ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は2019年2月24日(日)の開催。前売り発売は1/24です

全体表示

[ リスト ]

熱帯夜に仕事するのが嫌で、ウィスキー飲みながら写真の整理してたら、3ヶ月前に「美ら海なう!」とか言って、コンデジの写真をアップしたっきりだったのが判明。⇒美ら海水族館でジンベエに会う

そんなわけで、どうせ暑いなら沖縄まで行っちゃおう!
しばらく、美ら海特集です。

ついでに、美ら海水族館にはカメラ持って人がとても多いから、『水族館素人撮影術』的記事でお送りします。

まず今日は、エントランスで我々を迎えてくれる、世界一のサンゴ礁水槽から。
※α700 18mm F5.6 1/50秒 絞り優先 露出補正-0.3 ISO250  (レンズ:SIGMA18-50mm/2.8)
イメージ 1

この水槽は、沖縄の太陽をそのまま引き込んでいるのと、底が真っ白なサンゴ砂に覆われているから、その反射もあって、美ら海水族館では最も明るい水槽。
だから、サンゴ礁に潜ったのと同じように、すごく簡単に水中写真が撮れちゃうみたいな気持ちになる。
そんなワケで、この写真のみなさんも、ほぼ全員が写真撮ってますねw。

でも、きっとこのみなさんは、家に帰るとちょっとがっかりしちゃうことになる。
普通に撮ると、メリハリ無く色の飛んだ薄緑っぽい写真にしかならず、さらに、魚の黄色や赤色は、くすんだ緑になってしまうはずなのだ。

しかしである、
なんだ!やっぱり水中写真のようにはならないなんだ! とは思わないで欲しい。
だって水中で撮影したって、同じようなことになるんやもん。
理由は、海水が太陽から色を奪ってしまうから。
つまりいい色の出ないこの水槽は、ちゃんとした深さもあって、ホントに水中と同じ条件になっている証明なのだ。

では、なんで水中写真のサンゴ礁はとてもキレイなのか?
一つの方法は、海水が太陽の色を奪うことができないほどすごく浅い場所で撮影している。
もう一つは、強力なストロボを当てて撮影している。
美しい色の出ている水中写真は、そのどちらかなのだと考えればいい。

つまり一眼レフユーザーは、こういう明るい水槽でこそ、ストロボ撮影をするべきなのである。
そしたら、潜らなくても水中写真をゲットできるのだ。やりい!


と、そんなこと考えている場合ではない事態が起こった。
おおお…、ユウゼンや!

※α700 15mm F8.0 1/80秒 マニュアル露出 強制発光 ISO250 (レンズ:SIGMA15mmFishEye/2.8)
イメージ 2

えらいこっちゃ! ユウゼンがおる! しかもでっかい!

黒光りしている、ちょっと大型のチョウチョウウオ。
これがユウゼンですぞ!
しばし見とれてしまうカンチョ。
カンチョ、恥ずかしながら、成魚のユウゼンを見るのは初めてなのである。

なるほど、悠然と泳いでますなあ〜。 いや、悠然と泳ぐからユウゼンではない。
漢字で書けばおそらく染め物の「友禅」なのだ。
縮緬っぽい地肌に、しっとりとした黒色を、高級な着物に見立てて付けた名前なんだろうと思う。

錦絵のようなサンゴ礁魚が多い中、この渋い色模様の魚に「友禅」と付けた人のセンスのよさが素晴らしい。
会いたかったよ〜!ユウゼン。

ストロボのおかげで、ユウゼンの黒は真っ黒に、白は真っ白に、お尻の黄色は発色よく写りました。
いろいろ考えて、設定しててよかった〜。


ユウゼン、激写!

※α700 50mm F4.0 1/100秒 シャッター優先 露出補正−0.7 強制発光 ISO200(レンズ:SIGMA18-50mm/2.8)
イメージ 3

これ、なんか3Dっぽくない?

じっと見てると、ユウゼンがユラユラと動いてくる。
ホンマやって! 見てみいって。


はいはい、ユウゼンの興奮はこのくらいに、普通にサンゴ礁っぽい写真を撮りましょう。

※α700 15mm F8.0 1/125秒 絞り優先 露出補正−0.7 強制発光 ISO250 (レンズ:SIGMA15mmFishEye/2.8)
イメージ 4

ヒレナガハギ(上)とアデヤッコ(下)ですな。
アデヤッコは漢字で書けば「艶奴」。 つまり艶やかな芸妓さんの意味。
確かに、とっても艶やかではあるのやけどね、ユウゼンの美しさを見た後では、まあこんなんもおるさ…な感じw。


でも、発色いいでしょ、これも。
そこで、「はいはい、ストロボを当てれば、サンゴ礁の色も魚の色もきれいに出るんでしょ。もうできちゃうもんね〜」と、カンチョの裏技をすでに手にした気分になってるアナタ。
うひょひょひょ、ところがそうはうまくはいきませんですぞ。
 
きっと、まず、ぜんぜん色が出ないどころか、真っ黒になっちゃった。
もし色が出たとしても、水槽の雄大さがなくなって、魚だけしか写らなかった。
となることだろう。

それは、被写体が遠すぎたのだ。
そしてバックが暗くなるのは、水槽の明るさにシンクロさせていないから。
さあ、しっかり考えて、どこでどう撮影すればいいのかを考えましょうね。

実はこの水槽は、細長いように見えて、かなりの奥深さがあるから、ストロボ光など届かないのだ。
でも、サンゴ礁が岬のように目の前にまで突き出てきている場所が、左右に1カ所ずつある。
そこが狙い目だ。
2枚目のユウゼンを撮った写真は右側の岬、3枚目のアデヤッコがいるのが左側の岬。
このどちからでないと、ストロボの光は届かない。

ストロボを使わない場合も、サンゴが近ければ近いほど、カメラとサンゴの間に海水がないので、ある程度の発色が得られるので、コンデジのみなさんも、その場所を確保して撮影するのがいい。
少しでも色を拾っていると、パソコンに取り込んでから、画像ソフトで発色を出すこともできる。


ところで、この水槽の美しさは、光の射し込む透き通るような透明感と、白い砂底にある。
それが表現できる写真を、『中村元の全国水族館ガイド112』用に撮らねば、と撮ったのがコチラ。

※α700 15mm F2.8 1/125秒 絞り優先 露出補正−0.3 強制発光 ISO250 (レンズ:SIGMA15mmFishEye/2.8)
イメージ 5

自分で言うのもなんなんすけどね、きれーなあw。
いや、そもそもこれこそが、沖縄の太陽と、沖縄の海水を、そのまま使うことによって実現したこの水槽の魅力ですね。


素人撮影術的コメントとしては…
このサンゴ礁の岬は、右の岬。
白い砂を美しくするために色補正したら、特にストロボを当てていないサンゴ岬の、わずかに拾っていた色が現れた。
やっぱりねえ、ストロボ使わない場合でも、近いところにあるものを狙うというのが、とても大切なのですよ。
『サンゴ礁の色を出すには、近くに突き出た岬を狙え』覚えておいて下さい。


●美ら海水族館の、これまでの記事と写真はコチラ ⇒九州沖縄の水族館記事リスト

□カンチョの水族館写真撮影術が掲載された→『写真ライフ76』2009春号

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

閉じる コメント(14)

顔アイコン

なるほど!! ものすごい明るい水槽なので、ストロボ使うことなんて、思いも付きませんでした!!
とても綺麗な水槽なんで、大好きですけど。

こんなこと言うと、美ら海水族館の人に怒られそうですが、
実際、水族館で見ているよりも、帰ってきて写真整理をしてる時の方が、あの水族館のすごさを感じるような気がします。
混雑しすぎてて、水槽を堪能するって感じではないからなのかなぁ?
そのためにも、次に行く機会には、教えてもらった方法に挑戦してみます!!

2010/8/15(日) 午前 2:12 [ ミストラル ] 返信する

顔アイコン

ストロボ、、私も行く機会があれば挑戦してみたいです。

一枚目 右と左の世界が違って面白いです^ポチン!

2010/8/15(日) 午前 9:21 maru2e08e8cb03f29202efe5ff4736be 返信する

ミストラルさん。写真の方が美ら海水族館のすごさが感じられるのは、ミストラルさんの撮影レベルが高いからです。普通はその逆やもん。

あるいは、ミストラルさんの場合は、現場にいるとついつい生き物を観察する、生き物大好き人だからということも大いにありますね。
それはそれで、高度な水族館の楽しみ方なので、つまり、現場では現場の楽しさを満喫し、写真では写真の楽しさを満喫できる、さすがな水族館楽しみスキルのある人であることの証明ですぞ。

2010/8/15(日) 午前 11:37 kapaguy 返信する

maruさん。ぜひ挑戦を!あの名古屋港水族館も去年からストロボ解禁になったので、今は東海地区の水族館はほぼ全てOKやないかな。
ストロボ使うときには、ストロボコードも準備してね。
「水槽ストロボ撮影の基本」⇒http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/16731794.html

ポチン!ありがとー!

2010/8/15(日) 午前 11:45 kapaguy 返信する

φ(・_・。 )フムフム…
ユウゼンは経験をつんだ芸者さんのような大人の魅力を持つ魚で、ツヤヤッコは芸者さんになりたての若手な様子って感じなんですね〜!
なるほど〜!!
艶やかとか、艶っぽいとか言われるような大人の女性になってみたいな〜(^-^)
目指せ!!ユウゼン!!

カンチョ様、ついにシロイルカみましたよ❤
幸せの輪もみましたよ〜❤
赤ちゃんもみましたよ〜❤
アクアスいってきました!!

2010/8/16(月) 午前 5:42 ミーサン 返信する

ミーサン。そうや!目指せユウゼン!w
なんでも噂によると、ブログ水族館に参加してる女性は、どんどんエエ女になるって話やw。

シロイルカ、おめでとー!
この暑さの中を行ったんやから、幸せになれるとええねえ。

2010/8/17(火) 午前 0:56 kapaguy 返信する

顔アイコン

マジですか
ユウゼンになれますかね 削除

2010/8/17(火) 午前 4:14 [ ミーサン ] 返信する

顔アイコン

勉強になります〜
ボクも、今年になってからデジ一を購入してイロイロと撮影しているのですが・・・水槽の魚の撮影って難しいですよね(^.^;
以前の記事で、カンチョさんが撮影の為に「黒のジャケット」を着ているって書いていましたが、小樽にいらした時も確かに着ていましたよね。
その姿をみて「やっぱりカリスマだぁ〜」って思いましたよ((*´∀`))

2010/8/17(火) 午後 10:47 カミナリとうさん 返信する

ミーサン。たぶんw

2010/8/17(火) 午後 10:50 kapaguy 返信する

カミナリとうさん。一眼の場合、水槽写真も、まず一般的な写真撮影の実技を覚えなくちゃいかんと思うのですよ。
特に最近のデジタル一眼は、フォーカスも露出も勝手にやってくれるから、ただ「ちゃんと撮れた」というところで終わってしまいます。
実は写真って、デジタルな絵なんですよね。
だから、「こういう風に表現したい」という気持ちと、それを理想に近づけるために技術を習得するというのが、写真のおもしろいところだと思います。

黒ジャケ、水槽だけでなく、写真を職業にしている人には、けっこう黒が多いです。窓やモデルの目など、自分の姿が映る場面は多いですからねえ。
でも、黒ジャケのカリスマって、それ写真家ってこと?w

2010/8/17(火) 午後 11:00 kapaguy 返信する

美ら海は、水槽が明るい上に、先生の熟練したストロボワークでお魚が浮き上がって見えますね。
サンゴ礁のジャングルを魚が分け入っているという姿が猛獣みたいです。
ユウゼンの黒にシロで縁取られたシックなウロコ模様に尾部の鮮やかな黄色の縁取りがまいってしまいました。
本当の海中よりも鮮明なんですよね。やはり水族館は凄いなあ!って改めて納得しましたよ。ポチ☆

2010/8/17(火) 午後 11:13 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

まさにその通りですね。
始めは何のことやら解からず、ただバチバチとオートで撮影していました。ですが、最近は目標の構図を頭に浮かべながら撮るようにしています。たまぁ〜に「やったぜ!イメージに近い・・・」って写真もあります(^.^;

なんて言ったらいいのでしょうか?
本の出版、ブログやHPで使う写真をいつでも撮れる用意をしている姿勢、プロ意識みたいなものを感じたのです。
カンチョさんからすると、ごく当たり前の事なのでしょうけど、目の当たりにすると「やっぱりカリスマ!」と憧れの眼差しとなる訳です。

2010/8/17(火) 午後 11:25 カミナリとうさん 返信する

眼とろんさん。サンゴ礁のジャングルの猛獣…なるほど!
サンゴ礁の花園の蝶々という表現はよく目にするけど、ジャングルの猛獣はスゴイ!
しかもそれを、ボクの写真で発想してくれたのは、とっても嬉しい!
いやホントにそうなの、こいつら。すごくわが物顔で泳ぎ回ってるのですよw。

ユウゼンのこの配色の妙ったらありませんね。
ユウゼンが我々の美の感覚に収まるのではなく、ユウゼンをはじめとする自然の美しさを元に、我々の美の感覚は生まれたのだと思います。
ポチ☆、ありがとうございますー!

2010/8/17(火) 午後 11:59 kapaguy 返信する

カミナリとうさん。なんかチャットっぽいですなw。
「やったぜ!」の気持ちは次の目標をつくりますね。写真も人生ですw。

プロ意識…カッコよろしいなあ。たいへん嬉しゅうございます。
しかし、本もブログも、ぜんぜん商売になってないんですけど〜!と、いつも相棒に皮肉られてますw。

2010/8/18(水) 午前 0:05 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事