ブログ水族館/中村 元

次回『中村元の超水族館ナイト』は10/5(日)の開催。前売り発売は9/15です

全体表示

[ リスト ]

サガミモエビ、ミカワエビ、ヒラアシクモガニ、オキノアカモンエビ、オーストンガニ。

深海のカニとエビは色と姿が際だっている。
竹島水族館の小窓水槽深海展示には、そんな連中がゴロゴロいるのだ。
先日の可愛い系深海生物アカツノチュウコシオリエビとトウヨウホモラに続いて、今回はカニとエビで。


例えば、サガミモガニ。

イメージ 1

真っ赤に燃える熱い奴…みたいな奴。

サガミは相模ゴムのサガミではないのだけど、真ん中の突起がなんとなく相模ゴムな……。

いや、そういうことを言いたかったのではなくて、サガミは相模湾の相模なのだけど、別に相模湾にだけ住んでいるというわけではなく、深海展示にはわりとどこにでもいるカニ。
それが、この色形やもんね。


相模があるなら、三河もあるさ。
ミカワエビ。

イメージ 2

おそらく、蒲郡の深海漁で獲れるので、三河の名前が付けられたのだろう。(おそらくです)
モスラのサナギってこんな感じではなかったか?


それにしても、頭でっかー!
こんなんでは、尾っぽの身が小さくて食うとこないよな〜と思っていたら、解説には「美味しい」と書いてあった。
ということは、頭の中のじゅるじゅるを中心にいただくのか?


まったく食うとこ無さそうなのは、コイツである。
ヒラアシクモガニ。

イメージ 3

このね、卍型っぽい円形がなんとも言えず美しいではないですか。

本当は、このままの姿で海底の砂に薄〜く潜る。
そのために、全体的に薄っぺらい姿をしているのだ。

それにしてもこの姿、なんか芸術を感じないですか?
人間の美の感性というのは、生物界のごく自然にできあがった美しさにも反応するものなのであるなあ。


今回は、エビも頑張るよ
日の丸エビ! いやもとい、オキノアカモンエビ

イメージ 4

この子の特徴は、お尻の真っ赤な模様
カンチョは密かに、ゼロ戦エビと呼ぶことにした。

赤色は、太陽光の届かない深海では、真っ黒になって真っ暗な世界に溶け込みやすいからだが、日の丸の縁取りには真っ白な円形が描かれており、これがどんな意味を持っているのか、カンチョには分からない。
もしかしたら、ハウディーのハンディキャップ理論みたいなことなのだろうか?


最後にご紹介するのは、再びカニ。
オーストンガニ。

イメージ 5

外国人的な名前なので、世界中にいるのかと思ったら、なんと日本で見つかったのに名付けたのがイギリス人のオーストンさんだったのでオーストンガニなんだそうだ。

えー!そんなんいややなあ。漢字で書けへんやんか。
それでカンチョ名を付けることにした。
こいつの標準カンチョ名はセンジュカンノンガニに決定!
なんというか、合掌してこちらを見据える姿に、千手観音ぽい神々しさを感じたわけです。


ところで、竹島水族館、新深海展示記念で3連発!とかって宣言しちゃったけど、このままやと5連発は行ってしまいそうな雰囲気やなあ(^^;


●竹島水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東海地方の水族館記事リスト



恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

オーストンガニ、私が行った時にはいませんでした・・・。
コレはまた竹島に見に行かないと(笑)
甲羅に生えている細長い刺(4本?)が攻撃的ですね。

ヒラアシクモガニは見れば見るほど、「こいつこんなぺらっぺらな脚で移動できるの?」と疑問に感じて仕方がありません。(-_-;) 削除

2011/4/25(月) 午前 2:49 [ Elpaso ] 返信する

顔アイコン

”カニ対エビ”なんて聞くと、なんか美味しそうな妄想を抱いてしまいますが、深海キャラでした(^^;ヒラアシクモガニはどれぐらいの大きさなのでしょう?比較するものが写ってないのでわかりませんが、タカアシガニぐらいあったらカッコイイでしょうね。でもクモだからそんなに大きくないかな。しかし、深海では生き物がいろんなバランスで生活しているんですね。ふしぎです。どうも海底を歩く系に弱いのか、オキノアカモンエビの踊って楽しそうな姿がいいですね。

2011/4/25(月) 午後 5:52 [ わなげいぬ ] 返信する

Elpasoさん。どうやら、この深海小窓水槽には、どんどん新しい生物がやって来るようですね。
Elpasoさんのmixiで見かけたのが、ボクが行ったときにはいなかったし、毎日通うと、深海生物図鑑が作れるかもw。

オーストンガニもヒラアシクモガニも、底引き網採集で見つかった写真とかは、ネット上にわりとよく見かけるのだけど、どれもいかにも海の藻屑みたいな姿。
水槽で落ち着くとこんなに立派な存在感を表すのですねえ。

ヒラアシクモガニが移動している姿は、見たことないし、想像もできないなあw。

2011/4/25(月) 午後 9:28 kapaguy 返信する

わなげいぬさん。ヒラアシクモガニの大きさは、この形での直径が15〜20cmくらいというところだったでしょうか。
なので、脚を広げれば、大きさだけならけっこう大きなカニなのです。体重はほとんど無いでしょうけどねw。
水圧に潰されたみたいな雰囲気が、深海生物っぽくていいです。
深海の世界は、どこまでも不思議ですねえ。

2011/4/25(月) 午後 9:36 kapaguy 返信する

顔アイコン

5連チャン!いっちゃいましょうよ!♪

あの水槽は楽しげなものが入るとすぐに入れ替えますよ♪小回りの効く小型水槽の得意技です。15分で展示が変わります。ボクたちが企んで作った水槽なので、とにかくお客さん感覚で生き物を選んで解説をつけるように徹底させています!エッヘン!
でも、下段の高さとガラスへの映りこみが失敗だったぁ。。。

入り口のメッセージボードはにぎやかに書き換えました♪
ヒラアシクモガニは暗くなると、あんな格好でも、坂田師匠のような動きで泳ぐんですよ!! 削除

2011/4/26(火) 午後 1:29 [ アピスト ] 返信する

顔アイコン

竹島水族館の作る深海生物図鑑!!
うわぁ、考えただけでもわくわくしてきますね〜。
しかもリアルな挿絵とかホルマリン漬けの色の無くなっちゃったものじゃなく、全部飼育実績のある写真っ。

これが本当に出版されるとしたら、私は5000円でも喜んで買っちゃいますね。
で、竹島水族館に行った時にはアスピトさんに直筆サインいただきます。(笑) 削除

2011/4/26(火) 午後 1:58 [ Elpaso ] 返信する

アピストくん。ほほう、そうなんや。そりゃおもろいね。念のため…15分で死んじゃうこともあるって意味やないよねw。

ところで5連チャンさ〜、みんなだんだん飽きてきたみたいでコメントが少なくなってきたんやもん。これはマズイんちゃうか?
いや、それはボクの展示の仕方が悪かったんやね。よしっ今度はカスタマーズ起点で、コメントしやすい記事に仕上げてみよう!

2011/4/27(水) 午前 2:51 kapaguy 返信する

Elpasoさん。タケスイ深海生物図鑑なら5000円で買ってくれちゃうって?それじゃ、ボクが写真撮りに行って出版するかな。
5000円×1万部で5千万円!
その売上金の一部は、タケスイ深海小窓の高さ調節と写り込み防止の改良に寄付しましょうw。

2011/4/27(水) 午前 2:57 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事