区海中からの写真を。

イメージ 6

なんだか、ホントにのびのびとしてますねえ。
テケテケ歩ける広い敷地に、波に揉まれる海。
日本で生まれたフンボたちもきっと、故郷アルガロボ島のことを語り合っていることでしょう。

ところで、ここに華々しく告知いたしまする。
中村元の超水族館ナイト2010夏の陣は、6月19日に決定!
ゲストは、このペンギン村の監修にも携われたペンギン会議の上田一生先生ですぞ。→上田先生のブログ


□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(19)

顔アイコン

ペンギンの巣穴は良いですね!
自然界に近い展示をするだけで
ペンギンがいつもより
活き活きと見えてきそうです!

早くも次回の告知ですか?!
ペンギン好きなんで
楽しみです!!
コアな話を期待してます!! 削除

2010/3/5(金) 午前 10:23 [ けーいちいわし ] 返信する

フンボルトペンギンさんはよく見かけますが、ボーリングのピンみたいなお姿が可愛いですね。
やはりペンギンさんは群れの迫力が素晴らしいですよね。共同作業で彫った巣穴だと、落ち着いて巣ごもりできますからね。
人間も結婚式でケーキカットじゃなくて、盛り土をスコップで掘った方が離婚が
減るかも。
荒波を乗り越えるペンギンさんがかっこいい!
どういう環境を優先的に保護すべきか、貴重な研究になりますね。
ポチ☆

2010/3/5(金) 午後 9:23 眼とろん星人 返信する

この穴堀の映像はどなたか撮影したのでしょうか?
土を盛っておけばどのペンギンでも掘るわけではないでしょう。
ボクなら掘りあがるまで動きませんよ笑。
巣穴づくりが見たいですね。
やはり自然が一番おもしろい!!

2010/3/5(金) 午後 10:05 [ - ] 返信する

顔アイコン

フンボルトペンギン、これだけ集まると迫力ありますね。うじゃうじゃいるのがステキです。おまけに、「生息域外重要繁殖地」。ガンガン繁殖して頂きたいです。どこかの記事によれば、85羽いるそうですが、ヒナがうまれてきたら、ますますおもしろい施設になるでしょうね。「うじゃうじゃ」にポチであります(^^)。

2010/3/6(土) 午前 7:03 [ わなげいぬ ] 返信する

顔アイコン

ペンギンの展示施設と言うよりも
ペンギンのお庭ないし集合住宅に
お邪魔すると言った感じになりました。
気分はプチサファリと言う例えが適当でしょうか?

一つ明らかに質感の違う穴がありましたが、
ペンギンお手製のお家だったんですね。

波は少し荒れた海のチャプチャプ感と言うか
きめの細かい波って感じですね。
ザパーンと大波の来るものじゃ無いので、
言われなければ凄さに気づけないかも。

中に入れるプログラムもあって、
次回訪問時は狙ってみようと思います。

それにしても同様に繁殖を目指してる
マカロニさんは少し陰が薄いですね。

2010/3/6(土) 午後 11:23 [ aot*t*ro ] 返信する

けーいちいわしくん。自然の巣穴にいるペンギンは、胸が土で汚れたりして、生活感というか生きてるリアリティーがすごくあるんだよね。

次回超水族館ナイトでは、ペンギン先生のコアな話と、カンチョのアホな話が、とてもディープなペンギン世界へトリップさせると思うよ。お楽しみに!

2010/3/7(日) 午前 0:52 kapaguy 返信する

眼とろんさん。ボーリングのピン?! ホントやな〜。眼とろんさんの感受性にはいつもなんだかうならされるw。
ケーキカットはただの儀式ていうかこじつけですからね、さらにヒトのマイホームづくりはお金やしねえ。もし二人で木を切って泥をこねて屋根を葺いて家を作ったとしたら、離婚するのはすごくもったいないと思うことでしょう。
ペンギンやツバメの離婚率が低いのは、実はそんなところにあるようです。

並みを乗り越えるペンギン。これもあまり知られてないペンギンの姿なんですね。
ペンギンは、崖を登れば、穴も掘り、波を越えて泳ぐこともする、実にたくましい生き物なのです。愛らしさだけを気に入っている時代は終わり、ペンギンたちの生きる姿に感動するような時代がやってきたのだなあと思います。
ポチ☆ありがとうございました!

2010/3/7(日) 午前 1:01 kapaguy 返信する

ghanaさん。さすがにちゃんと撮ってるだろうと思うよ。
実はこの巣穴、去年伺ったときには、山が崩れて失敗してたの。この穴は再挑戦して完成した、彼らの努力の結晶なんです。
まぁ努力と言えば、2度目には崩れにくい土山を作った展示スタッフの方がより努力しているとも言えるけどw。

2010/3/7(日) 午前 1:04 kapaguy 返信する

わなげいぬさん。そうそう85羽なのだそうですね。きっとすぐに100羽を超えることでしょう。
実は多くの水族館では、繁殖制限をしているのです。というのも、限られた飼育スペースの中であまりにも増えてしまうと困るからです。
この施設だと、200羽は軽く住むことができるでしょう。でも、増えれば餌代やら人件費やらが余分にかかってしまうでしょうけどねw。

ポチ、ありがとうございます〜!

2010/3/7(日) 午前 1:09 kapaguy 返信する

aototoroさん。プチサファリ! 言い得て妙です。ペンギンサファリなのですねw。
波は、ちょっとマニアックなのです。
なんでも造船関連企業が造ったのだそうで、見た目の派手さよりもホンマモンの波に近いことを目指したのだとかで、造波装置には珍しくコンピュータ制御です。
海響館は、渦潮発生装置とか、海流の速度を見せる水槽とか、そういった海を見せる装置がとりわけ充実した水族館です。

ご案内の通り、このエリアでは、いろんなプログラムがあります。
ボクが寄せてもらったときには、ペンギンタッチと一緒に記念撮影のプログラムを、ボランティアの人たちが、客役と担当役に別れて、練習している最中でした。
晴れてたのだけど、全員が傘を持ったりして、雨の日の対応訓練でした。みなさん頑張ってます!

2010/3/7(日) 午前 1:18 kapaguy 返信する

顔アイコン

本当にペンギンが作った巣穴なんて現地じゃなきゃ見れないと思っていました。
より自然に近い姿が見れるのは、凄いですね

それに、波!!
海を実感できて、楽しそう♪
水族館 どんどん進化していて、びっくり(゚O゚)
新しい水族館(仙台)には、どんな驚きが有るのか、楽しみです(^O^)/ 削除

2010/3/7(日) 午後 5:15 [ Kazuki ] 返信する

Kazukiさん、お久しぶり!
ボクもこの巣穴にはビックリです。日本は雨が多いから、穴を掘りさえすればいいというわけではなく、雨などで崩れないだけの盛り土の適度な固さも必要らしいですよ。
盛り土は展示係としての腕の見せ所ですね。

波や水流は、海で暮らす生き物にとって、体への刺激とかのためにホントはすごく必要なものなのかもしれませんね。
仙台の計画は、今ちょっと止まっているかのようになっていますが、必ずや実現しますので楽しみにしていてください。

2010/3/8(月) 午前 0:30 kapaguy 返信する

顔アイコン

外はこんなにも明るいんですね。
すっごくきれいなフンボちゃんたちです。
ポチ☆です。

2010/3/8(月) 午後 9:24 [ フンボ ] 返信する

あっ!フンボさん!こんなとこに。
ペンギンシリーズなのに、フンボさんが出てこないな〜と、心配してたですよ。
フンボルトで出てきてくれたのですね。どうもありがとう。
ポチ☆もありがとうです!

2010/3/13(土) 午前 3:18 kapaguy 返信する

顔アイコン

カンチョさん、こんばんは。
私、ペンギン村の記事全部読んでますよ〜♪
コメントは控えてました。
なぜなら暴走するからです(ーー;)

今回はとくに写真に注目しています。
おかげさまで楽しんでま〜す♪

2010/3/13(土) 午後 10:01 [ フンボ ] 返信する

暴走、大歓迎ですよw。
なんか、ペンギン村の記事にはコメントも少なくなってきたので、そろそろみなさんペンギンには飽きてきたんやな〜と…。
早めにうち切らねばと考えているところなんですよ。

2010/3/14(日) 午前 0:49 kapaguy 返信する

そっか〜!これが本来の姿なのか〜!!
自分たちで掘りましたって顔に書いてありますね〜^^
盛り土しててよかった〜^^って職員さんはほんまに思っているでしょうね〜^^

まっすぐ立って入っていく巣穴しか見たことないので、そうですよね〜穴なんですから!!
自分たちの身の丈をしっかり見極めていますね!!
決して背伸びして豪邸立ててもそこへ似つかない人がはいれば、手放す確率も増えてしまうわけですものね〜^^

あれ?ずれてますかね??笑(馬鹿)

2010/3/15(月) 午後 4:05 ミーサン 返信する

あ、ポチです!!ってか、ペンギン村凄すぎっすね!!

2010/3/15(月) 午後 4:07 ミーサン 返信する

ミーサン。自分たちが掘ったって顔に? う〜ん、まぁそう言われればそういう感じもするw。
そう考えると、印象って見たもん想像したもん勝ちやね。ミーサンの感覚で水族館に行くとすっごく楽しめるやろな。
まぁボクも妄想勝ちな奴ではあるけど…w

自分でつくった巣の方が手放す確立が少ないというのは、ぜんぜん別の理由やけどw合ってるんよ。
ツバメの離縁率が低いのは、去年ふたりで一生懸命作った巣を手放したくないからなんやって。
つまり、お互いに愛し合ってるというよりも、自分のつくった巣に愛着を持ってるということらしい。
打算の産物ですなw。
ポチ、ありがとー!

2010/3/16(火) 午前 4:34 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事