ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

全体表示

[ リスト ]

しまねアクアスに足摺海洋館、桂浜水族館は言うにおよばず、遡って、海きららに、二見シーパラ、そしていおワールドかごしまと、もうすぐ書くから…とか言いながら、ぜんぜん記事にしてなくてごめんです。

で、今回は一番最近の、宍道湖自然館ゴビウスです。

ゴビウスはもう3度目なのだけど、実は一度もスタッフの方の案内をお願いしたことはなかった。
今回は、島根県立の施設に島根県の人に連れられていっちゃったのと、前日のアクアス10周年講演でゴビウスの館長にもお会いしてたので、事務所でちゃんとご挨拶。

そしたら館長さん曰く、「若いスタッフに、中村さんのファンなので自分に案内させてくれ!という者がいるので、彼に案内をさせたいのですが」と。

「えっ?彼女やなくて彼?」などとは、もちろん申しませんとも。
まあ嬉しいこと言ってくれちゃって…とかなんとか。いや実際すごく嬉しかったです。

その彼が、自慢げに見せてくれたのが、今の季節展示。

まずは、宍道湖産シラウオ。

イメージ 1

お〜、透明ですな〜!


そして、美しく弾む、若アユ。

イメージ 2

う〜ん、踊ってますな〜!


さて、シラウオを、こんなにはっきりくっきり見るの、カンチョは初めて。

確かどっかで展示されていた記憶はあるのだけど、1尾か2尾、すごく小さかった。
こちらのは見事な大きさで10cmほどもある。

イメージ 3


シラウオはサケ科の魚で、小さいけどサケの仲間に特徴の「脂ビレ」が、背ビレと尾ビレの間についている。
右上のやつに、ちょっとだけ見えますね。

三重県で季節になるとおどり食いするシラウオは、こんなに大きくないのだけど、実はあれはシラウオではなく、シロウオでハゼ科の仲間。
シロウオのことを、呼びやすくてメジャーな名前シラウオと呼んでいるのだ。

いつもお世話になっているぼうずコンニャクさんの図鑑によれば、シラウオは「白魚」で、シロウオは「素魚」なのだそうだ。

白魚のような指…というのは、もちろんシラウオのことでしょうな。
途中で折れ曲がったみたいに見えるのが、確かになんとなく指に見える。


イメージ 4


この展示には、オスとメスの見分け方が書いてあったけど、カンチョにはぜんぜん判別つかなかった。
まあ、そんなもんですわ、素人というのはw。

それよりもカンチョ的には、シラウオはまだいただいたことがない…ということの方が問題なのである。
案内してくれた彼によれば、宍道湖のシラウオは本当は12月頃から漁獲の時期なのが、年々遅くなってきているとのこと。
漁獲量も減ってるらしい。

今度行くまでに、大丈夫か?シラウオ。
いつか絶対次に味わってやるからな。温暖化なんかに負けず、宍道湖で頑張って生き抜いてくれ!


アユの方も、カンチョにとっては今年の初アユ! (見るのがね)

イメージ 5

躍動感っていうんですか?
ボクの頭の中には、子どもの頃に川の水中で見たアユの姿が残っていて、アユに合う泳ぎ方というのがあるんだけど、いかにもこんな感じなの。
流れの中でキラキラ踊ってる雰囲気なんね。

ゴビウスのみなさんは、「この人、アユなんかに、なんでそんなに食いついて撮ってるんやろ?」とお思いだっただろうが、コレです。
この、流れの中でアユたちが遡上してるっぽい雰囲気を狙ってたんです!


ところで、案内をしてくれた彼が持ってきてくれたのが、『水族館のはなし』(技法堂出版)ふる〜!
古いのも古いはず、中学だか高校だかで、この本を読んで水族館のスタッフになろうと決心したとおっしゃるワケですよ。
その著者からのサインが欲しいと…。
う〜ん、著者冥利に尽きますな。

展示係の若アユよ!キラキラと躍動してくれたまえ!

そんで、彼らのおかげで、島根県、すごく好きになっちゃいました〜w。現金な奴…(^^;



News:次回トークライブ『中村元の超水族館ナイト2010夏』は6月19日⇒東京カルチャーカルチャー(お台場)

恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

閉じる コメント(12)

顔アイコン

シラウオとシロウオは難しいですよね。
いまだによくごっちゃになります(笑)

鮎は独特な顔立ちをしていていますね(特に下顎が)。
海遊館で見ても川魚!って感じがいつもします。
独特なのはシラウオの方ですが…笑

2010/5/12(水) 午前 10:29 [ けーいちいわし ]

顔アイコン

ここまだ前は通ったことあるのですが・・・

入ってないなぁ・・・・

行かなければ”!”

2010/5/12(水) 午後 1:30 ○丸ちゃん○

顔アイコン

シラウオは見たことも食べたこともないです。
鮎は食べたことあります。
やっぱ天然ものはいいですね〜。

2010/5/12(水) 午後 4:19 [ フンボ ]

顔アイコン

かわいいやつやないですかカンチョ目線

カンチョさんを慕ってる方は沢山いるでしょうよ

シラウオにシロウオ、いうたら一緒ですけどねぇ〜漠然と…
双子みたいなもんですかね

似てるけど、DNAが違うねんくらいの…

軽すぎますかすいませーん(=°ω°=)

人権…ではなく、魚権侵害で訴えられそうです
私もいただいたことありません
ジャコですかね

2010/5/12(水) 午後 8:02 [ ミーサン ]

顔アイコン

シラウオもシロウオも
そして鮎も
食べるのは美味しいけれども、
見るの楽しいですね〜(^^)/☆

2010/5/12(水) 午後 9:17 [ ずぅ ]

シラウオ体型も縞模様も格好いいですね。
4枚目の写真は本当に3本の指のようだし・・・。
若鮎は姿の清涼感ったらありませんね。
美しいし美味しいし・・・。
宍道湖は夕日が美しい湖ですね。しじみも展示してあるのかな?
松江城も出雲大社もあるから、アクアスもはずせませんね。ポチ☆

2010/5/12(水) 午後 10:27 眼とろん星人

けーいちいわしくん。君がごっちゃになってたらあかんやろ。ごっちゃになってええんは、ボクら一般民衆やw。
アユの顔の独特さに気付くのはとてもよろしい。やっぱり生き物は顔から入らなくちゃな。なんのこっちゃ…。

2010/5/13(木) 午前 3:06 kapaguy

丸ちゃん。琵琶湖を見たら琵琶湖博物館。宍道湖を見たらゴビウス。これは常識でっせw。
次回はぜひ入ってみてください。宍道湖、中海の魅力が必ずや増します。ホントです。

2010/5/13(木) 午前 3:08 kapaguy

フンボさん。もうすぐアユの季節ですねえ。
そういや、去年買ったタデ酢、まだ使えるだろうか…?

2010/5/13(木) 午前 3:11 kapaguy

ミーサン。慕ってくれる人がいることは幸せなことやな〜と、近頃思うわ。

シラウオとシロウオ、名前が似てるだけで、DNAはオオカミと羊くらい違うの。ダンダン断じて兄弟ではありませぬ!
さらにジャコまでいっしょくたにして…(^^;
魚権委員会から訴えられるよホンマにぃ。

2010/5/13(木) 午前 3:16 kapaguy

ずぅさん。生きてるのを見て楽しみ、いただいて楽しむ。
この両方が楽しめるようになると、日本人ですなw。
水族館大国の証です。
ところで、アユはなぜかしら、死んでいるのも美しいもんなあ…。

2010/5/13(木) 午前 3:21 kapaguy

眼とろんさん。シラウオの縞模様、ホントにちょっといい感じですよね。わざわざ線画で描いたみたい。
アユの美しさは、そうか清涼感なのですね。笹の緑の上に置くと、ほんのり緑が映るつや消しの銀色…。
ゴビウスの展示には、ちゃんとシジミもありますよ。しかも入り口付近の顔となるような水槽に!出雲大社にお参りしたおりにはぜひ!
ポチ☆ありがとうございましたー!

2010/5/13(木) 午前 3:26 kapaguy


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事