ブログ水族館/中村 元

『中村元の超水族館ナイト2017夏』6/18(日)開催。チケット発売は5/18の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

「天空のオアシス」はサンシャイン水族館
そして、「天空の水族館」はスカイアクアリウム

1年のブランクを経て戻ってきた、六本木ヒルズの夏季限定イベント。
毎年のことなのだけど、たまたま毎年J−WAVEでのゲスト出演があり、J−WAVEが六本木ヒルズの中にあるので、その帰りに立ち寄る。
もちろん今年も行ってきたよ。

今年の一番の見所は、入ってすぐにあった。

イメージ 1

アートですな。
しかも、和のアート。

第2回の2008年のときには、金魚の屏風の美しさに感動したけど、それが発展して壁画になった。
スカイアクアリウム2008「金魚の屏風」

金魚水槽の向こうにあるマルチ画面に、映写される映像は日本の四季。
ふすまが閉じ、開かれるたびに、四季が移ろっていく。

秋の風景
イメージ 2

この場所は、入れ替え制になっていて、四季の一連が上映されるのだけど、ボクは入れ替えの一団の後ろの方だった。
それでもこんな風に真ん中に陣取れたのはなぜか?

入り口から入ったフロアは人がいっぱいだったのだけど、暗闇で目をこらしたらどうやらその前に一段低いフロアがあったので、そっちに向かったのだ。
このこと、これから行くという方は覚えておいて損はないよ。
まあもしかしたら今は、係員の人とかが前の方に誘導してるかもしれないけれどね。


イメージ 3

仕掛けは、こんな風になっているのだ。
薄い水槽の後ろに画面、そして前に水盤。

この薄い水槽、掃除するのめちゃたいへんやと思う……。
アートの世界は厳しいねえ。


この映像コーナーを終えると、スカイアクアリウム定番のいわゆるアクアリストの手によるアートな水槽の展示コーナー。

今回、ちょっと目を惹いたのが、上から見るこちらの水槽。

イメージ 4

普通の水族館でも、ホウボウとかイソギンチャクなど真上から見ると美しい生き物の展示に使われている手法だけど、このスカイアクアリウムのは特別に外に張り出して、照明が緑に赤に青にと変化をしていく。

しかもまた薄い。
こんなに張り出して薄いの、どうやって掃除するんやろ?
アートの世界、やっぱり厳しいねえw。


最後のコーナーは、青の世界。

イメージ 5

この球形水槽は、やはり2008年のときにお目見えした水槽で、これもボクはたいへん気に入ったのである。
ボクの定義する『水塊』ではないのだけど、水の塊としての存在感はたっぷり。
なので、某水族館計画の某生物の展示には、この水槽を使わせていただこうと、スカイアクアリウムプロデューサーに商談にも行ったりしてるw。

ただ、今回の使い方は、青の世界に埋もれてしまってボクのアート感覚からはちょっとイマイチやったなあ。
2008年のときの存在感というか、水槽の目的意識が感じられなかった。

たぶん、前に使ったアイテムは、アートの素材として制作者の心が惹かれないのでしょうな。
アートの世界は、ますます厳しいねえ。

しかもこの球形水槽の掃除こそ、めちゃくちゃ大変やろ〜。
展示スタッフに実はけっこうやさしいカンチョは、もうそればっかりが気になって気になってw。


今年は、やっぱりスゴイ「天空のオアシス」の方のサンシャイン水族館のことで頭がいっぱいで、こちら「天空の水族館」を紹介するのが遅れちゃったけど、アートが好きな方はぜひ行ってみるよろし。
9月25日まで開催している。


●スカイアクアリウムの、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東京の水族館記事リスト

★トークライブ『中村元の超水族館ナイト』は次回で10回目。2011年10月に開催!
 そしてスピンオフ企画⇒『中村元のサンシャイン水族館ナイト』8月8,9,10日の3連夜で開催!


恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(17)

こんにちは〜〜!
私もサンシャイン水族館で頭がいっぱいで、天空のオアシスのこと、すっかり忘れてました(笑)
今年はまだ行ってないんです〜。
25日までなら、行ってみようかなぁ〜〜?どうしよう〜〜?

ちなみに、この前アクアリングを泳ぐ空飛ぶペンギンの姿に、かなり感動しちゃいました〜♪
ポチ☆

2011/9/13(火) 午前 11:00 ゆきりん 返信する

顔アイコン

今まで行った事が無かったので、今年になって初めてスカイアクアリウムへと行きましたが・・・正直な感想は「自分の求めている場所ではなかった」です。(笑)

アクアリウムと言う言葉にだまされてはいけませんね。
最初の四季を見せる水槽も「これってCGを見せたいだけでは?」と感じました。
確かに展示してある水槽には水草がたくさん使用されていて、ため息が漏れるぐらい綺麗な水槽が合ったのも事実なんですが、ペットショップの延長上にあるような気がしてしまって。。。(-_-;;

普段から水族たちの住む水塊を見慣れてしまっているせいでそう感じてしまうのかもしれません。
アートアクアリウムプロデューサーと水族館プロデューサーはこんなにも見せ方が変わるものなのかと実感しました。

あと・・・水族館に行くためだけにエレベーター代1500円払うのはボッタクリだと思います(笑) 削除

2011/9/13(火) 午後 0:33 [ Elpaso ] 返信する

顔アイコン

自分もスカイアクアリウムいきましたが、常設ではないので、仕方ないと思うのですが、せめて魚の説明や水槽レイアウトのテーマを表示した方が良いと思いました。

2011/9/13(火) 午後 6:16 [ シーチャン ] 返信する

和風の背景と金魚が似合いますね。
それにしても本当にお掃除が大変そう。
アートの人、は手間よりアートが優先しますからね。なんせアートなんですから。
水晶占いの水晶見たいな水球、以前の記事を拝見すると、以前の暗闇から浮かび上がるのが良いですね。
去年横浜ランドマークタワーで撮った記事をトラバさせてくださいね。

2011/9/13(火) 午後 8:46 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

マイナス意見が多い中、私もマイナス意見です(笑)

私も、水族館が普通に好き程度の旦那さんも
「ここに魚がいる必要がある?」の連発…
すごく珍しいお魚や貝がいるのに説明もないし…
周りのカップルさんも「説明欲しいね」って言ってました

全体的に生物への愛情を感じない展示だと思いました。
ここに行って、やっぱりカンチョさんの展示がいいな〜とつくづく
思ったというか、カンチョファンで良かったと
しみじみ思ったしだいです(笑)

2011/9/13(火) 午後 9:03 [ しろねこさん ] 返信する

屏風の水槽はコンセプトが分からなくもないですが、
四季は『う〜〜〜ん(悩)わからん!!』でしたw

青の世界も、なぜ↓はウーパールーパー?って感じでした。

水を見せるアクアリウムでも、
見せ方、考え方が違えばこうも違うんだと考えさせれました。

でもやっぱり、カンチョ流が好きなんだと実感しましたわw

2011/9/13(火) 午後 11:51 にっし〜〜〜。 返信する

顔アイコン

うっわぁ〜!凄いですねっ!!!
和風…まさに日本って言う匂いがしますねぇ(●´Р`●)
私的には、やっぱ「青の世界」かなぁ〜
青は海の色だし、やっぱ水族館には欠かせない色だと思う。
でも皆様↑が言ってる様に中村さんのやり方がいいかなぁ…^∀^
遊び心があるし、中村さんのやり方だと飼われている生き物たちも
楽しそうだからかなぁ―。
だからこそ、中村さんとこの、アートが合体したら凄いことになるよなぁ
楽しみです!!!!

あ、サンシャイン、9月の22日に行きますっ!!(ちなみに、21日は八景島・シーパラダイスに行ってきますっ!)
サンシャイン…楽しみにしていますよ…フフフ… 削除

2011/9/14(水) 午後 5:20 [ ] 返信する

顔アイコン

他の方の書き込みを読んでいて、一つ重要なことを思い出しました!

スカイアクアリウム。

中村さんのいつも言っている「知的好奇心」がほとんど沸かないのです。
やっぱりマニアにはそれが大事です(笑) 削除

2011/9/14(水) 午後 6:21 [ Elpaso ] 返信する

ゆきりんさん。今回は今まで以上に水族館的ではないです。
おそらく、最初の映像展示にお金をかけすぎたのでしょうねw。

サンシャイン水族館に何度通っても飽きないのなら、今年はサンシャイン水族館だけでOKかもですよw。
アクアリングのペンギンは、8月限定だったのだそうです。見ておいてよかったですね。

2011/9/14(水) 午後 7:26 kapaguy 返信する

Elpasoさん。アクアリウムという言葉は、もともと水族館よりも、テラリウムなどと同じく水槽を指す言葉で、水槽が趣味な人たちのこともアクアリストと言います。
なので、アクアリウムと水族館を一緒には考えないのがよく、Elpasoさんが感じたペットショップの延長というイメージは、そもそもその通りなのです。

というわけで、スカイアクアリウムは水族館ではなく美術館と思って行くのが正しいのです。

「知的好奇心」が沸かない。はい、それはよく分かります。
でもアートだと思って見れば、まあそこそこ美しいし、アート的好奇心は湧いてきますぞ。

2011/9/14(水) 午後 7:39 kapaguy 返信する

アキヒサさん。まあ、アートですからw。
ほら、美術館の絵には、題名と作者しか表示されてないでしょう。題名も「無題」がけっこう多かったりする。
スカイアクアリウムの場合は、作品(水槽)から、作者の意図を探り出すというところが「知的好奇心」なのです。

ただまあ、そういう意味では、一番の大作である四季の水槽を入れ替え制にしてあるのは美術館の見せ方的にイマイチですね。

2011/9/14(水) 午後 7:44 kapaguy 返信する

眼とろんさんはアートも好きだから、美しさにも惹かれるようですね。

横浜ランドマークタワーの『空中すいぞくかん』の方は、サンシャイン水族館プレゼンツでした。ボクは見にいってないけれど、そちらはアートではなく水族館だったはずです。

2011/9/14(水) 午後 7:47 kapaguy 返信する

しろねこさん。水族館プロデューサーの方のファンでありがとうございますw。

何度も書きましたがw、これは水槽をつかったアート作品なので、水族館に行くつもりになるのは間違いなのです。
芸術に生き物を使うという点では、生け花と同じ感覚なのでしょうな。

2011/9/14(水) 午後 7:51 kapaguy 返信する

にっし〜さん。みなさん、ボクの水族館づくりを支持していただき、ありがとうございますw。

スカイアクアリウムは生き物や水を見せているというより、やっぱり水槽を見せているのでしょうね。
だから生き物の持つ本当の美しさや、水塊の魅力からはどんどんかけ離れていくのだと思います。

きっともうそろそろ「天空の水族館」というキャッチは使わない方向に進むのではないかなあ。
水族館と言わなくても、ちゃんと人が集まるイベントにもなっているしね。

2011/9/14(水) 午後 7:55 kapaguy 返信する

魚ちゃん。日本の匂いが分かるんや。スーパー小学生やなw。
青の世界の青にはいろんな青があるけれど、水族館の青は水の作り出している青色。
ボクはその、水から生まれているかのように見える青を大切にしてるんだね。
だから、アートの世界とはちょっと違うのだと思う。

でも、このアートアクアリウムは、光の使い方とか影の面白さとか、自分で実験しなくても実験的な要素がたくさんあるので、ボクにはけっこう面白い場所やなあ。
いよいよ、新サンシャイン水族館デビューやね。

2011/9/14(水) 午後 11:27 kapaguy 返信する

顔アイコン

こんにちは7月中に行きました。
ブルーな空間は入った瞬間は水の中みたいでよかったです。
暗い空間に映えるからかもしれませんが、いつも金魚が一番素敵だなって思います。今年は太陽の光の当たる水槽がなくて(クマノミは別ですが)残念でした。
いつもあの入口のところがスカイアクアリウムの良さだと思っていたのに、景色と魚と光が美しかった、寂しいっ!

サンシャインのアシカのドーナツ水槽キラキラして大好きです。

水の流れる姿は、血液の流れを良くして癒されるような気がします。血液サラサラ理想です。

2011/9/16(金) 午後 1:38 [ wakin ] 返信する

和金ちゃん。もう大阪にいるのかい?
確かに、金魚を見るのなら、スカイアクアリウムが一番やね。

太陽の光があたる空間というのも大切ですねえ。
サンシャイン水族館では、屋内展示のいずれにも太陽光は入っていません。
でも、十分に満足してもらえるはずです。

2011/9/17(土) 午前 4:18 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事